平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
今日は朝から頭が冴えている(笑)。
昨日の休養は大成功。
ドンドン配線を進めていて、アレッ?

いや、悩んだのではないのです。此のネタアップしたっけかな?

今回はドライブアンプですが、パワーアンプにも応用出来ます。



此の図面だけでOKですよね。

左端。一々線を引くのは面倒なので、こんな感じに書いちゃいます。
2個のOPTの+BをB電源に接続と言う意味です(今更ですよね)。

で、一般的にOPTは隣同士と言うのが普通(今回のドライブアンプも)。
そうすると、真ん中の配線をやり勝ち。

要はBから近いトランスへ接続。此のトランスから隣のトランスへ・・・。
これ、結構拙いのです。配線材料の抵抗がDC、AC共にゼロでしたらOKです。
有り得ませんよね。
そんな訳で、右端が正解。

実践例。

白矢印の配線が、トランスからB電源への配線。
トランス同士は直ぐ隣なので、真ん中の配線をし易いですがNGです。




軽く追記。
トランスから真空管のプレートへの配線。
最短距離、って判っていますか?

拍手[4回]


子供の頃からの憧れのストラトキャスターが来ました。
テレビを見ていても膝の上には・・・・(大汗)。

と言いながら、チョイ堅い話です。

数日前、此処の常連様から、電源トランスをヒーターとBとに分けたら好結果が出ました。と言うご報告。
正直悩んでいたんですよ。なんでかなーって・・・。
トランスのレギュレーションの問題も有りますがひょっとして・・・・・。

僕がいつも重要視しているアースライン。
アース母線なんてもってのほか(今度詳しく説明しますね、アース母線は簡単に配線が引けるだけのメリットで、電気的には絶対ダメな配線です)。

で、僕が答えに詰まったのは、そのアンプ全体を見ないと判断出来ない。
僕の感覚(経験)で言ったら、ヒーターを別トランスにしての音の向上は考えられないのです。

其処で色々と考えました。
想像ですが、1個のトランスだった時、ヒーター回路とB回路のアースを共通にしていませんでしたか?(ヒーターとB回路のアースは別にしないとダメです、LUXなんか平気でしちゃっていますけどね)

トランスを別にしたので、アースも分かれた(あくまでも想像です)。

まあ、今回言いたかったのは、聴感上の差を理論で説明が出来ないと、他の場所では(他のアンプでは)同じ事が起きる保証は無いんです。

自分のアンプだけを弄っている方はそれでOKですが、僕の場合は沢山のお客様に使ってもらっています。
何処でも通用するネタでないと採用は出来ないんですね。


拍手[3回]


プレーヤーの必然性から入手した60Hz電源。
大昔(30年以上前)、アンプ関係を60Hzで動作させた。ハイ玉砕です。理論的には判っていた。アンプの電源、50Hzよりも60Hzの方が色々と都合が良い。
音にも表れちゃったんですね。早い話が50Hzよりも60Hzの方が音が良い。
此れに気付いた時は関西のバカヤローって怒鳴っちゃいましたよ(笑)。
でも当時は60Hzへの変更電源にも色々と問題が有ってチョイ躊躇していた。

今回のバッテリー駆動のインバーター。其の問題点はナーーーンモ無い。
昔はバッテリーの充電には気を使った。過充電が兎に角怖い。
今の充電器、過充電の心配は一切無し。繋ぎっぱなしでOK。

イヤ、良い世の中に成りました。東京電力から(あ、他の地方も同じです)供給される電力よりもバッテリーからの電力の方が物凄く良質なんです。これを簡単に使える時代に成った。

バッテリーなんて数千円。1年持ちゃ充分おつりが来る。

チョイヤバイ展開に成りそうな・・・・・・。


昔々、マクソニックとどろどろの関係でした(笑)。
僕の店をオープンした時はマクソニックオンリー。
ハイ、何か今はとんでもない値段のついている(噂話ですよ)101EXドライバーも使っていたんですよ。403EXも・・。
こいつをバッテリーで励磁したんですね。
この時初めて励磁型の優位性を理解しました。逆を言うとAC電源を整流、電圧を合わせた電源では励磁型の魅力は無い。
うそって思ったらバッテリーで励磁して見て下さい。目から鱗って・・・。
だからバッテリー駆動でなければ励磁形を使っても意味が無いって思っています。

昔々の思い出 其のⅡ。
パイオニアからTVチューナーが発売されました。要は音声だけを受信、音声だけオーディオ装置で高音質でと言う商品です。
当時の僕の装置のど真ん中(スピーカーの中心)にTVが有ったんですね。早速購入して音楽番組を中心に楽しんでいたんです。
そんな時にソニーのラジカセを購入。FMバンドが広くてTVの音声も受信出来る。
面白半分にTVチューナーとラジカセの聞き比べ。笑っちゃいますけどラジカセの完勝。オイオイ。
で、この時のラジカセは乾電池で動作。ACアダプターを使ったらTVチューナーの勝ち。
もう、僕が何を言いたいかは判りましたよね。

拍手[5回]


只今の作業机の上。



先日試したトランスは結局お蔵入り。もう一つ用意して有ったトランスを使う事にしました。此方の方が位相特性が良いんです。

机の上に乗っているのが其れ。まあ値段も3倍近いので・・・。

で、またピコンと来た。

このアンプ、逆相アンプ。と言う事は二本の球の動作は逆相で働いている。
アースラインを独立させない方が良いんじゃない?

僕が普段嫌っている共通インピーダンス(アース母線なんかは最たるもの)。各真空管を理想どおり働かせ様としたら、アースラインを独立させるのが基本です。

でもこのアンプの二本の真空管。完全に逆相動作。だったらアースラインを共通化すればお互いに打ち消しあう。

逆相アンプですから使える技です。

またネタが増えたかなー。


拍手[4回]


まず、この図面を見てね。



何の変哲も無いCR結合回路。
あ、この辺を理解できない人はこの先を読まないで。

で、世の中の通念。
コンデンサーを通ると位相が狂う。

じゃあこの回路。C1の前後で位相は変わるのか?

オシロで調べれば一目瞭然(ひょとしてアンプを弄っている貴方、オシロ程度は持っていますよね。持っていなくてアンプに色々言うなら100年早ーーーい、怒)。

コンデンサーの前後の位相、同じ(音声周波数範囲)。

でも、コンデンサーを通ると位相が回転するって学んだんだけど・・・・。

でも、実際に回転していません。理論武装なんてチャチなもんで、実際の現象には歯が立ちません。

じゃあ、なんで位相が回転しないの?

僕は答えを知ってます。書くのは簡単なんだけど意地悪します(笑)。

此れだなって人は、コメント欄に管理人だけで送って下さい。
イヤ、当たり前の事なんだけど、オーディオ界の人って、知らない人が多いので僕のノウハウです(極秘事項、笑)。






オーディオ界の迷信を生んでしまう一番の原因は、聴感だけでの判断って思っています。
聴感はその場だけの症状。環境が変わったら再現性なんて無いんですね。
その辺の怖さを知らないで(メクラ蛇に怖じず)知ったかぶりのオーディオマニアが多過ぎます。

もっと謙虚に・・・・。
少なくとも自分の意見を言いたいなら実験の回数をもっと増やしてから。
たった一度の経験を吹聴するのは如何なものかと・・・・・。

拍手[3回]


只今、ご機嫌でCDを聴いています。
僕としてはとっくに結論の出た事なんだけど、つい調子に乗って安定化電源はご法度なんて書いちゃったんですね。

理屈はさて置いて音を聴いたら誰でも納得する筈。
音を聞かさないで理屈だけを言ったら安定化電源の勝ち(笑)。

音が悪いのに理屈上は良いからなんてしがみついても僕は無駄と感じます。
理屈なんて後から何とでもつけられる。

まず音を聴いてどう感じるか。

感じた事を素直に胸にしまう。

その感じた事を証明出来る理論を考える。
僕のスタンスです。
理論の奴隷には成りたく無いんですね。

理論は人間の作ったもの。其れの奴隷には成りたく無い。
自分で感じた素直な感覚に正直に生きたい。

そんな感じで生きています。

今回の安定化電源をたった一個の抵抗器に置き換えた電源。
出て来た音楽は血が通ったモノ。

此れと比べると安定化電源の音は綺麗だけれど作り物。

僕のオーディオ人生で安定化電源で感心した音を聞いた事は一度も無かった(ハッキリ言うと電源回路をややこしくすると音はドンドン悪くなった)。
もし聴けたらもっと安定化電源を勉強したと思う。

つまり勉強しようと言う魅力を感じなかった。

其れよりも単純な電源回路の音への反応は理論通り。悩まないで良いのでこちらへ走ったのです。
基本的にややこしい電気回路で良い音を聞いた事が無いのです。

僕の作るアンプも回路的には単純明快。そんなアンプに勝てたアンプが無いのも・・・・・。






拍手[4回]


安定化電源。
言葉に騙されますよね。
本当に安定しているのかと言ったら、測定上は充分な数値が出てきます。

で、人間の耳では・・・・・・・。

チョット話が飛びますね。
スピーカーケーブルを換えると音が変わる。
オーディオに興味が有る人なら極常識な話。

で、こいつを数値化出来るか?

現在の測定器ではまず判別不能。
少なくともDCRとインダクタンス、両線間のキャパシタンスを測定するのが精一杯で、そいつと音の間には何の関係も無い事を立証してお終い。

オーディオに興味の無い技術者なら『そんな事有り得ない、迷信だよ。だからオーディオマニアは・・・・。』の一言で片付ける筈。

今迄色々な技術者と付き合ってきてオーディオに興味の無い人は、此処を弄ると音が変わると言っても信じないのが普通。

信じたら技術者ではない。

つまり耳では判るが、数値化が出来ない事がうようよしているのがアナログの世界。

さあどうしましょう?

数値化できない事は無視して数値化できる理論武装で良い音が出せるか?

オーディオメーカーの設計者や音を決めている人とも沢山面識が有ります。

で、僕はウーーーーーン・・・・・・?

オーディオを電気の遊びと捉えるか、音楽を聴くための道具と捉えるかで進む道が決まってくるだけだと・・。



拍手[0回]


こんなアンプを用意しました。



ヘヘーー。ヤハリ市販のアンプには敵いません(大笑)。

今回の10W一発での鳴り方。理論的に証明したい。
だったら序に・・・。

俎上に上がるのは一部での評価の高いアンプ。

スピーカーのインピーダンス変動にどう対処できているかの実験です。

モチ、ぶっつけ本番。

僕が普段から言っている事を証明しちゃおうじゃない。

僕の理論と違う結果が出たら笑い者覚悟の実験です。

今迄、こんな初歩的な実験を誰もしていなかったのが不思議。

アンプはスピーカーに電力を送る。

こんな当たり前の事の実験。

今の仕事を片付けたら始めますからネーー。





拍手[2回]