平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
愛用のDAコンバーターから余計な回路を切り離しました。

過去に散々味わっています。必要の無い配線を取り外すと、ウソッと言う位、音がフレッシュに成るのを・・。
だから、必要の無い回路は絶対にNGなんですね(アンプ内に便利な回路を入れたら、僕は,あその程度かって、笑)。

昨夜は、DAコンバーターもビックリしたみたいでバランスを崩しました。
今夜は・・・・・・。

超ご機嫌。

まあ、こんなものです。
装置を弄って、直ぐの判断はまずダメ。

最低でも一昼夜は置いての判断が必要です。
昔、オーディオ雑誌で即時切替をしないと正しい判断は出来ない。ナンテ書いていた執筆者がいましたが、僕に言わせりゃオイオイ。自分の能力の無さを白状したとしか思えません。
音の聞き比べは、過去の音との聞き比べ。それが出来ないと正しい判断は無理です。
この場合、音の聞き比べではなく、音楽の聞き比べなんですけどね。

今夜のDAコンバーター、今迄で最高の演出。音楽が楽しい(そう、これが一番大事)。
あのチョイヤバイ電源でも此処迄出る。

乾電池にしたら・・・・。

装置を弄るのが好きな人。
弄った時間の十倍は聞きましょう。
正しい判断の基本です。

拍手[5回]




新年早々、作業台に乗ったDAコンバーター。
電源の見直しです。乾電池にする前に今のAC電源でやる事は・・・・。

散々見ました。で、プリント基板の結論。
改造するには、基板を度外視してやらないと無理(やっても良いんですけど、メリットとリスクを秤に掛けると・・)。

そんな訳で、電池ケースをネットで探しました。
電源SW付を見つけました。単三4本入りです。

此れなら簡単に取り付けられます。

此処を書きながら、CDが鳴っています。マダマダ行けるよと言うサウンドを聴かせています。


拍手[3回]


大晦日の此の時間でも頑張っています。
ヤットCDの音が聴けた(正しくはCDの音楽が聴けた)。
基本的に、同じアルバムをCDとアナログでは持っていません。

ですから、聞きたい音楽がCDですと、CD装置が動いてくれないと・・・。

で、バッファアンプは落ち着きました(何か有っても微調整範囲)。
こう成ると弄る目標はDAコンバーター。

以前から気に成っている点が有ったんですね。
色々な表示。エラーカウンターが付いているのです。
まあ、確かに便利。何処かの異常をチェックしてくれます。

でもね、便利にすればする程音は悪く成る。と言う信条を持っています。
便利さが欲しければ、一般メーカー製が一番。

便利さは要らないから、兎に角音を・・・・・(僕の作る物、全てがそうです)。

そんな訳で、表示部へ行っている接続ケーブルを外しました。

ヤハリ・・・・・・・・・。

確実に情報量が増えました。但しバランスは崩れました。
この場合皆さんはどちらを選びますか?

僕は迷わず外した方。理論的に良い事をしたのに、音が悪く成る場合って有りますよね。
この場合、良い事をしたので、今迄気付かなかった欠点が露呈したと僕は考えます。

と言う訳で新年早々(笑)。


何度も書いていますが、聴感で良くなった場合。
正しい事をして良くなった。此れなら良いんですが、理論的に間違った事をした。結果装置の欠点を覆い隠して、良く聞こえる様になった。
これが一番危ないのです。
ですから聴感の結論には理論付けが必要不可欠なんですね。
此れをしないと、蟻地獄へ落ちます。

あ、それと一番大事な点。ソフトに元々入っていない音を欲しがる。此れもバランスを崩す原因です。
たかがレコードです。生の音は入っていません。

拍手[6回]