平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
数日前に完成させた、最新のバッテリー電源。
CDのDAコンバーターだけに1セット投入と言う贅沢をやりました(1,1Wの消費電力ですからねー・・・)。



でね、メチャ笑う現象。
あの充電器。とんでもなく頭が良いんですよ。
単に充電をするだけじゃなく、充電中にバッテリーの状態もチェック。
サルフェーションを起こしているな。って感じると、超短時間に高圧を掛けてサルフェーションを解除。
まあ、その他。単純な充電じゃなくバッテリー状態を確認をして、最適な充電をする。

此処迄は、流石ー・・・・で済むんですけどね・・。

僕の使い方は、充電をしながらインバーターへの放電。
此れを、頭の良い充電器は見逃しません(たった1,1Wですよ。電流値を計算して見て下さい)。

このバッテリー、充電してもそれに、見合った状態に成らない(そりゃそうですよ、インバーターが電気を喰っているんだから・・)。

で、頭の良い充電器は『このバッテリーは不良品です。』
って判定しちゃうんですね・・。

ウーーーーーーーーーン。






人間も機械も頭が良過ぎると、融通が効かない良い例かと・・・・・・・・。

拍手[5回]


本当は、今日はプレーヤーの軸受けを作るつもりだったんだけど、あまりにもの暑さに逃げてきました。
こうも急に暑くなると、体が付いてかない。

くそ暑いプレハブを逃げ出して、母屋の中。
クーラーが効いているから涼しい。

それじゃ、昨日の続き。バッテリー電源の追加です。
要は、DAコンバーターとCDメカの電源を、其々独立させる。
昨日の消費電力からも判ります様に、インバーターの供給電力は余裕タップリ。

でも、各機器を独立させたい。

汗を拭き拭きの作業です。
ノイズカットのコンデンサーも作りました。
今回の充電器は、本体から直に出力ケーブルが出ていますので、スタッカードは使えません。
コンデンサーも充電器側には取り付けられず、バッテリー側と、従来と比べると結構不利な条件です。

それでも、独立させたい。



で、バッテリー周りの配線をしながら、従来の音を理解する為にCDを鳴らします。
数曲の演奏時間で配線完了。
何度やっても、バッテリー周りの配線はハラハラドキドキ。
一瞬のミスが命取り。ヒューズもブレーカーも無いんですから・・・・・。
何時もの行事。インバーターを繋ぐ前にバチッと火花を散らして、インバーター内のコンデンサーをチャージアップ。

一旦音楽をストップ。VRの位置は弄りません。
DAコンバーターの電源ケーブルを二股タップから外し、新しいインバーターへ差し込む。

同じCDをスタート。
ヘヘ、変わった。付帯音が減りました。
でもこの程度の違いはオーナーじゃないと判らないかも?

で、本番は今夜から明日に掛けて。
愛用のインバーター。音が落ち着くのに結構時間が掛かるのです。
オット、使い出し最初だけですよ。
一旦落ち着けば、電源ON直後から大丈夫です。

今夜のお酒は美味しいかな?



リスニングルーム内のバッテリーの数。
14個、充電器14個、インバーター7個・・・・・・・。
廊下にラックを作って、バッテリー電源を引越しさせる予定です。

拍手[3回]


今回用意したバッテリーは、パナソニックのカオス。
同じサイズですが、電流容量が大きいので、パワーアンプだけカオスを使っていました。
1セットカオスを試して、音質的には若干違うけどどちらでも・・・・・。
と言う結果でしたので、カオスは1セットで止め、残りは安価な標準型を・・・・。

で、今回バッテリーを買うのに、標準型は値上がりしていて、カオスは安く成っていた。
価格差が少なくなったんですね。
だったら、補水不要の(と言っても標準型も一度も補水をしていない)カオスを買っちゃうか。のノリです。

そう成ると、カオスが2組。
2組必要なのは、パワーアンプかプリアンプ。
で、今迄手抜きをして、プリアンプの左chだけカオスを繋いでいたんですね。
両ch共同じ条件にしてやろう。

と言う訳で、右chの標準バッテリーをカオスに交換。
外した標準バッテリーはDAコンバーターに使います。

まあ念の為・・・・・。
両chがカオスに換わったプリアンプ。
静かなんですよ。今度のプリ、以前よりも静かに成った。と言うのは理解していたんですが、両chをカオスにしたら、更に静かに・・・・・・・・。

慌てて、バッテリー電源を投入した当時の装置を確認(ブログを書いてて正解、汗)。
この当時は、ドライブアンプを外して、試聴用のプリアンプとパワーアンプを使っていた。
つまり左右独立の赤パネル(塗装の赤)プリでは、一度もバッテリー電源を試していなかったのです。

要は、今度のプリアンプ。バッテリーの種類も出してしまう。
拙いな・・・・・・・・・。



拍手[2回]


僕のところへ来られた方は、ご存知と思いますが、僕は片づけが非常に苦手。
先日も僕の所へ来た近所の方。
ピ『家が狭くて済みません。』
『物が多過ぎるんだよ。』

確かに言える。使うつもりで購入。で、直ぐに入手できた物は良いんだけど、一部が入荷待ち。
なんて成ると、そいつが入手する前に、次にやりたい事へ頭が行ってしまう。
次にやりたい方の物が先に入ったらもうダメ。
ドンドン頭が先に進んで、中途に成った物は其の侭放置・・・・。

その中の一つ。玄関で充電中の2個のバッテリー。
勿論予定が有って購入したんですけど、充電器が長期欠品。
インバーターも用意済みなんです。

使いたいのは・・・・。


このインバーターから3個の機械に電気を供給。
左側のゴムコンはレコードプレーヤーのギヤボックスへ。
右の二口はCDメカとDAコンバーター。
レコードとCDは同時使用は無いので、共通インバーターはOKなんですけど、右のDAコンバーターとCDメカ。
同時使用ですよね。
此処を単独インバーターにしたくて、もう1組のバッテリー電源を用意したのですが、充電器が入って来ない。
6月入荷って聞いていたんだけど、未だに入荷日が未定。
玄関のバッテリー。邪魔だなー・・・・・・。

で、ピコン。玄関で使っている充電器。常時使っている充電器よりも高性能。
問題は充電電流が0,8Aしか出せない。24V仕様だから使える電力は19,2W。
要はこれ以下の消費電力ならば、この充電器で間に合う。

僕の勘ではDAコンバーターの消費電力は此れよりも小さい筈。
早速測定。消費電力計です。
その表示は・・・・(大笑)。


ナントナントの1,1w。完全に間に合いますねー。

と言う事で、これから玄関を片付けると言う名目で、1セットのバッテリー電源を作ります。
ノイズキャンセラーのコンデンサーや、スタッカードケーブルを作りますので結構面倒。

今日中に作れるかなー・・・・。


でも、この消費電力に2個のバッテリー。完全にオーバースペックです。

で、更にの追記です。
オーディオ機器。電源に混じってくるノイズ成分。無茶苦茶嫌がるのですね。
そのくせ、自分もAC電源にノイズを撒き散らすと言う困ったチャンです。
つまりバッテリー電源は、1台の機械に1セットのバッテリー電源。と言うのが基本です。
そんな訳で、2電源の入っているプリアンプの電源。
バッテリー電源を其々に繋ぎたいのですね。

拍手[2回]


本当にバッテリー電源のネタは尽きません(笑)。
イヤ、本当に3年間もネタが有るとは・・・・・。

今回はセッティング上の注意です。

インバーターの中身を確認はしていませんが、症状からバッテリー端子の直後に大容量のコンデンサーが入っていると思われます。

その為、初めての使用、長期使わなかった。と言うインバーター。
バッテリーに接続すると、一瞬火花が出ます。初めての方は驚きますよね。
僕は接続する時に、最初から本取り付けではなく、軽く端子を接触。バチッと火花を出してから本接続をします。

一度出せばその後は出ません。

問題は外した時。

インバーター内のコンデンサーにはタップリと電気が溜まっています。
つまり、バッテリー端子をウッカリショートさせるとバチッ。
この時の火花は接続時よりも大きい。

近くに引火性の物が有ったら大惨事です。
使用中のインバーターを外したら、絶対にバッテリー端子はショートさせない。
数日間掛けて自然放電させて下さい。

逆を言いますと、外して直ぐのインバーターをバッテリーに繋ぐ時には、火花は出ません。

このバチッ。注意して下さい。



以前も書きましたが、此の大容量のコンデンサー。ケミコンと思われます。
ケミコンは有極性です。つまりバッテリーの極性を間違えて繋ぐと破損します。
電源SWに関係なく、バッテリー端子に直付けされていますので、バッテリーを接続した瞬間に破損します。
バッテリー接続の際には、極性の確認は慎重に・・・・・。

拍手[3回]


バッテリー電源を使い出して3年を経過しました。
トラブルはゼロ。なんと充電器を繋いで常に充電状態でも、水の補給もゼロ。
バッテリーの能力が下がってきたかな?と言う症状もゼロ。

最初のセッティングさえ間違えなければ、非常に手の掛からない事が判って来ました(予想通りなんですけどね。笑)。

で、最近音を出さないと拙い事に成って、急遽試聴用アンプをセッティング。
この時、バッテリー電源の配置も変わったのです。

其処で、アレッと言う事が・・・・・・・・・。

配置を弄る前。僕のパワーアンプの消費電力は120W(実測)。それに対して充電器は5Aを2個。12V5A×2ですから120W。

つまり、消費電力と充電電力がイコールです(ピッタリとも言うけど、余裕がゼロとも言う、笑)。

僕が使っている充電器。充電中には赤ランプが点灯。バッテリーがフル充電と察知するとグリーンランプが点灯。

今迄はアンプの使用中には赤ランプ。アンプの電源を落とすと即グリーンに変わりました。

今回は・・・・・・・。

アンプの電源を落としても赤ランプ。1分後辺りにグリーンに切り替わります。

ナンデ・・・・・・?

其処でピコン。
今迄はパワーアンプにはカレックを使っていた。配置を変えた時に通常のバッテリーにした。
これかなー・・・・・。

早速実験。パワーアンプをカレックへ交換。
ハハ、電源OFF。即グリーンランプ。

容量が大きいのは伊達では無かった様です。




3年前よりも通常バッテリーは値上がりしているのに、カレックは安く成っています。
これからはカレックかな?
あ、音質上はカレックと通常バッテリーの差は殆ど見られません(僅かには有るけど、どちらが良いと言えない)。
インバーターの差の方がはるかに大きいです。

拍手[3回]


電池で動かそうと企んでいたDAコンバーター。
消費電力が少ないので単3電池で十分。
電池ケースも用意したんだけど・・・・・・。

でも、たまにの充電はメンドイな。セッティングは少々面倒でも我慢出来るけど、使用中には余計な気遣いをしたくない。

ヤハリ、バッテリー電源か・・・・・・。

と言う事で、何時ものセットを注文しました。
インバーター1個
バッテリー 2個
充電器   2個

インバーターを注文した店では充電器が売り切れ、再入荷の日程が決まっていないので、現在は販売中止と成っています。

充電器は其処よりも安い地方の販売店。
其処のHPでは在庫ありの表示。
で・・・・・・。
此の店、何時でも充電器はメーカー直送で来るよね。在庫有りって本当・・・・・。

発注後、3日目の今日メールが来ました。
此の理由が笑っちゃう。
『ご存知と思いますが、コロナウィルスの影響でメーカー工場が製造をストップしています。再開のめどは5月です。一旦キャンセル扱いとさせていただきます。』

ウッソだろう。ってメーカーのサイトを開いたらコロナのコの字もない。
在庫有りって書いていたので、苦し紛れの言い訳だよね。

値段が安いので買っているけど、信用のおけない販売店かなと・・・(大笑)。


拍手[2回]


今日は早々と晩酌です(疲れた)。

なんと、晩酌中に馴染みの左官屋さんが刺身を持って登場。
あまりにものタイミングの良さに脱帽。
まあ、色々と話をして・・・・・・。

左官屋さんが帰ってから、直ぐの行動。



プリアンプに効いたよね。ほんなら他も効くよね。

そんな訳で作りました。

で、この場合の大切な事。

3個いっぺんに繋いじゃ駄目です。
一個ずつ、確認をしながら。

普通の人って、いっぺんにやっちゃいますよね。
だからノウハウが貯まらないのです。

確実に一個ずつ確認。
プレーヤーの場合はどう変わった。
パワーアンプの場合は・・・・・・。

此の経験がこの先のチューンに役立つのです。
急いては事を仕損じる。急がば廻れ。

大事なんですよー・・・・。

あ、無視した人。将来大きな授業料を・・・(笑)。


更に・・・・。
一個ずつ確認をする。数時間シッカリと聞いてから次です。
此れを面倒と思ったら、オーディオをなめています。

拍手[3回]