平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日、24V仕様のインバーターに交換したレコードプレーヤー。
交換すぐは、色々と有ってユックリと聴けなかった。

今夜はジックリと腰をすえて・・・・・・・・。

試聴の時はこのレコードって決めている方もいらっしゃる様ですが、僕は決まっていません。その時に聴きたいレコードを乗せます。
愛聴盤なら大丈夫。

で、チェックのつもりで聴き出したんだけど、一瞬で音楽に飲まれた。
細かい事は言わずに音楽を楽しもうよ。って装置が言っている。

兎に角楽しい。ライブ盤では聴衆と一緒に拍手をしていた。

バッテリー電源にしてからレコードが楽しくなりました。と言うレポートも戴いています。僕も同じだったんだけど、今夜はその上を行った。
兎に角楽しい。音楽ってこんなに楽しいんだ。

勿論、しんみりとした曲の場合は僕も静かに成る。

オーディオ的な評価は・・・・・・。

一応書きますと、ピントが合いました。後の楽器の演奏が良く判ります。
あーー、書いていてイライラ。
この違い、聴かないと判らないと思う。
散々聴きつくしたと思っていたレコードに、もっといっぱい音楽が詰まっていた。

レコードって、何処まで音楽が入っているんだろう?




前にも書きましたが、レコーディングスタジオでマスターテープを聴いても、此処迄の表情は聞かせてくれません。単にこけおどしのでっかい音だけです。
要は、レコーディングエンジニアも、レコードの入っている音楽の凄さに気付いていない。

僕も仕事柄、レコーディングスタジオの音は散々聴きました。
ショックで家の音を聞けなくなった、と言うのを一度も味わっていませんので・・・(笑)。

オット、大事な追記。
今迄ファンの音が五月蝿かったインバーター。
プレーヤーの消費電力ですと発熱量が少ないので、殆ど回りません。
2時間ほど聴きましたが、ほんの1~2分、一回だけ回りました。
この調子なら冬場は回らないで済みそうです。

拍手[3回]


昨日入手したバッテリー。フル充電に至るには10時間を要しました。
用品店で長期在庫のバッテリーを買ったら・・・・・(大汗)。

早速、12V仕様のインバーターを外して24Vインバーターへ交換です。
何度やっても24Vは怖い。ミスったら可也ヤバイ状態に成るのはミエミエ。

何度も確認をしながら配線です。

インバーターの入力には可也の大容量のキャパシターが入っているらしく、最初の接続時にバチッと火花を散らします。判ってはいるんですがヤハリ怖い。



一瞬火花を散らしてその後落ち着いているのなら大丈夫。

インバーターの電源を入れてプレーヤーの回転開始。
12V仕様の時と同じレコードでアンプのVR位置も同じです(VR位置が違うと正しい判断は難しいです)。

出て来た音楽に・・・・・・・。
静かです、更に奥行き感が出て、歌っている人の顔が小さくなりました。
音色は変わりませんが雰囲気が違います。

アンプ系程の違いは有りませんが明らかに違う。勿論良い方向に・・・・。

まいったなー、部屋の中のバッテリー。7個に成ってしまった。






24V仕様にしますと充電器も2個に成ります。
で、この充電器を使っている方ならお判りと思いますが、12V仕様の時はランプが赤く点灯(つまり充電中)。
今回はグリーンの侭(フロート充電で間に合っている)。
もっと小さいバッテリーでも十分そうですが、このサイズが一番廉いんですよねー。

拍手[2回]


先日注文しましたバッテリーが入荷。
今回は以前買った値段よりも結構高かったです。まあ時価相場ですかね。

早速製造日時のチェック。
ウーーーーン。今年の6月中旬の製造。
と言う事は液を入れてから二月半以上経っています。

車も2~3ヶ月全然乗らないで、乗ろうとしたらバッテリーが上がっていた。なんて有りますよね。
バッテリーの自己放電が原因の場合が殆どです。
新品のバッテリーでも自己放電はもちろん有ります。

その状態で使用を開始しますとバッテリーの寿命を短くします。
対策は・・・・・。



ジックリと予備充電。この場合、急速充電は勿論通常電流でも多い。
1A以下の電流でユックリとした充電が基本。

写真の充電器は0,8Aですのでバッチリです。しかも30分毎にバッテリーの状態をチェックしながら充電を続け、満充電に成るとフロート充電に切り替わりますので安心して使えます。

充電器は0,8A充電を示していますので、バッテリーの充電量は結構減っている筈。

まあ、ノンビリと待ちましょう。


バッテリー電源につなぎっぱなしの充電器は、5A容量ですので、この使い方には適しません。

もう半年以上使っているバッテリー電源ですが、電解液の蒸発は略ゼロ(目視では減ったのを確認できません)。使用中の充電器、過充電はしていないようです。

5時間後の追記です。
予備充電を開始してから5時間経ちました。
まだ充電をしています(フルに成っていない)。
製造後2週間程度のバッテリーですと、1時間程度でフル充電に成りました。
製造からの期間の長いバッテリーは、ヤハリ要チェックですね。

拍手[1回]


追記でも良かったんですが・・・。

レコードの音が良く成りました(正しくは絶好調の時に戻った)。
アレッ?

CDはどうなったんだろう?
早速CDプレーヤーをON。
はは、ひろみちゃん(大田裕美)の声がいやらしくなった(涙)。
最近CDが良かったのはインバーターの所為だったのね。

こう成ると、またインバーターを買わなくちゃ。

で・・・・・・・・・。
プリに使っていた24Vインバーターが余っている(ファンが煩いので休業状態)。
プリアンプ、パワーアンプは24V仕様の方が音が良い(原理を考えれば当然)。
で、消費電力が少ないからと無視していたプレーヤー(CDプレーヤーよりも電気を喰います)。
コイツも24Vの方が良かったりして・・・・・。

実験です。早速バッテリーを注文しました。充電器は余計に買ったので余っています。
その他の小物もストック有り。
バッテリーだけを買えば、24V仕様の実験が出来る。
その方が安上がりというのも大きな原因ですけど(汗)。

と言う事で、来週中にプレーヤーを24Vインバーター駆動の実験をします(ワクワクワク)。


拍手[1回]


此処最近、レコードを殆ど聞かずにCDばかり。
オイオイ、アナログを止めるのかよ・・・・。

イエ、実はですね・・・・・(汗)。
プレーヤーが不調。若干の回転ムラを感じるのです。
と言ってもポップス関係では全然判りません。
ピアノ曲の場合だけ。

でも、調子の良くない状態では聞きたくない。
そんな訳でCDばかり聞いていたんですけど飽きた。

真面目に原因究明。ターンテーブル側が原因なら、回転ムラの周期はもっと長い筈。
ワウと言うよりもフラッター。

何時からかな?

気が付いた頃に僕がやった事・・・・・。

まさか・・・。

実はインバーターのファンの音が煩いので、ファンの音の小さなインバーターに変えたのです(プレーヤーだけ)。そのインバーターは今迄CDプレーヤーに使っていたので、要はCDプレーヤーとレコードプレーヤーのインバーターを交換したのですね。

まさか、と思いながらインバーターを元に戻したら・・・・。
あーーー、早く気付くべきだった。



左がそのインバーター。右はファンが煩いですけどきちっと回転させてくれます。



1時間後の追記です。
ハハ、音質まで変わっちゃった。と言うか元に戻った。
インバーターを換えた時は暑くて、音質チェックをしないでお終いにした。
その後も酔ったボケ頭で・・・・・(大汗)。
考えて見ると、ポップスも人の声がいやらしかった(換わりにCDは絶好調)。
バッテリーでの音質変化は微妙ですが、インバーターでの音質変化は大きいです。

拍手[2回]


1日前に交換したインバーター。
ファンノイズからは開放されました。
でもね、音質は結構変わった。
前の方が良かったかなー・・・・・。

ハイ、此処で戻しちゃダメなんです(オーディオマニア、音の好みだけでチューニングをしている)。

少なくとも、パワーアンプでは良い結果の出ているインバーターです。
プリにはダメ、って考えられますか?

理論的に納得行かないですよね。オーディオマニアの一番の弱点は理論を無視して聴感だけのセッティング。だから迷路に嵌るのです。それを推し進めているのは大多数のオーディオ雑誌と余計な情報だらけのネット。

つまりパワーアンプで良い結果を出したインバーターがプリアンプではチョイの問題。
ハイ、此れを理論的に論破出来たら凄いです(僕も尊敬します)。

僕はこう考えます。インバーター、電力の周波数だけを考えて作られている。使うパーツもそれに見合った・・。
オーディオ機器につながれて予定外の周波数が逆流して来た。

で、面白いのは電気の受動素子。与える周波数が広かった場合、其れ成りの時間で対応出来る(俗に言うエージング)。
ハイ、インバーターを交換して24時間以上経ちました。
最初見つけた問題点は解消。今度の方が良いな、って感じた方は其の侭で。

あ、勿論バランスの調整は必要です。僕の場合はMCトランスの受けの抵抗値で調整しています。

つまりですね。単に機器を交換しての聴感上の判断を僕は信用していません。
理論的な裏づけが有って初めて信用します。
実際、聴感だけのチューンでとんでもない迷路に嵌ったお客様を知っていますので・・・(僕の言う事をきかないんですよね、汗)。


拍手[2回]


今年初めから使い始めたバッテリー電源。
もう元には戻れません。2~3日前に此処へ来られたお客様(SPUの針交換に来られました)。
早速魔の世界へ手招きを・・・・(笑)。

コーヒーを飲みながらのレコード。

何時もの実験。パワーアンプだけ東電に切り替える。
僕は何度もやっているので驚かないけど、初めての人は・・・・・・・・。

また地獄(天国)へのお誘いをしてしまいました。

で・・・・・・・・。



本日、インバーターの交換(プリアンプ用です)。
勿論故障はしていません。業務用機器ですからそうは簡単に壊れません。
でも、我慢が出来なかった。

写真右側のインバーター。若干旧型(現行品ですけどね)。
冷却ファンの騒音が五月蝿いのです。左の新型はもっとキツイ条件(パワーアンプに使用)でもファンが回りません。
音楽を楽しんでいる最中に突然ブーーーーーン。
どうにも我慢出来なくて泣く泣く交換(外したコンバーターの使い道が無い)。

でも、此れで静かにレコードを楽しめます。

少しずつ、少しずつのグレードアップです。


拍手[3回]


バッテリー電源を導入してどれ位になるのかなー・・・。
頭のボケたピンキー君は思い出せないのです(汗)。

でも、此処へ来たお客様は皆餌食に・・(笑)。

全ての装置を東電に戻すのはメンドイ(と言っても数分で戻せます)。
一番簡単な(置いて有る場所が原因)パワーアンプだけ東電に戻します(数十秒で完了。プリアンプ、プレーヤーはバッテリー電源の侭)。

針を落としただけで判りますよね。
音の立ち上がりと静粛性が全然違う。

先日来た友人。東電にしたら懐かしい音って笑っていました。

僕も感じていましたが、録音が古く音質は今一と思っていたレコードが『オイオイこんな録音がされていたのかよ。』って成ります。
70年代のポップスなんて、ほんと驚きますから。

バッテリー液の補充は一切していません。液が減るどころか気温が上がって液が膨張してレベルが上がった(大笑)。

最近の充電器って本当に凄いです。バッテリーに優しくキッチリと充電。
繋ぎっぱなしで過充電の恐れ無し。

此処へ来てこの違いに気付いたのに実行しない人。ウーーーン僕には理解不能で・・。


拍手[3回]