平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
耐入力をシッカリと稼いだギターアンプ。

さて、どんな音になったかな?

完全にオーディオアンプと同じ表現。
耐入力を稼ぎ過ぎたアンプの音。

やり過ぎましたね。

まあ、此れも経験。

で、問題。

4本のギターの出力は皆違う。

4本共最良の音で鳴らしたい。

また、難しい問題勃発(と言いながら楽しんでいますので、笑)。



拍手[5回]


取り合えず音の出ているギターアンプ。

ギター側の調整と僕の好みで、色々と拙い点が露呈。
最大の問題点。最大入力が小さ過ぎる。その為クリーントーンもオーバードライブに・・(大汗)。

色々とくっつけたけど、僕はクリーントーン以外は使わない。

思いっ切り、単純なアンプに成りそうです。
特許が取れるかも(笑)と思ったミックス回路も要りませんね。

今回フジゲンにトランスを入れましたが、出力ダウンはホンの僅か(あの程度の撒き数比では)。

そんな訳で、今日の休養日はアンプを弄る事にしました。
予定していたピックアップ交換はまた先延ばしです。

元々、様子見でのアンプでしたから、今迄使えたのがエライ。

取り合えず、全体の耐入力を4倍程度に増やします。




耐入力。大き過ぎると微小信号に反応しないアンプに成ります。
この辺のセッティングが、アンプ作りの力量が判る所なんですね。

拍手[4回]


ドライブアンプを作りながらギターアンプを考えている(汗)。

今回のドライブアンプ。新作ですけど実験は十分に済んでいるので、悩む所は無いのです。
其れじゃ無くちゃ、最初の1台目をお客様に渡すなんて出来ません。
実験機を売ってしまうのはアウトと考えていますので・・・・。

で、ギターアンプ。
なにしろ経験不足があちこちに出ています(要はデーターが足りない)。
自分のギターの電気回路を分解し、エーーーーと言う発見が続出。

その中にポットの抵抗値。
250kΩは許せますけど、500kΩが使われている。
全開で使うんなら大丈夫なんだけど、絞って使うと出力インピーダンスは無茶高くなる。

信号の受け渡しはハイ受けが鉄則(要は出力インピーダンスよりも受け側のインピーダンスが高い)。
そう成ると、ギターアンプの入力インピーダンスは1MΩと言うとんでもない数値が欲しい。

簡単に1MΩって言いますけど、入力真空管は真っ青に成るのです。



答えまで書いてしまった回路図。

左側が普通の入力。
此処のR1に1MΩを使えば良いのですが、真空管のグリットの電位が可也やばくなります。
出来れば500kΩ以下(僕は通常100kΩ以下で設計)。

フェンダー君はやってくれます(右の回路)。
R2,3共に470kΩ。
こうすればギター側から見た入力インピーダンスは940kΩ(略1MΩ)。
真空管のグリットは470kΩでアースへ落とされるので真っ青に成らなくて済む。

流石フェンダー・・・・・。

イヤ、あのね・・・。
こんな回路じゃないかって想像していたので・・・・。

拙いんですよ。信号ラインにシリーズで高抵抗が入るのは・・。
だから僕の作るアンプのVRは、100kΩを使っているのに・・・。

オーバードライブにディストーションをバンバン掛ける音作りなら、此れでもOKですけど、僕の様にクリーントーン1発勝負の場合はNG。

ヤハリ、ピックアップの出力にトランスを入れてインピーダンスを下げる。
此れしかなさそうです。





昔々、300Bのグリッドリーク抵抗に数百kΩを入れていた御大が居りました。
前段が5極管の310でしたから仕方が無いのですが、直熱管の使い方としては・・・・?
(300B、冷や汗をかいていたかと)

拍手[3回]


以前、ギターの出力レベルを測定しました。
最大でも100mV。
これを基準にギターアンプを設計。

で、考えた・・・・。

あの当時はピックアップの最適高さの調整以前だったよね・・・(大汗)。

ここ数日、ピックアップの高さ調整に目茶拘っています。
で、判った事。メーカー出荷時の高さは低い。

高過ぎると問題が起きるので、メーカーとしては無難なチョイ低め。

此れに嵌まった。
シビアに調整すると、ピックアップの更なる可能性を実感。
(早い話が、ピックアップの高さ調整もしないでピックアップの評価は・・・)
あ、勿論僕も含めてです。
イヤー、甘かった。ピックアップの高さ調整の重要さを頭では判っているつもりだったんだけど・・・・・・・。

シビアに合わせたピックアップは出力もアップ。
此れを想定していなかった僕のアンプは・・・・・。



でも、エレキギターの本質にチョイ近付けたって嬉しいんです。
何事も失敗が最高の財産。
更に良い音を出せるアンプが見えて来たので・・・・。

拍手[4回]


先のアップ後、アンプに繋いで練習(全然進歩していません)。

なんとなくオーバードライブの音を確認したくなった。
一瞬で×。

僕の作ったオーバードライブ回路は、一般のアンプよりも歪みを押さえています。
でも×。

クリーントーンに戻す。
此れだよね。僕の好きな音は・・・・・・・。

折角のギターごとの音色を、歪ませてわかんなくするって勿体無いって・・・・。


歪ませちゃったら、ギターごとの微妙な音色(表現力)って出ないと思うんだけど・・・。

拍手[3回]


完全に僕の好みです。違う方を卑下するものでは有りません。この辺は十分にご理解をして下さい。

ヤット出来上がった(半完成ですけどね)ギターアンプ。
僕の練習の良い相棒に成っています。

手元の4本のギターの音色の違いを良く表してくれています。
お陰で、好きなギター(信頼出来るギター)の評価も変わったりして・・・・(汗)。

で、今日初めて真面目にオーバードライブ回路の音を聞きました。
ホンの僅かにオーバードライブしましたので、クリーントーンと聞き間違える程度の歪みです。

で、こんな職業の僕には許せない歪みなんですね。

歪んでカッコイイーーーー。

理解しますけど、僕が出すギターの音には不要かなと・・・・・。



シングルコイルの、歪みの無いスカーンと抜け切った音が大好きです。

拍手[5回]


二日前のテスト。
クリーントーンなのにオーバードライブの音。

要は何処かがクリップしているのです。

散々検討しました。
で、結論はパワー不足。
2W弱です。リミッターの掛かっていない、入力ソースには不十分。

でもね・・・・・。

今回のテスト、スピーカーユニットは裸です。
スピーカー・・。前後の音の位相は180°違うので、お互いに打ち消し合ってしまう(この辺の理論が判らない方は勉強して下さい)。

バッフルが必要だよねー(エンクロージャーは絶対に作りたくない)。

で、地元の工務店へ行きました。預けっぱなしのコンパネの確認。
社長曰く『もう全部使っちゃったよー。』

そんな訳で、新しいコンパネを注文。24mm厚です。

段々と深みに入っていますね。



あ、以前あるお客様。
僕は25mm厚を薦めたんですけど、もっと厚い方が良いって言うんですね。
僕は黙っていたんですけど、25mm厚と30mm厚、実験して見たんですか?
僕はしています。
実験もしないで勝手な事を言うと・・・・・(笑)。
ハイ、音が悪いのを承知で作っちゃいますよー・・・・・。

拍手[5回]


そろそろ、本職の為に作業机を空けたい。
完全に完成した訳ではないけど、まあ普通に使える。

重量が重量なので、持ち運び(使う時だけ出す)はやりたくない。

僕が普段練習しているのはパソコン机の前(横にベットが有るので、椅子に座ってベットへ足を投げ出せる、汗)。
まあ、行儀の悪い練習をしているのです。

で、パソコン机の下を大掃除。
此処へ置ければ、使い良いし生活の邪魔にもならない。

結果です・・・。



電源と本体が綺麗に収まりました。

此処へ置く、と言うのは全然考えていなかったのに、ピッタシカンカン。
スピーカーはパソコンの右側を片付けると何とか成りそう。

問題は片付けた物を置く場所が・・・・・・・(物が多過ぎる)。





拍手[5回]