平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
先週末のプレーヤー納品。
無事に済みました。
お客様も貸し出し品との違いに驚かれたり喜ばれたり。

兎に角静かです。音楽が始まるまで何も聞こえません。
最初の音出しの瞬間は壊れたかと・・・・・・・。

次々とレコードと取り替えて兎に角聞きまくっているお客様の様子に僕も一安心。
一生懸命に作っても現地での音出しまでは若干の不安感が有るのです。

物作りってそう言うものなのです。

2~3時間お邪魔していました。さて帰ろうとしたらアームリフターが変。
巧く作動しない。
結局はエアーポンプ部分が壊れた。

手前で操作できるあの方式をとても喜んでくれていたのです。

古い機械は何が有るか判りませんからね。と僕を責めないお客様。
とりあえずポンプ部分を外して持ち帰りました。
基本的に非分解品。
直そうかなとも思ったのですが古い機械です。修理後の信頼性には・・・・・・。

で、何時もの癖。作っちゃえ、そうすれば壊れても僕が修理をすればいいし、僕の作るものはオーバースペックが普通なのでまず壊れない。

で、更に考えは膨らんで、アームのオプションにしちゃおうかな・・・・・・・。


拍手[5回]


明日に控えたプレーヤーの納品。

遠距離ですので忘れ物があったら大変。
持って行く物のリストを作りました。
このリストも見直す度に書き忘れを発見したり・・・(汗)。

ターンテーブルシートもご希望の色のシートを鋏でチョキチョキ。
両面テープでターンテーブルに貼り付けます。

輸送で一番心配なのがトーンアーム。
ゴロンと成ったら大変(針先が・・・・・)。

持てるかな?とチェック。大丈夫この重さなら・・。



右半分だけキャビネットに取り付けました。この状態ならアームの事故は防げます。
下側にはティップトゥーが出ているので出力ケーブルを潰す心配も有りませんし、ティップトゥーが車の床に刺さるので、荷台の中で滑る事故も防げます。

2ヵ月半近く掛かりっ切りだったプレーヤー。出荷を前にしてホッとするのと同時に若干の寂しさも有ります。

明日からはオーナーの所で可愛がってもらえよ。





全部の部品を取り付けてしまうと僕一人では車に積めません。
そんな訳で試聴用は徹底的な軽量化を計ったのです。

拍手[4回]


アームの組み立てが略完了。
今回はリフターなどが付いているのでキャビの穴開けもチョイ複雑です。

現地で穴が合わない。なんて成ったらオーマイゴッド。

確認です。



下から覗いても何処とも干渉しないで巧く行っている。

なんとなくホッ。




今回のプレーヤー一式。4月初めから掛かりっ切りでした。
ゴールデンウィークもなく、殆ど休み無しの70日間。
納品が終わったら少々休憩します。

拍手[2回]


此処の所アップが少ない。また遊んでいるな、って思っていませんか?
実は2ヶ月以上プレーヤーの製作に掛かりっ切り。

なにしろ一式での注文ですから掛かる時間は半端では有りません。切削加工してアルマイトに出す物。先に作って初期馴染みを済ませたい物。順番を間違えるととんでもない時間が掛かります。

略、部品は出来上がり組立作業(組んでからバラして納品なんですけどね、重くて組んだら持てない)。



新型アームのこの姿は本邦初公開(笑)。

上下に動く仕組みはこんなんです。





水平に動くシャフトの径は10mm。へたなターンテーブルよりも太い。

でもこの太さ絶対に必要。
散々実験をしています。動作感度を上げる為にシャフトを細くしたり軸受けとの接触面積を小さくしたり・・・・・・・。
軸受けの強度が落ちるとテキメンに音がボケます。
硬い材料を使って強度を上げるとキンキンした音に成るし・・。

どんな構造物も土台が大切。頭でっかちの構造物は問題です。

で、この写真。軸受け部の仮組みをして感度とガタのチェック。
実は貸し出し用に作った最初のアーム。この辺に問題を抱えていました。
普通に使ったんでは判らないでしょうけど作った人間には大問題。

此処の部分の切削精度と組み立て精度をぐんと上げました(1/100分台のドリルを何種類も買って実験、組み立て方も最良の方法を考えて治具を何個も製作)。

もう一度シャフトを外して内部配線を引き回します。
今、仮組みして動かした感触に僕はニヤッ。


拍手[4回]


持ち運べる事を最重要課題に作った試聴用プレーヤー。
僕の常用プレーヤーと比べると可也の軽量化に成功。
で、喜んで入られない。兎に角振動に弱い。
ギヤボックスの微振動も拾ってしまう。

まあちょい弱くは成るだろうとは思っていたけど、此処まで酷いとは・・・・・・。

溜まっていた細かな仕事が全て完了。

よし、試聴用プレーヤーの問題点と60Hz仕様の再検討。
なにしろ此処の所60Hz仕様ばかり頼まれている。

60Hz電源は何セット有るんだろう(笑)。

最近プレーヤー回転部(ギヤボックスも含む)のフリクションの低減に取り組んでいます。
フリクションが少なければモーターを小型に出来て振動も減る。

軸受けのオイルもドンドン粘度の低い物をテスト。

そんな訳で試聴用プレーヤーの軸受けも外されオイル交換。

組もうと思ったら・・・・・・・。
軸受けは上面プレートにM4のビス4本で留められていて、ターンテーブルと上面プレートのクリアランスは1mm。
ビスの頭はプレートの中に潜り込ませないとイケナイ。で皿ネジで留まっていた。
ネジを外した上面プレートの穴を覗いたら・・・・・・・。
皿穴が切っていなくてキャップスクリューの頭を沈める加工がして有る。
つまり、キャップスクリュー用の下穴に皿ボルトを使ってしまっていた。
皿の頭の外径、キャップスクリューよりも大きいので穴の底まで届かないで穴の淵で・・・・・。
取り付け後を見ると皿ネジの頭とトッププレートが平らなので気付かなかった・・・・・。
つまりですね。軸受けがトッププレートにキッチリとしたトルクで固定されていなかったんです。

勿論皿ビスをキャップスクリューに交換。

只今音出し・・・・・・。
結果は書きたくない(大汗)。




拍手[3回]


音は出ているのですが細かな調整に梃子摺っている新型プレーヤー。
昨年暮れに来店されたお馴染様。

丸針でこの音が出ているのに驚かられていた。
でも無音溝でブーーーン。

このブーン対策で正月なんて無かったのです。
今日も組み替えたギヤボックスを装着。以前よりは良いけれど合格は出せない。

今一原因がハッキリしないのです。軽量化と言っても市販のプレーヤーと比べたら十分に重量級。

で、気付いた。プレーヤーとラックの間に50mm厚のタモの集成材が敷いてある。
ほんの僅かだけれどこの板が反っていてラックとの間に僅かの隙間が・・・。

プレーヤーを降ろし板を裏返し。ヤハリがたつきが治らない。

ホンジャ・・・・。

21mm厚のラワンベニヤ。こいつは平面が出ていてがたつきゼロ。

ラワンベニヤの上にプレーヤーをセット。
一発で合格。
クッソー、板が反って振動をラックに逃がす事が出来ないでいたのか。
今度はラックを叩いても殆ど無反応。これが普通だよね。

そんな事で発注してあるパーツの入手前に問題解決。

あ、それだけじゃないですよ。



アームの高さが低いので梃子摺っていたインサイドフォースキャンセラーも無事に装着。

今夜は飲むぞー。




拍手[4回]


新プレーヤーが出来上がって最初に感じたのはS/N比の悪さ。
要は無音溝でギヤボックスの騒音を感じる。音楽が始まると従来のプレーヤーよりものりの良い鳴り方をするんだけどこの無音溝でのブーン音は許せない。

色々と対処したけど若干良く成ったかな?

チョイ思い当たる事が有るので48時間廻しっぱなし。

で、今です。

ハハ、静かに成った(僕の要求レベルの80%達成)。
今回のギヤボックス、数ヶ月前に作った物。新品時から従来のプレーヤーに接続していた。
で、今回のプレーヤーに接続。
ギヤボックスに対して糸の張る方向が90°変わった。
つまりギヤボックス内の軸受けの馴染みも90°変わったんです。
僕の使用するパーツ、工業用がごく普通。つまり耐久性を一番重要に考えられています。
そんなパーツに使用条件を変えたら・・・・。

メンゴ、軽量キャビでも行けるよね。

で、一番の問題点。今回は60Hz用も視野に(60Hz地域の方にも期待されています、大汗)。
チョイ弄った60Hz用に問題が(あ、納品した物には問題が無いですよ)。
要は使用しているモーターの当たり外れ。

で、外れのモーター(メーカーの仕様では合格)でも使える構造を思い付いてしまったピンキー君。
蟻地獄ですねー。



拍手[3回]


今日は珍しく朝寝坊。9時過ぎに目が覚めた(サラリーマンの方には羨ましいかな、笑)。
朝食後直ぐに出発。ハイ材料屋さんです。

でね片道40km以上有るんですよ。帰って来たのは13:00。
遅い昼食を食べてすぐさま旋盤へ。

こんな物を作るのに結局一日掛かってしまった。



50φの丸棒の中心にM4のネジが切って有ります。
50φの丸棒で表面仕上げをしなきゃ(表面はどうでも良かった)簡単なのに見た目を気にして51Φの丸棒から切削。

こいつの一番の肝は其々の厚みを一定にする事。誤差は1/100台。

そんなこんなで終わったのは仕事時間終了時。
ハーーー疲れた。



つい最近の話。僕がくだらんミスをして表に出たら御馴染の奥さん。
僕がミスの話をした。奥さんヘーと言う顔。
で、ミスの内容が0,8mmと0,08mmを間違えたって言ったら、何の話ってな顔。
そうです、普通の人には0,08mmなんてどうでも良い世界ですから(笑)。

拍手[3回]