平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日から始めた、パワーアンプシャシの作図。

基本配置がヤット完成。



エッ、2枚なの・・・。

基本的に、シャシ図面は原寸大で書き上げます。
そう成ると、使う方眼紙はA2。
でっかいんですよ。

フライス加工の時には、此の図面を持ち込むのですが、原図を持ち込む訳には行きません。
理由は簡単。切削油で図面が汚れる。
原図は絶対に汚したくないですよね。

で、コピーを取るのですが・・・・。
A2のコピー機(複合機)はでっかいし高価。

僕の使っている複合機はA3。
そんな訳で、A2を半分ずつスキャンします。

そのスキャンした図面を印刷したのが、写真の図面。
此の二枚をテープで張り合わせ1枚に・・。

そこで初めて寸法を書き込むのです。
寸法の入っていない原図は裏返しに印刷。
内部の実体図を書くのですね。

こうしないと、此の穴なんだっけ?(特にラグの穴は忘れ易い)

本番でミスをしない為に、図面って本当に大切です。

拍手[3回]


イヤー、恥ずかしながら、此処一週間は殆ど仕事が出来ませんでした。
理由はですね・・・・。

太ももの筋を傷めた・・。
先週火曜日。新しいプリアンプと電源2台。試聴室まで運んだのですね。
その場は息が切れた程度だったのですが、夕方辺りからまともに歩けない。

一瞬、人工関節を痛めたかとも思ったのですが、負荷を掛けなければ、股関節は極普通に動く。動かしても痛みは無い。

太ももの前側の筋肉を押すと痺れる。やったかな・・・?
完全休養は無理ですけど、仕事量を徹底的に減らして・・・・・。

未だ痛みは可也残っていますけど(歩行時)、普通にしている分には痛みはなくなりました。

そんな訳で、足に負担の掛からない仕事をスタート。



パワーアンプのシャシ設計です。
今回のパワーアンプは、パワー管だけです。

つまり、ドライブアンプを前提です。
少しでも小型にしたい。と言う事で、僕のアンプの様な無駄な真空管ソケットを撤去。
と言っても、MT管を2個だけですので、小さく出来るのはホンの僅か。
電源部は全く同じですからね。
逆に、大型の入力トランスが入りますし、マルチアンプ前提ですので、入力VRも2個必要。

最初は、完全に新設計で始めました。でも今迄のシャシが凄く良く出来ている。
散々部品を並び替えて、結局は従来のシャシの微調整に成りました。
微調整と言いましても、新たにシャシ図面は書きます。
一部手直し、なんて図面を引くと、ミスを誘発し易いのです(過去に・・・汗)。

細かなパーツも従来品が入手不能に成り、寸法が変わったりしていますので、その辺の変更もキチット作図します。

最終的に幅と高さは従来のシャシと同じ。奥行きだけ2cm小型化に成功しました。
でも、大型部品のストックが有って良かったです。此れが無いとシャシ設計は出来ません。



拍手[4回]


色々な雑用に追われながら頑張りました。



まあ、派手なアンプな事(汗)。
自分のですから何でもありです。

有る意味、これからの受注の色見本(笑)。
最初は片chがグリーンで反対側がブルーって思っていたんだけど、それも混ぜこぜにしてしまったり・・・。

色で音が変わるとは思わないので、こんなものです。

またもやKT66が乗りました。
只、以前とはOPTのインピーダンスを変えて有ります。
前回の時に対して、音質バランスの変更(成功するかはやって見ないと判らない)。
あ、KT66の前に鎮座しているECC82はダミーです。真空管ソケットには一切配線して有りません。
何かの都合で、普通のパワーアンプに改造出来る様にとの配慮です(無いと思いますけどね)。

さ、此れでアンプ3台が完成したみたい。

問題はこれらを接続するケーブル。
プリとパワー間は、4本のレモケーブルで繋がります。

実際にセットアップして、距離を測り、其れに見合ったケーブルの作成。
今は普通のビニールケーブルで誤魔化しているスピーカーケーブルも、Fケーブルでシッカリと作ります。
問題はバッテリー電源。

発注を忘れていた・・・・(大汗)。
で、とりあえず、CD用の電源を使います(容量は皆同じですので)。

さてさて、どんな音が出るのでしょうか?

僕の作るアンプですので、今の状態から滅茶苦茶変わる事は無いと思います(滅茶苦茶変わったら困る)。

楽しみでもありますし、不安も有ります。
どんな物でも、初めて作った物には、不安を感じます。それ程の自信家では有りません。


エーーー、実は出来上がったプリを作業部屋から試聴室に運びました。
運んだ後はハーハーゼーゼー。
こんな重いプリアンプって・・・(確実にパワーアンプよりも重いです)。

正直、もう作りたくない・・・。

拍手[5回]


2台目の製作に入ったパワーアンプ。
なにしろ、作る時の面倒さを一切考慮していない設計。

正しい配置と配線は・・・・・・。
此れだけしか考えていないんですね。

結果、配線の面倒さといったら・・・・・。

で、更に悪戯。
理論的に完璧な配線は無理です。
何処かで妥協(要は、あちらを立てればこちらが立たず)。

そんな訳で、2台目は意図的に1台目と若干違った配線をしています。
要は立てるモノの優先を逆にした。

正直、散々経験を積んでも、どちらが大事よ・・・・。
本当に難しいんです。

そんな訳で実験。

でも、今回の実験。測定上は絶対に差が出ませんし、聴感上も出ない自信99%。
自分のアンプを作る時、何か実験を絡めないと気が済まないって病気ですね(笑)。

拍手[4回]


2台目のパワーアンプにも、電源トランスが取り付けられました。

で・・・・・・。



その端子です。ビフォーアフター(笑)。

判りますよね。最近のパーツの半田付け(メーカー出荷時)。
決まっているので仕方が無いんですが、鉛フリーハンダで仕上げられています。
健康の為には必要なんでしょうけど(僕はもう手遅れ、笑)、ハンダの性能としては、鉛入りに敵いません。
写真、真ん中の端子がメーカー出荷の侭。
その両側は、ハンダ吸い取り線で、付いていたハンダを撤去し、鉛入り半田で仕上げた物です。
でも、鉛フリーハンダ。なにかシツコイ材料が入っている様で、鉛入りハンダの艶は今一。
僕の使っているハンダだけなら、ピカピカの表面に成ります。

空気に長時間触れて、表面の艶が無くなったラグ類も、同じ様にハンダメッキ処理をしてから、配線作業に入ります。

長期の使用に耐えるアンプにしたいなら、必要な作業と思っています。




拍手[7回]


今日、殆どの時間を掛けて、プリアンプの最終チェック。
ラックに納めてからオイオイと成ると、無茶重いので・・・・・・。

左右独立電源なので、1個の電源を左右に差し替えてのテストです(勿論、もう一台の電源はチェック済み)。

改めて考えると、今回のプリアンプ。
電源も入れての重量って・・・・(考えたくもない)。
昔、超有名だったマークレビンソン。あの軽さは・・・・・(大笑、あの値段、殆どサギ)。

回路の考察で良くなる事って多いんですが、電源に関しては物量作戦ですよね。
勿論、高品質のパーツを惜しみなく使うと言う意味です。
必然的に重量は・・・・・。

まあ、なんだかんだ言って、プリアンプのテストは全て終了(イコライザーの99をシッカリと聞けるのは楽しみ)。

そんな訳で、中途で終わっていたパワーアンプの仕上げ。
入力トランスに抵抗を取り付けて、底板を付けて完了。

ハイ・・・・・・。



二台目のパワーアンプに掛かりました。
あいも変わらず、シャシに落ちているよね。のチェックです。
此の写真の状態は全てOK。

明日から配線に掛かります。一台組み上げているので、今回は早いですよー。





実は、来週週末に、ご来店のお客様。遠方からですので、何とか今回のアンプを間に合わせたい。
そんな訳で頑張っています。

大事な追記。
どんなに優れた信号回路でも、其れに見合った電源が必要です。信号ラインに影響されないドシッとした電源。安定化電源回路では無理なんですね。
だって、どんなに安定化回路を詰めたって、トランスのレギュレーション以上の電流は取り出せません。
サーボモーターを考えましょう。
負荷に応じて電流を変えて、速度を維持。
でも、そのモーターの最大トルクを超えた負荷には対応出来ません。
安定化電源(特に3端子レギュレーター)なんてそんなものです。
どんな信号変動にもびくともしない電源(理想電源)。
其れを、現実化に近づけたのが逆相アンプなのです(電源側から見ると、信号による電流変動の無い回路ですので)。

拍手[5回]


カテゴリーはパワーアンプなのに、作業机の上にはプリが乗っています。



でも、重い。こんな重量のプリアンプって・・(電源は別ですからね)。

実は、パワーアンプの最後の調整で、オットット。
で、プリアンプを乗せた。

昔からの愛読者でしたらハハ~~~~ン。

今回のパワーアンプ。入力にトランスが入っています。
1:8の増幅巻線。

理由は、プリのアウトに10:1が入っているんですね。
つまり、此処の配線のインピーダンスを下げて、シールド線の悪影響を出来るだけ小さくしたい。
と言う理由です。

で、この時の要調整箇所。パワーアンプの入力トランス二次側に入れる抵抗値。
過去のアンプでしたら、沢山データーを取りましたので、必要無いのですが、今回は逆相信号をその侭出して、パワーアンプも逆相で受ける。と言う初めての動作です。

まあ、この辺かな?と言うのは有るんですけど、念の為に測定します。
此処の抵抗値の重要性。
MCトランスの使い方で、重々承知ですよね。




此の測定は、フォノは使わず(リアカーブが有るので)ライン入力で測定します。
最初は何もつなげない(抵抗を入れない)。
プリアンプの出力インピーダンスが、十分に低い場合は、入力トランス二次側で高域にピークが出ます。

此のピークが略無くなり、かつ信号レベルが小さくならない抵抗値を探します。
此れをしないで、トランスの評価は絶対に出来ません。

一般のトランスにはインピーダンス値が書いて有りますよね(ルンダールは書いていない)。
プリのアウトに、二次側が600Ωのトランスを入れたので、パワーの入力抵抗を600Ωにしました。って音が出ます程度の話です。

拍手[4回]


毎日、作業机に向かってパワーアンプの製作です。

半田付けも、相手の大きさに応じてコテ先を交換。
此のシャシで、標準仕様のパワーアンプは散々作りましたが、パワー段だけで更に逆相動作と言うのは初めてです。

配線の引き回しには細心の注意。
どんなに優秀なパーツを使っても、配線の引き回しに問題が有ったら・・・・・・・・。

傷を恐れ、フロント側のシャシ側板は最後まで付けませんでした。
この先の作業には、此の側板が必要に成ったので、取り付けたのです。



シャシの構成は、此処最近のパワーアンプと何も変わりません。
ヤット、納得出来るシャシに生長したのです。

今回はパワー管だけでも良かったのですが、此のシャシを使いたい。
色々な点を考えつくしたシャシですので・・・。

あ、色に関してのご意見はカット(汗)。
自分のですので好き勝手にやってます。

で、問題のルンダールOPT。



アンプを後ろ側から見た写真。
インピーダンスを切り替えるには、此の配線を全て繋ぎ替えるのです。
ケースが分解出来るのでしたら、この状態での配線可能。
非分解ケースですと、ケースごとシャシからトランスを外し、ケースからトランスを抜き取り、それからの配線のし直し。

此のケースとは構造が違いますが、ルンダール純正ケースも裏板だけを外せるので、変更は簡単なんですね。

さて、此れからシャシを裏返し、残りの内部配線。
今日中に完成です。



拍手[5回]