平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
ウーーーン、本当に困っちゃう。昔組んだアンプの中を見るとムラムラムラ。
今回も新しいアイディアが浮かんで・・(笑)。

まずバイアンプ(スピーカーユニットの数だけパワーアンプを用意する)方式です。
この場合にも2種類の方式があり、チャンデバを使って、パワーアンプの前で周波数を選択する方法(一般にマルチアンプ方式なんて呼ばれていますね)。

もう一つが、今回の方式。パワーアンプはフルレンジで動作します。
パワーアンプの出口にネットワークを取り付け、各周波数だけをスピーカーユニットへ加える方式。

其々一長一短(此処ではカット)。

で、今回の方式。ツィーター用のアンプにもウーハー用と同じパワーが必要。
ツィーター用だから小パワーでイイや。と行かないんですね。

さて考えましたよ。ツィーター用のパワーアンプはVT25シングル。
ツィーター用としては十分。でもアンプ自体はフルレンジで動作しているんだよ。

要は、アンプの出力の殆どは、ネットワーク直前のダミーロードのコイルが消費します。
ツィーター用に新しいEL34のアンプを買って下さい。なんて口が裂けても言えない(オイオイ、此処に書いちゃった・・・笑)。

へへ、上手い方法を思い付いた。
要はパワーアンプの入り口で中低域をカットすれば良いんだよね。

と言う事で入力VRの出口にコンデンサーを噛ませます。
勿論カットオフ周波数を計算して適正な値に。

今回のお客様。大音量派ではないので、大丈夫とは思うのですが用心です。


一般市販のアンプを使って、今回の方式は2ウェイ程度が無難です。
つまりプリアンプの出力にパワーアンプが2台ぶら下がりますので、プリにとってはきつい。
今回の様に4台のアンプと成りますと・・・・・。

今回平気なのは、ドライブアンプを使うからです。
ドライブアンプの出力インピーダンスは十分に低い。4台位ヘッチャラなんですね。

勿論、受け渡しのインピーダンスは十分吟味しますよ。

更に追記。プリアンプの出力段にNFを掛けますと出力インピーダンスは下がります(一般市販のアンプはこの方式)。
で、この状態のアンプ内の信号波形を見た事が有りますか?

NFで出力インピーダンスが下がるのは、見かけ上と理解しています。
NFって本当に便利ですけど・・・・・・・・・。

拍手[6回]


何度か指先に火傷をしながら完成させたネットワーク(だって半田槽でエナメルを溶かしたての銅線、目茶熱いんですよ)。

さて、次の仕事。

バイアンプ方式で使える様に、パワーアンプの改造です。
基本的には何も変わりません。

メインは入力にVRをつける事。

今回の4ウェイ。各ユニットの能率はバラバラ。ネットワーク方式の場合、能率を合わせるのにアッテネーターを使うのが略標準ですよね。

で、僕の経験から、ネットワーク内のパーツで一番の悪者は・・・・・・。
ハイ、アッテネーターです。

バイアンプ方式の場合は、パワーアンプのゲイン調整が出来るんですね(簡単に言うと入力VR)。
此れも散々テストしました。入力VRとアッテネーターではどちらが悪さをするか?

あ、何度も言っていますけど、音の良く成るパーツは、地球上に一切存在しません。
全て悪さをします。その悪さの質と量のチェックなんですね。

何度テストしても、入力VRの方が悪さが少ない。

そんな訳で、今回のネットワークにはアッテネーターが有りません。

30年位前に作ったアンプ。



ワイドアングル用に作った物です。このオーナーの方、色々とアンプを買って頂きました。で、昔のアンプもキチッととって有りましたので、そのアンプをフル活用しようとの考えなのです(勿体無いじゃないですか)。

このアンプ、最初は通常のパワーアンプでした。入力1Vで最大出力。
途中でドライブアンプ仕様に改造したのです。

で、初段管と段間トランスは不要に成ったのですが、単に外すとかっこ悪い。
と言う事で、内部配線はしてないのですが、シャシ上面にはついた侭と言う・・・・・・・・。

で、今回の入力VRの取り付け。最新のノウハウで(注1)取り付けたい。
そう成ると、段間トランスが邪魔に成ってしまったのです。

外した穴。



外したトランス。



昔散々お世話に成ったマリック特注品。

穴が開いた侭ではかっこ悪い。
そんな訳で・・・・・・。



こんな物を旋盤で・・・・・・。

裏から・・・。



表。



外したトランスの跡が・・・・・。磨いて出来るだけ消します。

で、此処迄やったら、初段管も邪魔に成り・・・・・・。



此処にもメクラ蓋を作ります。

外した初段管。



本物ですよー・・・・。




小一時間後の追記。
先のアップが済んだら即プレハブへ直行。
勿論旋盤仕事。

で・・・・・・・(笑)。



注1。
簡単です。VRの配線に(特に出力側)シールド線を使わない。
使わないで済む配置が要求されます。

拍手[8回]


今日の暑さは半端ではない。

そんな日に限って、一日中家の外。
地元自治会(現在、ナント副会長、大汗。順調に行けば2年後には会長の予定。ヨソモンなんですよー・・いいのかな?)の仕事に続いて農園会(もち米を作っています)の畦塗り。
僕は足が悪いので雑用係です。
来週は田植えだし・・・・・。

開放(仕事後の飲み会は・・・・)されたのは午後4時近く。

タップリと汗をかき、水分補給はビール・・・・・・・(可也ヤバイ)。

で、本職の材料待ちが明日で終わります。数日前のメールで27日発送の連絡を貰いました。

現在、受注してお待たせしている仕事は2名様。

其れが終わったら例の重箱ツツキを始めます。

で、今日はヒントだけ。

スピーカーケーブルを3本必要とする今回のアイデア。
パワーアンプにもアース端子を取り付けます。

さて、どんなアイディアなんでしょうか・・・?


本当に重箱の隅です。理論的には間違っていません。
聴感上、判るのかなー・・・・・・?

拍手[5回]


同じアンプを作っている時には、中々思い浮かばない新しいアイディア。

今回の様に、丸ッ切り新しいアンプに掛かると、色々と考えます(流されない)。

で、昨日アップしたリバーブユニットのアース。

此れってスピーカーでも同じだよね(そう書いたと思います)。

そう成ると、今のパワーアンプとスピーカーの接続は変。

イヤ、本当に重箱の隅を突いています。
でも、此れ迄隅を突いて悪くなった事はゼロ。
良く成ったか、聴感上は判らなかったか・・・
でも、確率として良くなった方が圧倒的に多い(90%以上、最近は略100%)。

昔なら、こんな事に気付いても実験しなかったと思う(そんなの聞いちゃ判らないよ)。
でも、理論的に正しい事をしたら音が良くなった。と言うのをイヤと言う程経験した。

ウーーン、近々実験です。



非常に大事な点。理論的につめて良く成る装置は、入り口から出口まで理論的にキッチリと作られた物です。一部でも聴感上のチューニングが入ると理論通りには行かない場合が多いです。

以前にも書きました。
何処かを弄った(勿論良く成るのを期待して)。

で、良く成ったとしますね。理論を考えての弄くりでしたらOKです。
単なる思い付きや、ネット(雑誌)の情報で弄った場合(その情報にも理論は書いてない)。

本当に良い事をして良く成った(意外と少ない)。
実は理論的には拙い事をしたんだけど、他の場所の欠陥を覆い隠してしまって、結果的に良く聴こえる(結構多い)。

悪く成った場合も同じです。理論的に良い事をしたのに音が悪く成った。
この場合、其処の性能が良く成ったので、他の場所の欠点が表に晒され結果音が悪く成った。

理論的に正しい事をしたのに音が悪く成った場合。僕は其処を絶対に戻しません。暴かれてしまった欠点を探します。

昔、こんな事が有りました。海外製の管球アンプです。パワーアンプを僕の所へ持って来てデモをしたんですね。
すると若干のハム。
営業マン曰く『ピンキーさんの所のピンケーブルは2芯シールドですか?』
更に『どう言う訳か2芯シールドを使うとハムが出るんですよね。』

僕に言わせりゃ、アンプ内のアース引き回しの不良。

でも、此のアンプを買ったオーナーが2芯シールドを試したとします。
オーナー『2芯シールドなんてダメだ。ハムが多くて使えない。』

聴感だけのチューニング。非常に危険と思っています。
聴感だけで判断するから、新興宗教に捕まっちゃうんですよ(笑)。

拍手[5回]


今日は忙しかった。
午前中は明日納品のバッフルフレームの確認(現地での修正は不可能)。

その後アルマイト屋さん。一番嫌いな確定申告。明日の納品で足らない物の購入。
16:30に帰宅。昼飯食べていなかったなー・・・・・・。

で、早速・・。



先日アップしましたVRツマミ。お客様の指定の色です。



ツマミの位置が判り易い様に、マーキング。
我ながら中々の出来です。

で、実はもう一つ(1セット)アルマイトに出したんですね。
僕の得意なミッドハイホーン。

数年前にお買い上げに成りました。

で、つい言っちゃったんですね。
『そろそろ僕用も作ります。パネルと同じ赤に着色します。』

言わなきゃ良かった。
『あ、僕のもやって下さい。』
直ぐに此処へ持ち込まれた。

僕としては最初にやって自慢したかったんですね。
なのに~~~~~~~~~。


僕のホーン。赤は止めよう(真似したと思われたくない。人まねが嫌いなんです)。
で、何色にしようかなー・・・(ウジウジウジ)。

拍手[3回]


完成している新プリアンプ。
残念な事に音出しが出来ない。

理由はパワーアンプが出来ていない。

此処の常連の方はお判りでしょうが、今回のプリアンプ、パワーアンプに普通は内蔵されるドライブ段まで入っているのです。

つまり、組み合わせるパワーアンプは出力段だけのアンプです。

更にプリドライブアンプは逆相アンプに成っていますので、パワーアンプもステレオアンプを二組使うのです。

要は、贅沢をし尽くしたアンプ(僕用のアンプではこれが最後に成ると思っていますので・・)。

突然飛び込んだCDバッファアンプを作るので、パワーアンプの製作は中断していたのです。

で、バッファアンプは略完成。問題はDAコンバーターの改造。これもとんでもない事を考えたので中断しました(パーツの手配に時間が掛かる)。

と言う事で、昨日からパワーアンプへ掛かったのです。

エーーー、以前アップしましたとおり、今回のアンプ左右で色が違います。
スピーカーの後ろにセットしますので、見えないのが・・・・・(涙)。

取りあえず、天板への小物パーツの取り付けが終わりました。
記念撮影。






エーーー、お知らせです。
今後作ります商品。カラーアルマイトもお受けいたします。
ご希望の色をご指定下さい。
その色の色見本をお送りしますので、その中から選んで下さい。
基本、言葉(文章)の表現での色指定はお受けできません(業者さんが受けてくれません)。
あくまでも色見本が必要です。
アルマイトでの着色ですから、塗装のような色は出来ません。
メタリックカラーに成ります。

拍手[3回]


アルマイト加工の終わったパーツの一部を彫刻に出しました。
それを昨日引き取りに・・・。

かなり無茶な色指定をしたので、彫刻屋さん頑張ってくれました。

帰って直ぐに検品。
どんな色が入っているのか・・・・・・。

ヘヘ、略思った色。

で、一部公開。



パワーアンプのOPTケースです。
プリのパネルはもっと凄い事に成っているんだけど、出し惜しみをします。
完成まで公開は無いかと・・・・。

拍手[3回]


プリアンプと同時進行のパワーアンプ。勿論逆相動作のステレオアンプが2台。
トータルで考えるとプリアンプの電源が2台。プリアンプ本体が1台。パワーアンプが2台と言う可也頑張っている台数です。

自分のだから思い切って遊んじゃえ(要は回路的には実験部分がゼロ、只作るだけではつまらない)。
そんな訳で、カラーリングで遊ぶ事にしたのです。

可也以前にアップしましたパワーアンプのシャシ。グリーンとブルー(どう組み合わせるかはナイショ、笑)と言う可也遊んだ色です(お陰でアルマイト代にウン万円)。

OPTは、純正のケースに入れるつもりだったんだけど、遊んだ色には似合わない事に気が付いた。
OPTケースも作る羽目に・・。
で、最初はシャシの色と合わせるつもりだったんだけど・・・・・・。

今度のプリとペアだよね。だったら共通デザイン(カラーリング)にしなきゃ・。

そんな訳で・・・・・・・・・・・。



昨日引き取って来たOPTケース。
一部の部品は彫刻屋さんへ行ってます。
紙から透けて見える色でお気付きでしょうが・・・・・・。



要はプリアンプパネルに合わせました。

プリアンプパネルのロゴ着色もパワーに合わせるし、つまみも・・・・・・(汗)。

昔の言い方なら『サイケデリック』。

ウーーーン、以前の僕なら絶対にやらなかった色。脳が壊れて来たみたいです。



残りはプリアンプのツマミの着色(アルマイト)。
これもトンでもカラーリングにしますよ。トータルアルマイト代金は・・・・・・。

拍手[3回]