平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
色々と苦労しましたが(トランスの場所探し)、取り合えず完成しました。

あせったのが、リアのシングルピックアップ。
元気が良過ぎないかい?
ピックアップを結構下げてバランスが取れました。

ある程度予想はしていたのですが、こうも変わると・・・・。

一般にトランスを入れるとウォームトーンに成る、って思っている方が多いですけどブッブーー。
良質のトランスをインピーダンスをキッチリと考えて挿入すると、エネルギー感が増え、リアルな音に成ります。
ソフトトーンに成っちゃうのは、トランスの使い方を間違えているか(この場合が圧倒的に多い)トランスの質が悪いか・・。

本当の調整は、ピックアップの高さを変えずに、トランス二次側にターミネーター抵抗を入れるのが正解です。

で、此処でまたピコン。

そうだ、トーン用のポットを二次側のターミネーター抵抗に使う。
この場合は出力インピーダンスを上げないし、音質劣化も無い。

トランスを入れると、色々なコントロールが出来るので中々・・・。

で、チョイ予定外。
新しいハム。前よりは良いんだけど、今一(抜けが悪い)。
ヤハリ僕はシングルなのかなー・・・・。



エーーーー、実は・・・・・。
無茶苦茶恥ずかしいミスをゲロします。
ハムの抜けの悪さ。僕の所為です。
アップ後、もう一度ギターを見たら・・・・・・・。

再調整に成った場合を想定して、ピックガードがシッカリと取り付けられてなかったのです。
リアのシングルはブリッジにマウントされているので影響はゼロ。
フロントのハムはピックガードに取り付けられていますから・・・・・・。

シッカリと取り付けたら、抜けの問題は完全に解消。
音色も好みに成って・・・・・(大汗の二乗)。

2時間後の追記。
今回のミスで実感。ピックアップはシッカリと支えないとダメ(そんな予感はしてましたけどね)。
ピックアップがボディーマウントのジャガー。
一般には表情が硬くなる。なんて言われていますが、ボディーマウントの硬さなんて微塵も感じない。逆に倍音成分の豊富さを感じる。

酔った勢いで言っちゃいますね。
今迄は、ギターの欠点とアンプの欠点がお互いに舐めあっていただけかと・・。

ピックアップは強固にボディーマウント。
頑張ります。

拍手[4回]


ダミーポットを取り付けてカッコワリー・・・・。

イエ、此のポットを取り付けるとチョイ問題が・・・・。


ジャガーの現状。
ジャガーも此のポットに交換しました。シャフト径がアメリカ製よりも若干細いので、似通ったデザインの国産つまみに交換しています。
つまみとパネルの間に隙間が出来ちゃっているんですね。

原因は・・・。


此のポットはもっと厚みの有るパネルを想定。パネル厚が足らないので表面に出っ張ってしまったのです。
パネルが薄いなら・・・・・。


機械屋さんはこうなります。
薄さを補うカラーを作成。

挟んだテレキャス。


ツマミを差し込んだら隙間は略ゼロ。この場合は、ツマミを一番奥まで差し込まないで止めればOKです(つまみは、横からのネジで止められていますので)。

拍手[3回]


朝食を摂りながら考えた。
ギター4本有るよね。其々に良い意味での特徴を付けたいよね・・・・・。

だったら、ポットなし、と言う1本が有っても良いんじゃない。
早速ポットを頼んでいる商社のHPを見る。
未だ発送していない・・。

じゃあやりますか。
テレキャスもどきはポットなし。

オット、昨日ポットの穴を広げちゃったよ(穴が開いた侭はみっともないのでダミーポットを取り付ける)。と言う事は元々のポットを付けると・・・・。

此処でピン。ギターアンプで間違って買ってしまったポット。
あいつが余っている。アイツなら広げた穴にピッタシカンカン。


ヘヘ、此れで今日も作業を進められるぞ。

拍手[3回]


昨夜は暫くぶりに1時間程度の練習。
今出ている音色に惚れ惚れ。ですから単純練習ですけど退屈しません。
ちなみに昨夜はジャガー。
特にフロントピックアップの音にメロメロ。
まろやかなんだけどボケていない。
此の音できちんと演奏できたなら・・・・・・(夢)。

此処半年程度、ギターを弄って来ました。
で、感じるのはパーツの交換よりもキチットした調整。
其れと内部配線の変更。

此れだけで、可也満足出来る状態に成ります(それだけでジャガーは化けた)。
交換予定のピックアップも購入済みのアメプロストラト。

コイツも上記の改造で略満足(3弦と2弦の音量差だけが不満)。

最近出番の無いジャパンストラト。
内部配線のし直しをしていないので・・・・・・・・・(要は残りの3本に負けている)。

で、タイトル。
昨夜ベットの中で色々と考えた。
ギター内蔵のポット。
レコードプレーヤーにポットは付いていない(付けたら音質劣化は半端ではなく)。
で、前にも言いましたよね。ピックアップとMMカートリッジは電気的に非常に似ている。
プレーヤーの音質劣化を問題視するのなら、ギターだって・・・・・・。

真面目に考えて見ます。僕の使い方でギター側のポットは必要か?
今の所は必要なし。
だったら取っちゃおうかなー・・・・・。



アコギにはポットなんて付いていない・・(笑)。

拍手[3回]


エレキギターにはまず付いている音量コントロールと音質コントロール。
音質の方は、正しく言うと高域カットコントロール。
要は全開の位置がピックアップ本来の音です。

で、問題は音量コントロールの方のポット。

話は変わります。
僕の本職はオーディオ屋さん。色々と作っていますが一番得意なのはアンプ(笑)。
此処数年、略完成してしまって弄くる要素が見つからない。

オーディオアンプにも音量コントロールポット(VR)は必要。
僕のアンプのVR抵抗値は100kΩ。
此の部分の測定(VRへ信号を入力してフラット段出力の周波数特性)。
自慢じゃ有りませんが(自慢している)、10Hzから10MHzまで完全にフラット。
この時のVR位置は全開。
これ以上と此れ以下は発振器が出せない(笑)。
勿論信号レベルだけを見ているんじゃなく、波形もオシロで観察。

波形の乱れも有りません。

で、VRを適当に絞ります。
高域特性はがた落ち。
此れって、原因が有ったのです。

その当時のアンプは、VRからフラット段の真空管の間にシールド線を使っていました。
使うと言っても10cm程度。

VRの出力側は、VRの位置で出力インピーダンスが上がるので、ハムを引かない様にとの気遣いでした。

で、此処の配置を最短距離に設計をし直し、シールド線を排除。
すると、VRの位置が何処でも10Hzから10MHzまでフラット。

たった10cmのシールド線ですよ。

で、ギター(もう何を言いたいのか判りますよね)。
アンプまで長々とシールドを引いている。
更にポットの値は250kΩ以上。
ポットの値が大きい程シールドの影響を受けて高域特性が悪く成ります。

オーディオ屋さんとしては、この辺を少しでも改善したいじゃないですか。
そんな訳での改造です。

エフェクターガンガンでしたら必要ないと思いますが・・・・。



もうご存知でしょうが、僕はシールド線が大っ嫌い。兎に角音に悪さをします。
でも、配線を引き回す時には必要。
この場合、昔の人は偉かった。業務用で御馴染の600Ω。
低過ぎると出る悪さと、高過ぎると出る悪さ。
此処のバランスの取れたインピーダンスなんですね。
ギターの出力を600Ωで出したい場合は、ポットは使えずアッテネーター。
入れるスペースが有ったなら使っちゃいましょうか(笑)。
此れなら安心してギターの出力ケーブル、10m程度はヘッチャラですよ。
勿論、音量を弄っても音質は変わりません。

拍手[3回]


苦労の甲斐も有り(と言っても本人は楽しんでいたり、笑)無事に完成したドライブアンプ。
納品は明後日。
今日は何をしよう?
(オット、次の大きな仕事が待っているんですけど、チョイ休んで頭をリフレッシュしたい。)

実は、やりたい事だけが先行して部品も購入済みなんだけど、中々手を掛けられなかったギターの改造(勿論電気的に)。

この場合、一番今現状の音を判っているギターで実験するのが大切。
そう成ると、フジゲンだな・・・・・・。



思い切ってピックアップ交換。ポット交換。トランス内蔵の3個の改造を同時に・・・・。
前にも書きましたが、リアピックアップを交換してから、フロントピックアップ(ハムバッカー)の音に不満。
で、交換用としてリアと同じメーカー(セイモアダンカン)のハムを用意してある。

ハムとシングルでは出力が可也違う。インピーダンスもハムの方が高い。

其々のピックアップに入れるトランスの巻線比を変えれば、同じ程度の出力にも出来る(同時にインピーダンスも揃えられる)。

まあ、今の所、トランスを入れるデメリットは一切感じません。
バッファアンプと違い、電源も要りませんし・・・。

で、僕のこだわり。ピックアップの出力は真空管で受けたい。
出力が半導体であっても、入力は真空管(オーディオでも同じです)。


で、此処まで書いて、ジャガーのポットが500kΩだった訳が判りました。
4本のギターの中身を見て、シングルは250kΩ。ハムは500kΩ(インピーダンスから納得)。
ところがジャガーはシングルなのに500kΩ。シングルなのにインピーダンスが高いのかな?

アメプロジャガー。前にも書きましたが、セレクターの位置に二つのピックアップをシリーズ接続するポジションが有るのです。
そう成ると、インピーダンスは・・・・・・・。
その対策の500kΩだったのですね。僕はそのポジションを飛ばしたので・・・・。

拍手[3回]


本日、永年の付き合いの友人登場。
もう40年位の付き合いです(彼が高校生だった頃から知っている、笑)。

30数年前に僕の作ったアンプの修理です(最近(と言っても2年以上前)オーバーホールに近いチェックをしています)。
真空管のゲッターが消えた・・・。

現物を見ると、何処からか空気が入ったよね。
申し訳ないのですが、真空管の外れ・・・・。
修理代金は真空管の代金のみ。それ以上は請求出来ません。勿論、新しい真空管での動作チェックも・・・・。

で、実は彼はずっと昔から楽器と付き合っていた。
そんな訳で、最近の僕の様子を面白がっていた(悪い意味じゃないですよ、仲間が増えた・・かな?)。
楽器との付き合いも長いけど、電気の知識は本職です。

そんな訳ですので、僕のエレキギターへの不満を完全に理解。

実は数ヶ月前に、僕の作るギターアンプを予想していたんです。
オーバードライブもリバーブも要らないんじゃない。って・・・。

で、本日。腕は恥ずかしいので、簡単なコードをユックリと弾く。
彼曰く、エレキギターで此の音が出たんなら、ピンキーさんがハマッテしまったのが理解出来る。
彼は若い時代にバンドを組んでいて、エレキギターの音に疑問を感じていたんですね。
なんで此の音が良いと思えるんだろう?って・・・・。
良い意味で、彼のエレキギターに対する偏見を払拭で来たかなと・・・・。

で、最高にヤバイのがジャガー。
実は数ヶ月前にも彼に仕事を頼まれて、その時の代金。
ジャガーを買った資金に成っていたのがバレバレで・・・・・・。
(丁度当て嵌まる金額だよねー・・・・大汗)

僕のブログを見てピンっと来たそうです(大汗の二乗)。


拍手[6回]


今日は腰痛が若干感じられたので、仕事はセーブ。
程々に切り上げます。

晩酌の終わった時間。
Nゲージを少々楽しんだ後・・・・。

なんか最近ギターに夢中。

酔った状態なんだけど、何時ものスケール練習(基本練習です)。

で、ギターごとの音色を確認したくなった(正しくは浮気を楽しみたくなった)。

只今、4本のギターが手元にある。
順に練習。最後に残ったのはフジゲンのテレキャスもどき。

なんでかなー。他の3本は弾いて見ないと音色のイメージが湧かない。
フジゲンは、弾く前からこんな音だよね。

もち、嫌いな音じゃなくて好きな音。

他の3本。弾いて見ないと音のイメージが湧かない(アメプロのストラトだけはあるイメージが有る)。

でも、此のテレキャスもどき。なんとなくではなくて、きちんとした音のイメージが僕の中に確立(今日暫くぶりに弾いて実感)。

ある意味、残りの3本は似た様な音色でも有って、こいつだけは自己主張。

今後、どう成るかって、とっても楽しみ。



と言う事で、期待を裏切っちゃいますけど、新しいギターの購入は当分有りません(笑)。
今の4本の素顔を見るのが出来ないんですから・・・。
で、只今ハーレム状態です。

あ、タイトルに関係の無い話でしたね。
でも4本を弾き比べて、感じたのは(勿論アンプを通してです)、ギター本来の生音は必ず付き纏ってくる。
僕としては納得の行く結論でした。
確かにピックアップでの音色の違いは大きいです。
でも、その音色のベースにギター本体の音色が絡んでくるって・・・・。
此の音色は色々とパーツを替えても、払拭出来ない音色と思っています。

色々とギターを弄くりました(短期間ですけどね)。でも生音の基本音色からは脱する事が出来ません。
僕としては予定内(思った通り)ですので・・・。

僕成りの結論です。
生音の汚いギターは、どんなに弄っても無駄。
幸い僕の手元の4本は生音が綺麗です(飛びっきりなのがフジゲンなんですけどね)。

拍手[3回]