平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日のコンデンサーの説明(特にシールド線)に若干の追記です。

シールド線はコンデンサーと書きましたが、理解不能だったかなー・・・・・。
図面を追加すれば良かったかなー・・・・。

と言う追記です。



上の図面(へたくそは御勘弁)がシールド線の概略図。
芯線の周りを、編み線が包んでいる構造です。勿論間には絶縁物が入って、お互いの接触は有りません。

直流でしたら、何も考えないで(DCRだけ考えればOK)使って大丈夫。

問題は交流。
昨日の説明で、コンデンサーを書きました。
下の記号がコンデンサー。巧く考えたもので、コンデンサーの構造を良く表しています。
つまり電線の先に向かい合った電極。

此の電極、平らに並行に向かい合う必要は有りません。電極同士が近付けばコンデンサーが出来ちゃうんです(作りたくないって言っても無理です、笑)。

シールド線は中心線と周りの編み線が向かい合っています。ハイ、此処にコンデンサーが出来てしまいます。図右の緑の記号が、シールド線の作るコンデンサー。

拙い事に芯線と編み線の間に出来ますので、芯線と編み線の間が交流的にショート状態なんですよ。
勿論、全ての交流がショートされるのではなく、カットオフ周波数以上の高い周波数です。
カットオフ周波数は、コンデンサーの容量とインピーダンスで決まる。

カットオフ周波数をオーディオ帯域以上に上げるには、インピーダンスを下げ、コンデンサー容量も下げる事。

先日インピーダンスの高いカートリッジ、と言いましたけど、もう一つ追加。
インピーダンスの高いMCトランスの二次側も同じくシールド線の使用は勧められません。

と言う事は、MCトランス単体の形態は・・・・・・。
今お使いのMCトランス。プリアンプに内蔵させて、入力素子と直付けすると、お使いのトランスを見直しますよ。



拍手[2回]


先日のアップで、シールド線はコンデンサーって書きました。
電気の基礎知識を持っている方なら、極常識で今更かよって思うでしょうが、この辺を今一理解していない方の為に・・・・。

コンデンサー(キャパシター)。導電材料(一般には金属)が向かい合うと出来てしまいます。
実際に市販されているコンデンサー。内部構造は2枚の金属板が向かい合っています。
勿論、金属同士は触れていません(シールド線の芯線とシールド間も触れていませんよね)。
金属同士が触れない様に、間に挟む絶縁体の種類がコンデンサーの名前に使われています(一般的に)。例えばOILコン。此れは絶縁オイルを浸み込ませた紙を絶縁材に。
フィルムコンは樹脂フィルムを絶縁体にと言った感じです。
電解コンデンサーは可也面白い構造ですので、何かの時に解説します。

でも、この辺は結構専門書が出ていると思いますので、少なくともアンプやネットワークを自作する方には、基礎知識として重要ですので勉強して下さい(此の勉強をしないでアンプやネットワークを作っている人は、自分用だけを作って、自分の考えを人に言わない事です)。

此れを理解しないで、あのコンデンサーの音は・・・。なんて言う人の話は百害有って一利なしです。

で、コンデンサー(キャパシター)の容量を決める基本です。
容量を上げるには向かい合う金属の面積を増やす。もう一つ、金属間を狭くする(絶縁体を薄くする)。
勿論絶縁体の種類でも変わりますが、基本的には此の二つです。

すると、シールド線を長くすると言う事が理解出来ますよね。
長い、と言う事は向かい合う面積(芯線とシールド)が増えますよね。つまりコンデンサー容量が増えるという事なんですね。

そうすると、先の計算式で判ります様に、カットオフ周波数が下がって、高い周波数成分はシールド線に吸収されます。

もう気付きました?
インピーダンスの高い回路へ、長いシールド線はご法度(と言うか、使いたくない)。
MMカートリッジの情報量の少なさも、インピーダンスが高い為、プレーヤーからのシールド線が悪さをしていると考えています。

僕が常々シールド線は極力短く。と言っているのは、線材の電気抵抗を問題としているのではなく、キャパシターを問題視しているのです。

正直、MMカートリッジ(インピーダンスの高いカートリッジ)に、2mの出力ケーブルなんて指定されますと、アームを作る気力が無くなります。

此処迄で、シールド線の悪さを理解されましたら、僕がドライブアンプを作った理由も理解出来ると思います。

インピーダンスの関係から(トランス結合が前提)、此の部分が一番ケーブルを延ばせるのです。
プリアンプとドライブアンプ間のシールド線を使いたくない為の、ドライブ内蔵のプリアンプなんですね。


コンデンサー容量へ対する考え方。
基本的に、コンデンサーは交流を通し、直流を通しません(実際は違うのですが、簡単には此れの理解で大丈夫です)
直流は簡単ですが、交流には周波数と言う問題が有ります。
基礎理論。コンデンサーの容量が大きい程、低い周波数を通せる。
容量が小さいと、高い周波数しか通せない。
此の、通せるか通せないかの境目の周波数が、カットオフ周波数です。

先にもアップしました通り、カットオフ周波数は、コンデンサー容量と回路のインピーダンスで決まります。

オーディオ帯域(周波数範囲)に影響の出ない、十分に高いカットオフ周波数が要求されます。
そう成ると、ギターの試算で1kHzと言うのは、とんでもない問題を抱えているって気付かないと拙いんですね。

拍手[4回]


イコライザー部分とアースラインを取り外した新しいプリアンプ。
外しながらも、くだらんミスが無かったかの確認。
今のところ、これというミスは無し。

こんな時には、急いで組み立てに掛からないで、ジックリと考える。
今のアースラインは正しいのか?

まあ、こんなトラブルは初めての経験なのです。

で、じっくりと考えた。昔は電源シャシと本体シャシと両側でシャシアースを取っていた。
此処へ引越して初めての試聴用アンプ。

電源でのシャシアースを止めて、本体だけでシャシへ落とし、本体と電源のシャシをアース線で繋ぐ方式へ変更。
その後、修理で持ち込まれたプリアンプも次々に此の方式へ。

この場合、全数が電源は左右に分かれていなかった(1台の電源で両chへ供給)。
2年前まで使っていた赤パネルは左右独立電源だったが、電源のシャシは1個(1個のシャシ内に2台の電源を組み込んだ)。

今回のアンプ。電源が左右別シャシ。アースラインの引き方は・・・・・・・。


此処へ引っ越してから作った試聴用のアンプ。
以前のアンプと回路、定数、パーツ、一切換えていません。
変わったのは、配線の引き回し。
理論的には判るけど(正しいけど)、こんなんで音は変わらないよね。と言う事も見逃さず、完全に重箱の隅を突きました(電源シャシでのアースをフローティングにしたのも、その一例)。

結果はうそだろう。の大変身。勿論良い方向へ。
調子に乗って作ったのが、EL34シングルステレオアンプ。此方も大成功。
結果、此の2台のアンプが僕の所の標準品に成ったのです。

で、今回のプリアンプ。電源シャシが2台に成った事への考察が無かった。
第一、次の仕事に追われ、途中中断が(しかも数ヶ月)何度も・・・・・。
結果、製作を急いで手抜き工事が・・・・・・・・・・。

こんなんで、良いアンプが作れる訳が有りません(反省)。
正直、なめていましたね。今迄上手く行っていたから平気だろう。

大反省です。




今日からアースラインの引き回しです。重箱の隅を突きますよー・・。

拍手[2回]


今日は朝から頭が冴えている(笑)。
昨日の休養は大成功。
ドンドン配線を進めていて、アレッ?

いや、悩んだのではないのです。此のネタアップしたっけかな?

今回はドライブアンプですが、パワーアンプにも応用出来ます。



此の図面だけでOKですよね。

左端。一々線を引くのは面倒なので、こんな感じに書いちゃいます。
2個のOPTの+BをB電源に接続と言う意味です(今更ですよね)。

で、一般的にOPTは隣同士と言うのが普通(今回のドライブアンプも)。
そうすると、真ん中の配線をやり勝ち。

要はBから近いトランスへ接続。此のトランスから隣のトランスへ・・・。
これ、結構拙いのです。配線材料の抵抗がDC、AC共にゼロでしたらOKです。
有り得ませんよね。
そんな訳で、右端が正解。

実践例。

白矢印の配線が、トランスからB電源への配線。
トランス同士は直ぐ隣なので、真ん中の配線をし易いですがNGです。




軽く追記。
トランスから真空管のプレートへの配線。
最短距離、って判っていますか?

拍手[4回]


子供の頃からの憧れのストラトキャスターが来ました。
テレビを見ていても膝の上には・・・・(大汗)。

と言いながら、チョイ堅い話です。

数日前、此処の常連様から、電源トランスをヒーターとBとに分けたら好結果が出ました。と言うご報告。
正直悩んでいたんですよ。なんでかなーって・・・。
トランスのレギュレーションの問題も有りますがひょっとして・・・・・。

僕がいつも重要視しているアースライン。
アース母線なんてもってのほか(今度詳しく説明しますね、アース母線は簡単に配線が引けるだけのメリットで、電気的には絶対ダメな配線です)。

で、僕が答えに詰まったのは、そのアンプ全体を見ないと判断出来ない。
僕の感覚(経験)で言ったら、ヒーターを別トランスにしての音の向上は考えられないのです。

其処で色々と考えました。
想像ですが、1個のトランスだった時、ヒーター回路とB回路のアースを共通にしていませんでしたか?(ヒーターとB回路のアースは別にしないとダメです、LUXなんか平気でしちゃっていますけどね)

トランスを別にしたので、アースも分かれた(あくまでも想像です)。

まあ、今回言いたかったのは、聴感上の差を理論で説明が出来ないと、他の場所では(他のアンプでは)同じ事が起きる保証は無いんです。

自分のアンプだけを弄っている方はそれでOKですが、僕の場合は沢山のお客様に使ってもらっています。
何処でも通用するネタでないと採用は出来ないんですね。


拍手[3回]


プレーヤーの必然性から入手した60Hz電源。
大昔(30年以上前)、アンプ関係を60Hzで動作させた。ハイ玉砕です。理論的には判っていた。アンプの電源、50Hzよりも60Hzの方が色々と都合が良い。
音にも表れちゃったんですね。早い話が50Hzよりも60Hzの方が音が良い。
此れに気付いた時は関西のバカヤローって怒鳴っちゃいましたよ(笑)。
でも当時は60Hzへの変更電源にも色々と問題が有ってチョイ躊躇していた。

今回のバッテリー駆動のインバーター。其の問題点はナーーーンモ無い。
昔はバッテリーの充電には気を使った。過充電が兎に角怖い。
今の充電器、過充電の心配は一切無し。繋ぎっぱなしでOK。

イヤ、良い世の中に成りました。東京電力から(あ、他の地方も同じです)供給される電力よりもバッテリーからの電力の方が物凄く良質なんです。これを簡単に使える時代に成った。

バッテリーなんて数千円。1年持ちゃ充分おつりが来る。

チョイヤバイ展開に成りそうな・・・・・・。


昔々、マクソニックとどろどろの関係でした(笑)。
僕の店をオープンした時はマクソニックオンリー。
ハイ、何か今はとんでもない値段のついている(噂話ですよ)101EXドライバーも使っていたんですよ。403EXも・・。
こいつをバッテリーで励磁したんですね。
この時初めて励磁型の優位性を理解しました。逆を言うとAC電源を整流、電圧を合わせた電源では励磁型の魅力は無い。
うそって思ったらバッテリーで励磁して見て下さい。目から鱗って・・・。
だからバッテリー駆動でなければ励磁形を使っても意味が無いって思っています。

昔々の思い出 其のⅡ。
パイオニアからTVチューナーが発売されました。要は音声だけを受信、音声だけオーディオ装置で高音質でと言う商品です。
当時の僕の装置のど真ん中(スピーカーの中心)にTVが有ったんですね。早速購入して音楽番組を中心に楽しんでいたんです。
そんな時にソニーのラジカセを購入。FMバンドが広くてTVの音声も受信出来る。
面白半分にTVチューナーとラジカセの聞き比べ。笑っちゃいますけどラジカセの完勝。オイオイ。
で、この時のラジカセは乾電池で動作。ACアダプターを使ったらTVチューナーの勝ち。
もう、僕が何を言いたいかは判りましたよね。

拍手[5回]


只今の作業机の上。



先日試したトランスは結局お蔵入り。もう一つ用意して有ったトランスを使う事にしました。此方の方が位相特性が良いんです。

机の上に乗っているのが其れ。まあ値段も3倍近いので・・・。

で、またピコンと来た。

このアンプ、逆相アンプ。と言う事は二本の球の動作は逆相で働いている。
アースラインを独立させない方が良いんじゃない?

僕が普段嫌っている共通インピーダンス(アース母線なんかは最たるもの)。各真空管を理想どおり働かせ様としたら、アースラインを独立させるのが基本です。

でもこのアンプの二本の真空管。完全に逆相動作。だったらアースラインを共通化すればお互いに打ち消しあう。

逆相アンプですから使える技です。

またネタが増えたかなー。


拍手[4回]


まず、この図面を見てね。



何の変哲も無いCR結合回路。
あ、この辺を理解できない人はこの先を読まないで。

で、世の中の通念。
コンデンサーを通ると位相が狂う。

じゃあこの回路。C1の前後で位相は変わるのか?

オシロで調べれば一目瞭然(ひょとしてアンプを弄っている貴方、オシロ程度は持っていますよね。持っていなくてアンプに色々言うなら100年早ーーーい、怒)。

コンデンサーの前後の位相、同じ(音声周波数範囲)。

でも、コンデンサーを通ると位相が回転するって学んだんだけど・・・・。

でも、実際に回転していません。理論武装なんてチャチなもんで、実際の現象には歯が立ちません。

じゃあ、なんで位相が回転しないの?

僕は答えを知ってます。書くのは簡単なんだけど意地悪します(笑)。

此れだなって人は、コメント欄に管理人だけで送って下さい。
イヤ、当たり前の事なんだけど、オーディオ界の人って、知らない人が多いので僕のノウハウです(極秘事項、笑)。






オーディオ界の迷信を生んでしまう一番の原因は、聴感だけでの判断って思っています。
聴感はその場だけの症状。環境が変わったら再現性なんて無いんですね。
その辺の怖さを知らないで(メクラ蛇に怖じず)知ったかぶりのオーディオマニアが多過ぎます。

もっと謙虚に・・・・。
少なくとも自分の意見を言いたいなら実験の回数をもっと増やしてから。
たった一度の経験を吹聴するのは如何なものかと・・・・・。

拍手[3回]