平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
音は出ているんだけどなんか変。

時たま片chからノイズも出るし・・・・・・・・。

DACの出力を左右逆に繋ぎます(ノイズが出るchが逆に成ったらDAC、逆に成らなかったらバッファアンプのトラブル。此のチェック法は一番の基本なんだけど、理解していない方多々)。

ノイズの出る方が逆に成らない。バッファアンプか・・・・・・・。

ハイ、和室から作業机の上に移動。

信号機からサインウェーブを入れ、出力をオシロで見る(一番早いし、間違いの無いチェック方法です。アンプを作るのなら発振器、ミリバル、オシロスコープは必須。聴感では作れません。キッパリ)。

で、左右の波形を同時に見ます。10kHz以上で左右の位相が微妙にずれる。
エッ?

トランスしか考えられません。

信号ラインには入力と出力にトランスが入っています。
入力トランスの左右波形をチェック。
異常なし。

と言う事は・・・・・・・。

OPTを取り外し(両ch共、位相のずれはどちらが正常か判りません)。

此のトランス、一次側は二組。二次側は4組のコイルが巻いて有ります。
其々をパラったりシリーズに繋いだりして、色々な使い方が出来るんですね。
で、見つけた。二次側4組の内一組が断線しかかり・・・。

コイツかー。コイルをパラって使っているので、信号は出てしまう。
でも正常ではないので位相が微妙にずれる。

直ぐに輸入元へ送り返し。
で、此の輸入元。ストックは持っていないので、新しいのが来るのには時間が掛かる。

そんな訳で・・・・・・・・。

エーーー、此のトランス。新しいプリのドライブ段のOPTにも使っているんですね。
新しいプリ、活躍するのはまだ先。
そんな訳で新プリは部品取り機に・・・・・・(汗)。


今回のトラブル。どうも複数のパーツ不良が有るみたい。トランスの不良では考えられない症状も出ている。
そうなんですよ、時たま出ると言うだけで大変なのに複数のパーツ不良と成ると原因解明が大変。
でもね、此の苦労が最高の財産に成るのです。
負け惜しみじゃないですよ。
経験者だけに判る苦労です。

拍手[7回]


昨日、彫刻屋さんからバッファアンプの側板2枚を貰って来ました。
で、何事も発注は言葉だけは厳禁。
後から出した側板、図面を添付しないで言葉だけでの説明。

見事に意思疎通がはかれなくて・・・・・。

まあ、自分用だからイイカ。

ハイ、写真は無しです。ネタバレに成ってしまいますので(笑)。

早速帰宅後に取り付け。
中身には一切手をつけていない。

聴きなれたディスクをかける。

判っちゃいたんですけど、今迄は側板が2枚しか付いていない状態。
天板、側板も鳴き易い状態だったのです(叩いてもカンカンは言いませんでしたけどね)。

側板をシッカリとつけたので、共振は出難くなった筈。

再生音にもそれが判ります。
今迄も気に成った訳じゃないんだけど、今度の音を聴くと今迄は付帯音が多かったよね。

シャシ、大切ですよ。


拍手[4回]


トランスを多用した今回のバッファアンプ。

お客様のフィリップスメカには合わせたけど、自分のを忘れていた(大汗)。

そんな訳で夜中の日付の変わった時間。


DACが両面基板なので、プローブ(測定器の測定端子)を入れ辛い。
そんな訳で、トランスだけで疑似回路を作り例の二次側ターミネーター抵抗の調整です。

最初はオープン。オイオイ100kHzにピークが・・・・(トランスで100kHz、汗)。
抵抗値100kΩから始め、段々と小さな物に換えていく。

大切なのはピークが出ないのは勿論だけど、小さくし過ぎると信号レベルも下がります(オット、トランス二次側で測定)。

この信号レベルの下がる直前がベストマッチ。

二つのトランスがシリーズ接続ですので、二つのトランスの中間点と二個目の二次側で測定。

測って見てチョイビックリ。予定外の抵抗値に成りました。

聴感で此の調整をすると、蟻地獄が待ってます。



拍手[6回]


お客様のと同時進行だったバッファアンプ。
お客様のが狙った性能を出せたので一安心。

そんな訳で、チョイ古い写真のアップです。



此れが僕用(笑)。
本当にカラーアルマイトに嵌まりました。

新しいプリに合わせたいな。

まあ、そんな事でこんなカラーに成りました。
まずいのが、最初は横置きで考えたので、その時の正面に彫刻を依頼。
縦置きの方が良いよね・・・。

そんな訳で、縦置きの正面のシャシパーツも彫刻に出したって・・・・・・・。


拍手[5回]


構想から完成まで数ヶ月を要したバッファアンプ。
此れでも速い方です。プリのフラット段を基準に設計出来ましたので。

予定外のフィリップスメカの出力。オイオイだったのです。

で、実は今日も弄っちゃいました。あの出力ならこの方が良いな。

チューンの終わったバッファアンプとフィリップスメカを使ったソフトンのCDプレーヤー。



バッファアンプを縦置きしますと、ラックにピッタリ(今回のオーナーも同じラックを使っていますので、笑)。
別に、ラックに合わせて寸法を出したのでは無かったのですが、あまりにもピッタリ。
機器間の配線も短く済みます。

只今視聴中。今日のいじりは正解。

でも、今回のバッファアンプ。デジタルでは難しかった奥行き感がシッカリと出ます。

アンプ作りの基本、余計な事はしない。基本に忠実に、各ポイントの信号レベルとインピーダンスを最大限に配慮する(信号レベルに対して過剰な設計をしていないので定数変更に成ったのです)。

一番大切な事。アンプ内のシールド線は徹底的に排除(ゼロが当たり前かと)。
勿論、今回のアンプもシールド線はゼロです。


昔購入したアンプ内配線用のシールド線。捨てちゃおうかなー・・・・。
ちなみに僕が現在使っているアンプ内のシールド線はゼロ。勿論ハムもゼロ(笑)。
ヘッドアンプをシールド線ゼロで作れましたので、極当然なんですね。

エーー、酔った勢いでの戯言です。
今回フィリップスのメカをジックリと勉強しました。
この(ソフトンのCDプレーヤー)価格帯に使うのは理解出来ますけど、トンでも高額機に使うメカじゃ無いですね。
海外のトンでも価格のCDプレーヤーに此のメカを使っていると言うのは・・・・(結構怒っています、褒めちぎっている評論家は全員切腹)。
別にメーカーからお金を貰っていませんが、今回僕が購入したCECの方が遥かに(比べる次元ではない)良質です。

拍手[3回]


CDプレーヤーの改造(DACからダイレクトに信号を出す)も終わり、いよいよ音出しです。
取りあえずバッファアンプのノイズチェック。
ハハ、丸ッ切り聞こえない。リップルフィルターのコンデンサーはたったの20μ。
トランス下のデカップリングコンデンサーはアッと驚きの1μ。

この辺が僕のアンプの秘密なのです。
少々配線の引き回しをミスっても、大容量のコンデンサーを使えば誤魔化せますけど、音のピントは甘く成ります。

ヒーターもAC点火ですがハムは皆無。

作った本人があまりにも静かで驚くほど。

さて、CDプレーヤーを繋ぎます。

聴き慣れたディスクをセット。
アレッ。VRをホンのチョイしか廻さないのに其れ成りの音量。
第一此の音はクリップしている。

アノネー・・・・・・・。

どうもフィリップスのDACとソフトンのDAC。出力がかなり違うみたい。

そんな訳で、バッファアンプは再び作業机の上。

こんな時、トランス結合ですとこの辺の対処が楽です。
入力トランスを1:4から1:1に変更(実はトランスを交換した、汗)。
ECC99の動作点も変更。カソードのバイアス抵抗を75Ωから100Ωへ変更。

電流値の変化は想定以内。

もう一度アンプをセット。
今度はOK。クリップもしないし、VRの位置も良い加減。
ディスクの半分くらい鳴らした所で、音がドンドン変わってくる。

此の後の変化はオーナーに楽しんでもらいます。
僕がエージングをしちゃうと、僕好みの音に成ってしまいますから。

今回は一部にピンを使いましたが、アース線を引く事によってレモと同じ接続にしています。
ピンからレモへの変更が難しい場合は、アースラインを別に引く事によってレモと同じ効果を狙えます。



拍手[6回]


エーー。バッファアンプのお披露目です。



お客様用のブラック仕様。

とてもCDプレーヤー用には見えませんよね。
でも、市販のCDプレーヤーが手を抜いている部分でもあるのです。
僕の此れまでの経験で、CDプレーヤーで一番大事なのがアナログ部分。
デジタル部への頑張りを謳っているプレーヤーは多いですが、アナログ部を頑張りましたと言う市販品を知りません。

昨日は最終チェック。トランスの二次側の抵抗値の最適化です。
トランスを生かすも殺すも此の抵抗値しだいです。

大切なのは聴感で決めてはいけません。オシロを使って周波数特性をキチット合わせるのが基本。
逆を言えばオシロを持っていない(使えない)方にはトランス結合は無理なのです。

理由は過去に何度も書いていますのでカット。

で、僕用のアンプですか?

エーーーー、シャシの色が凄いので当分秘密です。


けさ。国道の復旧状態のお知らせがやっと届きました(遅いよ)。
国道の状況はかなり悪く、今現在復興工事の方法を検討中(要はまだ掛かっていない)。
直ぐ北側の迂回路も、写真を見るかぎり年内は無理ですね。
此方を先に復興すると成っていますが、下手すると来春に成る可能性大と思いました。

と言う訳で、お願いです。
たった一つの迂回路。必要の無い方は使わないで下さい。
此処も雪が降ったら長期通行止めに成ります(除雪車が入れない)。

今年の冬は、大量の食料と灯油の準備が必要。
ガンバラナ・・。

道志方面へは、中央道相模湖インターで降りて県道76で青根へ抜けて下さい。

拍手[4回]


細かな用事が多くて中々進まなかったバッファアンプ。

エーーー。本日完成(パチパチパチ)。
出来上がったんだけど、彫刻を頼んだシャシ前面が出来上がって来ないので・・・(嬉しさ半分)。

同時進行のお客様の分はOKです。

要調整部分の抵抗は、僕のにだけ取り付けます。

いつもどおりアンプに火を入れます。素早く各部の電圧チェック。
お客様のアンプへ抵抗を取り付けなかったのは正解。
一箇所だけですが(両chなので正しくは2個)抵抗値を変更。

前にアップしました回路図。
電源部分のB出力の1,2kΩを2kΩへ変更です。
要はECC99に流れる電流値が、計算値よりも多かったのです。
調整箇所は其処だけです。

さて、お客様から預かったCDプレーヤーの改造です。
DACからのダイレクト出力へ改造します。

納品ももう直ぐです。



昨日、チョイの急用で八王子へ・・・。
まだ道路は遠回りの迂回路。
此処を使うと、帰ってからの疲労感が何時もよりも多い。
毎日通勤で走っている人、大変だろーなー・・・。

拍手[5回]