平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
生意気にも、デジタル機器の癖にバッテリー電源を欲しがったCDメカ。
じゃあ此れも効くのかな?



新品バッテリーを使う前のお約束。
バッテリーを微弱電流で充電し、フルの状態にします。
これをするかしないかで、バッテリーの寿命は結構違うんですね。

今回のバッテリー。アマゾンが一番安かったので買ったんだけど、チョイ古いのが来た(製造後2ヶ月半)。

充電器のチェック機能で見ると、フル充電状態には程遠い。
この状態で使い出したらバッテリーを痛めます。

バッテリー(鉛蓄電池)を長持ちさせるには、フル充電状態(其れに極力近い状態)で使う事。
絶対に急速充電、過充電を避け、放電した状態での保管もいけないし、保管状態でも自己放電が有るので、其れを補充してくれる充電器を繋いで置くのが一番なんです。

通常繋いで有る充電器の容量は5A。
新品の補充電にはチョイ大きいので、写真の充電器を使っています。
コイツの容量は0,8A。ジックリと充電するのには最適です。

昨夜一晩でフル充電状態に成りました。

これで24V仕様のインバーターが使えます。
今迄実験したアナログ機器は24V仕様を喜びました。
CDメカも喜ぶのかな?




あ、最近はCDを鳴らしても10Wがへそを曲げなくなりました。
それだけCDの音が良く成って来たのです。
バッファを作ったら・・・・・(楽しみ)。

拍手[5回]


デジタル機器にもバッテリー電源は有効。
そう成るとブレーキが効かなくなるピンキー君。

柳の下を狙います。



そう、前にもアップした写真。
CD電源にはやっていなかったんですね。
DACは対処済み。

メカ部のバッテリーにも同じ処方を・・。

効きました。付帯音が減った。
そうかあの付帯音は充電器からのノイズ。

24Vにしたら・・・・・・・。



エーーーー、最終的にはバッテリーの数は何個に成るんでしょう?(あ、クイズじゃ有りませんよ、笑)

序でに・・。
プアーな電源を持っている機器ほど、バッテリー電源は効果が有ります。
で、CECとソフトンが無茶効いちゃったんですね。

一般市販機器、電源に余裕は殆ど取っていないです。電源に余裕を持たせるとコストはグーンと上がりますが、数値上の性能アップは殆ど有りません。

拍手[3回]


先にアップしました実験。
やって来ましたよー。

まず、今現状(全てがバッテリー電源)の状態で聴きなれたCDを掛けます。

2~3曲聴いた所でCECのメカをストップ。
大事なのは、プリアンプのVRには絶対に手を触れない事。
音量が変わったら試聴に成りません。

インバーターのコンセントからメカのコードを外し、壁のコンセントに挿し直し。
電源ON。

ハハ、此れだからオーディオは困る。
デジタル機器だけの筈なのに(DACとは光で繋いでいますのでアースラインは切断されています)、とても聴けたもんじゃない。
声が汚い。

直ぐに元へ戻します。思わずホッ。

エーーーー。僕のメカへの評価。バッテリー電源を使った場合と言う但し書きが必要です(大汗)。勿論ソフトンのDACに対しても。


あ、序でに言っておきますが、ベルトドライブの音の甘さ、と言うのは有りませんでしたので・・・。

更に・・。
今使っているインバーターは12V仕様。24Vにしたら・・・・・・。

拍手[2回]


此処の所、毎日CDを聴いています。
調子がドンドン上がっているのです。
改造しなくても良いかな?(ウソウソ、笑)。

で、小さな疑問点。

CDメカ部にもバッテリー電源は必要なんだろうか?

デジタル部だけで構成されていますので、理論的には要らない。
でもね。予想外の結果が出るのがオーディオの世界。

今夜辺り実験して見ますね。



細かな仕事が色々と入って来て、プリアンプの製作は中断状態。
2年前に戻りたくないので、暫く新規受注は中断させて下さい m(__)m  。
予約済みの仕事の進行と、修理は受け付けます。

今の状態ですと、新規受注は年内無理かも知れません。
体がギブアップした時以外には、休みの取れない状況が続いています。

拍手[2回]


CD用に発注したバッテリーと充電器。
昨日届きました。



此れでバッテリーの数は9個(汗)。

で、プリアンプとパワーアンプが出来たら更に増える。

今の状態では座る場所がなくなっちゃう・・・・・・。

ついに掛かるようですね。バッテリー電源を全て納められるラックの製作。
都合の良い事に、メインラックの後ろは障子でその外は廊下。

廊下に電源ラックを設置して、障子の一部に穴を開ければ配線は引き出せる。
流石に今回は40角を使わないでも良いかな?



でも、最近のバッテリー。液の染み出しは全然無いですね。
此れが有ったら、此処迄は行かなかったです。

拍手[4回]


メールが来ました。
例のCDプレーヤー発送の知らせ。

今日届くぞ。

なんせ、此処2~3ヶ月CDは聴いていない。調子の悪い機械では聴きたくない。
再修理なんてイヤだし、メカ的には国産の方が信用出来る。

手持ちのDAコンバーターには音色的な不満は有るのだけれど、治せる自信もチョッピリ有ったりして・・・(笑)。

で、気が付いた。
CDプレーヤー。メカとコンバーターのセパレートに成るんだよね。
と言う事はバッテリー電源足りない・・・・・・・。

24Vのインバーターは余っている。足りないのはバッテリーと充電器。
機種は決まっているのでネットで安い所を探す。

朝一で発注。

でね・・・・・。

バッファアンプを作るとバッテリー電源、もう一組必要なんだけど・・・・・(大汗)。


エーーーー、つまりですね。CDプレーヤーの為にバッテリー電源が3組必要なんですよ(涙)。

で、けちな方法を思い付きました。
レコードとCDは同時には使わないよね。
つまり・・・・・(笑)。

拍手[2回]


まだまだ現在進行中のバッテリー電源。

昔の記事を見ると、充電器を動作させた侭でが聴感上好ましかった。

で、暫くぶりにレコードを聞いている最中に充電器をストップ。
前の実験は1台のバッテリー電源で尚且つ12V仕様。

今回は3台のバッテリー電源(全て24V仕様、プリ、パワー、プレーヤーの三台)の充電器を遮断。

ウーーーン、良くなった部分と悪く成った部分。
具体的に言いますと,汚れは少なくなったけどエネルギー感が今一。

僕としては充電器は繋いだ侭で使いたい(バッテリーの電力消費を気にしないで聞ける)。

そんな訳で充電並行でも汚れを少なくする方法。

もうピコンと来た方がいますよね(笑)。

答えは・・・・・・・。



充電器の汚れた波形をキャンセルするコンデンサーを取り付け。
今回は僕が一番信頼しているコンデンサーを付けました。
アンプの電源にも使いたいんですけど、耐圧が低過ぎるし容量も少ない。
このコンデンサーの性能で高耐圧(500V以上)で大容量(10μ以上)って作れないんですね(構造が判っていますので)。



試聴結果は勿論OK。バッテリー電源、益々発展しますよー。

拍手[6回]


最近、僕の周りではバッテリー電源を始めた方が結構います。
僕のところへ来た年賀状でもその報告が・・・(笑)。

で、結構な人数に成ってしまっているので勧めた本人としても色々とテストをしています。
その中の一つ。
充電器を動作させた侭での長時間運転。
つまり、インバーターは切っても充電器は働いた侭での長時間テスト。
昔の充電器では絶対にやってはいけない事項でした。
過充電はバッテリーを痛めますし、第一危険(爆発の恐れも)。

僕が使っている充電器はバッテリーが満充電に成ると自動的にフロート充電に切り替わります。
フロート充電と言うのはバッテリーの自己放電分を補充する超弱充電です。

今回バッテリーを大量購入しましたから、バッテリーに関しては勉強をし直しました。
で、成る程。と思った事に・・・・・・。

バッテリー液が減る原因は過充電。
正常充電中は液は減らない。満充電のバッテリーに更に電流を流すので液が電気分解をする。
確かに液が減る時は過充電の時が多い。

そんな訳で3週間以上充電器の電源を切っていません。インバーターが働いていない時にも充電器は働いているんですね。
この時過充電をしていたら・・・・・。
そうです、液が減る筈。



何個も有るバッテリーの一つ(CDプレーヤー用です)。

液がぜんぜん減っていません。つまり過充電はしていません。
このチェックをしたかったので安いバッテリーを買ったんですね(高級品はケースが着色されていて液の量が見えない)。
勿論、他のバッテリーもこの状態。
選んだ充電器。正解の様です。



で、お金に余裕の有る方が、僕の使っている充電器よりも容量の大きな物を購入しました(僕のお客様と、このブログで始めた方)。
エーーーー。
容量の大きな分だけ発熱が多い。メーカーは対策で放熱ファンを設置。
結果、ファンの音が五月蝿くて・・・・・・・。
過ぎたるは及ばざるが如しをやってしまったようです。

そろそろ1年になろうとしていますが、バッテリー液の補充は一度もしていませんし減っている様子も有りません。
インバーターを切ると、その瞬間充電器はフロート充電に切り替わりますのでバッテリーは常にフル充電です。
バッテリーに対して一番理想的な使い方をしているようです。

拍手[6回]