平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
考えて見ると電卓の計算だけの定数アップも面白いかなと・・・・。
計算だけでの定数と、実際に動作させてからの定数の変更って興味がありませんか?

そんな訳で・・・・・・。



電源のリップルフィルターのコンデンサー容量は、ハムの出ない範囲で出来るだけ小容量を使います。
でかいのを使えばハムは簡単に消えますが、音質がボケるんですね。

シャシが上がって来たら(アルマイト加工)組み立て開始。
計算上と同じ電圧(電流)でしたらOK。
違う場合は微調整です。

ちなみにDAコンバーターの出力には2:1のトランスが入ります。
昔は1;1のトランス(一番安定したデーターが出せる)ばかり使っていましたが、今はインピーダンスを考えて、昇圧したり降圧したりしています。



エーーー。気付いた方がいるかと・・・・・。
CD用のアナログアンプ。一般には入力にハイカット(ローパス)フィルターが入ります。
最初は入れるつもりだったのですが、DACとアナログアンプの間に2個もトランスが入るんですね。
トランスは良質なバンドパスフィルター。
トランスがやってくれるんではないかな?
そんな訳で、取りあえずフィルター無しで行きます。
拙かったら入れれば良いだけですので。

拍手[3回]


CDをもっと良い音で・・・。
そんな訳で、プリアンプを作っている最中なのに、強引に入れてしまったバッファアンプ。

シャシが削り終えました。



2台分なので其れ成りの多さ。

穴の開いている天板のサイズは400×230。

重量も其れ成りに成ります。

これからアルマイト屋さんへ出すんだけど、世の中は3連休(僕は此処へ引っ越してから3連休なんて・・・・涙)。
連休明けにアルマイト屋さんへ出して来ます。

で、連休中は?

ハイ、待って貰っているアンプのオーバーホールに掛かります(休んでいる暇は無い)。


あ、大事な追記。
試作品(僕のアンプ)が完成しましたら回路図をアップします。
今出来ないのは、定数が未定(電気を流して見ないと判らない)ですので。
初めての定数までのアップです(笑)。

拍手[3回]


CDバッファアンプ。シャシの削り出しが始まりました。
今回は、僕のとお客様との二台分。

フライスで削りながら考えた。
僕のはアルマイト掛けちゃおうかな?

最近美的センスが壊れた(元々無いとは言わないでね)ピンキー君。
今のプリに似合う色を・・・・・・・。

高いんだよねーー。カラーアルマイト。
でも、先日来られたお客様もプリのパネルを気に入ったみたいだし・・・・。

やっちゃおうかな。カラーアルマイト。

もち、色はナイショです。




拍手[4回]


室内改装で中断していたプリアンプの製作。
基本は出来上がっていたのですが、動作チェック(調整)が未だでした。

室内の物の移動が略終わり、プリアンプ再開です。



なにしろ真空管の数が多い。電源も4電源だし・・・・・・。

此のアンプに僕が馴れていないのも有って、四苦八苦。
くだらないミス連発。
全電源を同時に入れると危ないので、一つずつ繋ぐんだけどコイツを間違える。
『アレッ、電流が流れない。』なんて感じで・・・・(恥)。

動作点の調整も終わりフィニッシュです。
底板の取り付け(笑)。

早速音出しをしたいんだけど、コイツとペアーのパワーアンプが出来ていない。
そんな訳でお預けです。

その後、始めたのがコイツ。



お待たせしました。CD用のバッファアンプ。
まず、部品の配置から・・。

電源トランスがトランス屋のミスでチョイ手直し。
サイズは判ったので工作用紙を代用。

あ、此の写真は取りあえず置いただけ。
これから真剣に考えます。
小さなブリッジダイオードは、パイロットランプ用。
小型の機械なので、パイロットも小さくしたかったのです(これは見積もりに入っていなかったなー・・・笑)。
たった一段増幅のアンプに、此のトランスの数。
更にDAコンバーターの出口にも1組入れます。

トランスを入れりゃー良い、なんて単純には考えていません。
良質のトランスを、最適な方法で働かせる。
各部の信号レベルとインピーダンスを考慮に入れて。





数時間後の追記です。
バッファアンプ。写真とは丸ッ切り違う配置に成りました。
シャシサイズは幅が400、奥行き230。
シャシの厚みは90。
結構大型です。でもシャシの中は目一杯混雑。

さあ、シャシ材料を注文しなくちゃ。

拍手[4回]


使用するトランスが決まり、各部の信号レベルが判りました。

この信号レベルが判らないと、真空管の動作点を決められないんですね。
正直、この辺を判って設計しているな。と思える回路図には殆どお目にかかりません。

今回のDACの最大出力は60mV。
その後にトランスを入れて1/2で出力されます。

バッファアンプの入力には1:8のトランスを入れますので、240mVの耐入力で真空管の動作点を決めます。

真空管の動作原理の判っている方ならハハ~~~ン。
アナログと違って、これ以上の入力は考えなくても良いんですね。

僕のアンプ作りのノウハウは、この真空管の動作点とアースラインの引き回し。
CR素子の音の違いなんてどうでも良いんです。その辺は好み。
基本は真空管の動作点とアースライン。

此れが出来てから、素子(真空管、トランスも含む)の音の違いを言うべきなんですけどね。


拍手[8回]


具体的な設計に入りましたCD用のバッファアンプ。
よくよく考えると、CDの為に3台の機械を使うんだー・・・(汗)。

まずCECのCDメカ(これからはデジタル信号が出る)。
次がソフトンのDAコンバーター(アナログ部は外しDAC単体からの出力)。
上記からの出力は60mVしかないので5~10倍程度増幅するアンプ(今回作る物)。

こう成ると、アンプ本体に電源を内蔵させないと、とんでもないものに成っちまう。
僕の作る電源はかなりしっかりとした物だから、小型のパワーアンプ程度の大きさに成るのかなー・・・・。

で、タイトルです。

最初のトランスはDACの出力に噛ませます。
アナログ出力をシールド線で引き出します。
此処の出力インピーダンスを下げたい。
つまり此処のトランスは2:1程度の減圧トランスに成ります。

続いて今回のアンプの入力に1個。此処は5倍程度に持ち上げます。
真空管増幅後の出力トランス。此れは10:1程度の減圧(出力インピーダンスを下げたい)。

計算上のトータルゲインは略5倍。
プリのフラット段で持ち上げますので、パワーアンプの駆動には問題ありません(パワーアンプの定格入力が1Vと考えています)。

この程度の出力ですと、フォノとの音量差が少ないのです。
一般のCDは、同じVR位置ではフォノよりも可也大きな音量に成りますので、使い辛いんですね。





この設計でお判りでしょうが、シールド線が負荷に成る所の出力インピーダンスを低くしますと、シールド線の悪影響を受け辛くなります。

使う予定のOPTは、4,5:1 9:1 18:1 の3種類が選べますので、トータルゲインは調整可能です。

拍手[5回]


今日もリハビリから帰ったら、CDバッファアンプの事で頭がいっぱい。
僕専用機を作るなら簡単。今回はお馴染さんからも作ってね。
こう成ると、無制限のコストは掛けられない(と言っても一般メーカーよりは可也自由に、笑)。
要は売る為の機械を作るのは大っ嫌い。自分で使いたい機械を作りたい。
この機械を一般の方と共用出来たら・・・・・。
そんな我が侭を許してくれているお客様に感謝。

そんな訳で、今回のアンプも手抜きしません。自分で使いたいんだもの(笑)。

先のブログでアップしましたDAC単体の出力電圧(デジタルはハッキリしていて簡単、アナログはこうは行かない)。

この電圧をプリフラット段へキッチリと伝えたい。
過剰増幅は勿論禁止。
世の中の機器。この辺に安全マージンを取り過ぎているから・・。

例えば今回俎上に乗せたソフトンのDAコンバーターのアナログ部。
僕に言わせりゃ増幅し過ぎ。

でもね、おばかなマニアはパワーアンプに直接繋ぐ(大笑)。
それを考えたらこの増幅率は仕方が無いかなと・・・・・。

基本に戻りましょう。プリのフラット段は必要です。それを飛ばした方が音が良かったとしたら、そのフラット段がダメなんですね。
キッチリと作られたフラット段でしたら、パワーへ直接入力よりも良い音が得られます。
理論的にキッチリと説明出来ますが長くなるのでカット。

極論です。オーディオ機器は必要悪ですから・・・。



好きな演奏家の生が何時でも聴けるならオーディオ機器は要りません。
ある意味タイムマシンと思っています。

拍手[5回]


僕の装置の全てのティップトゥーを取り外し。
完全にバラバラ状態。
じゃあ、今のうちにドライブアンプを弄くっちゃえ。

最初は軽い気持ちで始めました。2~3日で終わるだろう。

当初の目的は入力トランスの結線変更。それだけのつもりだったんですけどね・・・。



今の状態・・・・(大汗)。

まず入力トランスの高域での位相特性に不満が出た(このトランスを使っているのは僕だけですのでご安心を。常に僕の機械は実験機なのです)。

以前使っていたトランスの方が良かったぞ。そんな訳でストックのトランスと交換。

まあ、時間を気にしないでノンビリやるのも必要。

ゆっくりやると、色々と気づく所が出てくるのです。組み上げてからアッ、と言うのは避けたいんですね。焦らずじっくり考える。急いては事を仕損じる。急がば回れ。兎に角急いては駄目です。慌てる乞食は貰いが少ない。とも言いますし・・・(笑)。

そんな調子でやっているとアースラインに目が行きました。
このアンプ、最初はVT25の2段増幅だったのです。
で、その時のアースラインの侭でECC99にしちゃったんですね。
ECC99も2段増幅でしたら其の侭で良かったんですけど、1段増幅逆相アンプ。

オイオイ、今更気付くなよ。要は99への改造、結構急いでやっちゃいました。
大反省。

でもアースラインってアンプを組む時にかなり初期段階で引き回します。
つまりCRが付いていると邪魔。

そんな訳で悪戦苦闘。

拍手[5回]