平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
数日前に、あるアンプが入って来ました。
チョットした修理です。

割と有名な工房の作品。
お値段はかなりの物。

オーナーは其処で直接購入したのですが、最近は僕の所へ。

『治せますか?』と言われて『治せない。』なんて口が裂けても言わない負けず嫌いのピンキー君。

回路図も有るので難しくないです。

早速開けて見た。

オーナーには申し訳ないけど、悪い見本。
で、オーナーの許しを得て此処へアップ。

悪い見本

かなり以前、此処で話題になったアースライン。

このアンプ。チョイ(チョイじゃ無いか、汗)拙い。

中心に伸びているのがアースライン。アースライン其の物がNGなのに、更にご丁寧に左右共通。

此れじゃセパレーション悪いだろうなって、修理完了後に計測したら思ったとおり。

此れじゃ楽器の定位(特に奥行き感)なんて出ないよね。

アンプ配線の基本は、アースラインです。それの引き方1つで、作った人の腕が判ります。真空管は何が良いだとか、トランスは何処其処なんて言うのは、アースの引き方を覚えてからで、遅くは有りません。

でも、真空管の名前でアンプを売るのは簡単ですけど、アースラインでアンプを売るのは難しいですね(笑)。

拍手[0回]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック