平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
まだまだ現在進行中のバッテリー電源。

昔の記事を見ると、充電器を動作させた侭でが聴感上好ましかった。

で、暫くぶりにレコードを聞いている最中に充電器をストップ。
前の実験は1台のバッテリー電源で尚且つ12V仕様。

今回は3台のバッテリー電源(全て24V仕様、プリ、パワー、プレーヤーの三台)の充電器を遮断。

ウーーーン、良くなった部分と悪く成った部分。
具体的に言いますと,汚れは少なくなったけどエネルギー感が今一。

僕としては充電器は繋いだ侭で使いたい(バッテリーの電力消費を気にしないで聞ける)。

そんな訳で充電並行でも汚れを少なくする方法。

もうピコンと来た方がいますよね(笑)。

答えは・・・・・・・。



充電器の汚れた波形をキャンセルするコンデンサーを取り付け。
今回は僕が一番信頼しているコンデンサーを付けました。
アンプの電源にも使いたいんですけど、耐圧が低過ぎるし容量も少ない。
このコンデンサーの性能で高耐圧(500V以上)で大容量(10μ以上)って作れないんですね(構造が判っていますので)。



試聴結果は勿論OK。バッテリー電源、益々発展しますよー。

拍手[5回]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック