平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
最近レコードを聞いているとギヤボックスが煩い。
初期馴染みで治るかと其の侭にして置いたんだけど・・・・・。

カタカタ音が段々と酷くなる。特に連続運転をすると。
原因は判っていたんだけれど、馴染めば治るって・・・・・・。

クッソー。組む時の手抜きがシッカリと反映。

エーーー。こんなゲージを使って組んでいるんですね。



シックネスゲージ。要するに隙間ゲージです。色々と実験して最適な隙間は判っています。出荷分はシッカリと合わせて組み上げているんだけど自分の分はお客様の仕事の合間を縫って・・。
と言った感じなので面倒也と手の感触で組んでしまっていた。

昨日プレーヤーから外し、分解。シックネスゲージで測ったら・・・・(汗)。

キッチリと組み直しました。騒音はぴたっと収まり・・・。


だから手を抜いちゃいけないのに・・・・・・(反省)。

拍手[5回]


イヤ、判っているつもりだったんだけどプレーヤーの電源も東電はイヤだって・・・。
アンプと同じ変化をするんですからナント言うか・・・。

僕がターンテーブルを駆動するモーター、シンクロナスに拘っています(この場合内蔵電源で駆動するシンクロナスは除外)。
要は家庭に来ているACでダイレクトに回るシンクロナス(速度調整が付いていたら内蔵電源ですし50Hz、60Hzでの変更が無ければ内蔵電源です)。

このシンクロナスモーター。電源周波数にロックして回ります(要は負荷変動に強い)。
そんな実直な性格が好きなんですね(笑)。
でこのモーター。二組のコイルが有り片側はACで直接、もう一組はコンデンサーを通して位相を変えて給電。この結果回転素子が回転の力を受けます。

つまり、コンデンサーで給電されるコイルはコンデンサーの影響をもろに受けるんですね。
そうなんですよ、コンデンサーによって回転の質が変わり結果音質にも影響が・・・・。

つい最近までモーター純正のコンデンサーで出荷していました。
つい悪戯を・・・。

違うコンデンサーに変えた時の音質の変化と言ったら・・・。

そんな訳で、最近出荷のギヤボックス。進相コンデンサーを外付けにしました。
勿論純正コンデンサーはつけていませんよ。
でも、オーナーの方が好みのコンデンサーを選び易い様にとの配慮です。

取りあえず、しばらくは僕の付けたコンデンサーで聴いて下さい。
慣れてそろそろ飽きたなーって思ったら、色々と試して見て下さい。
このコンデンサーの変更に保障期間は変更しません。

ご自由に楽しんで下さい。



現在付けていますのはフォステクスのCPコンデンサー。
チョイ悪戯で同じフォステクスのCSコンデンサーに換えました。
音質は可也アップしたのですけど、耐圧不足で1ヶ月でダウン(高かったのにーーー)。
只今違うコンデンサーを発注済。さてさて・・・・・。

30年以上昔。ウエスタンのオイルコンを使ったりしました。若気のいたりです(笑)。

拍手[4回]


先日アップしました60Hz仕様のギヤボックス。
机上での試運転が終わりプレーヤーへ実装での運転です。

何が違うのですか?
机上での運転。糸が掛かっていません、つまり横方向への応力がゼロなんですね。
実装の場合、糸で引かれる方向の軸受けに負担が掛かります。
この辺はベアリングを使えば簡単にクリアー出来るのですが騒音の点からベアリングは完全にNG。

で、気付きました?(笑)。どっちの方向へ糸を張るのよ。
そうなんです。僕のところで360度糸を張ってのエージングは無理。
机上では横方向の応力は無かったのですから、実装では横方向の力が掛かっても正常に廻る事の確認なんです。

此処でのエージング。本当に時間が経つ程静かに成るのを実感出来る筈。

此処迄で僕の仕事はオシマイ。
この後のエージングはオーナーの方にお任せ。

使う程に静かに成るギヤボックス。こう言うのって愛着を感じますよね(僕は特に)。

これから先の楽しみはオーナーの方の特権。

そろそろプレーヤーから外して荷造りです。



拍手[2回]


プレーヤー屋さんに成ってしまったピンキー君。
最近多い60Hz地区からの問い合わせに苦心しています。
実は先日大失敗。50Hzでのテストだけで持ち込んだ。
原因不明の不調。
今回は納品ではなく貸し出し試聴だったので助かったけど、正式に納品と成ったらこうは行かない。

出荷前に60Hzでのテストは必須。

で、60Hz電源を発注したのだけれど納期が45日。

実は明後日も貸し出し試聴へ行くのです。もち60Hz地区。

前回不調だった物をシッカリと直したのだけれど60Hzでテストをしたい。

そんな訳で・・・・・・・。



ご存知インバーター。バッテリーで家電製品を働かせる物です。つまり直流12Vを交流の100Vへ変更するのですね。問題は波形と周波数。
僕が購入したのは50,60Hz切り替え式で尚且つサインウェーブ出力を謳っている。

今日組みあがった60Hz仕様のギヤボックスを早速始動。
キッチリと回りだしました。前回の不調は全然無い。

ウーーーン、30万の出費。無駄になるのかなー・・・・・・・(大汗)。



今回のインバーターとバッテリーの出費は2万数千円・・・。

で、数時間後の追記。今回のインバーター、出力は200W。と言う事はプリアンプに使える。御存知の様に家庭に来ているAC100V。オシロで波形を見たら気絶すると思う。ほんと酷いんだから。
プレーヤーでの使用が終わったらプリアンプを動かして見よう。

拍手[5回]


イヤ、色々と考えました。そりゃ資金的にゆとりが有るなら迷いません。個人企業で弱小です。
今回来た見積もりは30万円強。
正直イタタタタ。

でもね、キッチリとした製品を届けるのは義務。出荷前のテストが十分に出来ないなんて・・・・・。
と言う訳で60Hz電源発注しました。納期に結構掛かりますが、現在受注しているユーザーの方への納品には間に合う。




あ、過去に出荷した60Hz仕様は問題ありません。今回、あるお客様の所で問題発生。
僕の所では大丈夫だったのに持ち込んだ先で・・・・・。

問題は60Hz地区って其れ成りに遠いんです。
納品先で問題発生。持ち帰って修正。可也の時間が掛かりますしお客様にも迷惑を。
そう成ると、僕の所で60Hzのテストを完璧にしないといけないんです。
その為の60Hz電源の導入です。

拍手[3回]


本当に最近はアンプ屋さんからプレーヤー屋さんに変わった様で・・・・。
で、御存知の様に日本は電源周波数が二種類。
最初は近場のお客様が殆どだったので50Hz仕様一本やりでOKだった。
ところが此処最近60Hz地域からの問い合わせや注文が増えて来た。
そう成ると・・・・・。

そうなんです、僕の所の機器は一台一台手作り。全数テストをしてからの出荷。
60Hz仕様のテストが出来ない。
回るかのテストは出来るけど実際に60Hzで正常に動くかは判らない。

メーカーとして拙いよね。

そんな訳で60Hz電源を用意する事にしました。

ネットで検索。此れなら良いなと言うのを見つけたんだけど価格が判らない(チョイ怖い、業務用って結構高価)。

取引のある商社へ見積もりの依頼。何とか買える範囲だったら迷わずに購入します。
此れを手に入れれば60Hzの機器もシッカリとテスト出来る。

2~3日後には判る筈。予算範囲なら助かるなー。

拍手[4回]


正月の挨拶は抜き(個人的に出来ない)。
イエね、ブログのアップする暇も無い。で、長期アップしないと色々と心配する人がいるので・・・(汗)。
ハイ元気です。無茶苦茶忙しいんです。
今の作業台の上。



ギヤボックスの試運転。もち色々と弄っています。写真では止まって見えますがきちっと運転中(ストロボのバカ)。
この類の実験、結果を確認するには最低でも2~3日の連続運転後。

まあ、今回に至った経緯は軽量キャビ。つまり貸し出し用にと考えて、全てを結集しての軽量化。
お陰で僕の使っているプレーヤーの半分ぐらいの重量に納まりました。
結果は振動に弱い。ステレオ誌を読んだ方は知っているでしょうけど、拳骨で殴ったらとんでもない音がスピーカーから聞こえます。それだけじゃ無くラックを叩いても・・・・。

そんな振動に弱いプレーヤーが出来上がったのですね。
結果、従来のプレーヤー(お客様の所でも問題の出なかった)では聞こえなかったギヤボックスの振動音をピックアップが拾ってしまったのです。

軽いから仕方が無い。って考えないのがピンキー流。まだ振動発生源に成っていたギヤボックスを何とかしなくちゃ。

そんな訳で暮れも正月も無い(元旦から仕事って普通ですので)。

只今新たなパーツを発注中。もち正解なんて思っていません。考え付く全てを試して見る。その中で残った物が正解。



ハハ、元旦にノンビリとお酒を飲むって何時出来るんでしょうね・・。

拍手[6回]


パワーアンプの24時間テストは無事に終了。当方のアンプは2年間保証しますので(業務での使用でも可)シッカリとしたチェックは必須なのです。

作業台からアンプを下ろし、次の物。



エーーー、またもやギヤボックスの改造。この持ち主には新しいギヤボックスを貸し出して有るのでつい後回し(汗)。

そろそろやんなくちゃ、と作業台に乗せてオイル排出中。
今回もモーター交換、軸受け交換、モーターのフローティング加工、オイルシール交換、シャフトの手直し、カップリング交換etcetcと盛り沢山の作業です。

ストックを見たらフローティング用の樹脂が無い。慌てて発注。
モーターブラケットのアルミ板も無い。
明日買って来なくっちゃ。


拍手[1回]