平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日、緊急事項で外されてしまったバッテリー。

プリアンプに使っていたバッテリーなので、新しいバッテリーが来る迄音楽が聴けない。
なんて思っていたら・・・・・・。

昨日午後に注文したのに、もう到着。本当にネット通販は便利です。

早速・・・・・・・。




お約束の初期充電。
バッテリーを長持ちさせるには、常時フル充電状態を維持する事。
充電する場合は、出来るだけ小電流でゆっくりとする事。

此の二つを守れば、長寿命が約束されます。

更に言えば、大電流の使用は極力避ける(一番の負担はセルモーター)。

オーディオでの使い方では、此の全てが大丈夫なので、かなりの期間の使用が考えられるのです(僕の軽のエブリー。6年半乗っていますが、まだバッテリーは換えていません)。

普段繋いで有る充電器の容量は5A。アンプを繋いだ侭での使用ですから、此れで大丈夫なのですが、新品をおろす時の初期充電には電流値が多いんですね。

そんな訳で、0,8A出力のオプチメイトを愛用しています。
新品バッテリー。フル充電の状態では販売していません。フル充電には程遠い状態です。
で、ユックリと初期充電をしてフル充電にしてからバッテリーの使用開始。

長期に渡ってバッテリーを使う決め手です。




現在、0,8Aで充電中。何時間でフル状態に成るか?楽しみです。

6時間半後の追記。
未だフル充電には成っていません。
で、面白いのは充電電流が略ゼロに成っていたり、其れ成りの電流が流れたり・・・。
つまり、理想的な段々と充電電流値が減って行く。と言うのには程遠いんですね。
今迄はオプチメイトに任せて、時間経過を見ていなかった。

今回は、何時も居る部屋での充電。時間経過が見られるのです。
充電電流が縮小ではなく変動する。
電極が落ち着いていないと理解しました。
今夜一晩、ジックリと落ち着かせます(昔の充電器では絶対に出来なかった)。

カー用品店で買ったバッテリーを、その場で車に積んで走り出す。
と言うのが、無茶苦茶な事って益々感じました(でも、その様な使い方でも動いてくれる国産バッテリー、凄いですね)。
あ、国産以外のバッテリーは信用していません。

拍手[4回]


今日は、次の仕事の図面チェック(バッフルの足です)。
此の類は、図面を見ながら作業工程を決めるのが、凄く大事なんですね。

工程しだいで、寸法精度はぐんと変わります。

で、図面を見ていたら玄関のチャイム。

出て見たら部落の若人。
如何したの?って聞いたら『バッテリーの充電は出来ますか?』

任して頂戴よ、充電器の数は・・・・・(大汗)。

話を聞いたら完全に上がっている様子。その場合は急速充電はNG。
24時間預けて欲しい。って言ったら直ぐに車を使いたい。

更に話を聞いたら、もう2~3回バッテリー上がりを起こしている。
そのバッテリー、もうだめ。

車は軽・・・・・。

バッテリー、売る程有るよね。
LRの違いを確認して、僕の装置からバッテリーを外す。
常時フル充電状態だから、カー用品店の長期在庫品よりも信頼出来る。

早速交換。セルは快調な音をたてて回りエンジン始動。

こんな時にも、バッテリー電源は役に立ちます(笑)。

今回外したバッテリー。プリアンプに使っていたので・・・・(涙)。

拍手[4回]


先のアップに追記です。

バッテリーにパラっているコンデンサー。
充電器からのノイズキャンセラーとして使っています。
聴感上も明らかに差が出ますので・・。

で、前々から気付いてはいたんだけどメンドくて(汗)。

あのコンデンサーの位置。正しいと思いますか?

ノイズを発生しているのは、バッテリーではなく充電器。
そう充電器なんですね。じゃあ正しい取り付け位置は・・・・・。

ピコンと来た貴方、正解です(笑)。

正しくはバッテリーにパラうんじゃなくて、充電器の出力端子へ取り付ける。

で、タイトルです。


今、忙しいので正月にでもやって見ます。音、変わると思いますよ。

あ、更に追記です。バッテリー電源に関しましては、全てのノウハウを公開いたします。此処を読んでご不明点はご遠慮なく書き込んで下さい。只、何度も書いていますが危険性は十分ご理解の上でお使い下さい(基本理論をご理解の方でしたら何の問題も有りません。バッチリ安全です)。
僕は酔った勢いでバッテリーを蹴飛ばし転倒させましたけど無事でした、笑。
有る意味、酔った人間でも扱えます。でも基本理論を熟知しているのが前提です。

拍手[3回]


エーー、問い合わせが有りました。
僕としては秘密でもなんでもなかったんですが、確かに写真では判らない(ラベルが裏側、汗)。
コメント欄への質問でしたので、公表しても良いのですが、律儀な方でしてご住所、電話番号まで書かれていましたので非公開にします。

質問内容は『充電器からのノイズキャンセルコンデンサーは、何を使っているのですか?』

僕のお馴染さんは、写真で直ぐに判ったと思います。

フォステクスのCSコンデンサー。容量は3,3μ。

エーー、深い意味合いは有りません。今までに使ったコンデンサーの中では、一番癖の無い物と感じています。耐圧が低いのでアンプの電源には使えません。
モーターの進相にも無理です(使って壊しました、涙)。
進相コンデンサーに使うと1週間程度持ちます。音は良かったんですけどねー・・・。

なんで此れを使っているのか?

昔、オイロダイン時代。ネットワークに大量使用(最大容量が3,3μですので大量にパラう)。
まあ贅沢をしていた訳なんです。

今は10W一発なので無用の長物に成ったんですね。



その時の残骸の一部(笑)。

チャンデバにも使いましたから、マダマダ大量に持ってます。

これが一番良いとは言いません。僕の場合は大量に持っていた、更に過去の経験で音質的にも良かった。と言った按配でのチョイスです。
容量もこれが最適とは思っていません。

この辺は実験回数が必要なのが判っていますので、今は突っつきたくないのです(泥沼に入る)。
やる事が無くなったら、コンデンサーの選択でもしようかなと・・・。

拍手[3回]


本日は朝一でお客様。
40年近くお付き合い願っている方です。

SPUの針交換にいらっしゃいました。
暫くぶりの訪問なので、今の僕の音に興味津々。

好みのレコードも略同じ。
まあ、何時ものごとく雑談をしながら音楽を楽しみます。

レコードを聴きながら、プリアンプのバッテリー充電器に目が行った。
アレッ・・・・・。

プリアンプの消費電力は60W弱。つまり充電器の能力の略半分。
今迄は、充電器のランプは充電中表示の赤が殆ど点灯。
偶にフロート充電のグリーンが点く時も有りましたけど、殆どの時間は赤色点灯の充電中。

で、今日は・・・・・・・・・。
理論通りというか、1秒間隔程度で、赤とグリーンが交互に点滅。
2台の充電器、共に同じ症状。

確かに消費電力を考えたら、今度の点滅は正しい(勿論音質には問題なし)。
でも、今迄は(接続ケーブルを交換する以前)殆ど赤が点いていた(充電中の表示)。

ウーーン、なんでだろう?接続ケーブルで充電器の反応が良く成った?
益々、バッテリー電源に嵌まりそう。

拍手[6回]


充電器とバッテリー間の配線。従来は何も考えずに充電器付属のケーブルでお茶を濁していた。
勿論、充電と言う働きには何の問題もありません。

ここで考えなけりゃいけないのが、充電器からの出力。真っ正直な直流の筈が無い。だって入力が東電だもの(笑)。

で、チョイヤバイ直流を送るのに何故か(仮説は立てて有る)、スタッカード配線が有効。
以前使っていたオイロダインの励磁電源の配線にムチャ(本当に無茶苦茶)効いた。

ACラインにも効果は認められるけど、DCラインにも効くのです。

昨日の試聴。半田が落ち着いていないよね(半田付けをしたら本来の音質になるのに24時間必要です)。

そんな訳で、本格的な試聴は今夜(オット此の時間、夜と言うのには早い)。

まあ、夕食も終わったので、僕には夜の時間。

適当に聞き慣れたレコードをターンテーブルに乗せる。
VRを何時の位置に回し、針を下ろす。
静か・・・・・・。

最初の一音で判った。音離れが凄く良い。

僕は基本的にスピーカーから聞こえる音は苦手です。
スピーカーの置いて有る空間から音楽が響いて欲しい。
そんな訳でモノレコードでもスピーカーは2本必要なんです。
1本ですと、モロにスピーカーから聞こえる(これ、本当に苦手)。

音離れが良い、と言う事はスピーカーから音楽が聞こえない。
空間に演奏家がいる。

此処迄変わるとは思ってもいなかったので、此の後のアルコール、増えるんだろーなー・・・。

拍手[3回]


待っていたヤマト便は、アマゾンからのNゲージ部品だけを持って来て・・・・(大汗)。
2~3時間後、知らない宅急便が届けてくれました。

早速、ケーブルの製作に着手。

簡単な様でも、今回は10セットと言う結構な数。
配線端末の被服を剥がす。
2本ずつよる。其処へ圧着端子を被せて、専用工具で圧着(あ、此の専用工具って大切です。ペンチでプレスなんてやってはいけません)。

で、僕はこの圧着を専用工具を使っても信用していない(長期に渡っては問題ありと)。
そんな訳で、圧着後シッカリとハンダ上げをします。つまり酸化防止です。

その後、充電器側は端子間が狭い。つまり下手すりゃショート。

其れを防ぐには、圧着端子の根元を絶縁加工。
あ、ビニールテープでグルグルなんてのは常識外。
熱収縮チューブで処理します。

此れを10組やるんですから其れ成りの時間が・・・・・・・。

で・・・・・。



バッチリ作り終えた所でタイムアップ。
腹が減った。
夕食を作り食事後・・・・。

さて食休みもしたし、そろそろ交換しますか(10本なので、時間も掛かるし、万が一のミス・・)


エーー、明日の朝刊に山村で出火って載ってたら、僕のミスです(笑)。

1時間半後の追記。
エーー、無事に配線交換が終わり、出火は免れました。
イヤ、脅しではないんですよ。何度も書いていますが24Vバッテリーはムチャ怖いんです。
正直にゲロしちゃうと、何か有った時には責任を負えません。で、此の類の販売は絶対にしたくないのです。
今回の配線交換。手順を間違えると完全にアウト(火災も有り得ます)。此の手順を人に聞かないと判らない方は絶対に手を出さないで下さい。

まあ、脅しはこの辺で(脅しではなく本当ですので)やめて、交換後の音質変化。
予想通りと言いますか(この辺の経験値は高い)、一言で言うとベールが取れた。

で、ここからが問題。ベールが取れると言う事は正直に成った。つまり周りの機器が其れ成りなら正常方向へ進みますが、なにか弱点を持っている装置ですと、その弱点をさらけ出して、以前よりも音が悪く成る場合多々。

ここがオーディオの怖いところ、って気付かない方にはどうでも良いアップでしたね。

拍手[4回]


先週、中断してしまったケーブルの作成。
頼んだ圧着端子が今日来ます(ヤマト便)。

そんな訳で朝から準備を開始。



10本用意したケーブル。



被服をむき終えた10本。

ケーブルを見て判りましたよね。そう、得意のスタッカード配線。
と言って特殊なケーブルでは有りません。1,25スクエアの4芯ケーブルです。

何処に使うかは、充電器とバッテリー間です。
オーディオ機器を使う時には、充電しないでバッテリー電力だけで働かすのでしたら、必要ないんですが、僕の場合は充電器を働かせた侭。
つまりバッテリーは、でっかいキャパシター(現実には違いますが)の様な物。
バッテリーの電力は使わないで、充電器の出力でオーディオ機器は働いているのです。

という事は、充電器の出力の影響を受ける。
そんな訳で、此の部分もスタッカードの必要を感じたのです。

此れを書いている間にヤマト便が来るかと思っているんですけど、まだ来そうもありません。
道路がまだダメですので、仕方ないですよね。

拍手[2回]