平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日は先日組み上げたばかりのパワーアンプの納品。
実走行距離、片道572km(汗)。

勿論日帰りです。

朝3:00に出発。帰宅は日付の変わる寸前。

現地に到着して、玄関にアンプを置いたら・・・。
『綺麗だー。なんとも形が美しい。』

考えて見たらこのアンプの現物をお客様が見るのは初めて。

早速装置に接続。
出て来た音にも感激(スピーカーは10WにT500を繋いだおなじみの物、勿論ネットワークは僕製)。

大喜びで、今夜は泊まっていって下さい。とまで言って頂けたのですが僕の予定が・・・・・・。
ほんの2時間強の滞在でした。でもお客様のあそこまでの喜んで貰える顔を見られたら、遠くでも来て良かった。

ヤハリ、お客様の所で音を聴かないとこの商売は出来ない。ってつくづくと感じました。
伺って良かった。




今日はボヤーとした頭で自治会の用事。殆ど役に立てなかった様な・・・・(汗)。

拍手[6回]


今朝の作業台の上。



ハイ、例のパワーアンプが完成しました。

各真空管の動作点チェック。
それがOKでしたら発信器からの信号を入れ、出力端子の波形をオシロでチェック。
出来立てのアンプ、このテストをしないでスピーカーに繋ぐのは自殺行為です。

後ろに見えるオシロの波形。見事に両chの波形がピッタンコ。
NFゼロのアンプですからねー。
真空管の動作点をクリティカルなポイントで使うと、こうは行きません。

意地悪に矩形波を入れてもピッタシです。

此の侭24時間連続運転(このテストで落ちたアンプはゼロなんですけど、しないと気が済みません)。

さあ、納品日を決めないと・・。



拍手[2回]


此処の所、本当にプレーヤー屋さんに成ってしまったピンキー君。
アンプ関係のパーツを暫く注文していないので、其の関係の商社では僕は潰れてしまったのかな?と思われても仕方が無い状態(大汗)。

本当にプレーヤー関係の仕事ばかりをしていました。

そんな中で・・・・・・。



久しぶりのアンプ製作です。
僕が使っているの物と全く同じEL34シングルステレオアンプ。

回路は単純ですが凝った配線引き回し(基本に忠実なだけなんですけどね)の所為で配線の量が無茶多い。要は一本の電線に何種類もの信号を流さない。
此れに徹すると配線の本数は増えてしまうんですけど、音質的なメリットはとても多いので(電気的に正しい配線は音質へのメリット、兎に角増えます)止める訳には行かないし、この配線が僕のアンプの特徴でも有るので・・・・。

そう言えば、先日行った改造。300BからEL34への交換。
此れで僕の作った300BアンプでEL34へ変更していない方はたった一名に成りました。

EL34、良い球ですよ。安いので入門用なんて思われていますけど、高性能で安いって最高と思うんですけどね。
あ、他人へナニナニを使っているって自慢したい人にはダメですね(笑)。




拍手[4回]


数日前から掛かっていますパワーアンプの改造。

パワー管を300BからEL34への変更です。
まあ、努力の甲斐も有り・・・・・。



左右共動作チェックも済み、一緒に預かって来たプリアンプに掛かります。
勿論故障等ではなくて、出来るだけ最新バージョンに近づける。

20年位前に作った物ですからネタはタップリ(笑)。

ジックリと掛かります。




今回のパワー管交換。パイロットランプがLEDなのでフィラメント回路の直流電源を生かした侭にして有ります。

で、笑っちゃう・・・・・・。
電源SWを切っても数分LEDは点いた侭。原因は判りますよね。
300Bのフィラメント電流に合わせたコンデンサーが入っているので、コンデンサーに蓄えられた電力は・・・・。
消費電力の少ないLEDですので中々使い切れない。

勿論コンデンサー容量を減らして直ぐに消えるようにしました。

こんなの、やって見る迄は気付かなかった。

拍手[1回]


只今の作業机の上。



本当は先にこなしたい仕事が有ったんだけど、作業場所に納品前の製品が鎮座しているので出来ない・・(汗)。

そんな訳で急遽仕事の予定を変更。

今回のアンプ。10数年前に作りました。置き場所の関係で出来るだけ小型に・・。と言うリクエストに応えたアンプです。

今迄のメンテは真空管の交換だけ。他は一切弄らないで動作を続けています。

で、今回・・・・・。

300BからEL34への交換。もう散々やった仕事ですので気は楽です。

此れで僕の作った300Bアンプで300Bの侭で使われているのは残り1セット(笑)。

世の中の流れと全然違うチューンをしているピンキー君。

でもね、この改造をして『元に戻してくれ。』と言った方はゼロ。
皆さん喜んでいます。真空管の寿命もEL34の方が長持ちしますし、交換時点でのコストも大幅に下がります。

お金が掛からなくなって更に高音質。最高のチューンですよね。






考えて見ると、EL34の交換ってした事有ったかなー・・・・・。其の位長寿命です。

拍手[3回]


数日前から始めた30年前に作ったパワーアンプのオーバーホール。
オーナーの方が残留ノイズには煩い方なのでやりがいが有ります。音のコントロールは何とか成っても、ノイズレベルを下げるのは腕がばれる瞬間でもあるんですね。

で、交換する大物パーツ。



ご存知チョークトランス。電源のリップルを減らすには大切なパーツ。

LUXの標準回路はダイオード整流。この場合整流直後のコンデンサーに大容量が使えます。
僕は直熱管での整流。この場合整流直後に大容量のコンデンサーは使えません。
このアンプの場合は8μのオイルコンを使用。
PPと言えどもリップルは少ないに越した事は無い。

写真のチョーク、1,6Hしかないんですね。100Hzのリアクタンスは1kΩ。チョイ足りない。
そんな訳でチョークの容量を増やします。今回使うチョークは10H。

此処まで増やせばリップルはかなり減ります。

で、この先が本題。

電源のチョークで音色がかなり変わるんですね。
昔、試聴用に手持ちのLUXのチョークを使ったパワーアンプを作りました。
これが大好評で注文を貰ったのです。
本番はLUXのチョークを使わずに特注のチョークを使いました。
ウソッてな位音質が向上したのです。

で、この特注チョークを使って作られたオイロダインの励磁電源。
其れ成りに満足はしていたんですが悪戯で現在愛用しているメーカー製に交換(実験なので片chだけ)。
明かに左右の音が違って・・・・・・。

勿論現在愛用しているチョークに軍配が。

今回のアンプ、LUXから現在愛用のチョークへの交換ですから楽しみです。



拍手[5回]


48時間連続通電テスト。普通は24時間なんですけど作られてから30年以上経っていますので用心です。

結果は・・・・。



綺麗な波形が左右揃って出ています。
完璧ですね。
矩形波も入れましたが問題なし。

これで安心して送れます。





昔、これと同じアンプをナント6年間電源を切らないで使っていた。と言うツワモノがいました(笑)。しかも其のアンプお客様の間で売買された中古品。

ある日持ち込まれて来まして片ch音が出ない。
原因は出力管のダウン。
出力管を差し替えて動作チェック。問題なく動作をした。と言ういわくつきのアンプです。
可也の台数を作りましたが本当に修理に持ち込まれません。
パワー管には目一杯電圧を掛け電流値も絞っていないんですけどね(笑)。
ちなみに今回のEL34の動作点。プレートに400V掛け電流は60mA流しています。
これで全然平気です。

拍手[6回]


東北の地から送られて来たパワーアンプ。
僕が独立して間もない頃の作品です。



電源部とシャシはラックスのシャシキット、A3700を利用。
内部は6550三結シングルのステレオアンプ。

整流管を使っているのが僕の拘りなんだけど・・・・・。

中身を見てギョッ。なんと固定バイアス。ラックスの電源には固定バイアス電源も含まれていたのです。
今の僕ならそんなの無視して自己バイアスで組んじゃいますけどね。

当時はメーカーさんを信用していた。メーカーも固定バイアスだし自己バイアスは初心者用の回路。
なんて思っていたのです(大恥)。

故障の原因は目視で直ぐに判りました。整流管のゲッターが完全に消えている。
整流管の交換だけでは終えないピンキー君。

固定バイアスを自己バイアスに変更。
さて測定って思ったら6550の片側、ゲッターの残りが少ない。
この状態では先の寿命も知れている。

お客様の好みを考えると6550よりもEL34の方が喜ばれるのも判っているので、迷わずEL34へ変更(勿論バイアス抵抗は換えましたし1番ピンの配線も変えました)。

只今動作チェック中(勿論OKでして、連続運転テストです)。




あ、整流管のソケットも交換です。

拍手[8回]