平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日は旧友2名が来訪。
で、ピンキー君は我慢が出来ない。

アルマイト加工の終わったシャシを自慢。

流石の二人も驚いた様。まさかこんなアルマイトを掛けたとは・・・・・・。

パワーアンプの天板です。



ヘアーラインもバッチリと決まっています。(サンドペーパーでゴシゴシしたとは・・)

横の小さなパーツはシャシの外周の枠。
グリーンの他にブルーも有るのが・・・・・(この辺はお二人には報告しましたがBLOGではナイショ)。

で、話をしながら僕も考えた。
要はOPTケースがこのシャシには似合わない。

ウーーーン。トランスケースも作るようですね。



あ、今後アンプの受注時、カラーアルマイトもお受けしますが、必ず色見本が必要です。
色を言葉でやり取りしますと絶対に違う色に成ります。
アルマイトですので塗装のような色は出ません。メタリックカラーです。

更に追記。
BLOGでの写真では、正しい色の表現は難しい。
で、今回の色。パネルも含めて皆さんに好評です。

エーーーー(笑)。
拍手欄のコメントにカワサキ色って有りましたけど・・・。
ライムグリーンとはかなり違った色です。
更に横のグリーンのパーツ(シャシ側板)。
天板とは違うグリーンって気が付きましたか(天板よりも濃いグリーンです)?

アルマイト屋さんの色見本の中から選んだのですが、思ったよりも良い色で嬉しい。
更にこのアルマイト屋さん。同じ色の色見本を付けてくれました。
つまり、次回同じ色って指定する時に困らない用にです。
で、実はパネルと同じ赤に着色したい次の物が控えているので・・・・・・。

拍手[7回]







永年愛用して来たパワーアンプ。
彫刻のロゴが・・・・・(汗、彫刻屋が間違えた)。

で、今回組み替えに成りますので、このシャシを処分したいのです。
アルミ廃材に出しても良いのですが、もしご希望の方が居りましたら差し上げます。

2台分有ります。

写真の真空管は外します(笑)。
それと入力のレモ端子も・・。
それ以外の小物は付けた侭でお渡しします。

後の一段高い部分にはルンダールのOPTが二個収まります。

ご希望の方は、HPの相談欄へ書き込んで送って下さい。
此処のコメント欄への書き込みは無効とします。

梱包材の手配が大変ですので、取りに来てくれるのが条件です。

2週間ほどお待ちします。希望者が出なかった場合は・・・・・(涙)。




拍手[3回]


本日、アルマイト屋さんにパワーアンプのシャシを持ち込む。
2台分なので結構多いパーツ(12個)。

チョイ滅茶苦茶な注文をして帰ったら・・・・・・。

アルマイト屋さんから見積もりのFAXが届いていた。
結構な金額なので、向こうも良いのかな?って思ったみたい。

今迄出していたアルマイト屋さんは、モノクロだけしか出来ないけど安かった。

今回の見積もり。¥100000に近い(大汗)。
全て同じ色だったらこの金額には成らなかったと思うんだけど、ナント4色の指定。
注文した此方も悪い(この色の注文はそう無い筈、大量に有る色ならこの値段には成らない)。
要は、僕の為だけにアルマイトを掛ける。

悩む事二分三十秒。

電話を掛けて『その価格でOKですので進めて下さい。』

この先、自分用のパワーアンプなんてそうは作らないと思う。
最後と思って贅沢を・・・。


エーーー、アルマイトの着色。狙った色と同じに成るとは限りません(色々な条件で発色が変わる)。
その辺もギャンブルです。

拍手[4回]


受注した仕事が略片付いて、本当に暫くぶりに始まった自分用のアンプ製作。
此処へ引っ越して初めての様な・・・・・(汗)。

とりあえず掛かったのがパワーアンプです。現在使っている物と同じ物を2台。
要は逆相アンプですね。



玄関に置いて有るシャシ。
これからアルマイトに出します。
と言っても標準品と同じじゃつまらない(笑)。

現在のモノトーンとは違った派手な着色を・・・。

で、カラーアルマイトの出来る業者は見つけたのですが、其処ではヘアーライン加工が出来ない。

そんな訳で昨日自分でヘアーライン加工をしました。

要はサンドペーパーでゴシゴシ。
まあまあのヘアーラインが出来ました。

何色にするかは出来上がるまでナイショ・・。
アルマイト待ちの間にプリのシャシ加工です。



今回はプリ(ドライブアンプ内蔵)とパワーの製作です。

拍手[4回]


作ってから20年近く経つアンプが戻って来ました。
製作当時は300Bでしたが5~6年前EL34へ交換。
順調に働いていたのですが『電源ONOFF時にノイズが片chから出る。』
と言う連絡が入りました。

ハハ~~~ン。EL34くさいな。
ピ『左右のEL34を差し替えて見て下さい。』

今度は反対chからノイズが出る。間違いないEL34が犯人。

で、2~3日後交換用のEL34を持って伺ったら・・・・。
『アンプから焦げ臭いにおいが・・・・・・。』

これは拙い。新品の真空管を危ないアンプに挿すと、新品の球をダメにしてしまう恐れが大。

と言う訳で預かって来たのです。



シャシにウレタン塗装を塗っていた気合の入った時代です(笑)。

シャシの裏蓋を外して直ぐに原因判明。
EL34が暴走してカソードに入っているバイアス抵抗とパスコンを破壊したのです。
ヒューズよりも一瞬早く壊れたのですね(ヒューズはスローブローでしたので)。

壊れたパーツ。



ラグ板も交換です。コンデンサーの電解液を被りましたから絶縁不良の恐れが有るんです。

でもこのパーツが壊れたお陰で、大物パーツのトランス類に被害が行かなかったのが幸いです。

人間の体と同じですね。早期発見、早期治療。

パーツを交換して(オットその前にシャシ内の掃除、粉々に成った内部物があちこちにこびり付いていますので・・)新しいEL34を挿して動作チェック。
正常です。整流管もやられませんでした。

また明日から活躍開始です。






写真から判ります様に、カソードへ入れるバイアス抵抗は大型を使いません。
万が一の時のヒューズ代わりと思っての選択です。
これが飛べば真空管の暴走は止まりますので。

拍手[6回]


修理を始めたパワーアンプ。
症状としては数日前まで正常に働いていた。突然ブーーーンというノイズが・・。

この場合プリアンプかパワーアンプかの判断が必要。
まずVRの位置によって変わるか?
電話での返事ではVRでは変わらない。
次の質問。パワーアンプだけ電源を入れプリは入れない状態。
此れでも出る。
左右出ているか?(片chだった場合はプリとパワーを繋いでいるピンケーブルの疑いも)。
両chとも同じ様に出ている。

ハハーーーン。パワーアンプの電源部だな。

そんな訳で引き取りに行ったのですね。

預かった時点から怪しい部品は気が付いていたのだけれど、先入観は間違った判断をし易い。
冷静に手順を踏む。
まず真空管の動作点のチェック。全て正常。
続いて出力端子にダミー抵抗を繋ぎその両端の電圧をオシロで確認。
見事に100Hzの波形(崩れていますけどね)。50Hzではなく100Hzって意味判りますよね?

2段増幅の単純な回路。前段とのカップリングコンデンサーを外して波形を見る。
全然変わらない。フーーン、パワー段で出している。

整流管からOPT迄の間のケミコンを全て測定。

で・・・・・・・・(笑)。


2個コンデンサーの入っているブロックケミコン。片側は正常でしたけどもう一方の容量、2pF。
完全な容量抜けです。25年間頑張ってきたのですから仕方が無い。

あ、ケミコンってアンプ内のパーツでは寿命の短い代表選手です。昔、永久保証なんて謳っていたアンプが有りましたけどケミコン使っていたよなー・・(笑)。

サッサと交換。勿論同一品種はもう有りません。互換性の有る物に交換です。

序でに・・・。
此処のケミコンの容量が大きい事をうたい文句にしているアンプが多いですけど、大容量を使うと音の輪郭がボケます。
リップルの取れる最低容量を使うのが基本です。
大容量を使わないとリップルが取れないのでしたら、配線の仕方を勉強し直しです。




今回使ったオシロ。デジタル方式じゃ無く最近手に入れたアナログ方式。
波形の確認はアナログオシロに敵いません。
もう一台のアナログオシロ、故障の箇所は判っているので直してサブにしようかなー・・。

拍手[1回]


非常に懐かしい方から連絡が有りました。
パワーアンプからノイズが出ます。プリの電源を落としても出るし左右から出る。
と言うのでパワーアンプを預かって来ました。

底板を開けて記念撮影。



高圧回路の配線にも埃が付着していなくて凄くきれいです。
組んでから初めてのドック入り。
で、このアンプ。何年位使われていたか判りますか?

数日前まで好調に働いていたそうです。

当時の僕はパソコンなんて持ってないのでカルテがきちっとしていなかった。
そんな訳で・・・・・・・・。



製造は25年前。一般のアンプ、25年も使ったら中は埃でいっぱい、と言うのが普通。
このアンプ、パーツが綺麗だし半田もピカピカ光っている。

一切放熱口を開けていない効果です。
ステンシャシでは出来ない芸当です。



拍手[5回]


昨日は先日組み上げたばかりのパワーアンプの納品。
実走行距離、片道572km(汗)。

勿論日帰りです。

朝3:00に出発。帰宅は日付の変わる寸前。

現地に到着して、玄関にアンプを置いたら・・・。
『綺麗だー。なんとも形が美しい。』

考えて見たらこのアンプの現物をお客様が見るのは初めて。

早速装置に接続。
出て来た音にも感激(スピーカーは10WにT500を繋いだおなじみの物、勿論ネットワークは僕製)。

大喜びで、今夜は泊まっていって下さい。とまで言って頂けたのですが僕の予定が・・・・・・。
ほんの2時間強の滞在でした。でもお客様のあそこまでの喜んで貰える顔を見られたら、遠くでも来て良かった。

ヤハリ、お客様の所で音を聴かないとこの商売は出来ない。ってつくづくと感じました。
伺って良かった。




今日はボヤーとした頭で自治会の用事。殆ど役に立てなかった様な・・・・(汗)。

拍手[6回]