平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。


もう写真でお判りですよね。インバーター出力へプリアンプ電源を繋ぎました。

タイトルで答えは判りますよね(大汗)。




拍手[2回]


先日は改造の終わったプリアンプとパワーアンプの納品。

勿論ユーザー宅まで届けてセッティング。音の確認もしっかりとします。

外見上はパワー管が換わっているだけでその他は前の侭。

音を出したら可也の変化。

今回のユーザーの方は二種類のスピーカーを使っています。
今までは一方に合わせると他方が臍を曲げる。と言う繰り返し。

今回は・・・・・・。

両方ともきちんと鳴り出した。

特に難しいと言われている片方のフルレンジがいとも簡単に鳴り出して・・・・。

序でにスピーカーの位置のセッティングも。

従来とは違った位置で新たな可能性を見せてくれたので・・・・・。

アンプ、本当に難しいですし弄り甲斐も有ります。
良いアンプが欲しいなら余計な事はしない。

今回の改造も其の方向へのチューニングです。






其の帰りにもう一軒のユーザー宅。
トラブルはパワー管の不良。即解決。
で、其の方はマルチアンプで楽しんでいます。
その中の高域を受け持っているアンプ。作られてから30年以上。
色々と見えましたので預かって来ました。
これからも健康で働く為の垢落とし(笑)。
これからも安心して使える為の作業です。

拍手[5回]


製作中のギヤボックス。今回は初めての60Hz地域への出荷です(心配なので僕が持っていく、笑)。

色々と考察したらチョイ拙いんではないかい?僕の使っているモーター、50Hzと60Hzで出力が違う。60Hzの方が小さい。僕の使い方で真冬にはオイル粘度の問題でギリギリの出力なんです。
ワンクラス大きなモーターの方が良いな(安全パイ)。

そんな訳でモーター周りを再設計。周辺パーツも発注しなおし。設計は直ぐに出来たけど新しいパーツの入手に1週間弱掛かる。

パーツ入荷の待ち時間に・・・・・・。



僕が30年以上前に作ったパワーアンプ。LUXKITをベースにEL34ppモノラルアンプです。
ノイズが多く成ったと言う理由でドック入りに成りました。

今の目で見ると恥ずかしい配線の引き回し。モチ治しますよ。

更に此れだけの時間を経過したアンプでは必ず交換品。真空管ソケットです。マッキン、マランツ辺りでも必須なんだけどやっている業者少ないですよね。



30年経ったソケット。半田も劣化していて簡単には溶け出してくれない(今使っている半田なら平気、この時代は使っていなかった)。



交換の終わった整流管ソケット。
実は整流管ソケットだけを交換して動作チェックしたんですね。此れだけでノイズレベルが減ったんです(笑)。

ついでにノイズの巣窟のアーレンブラットレイの抵抗も交換です。
ウェストキャップも最新のフイルムコンへ交換。

この辺のパーツ、過去に拘る人の気持ちが判りません。
間違いなく現在のパーツの方が上です(ウエスタンのパーツなんて・・・)。

30年前のアンプ、完全に蘇らせますよ。



マッキン、マランツの中古品。真空管ソケットの交換をされていない物を売っていたらサギに近いです。修理に出してソケット交換を無条件でしない業者も同じですね(笑)。僕の知っている限りでは・・・・・。

拍手[8回]


オーディオマニアで自作派の方達。
インピーダンスって言葉を良く使います。

で、インピーダンスって・・・・・・?

もし、インピーダンスを正しく理解しているなら、日本語に置き換えられる筈ですよね。

市販されているトランス類。インピーダンスの表示がされているのが普通。

でもね、トランスのインピーダンスって受ける側や送り出し側の都合で変わっちゃうんですよ。
僕はインピーダンスの表示のあるトランスを信用しません。
トランスを作っているのにインピーダンスを理解していないって解釈しています。

で、此処に来られている方に問題(質問)です。

インピーダンスって言葉を日本語に置き換えて下さい。

これが出来ると、オーディオ界の迷信(新興宗教とも言う)が判りますから(笑)。




拍手[2回]


ガリオームって言葉、知っていますよね。

アンプの音量調節に不可欠なのがボリューム。そのボリュームを回す時ガリガリってノイズが出るのを洒落てガリオームって呼んでます。

一般にはボリュームが古くなって内部の接点が接触不良を起こし、回す時にノイズを出します。

でも、ガリオームの原因は此れだけではないんですね。

意外と知られていないのがボリュームに僅かのDCが流れて発生するノイズ。
本来ボリューム(VR)にはDCは流れません(流しません)。

DCの流れる原因で多いのは前段出力のカップリングコンデンサーの不良。古いアンプでオイルコンを使っているのには此れが多い。

もうひとつの原因。
VR直後の真空管不良。
僅かにグリット電流が流れているのです。

この場合もガリ雑音が出ます。

で、注意点。
真空管って動作開始直後は僅かながらグリット電流が流れるんですね。
この電流はVRを直撃します。

この直撃からVRを守る方法。
アンプの電源ON,OFFの時にはVRを絞り切って置く事。
こうすれば直撃電流はアース(シャシ)に流れVRの接点を傷めません。

長く使いたいアンプのVRのガリを防ぐにはこんな心遣いが必要です。





数年前に修理したアメリカ製のアンプ。
ヤハリ、ガリが発生していました。

VRはお馴染みのアーレンブラットレイ社製。
このVR、カーボンソリッド抵抗を使っているので電流を流せます。
それで平気って思って設計したのかVRに常時DCが掛かっているんですね。
回路図が有れば判るんですが回路図は無し。

で、仕方が無いのでDCカットにコンデンサーを噛ませて一件落着。

世の中にはいろんなアンプがあるので驚きです。

あ、追記です。
真空管のグリット電流。動作開始後数秒間流れるのが多いんですね。
真空管が十分温まってから(電源投入後数十秒)VRを上げて下さい。

拍手[2回]


僕がHPでオンライフのU-22を誉めた所為か此処何年もU-22に関する問い合わせが多いのです。

一言で言っちゃうと、今の状態でのU-22の購入はお勧めしません。
オイオイ、あんなに誉めていたのにって思われるかも知れませんが・・・・。

僕がU-22を弄っていたのは30数年(40年近い)前。
しかも新品を弄ったのです。

古いアンプを購入するのは同じ年式の車を購入するのと同じって考えないと駄目なんですね。
別にU-22だけではなくてマッキンでもマランツでも同じです。

シッカリメンテをしましたって、まずうそです。
シッカリメンテをしたら、とんでもない価格に成ります。
新品を作るよりも工数が掛かるのですから。

今の僕。
マッキンでもマランツでもU-22でもくれるといわれても断ります。
何の魅力も感じませんから。




拍手[1回]


今日も仕事に精を出しています。
自分の装置ばかり弄っていたら干上がってしまう。

今回もお馴染みの300BからEL34へのコンバート。
もうこれで僕の周りで300Bを使っている人、あとほんの僅か。



ソケット交換が一番の難所。
ソケットのサイズが全然違いますから、写真の(ピンボケはご勘弁)様なアダプターを旋盤でひいて使います。

で、この時に用心しないといけないのは、金属部分が全てシャシと電気的に繋がっているか?
アルマイトは電気を通しませんし、塗装シャシは更に危ない。

僕は取り付け完了後に必ずテスターでチェック。
今迄落ちていなかった事は無いんですが用心です。

そう言えば数ヶ月前に弄くった人の作ったアンプ。
チョットした改造を頼まれたのです。

出来上がったら、訳の判らない発振と各部の電圧が測定不能。

僕が弄る前はとりあえず動いていたアンプです。

アララーーーーー。

僕のミスか・・・?

その時の改造は入力トランスの取り付け。散々やっている改造ですから?

で、原因のチェック。
笑うしかない。このアンプ、アース回路がシャシから浮いている。
立てラグの中間端子にアースを落としているんだけど、シャシが塗装されている為に電気的に繋がっていない。
この製作者、塗装は電気を通すと思っているみたい(笑)。

ラグを外し、ラグとシャシの間に菊座を入れてバッチリ。

こんな事結構経験しています。で、人の作ったアンプはあまり見たくないのですが、頼まれると遂・・・・・・・・。

そう言えばこの世界で大先生と言われている人のアンプも菊座の使い方を間違えて、シャシの塗装を剥がして作っていましたね。
完全に菊座を平ワッシャーと間違えて使っていた。

回路やパーツに拘る以前の基本です。




拍手[3回]


只今掛かっている仕事。



もうお判りですよね。真空管ソケットの交換。
20年以上活躍したアンプから外しました。

どちらが外したソケットでどちらが新品かは一目瞭然。

真空管の足。プレートやカソードは良いんですね。
電流が流れますので、少々の絶縁皮膜は電流破壊。
結構頑張れます。

問題はグリットの足。此処は電流値がゼロ。
チョットの接触不良でも駄目。

更に怖いのは、真空管の動作を知っている方なら判りますよね。
グリットが宙に浮くと(接触不良を起こすと)真空管は暴走します(特に固定バイアス)。

今回のアンプ。ノイズが気に成ると持ち込まれたのですが、その場で入院確定。

ソケット交換って、単純作業ですがとても大変。
廻りのパーツを外して、交換し易い様に・・・。

で、ソケットを痛める原因で一番拙いのがタバコの煙。
愛煙家の部屋ですと10年持たなかった事も有ります。

続いて寒くて結露の多い部屋。
昼間留守で、夜中寒い部屋で急に石油やガスを焚くと一瞬に結露をします。
夜間誰もいない部屋で冷え切り、朝石油やガス暖房もヤバイですね。
金属表面に水滴が付くのですから想像出来ますよね。

台所が近く、調理の油煙を浴びている所も要注意。

と言う事で、30年経っても平気な所と、数年でダウンする所。

持たせたいのなら、アンプに対して正しい知識と愛情です。



あ、この辺に関してのネットでの情報、かなりヤバイですからご注意を。
オット、此処もそうか(笑)。

ついでに・・。
冬のある日、午前中にあるお客様を訪問。
其処は結構冷える地域。
朝一番で石油ファンヒーターを点火。

その直後に伺ったのです。
アンプに触ると、シットリと濡れている。
結露です。
この様な場合、真冬でも除湿機が必要です。
石油やガスが燃えると、大量の水蒸気が発生しますので注意です。

昔バラしたタンノイのスピーカー。
中心のホーンに水の流れた痕が有りました。
ホーン内部で結露したんです。

長野のある寒冷地。
何度修理してもタンノイのツィーターが断線。

此処も結露でボイスコイルの半田部分が錆びて断線。

結露の怖さを身を持って経験しています。

拍手[5回]