平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日もアンプの測定・・。
って書きたかったんだけど、過去の日記を見ると時間に追われて大切な記述が無い。
その時は判っているつもりだったんだろうけど、間に色々な仕事が入って完全に忘れている。

どの様な仕様(特にトランスの結線)で組んだのか・・?
もう焦るのは止めました。慌てる乞食は貰いが少ない。
もう一度、どんな仕様で組んだのかの確認です。

勿論メモは残っているのですが、信用出来ない(大汗)。

そんなこんなでの一日でした。

晩酌も終わりギタータイム。

でね、可也重要な不満点。
倍音って上だけじゃなくて下にも・・。
つまり、2倍、4倍(奇数倍音は汚く感じます)だけじゃなくて、1/2倍、1/4倍と言う基本波よりも低い周波数も出るんですね。

今の状態。此れが出ない・・・・・。

まあ、当たり前なんですよ。スピーカーユニットを裸で使っている。
バッフルの材料は用意済みなんだけど、作っている時間が無い。

これ以上のチューンは無理と感じました。
無理して進めると、バッフルが出来上がった時にバランスを崩しちゃう。

まずバッフルを作って、音域のバランスを取る。
その状態からギターのチューンを再開。

早い話が、タイヤのエアー圧が正常でない状態で、足回りのセッティングは無理。
点火時期が狂っているのにキャブセッティング。

基本を押さえて初めて正しいセッティング。

今抱えている仕事は、夏迄掛かりそうなんで・・・・・(ギターを弄れるのは当分先だなー)。


追記です。年に1台の製造が精一杯のプレーヤー(体力的にきつい)。
来年の分の予約を頂きました(感謝です)。

そんな訳ですので、現在予約を受けるのは無理に成りました(再来年の約束は難しい)。

時間に終われては良い仕事が出来ません。
我儘を言わせてもらっています。

拍手[3回]


今日は、本当に暫くぶりに命の洗濯。
ノンビリとNゲージを組み上げて、風呂に入り、晩酌。

で、その後です。

此処2~3日は、ジャパンで遊んでいた。
チョイ難しい遊びへ・・。
ジャパンで難しかった事が、本家だと可也楽に出来る。
スケールも本家の方がミスが少ないし、スピードも上がる。

僕に合っているんだよね。と一言で片付けるのは簡単なんだけど、理由を知りたい。
要は、ネック形状の比較。

判る限り調べて見よう(要は、僕好みのギターを数値化したい。次のギターを選び易くする、と言う魂胆は有りません・・)。

まず、ネックのナット側の幅。
本家。


ジャパン。


此れだけ幅が違います。と言ってもナット側でして、ブリッジ側は同じ幅。
つまりハイポジションなら、幅は殆ど変わらないと言う事です。

続いてネック根元の高さ。
本家。


ジャパン。


略同じ。でもね・・・・。
取り付け部から、ネックへの絞込み(削り込み)。

本家。


ジャパン。


ジャパンの方が、取り付け部から直ぐに削り込んでいます。
本家はなだらかなカーブ。
つまり、ジャパンの方が薄いんですね。

此処迄で判ったのは、ジャパンの方が幅も厚みも少ない。

で、もう一つ。よくよく見てみた。

本家。


ジャパン。


指板のアールが違う。
ジャパンの方がアールがきつい。

此れで納得。
アールのきついジャパンの方が、6番弦に指が届き難い。

あ、此れはどちらが優れていると言う意味では有りません。
只、僕が弾き易いと思えるネック形状を知りたかったのです。

只今、ベットの上には2本のストラトが・・・・・。

幸せですよね。




弾き易いと感じたアメプロストラト。
それと同じネック形状だったので、ジャガーも欲しく成ったのです。

拍手[1回]


チョイ長引いた左手の痛み。
ヤット、通常に戻ったのでギター解禁(喜)。

午前中は、遠くから来られたお客様の修理。
午後はプリアンプの続き・・・・。

我慢出来ないよね。
仕事は15:30で修了。

本当に暫くぶりに、膝の上にギターが乗った。
で、此の時間迄、晩酌時間を除いてずっと乗っていた・・・・。

自分でも理解不能。兎に角膝の上に乗っていて欲しかった。
勿論、乗っていたら両手も其れに合わせて・・・・。

暫く遊んでいなかったので、欲求不満だったみたい。

改めてギターが好きなんだなと・・・・・。

で、一番簡単なスケール練習。
今迄は1フレットから12フレット迄の練習(オット、遊びです)。
調子に乗って15フレット迄範囲を広げる。

ジャパンストラトで遊ぶ。
ジャパンストラトは、4本のギターの中で一番ネックが細い(他の3本の太さは略同じ)。

今一、練習をジャパンでしなかったのは此の所為。
細いと弦を押さえるのが楽。楽に馴れたく無かったんですね。

今はジャパンを楽しんでいる。
で、細いネックのジャパン。15フレットの6番弦。滅茶苦茶押さえられない(頑張れば出来る)。

なんとなくギターを交換。アメプロストラト(ネックは太いので更に押さえ辛い筈)。

此れが不思議なんですよ。押さえ辛いのは同じなんですけど、ジャパンよりは押さえ易い。
意味不明なんですけど、ネックの太さだけでは判断出来ない。形状の方が大事なんではないか?

ハハ、と言う事で、ギターって奥深くて楽しいですよ。






現在、ベットの上はジャパンが占領しています。この状態、無茶気に入っています。

拍手[2回]


4本のギターで遊んでいます(左手が不調の間は自粛)。

で、結構以前からの悩み。
どのギターにも共通なんですね。

3番弦だけ音が詰まる。
ギター毎に症状の大小は有るんですけど、皆同じ症状。

で、今日ペグを交換した序でに、色々と症状のチェック。
アレッ、と言う現象に当った。

ひょっとして・・・・・・・。

軽い実験。予測通りの結果。
僕が思った原因。当たりかも・・・・・・。

対策部品は結構売っていますし(僕の悩みの対策としては売っていない)、値段も数百円。

4本分買って試すかな(失敗すると傷物に成るのが・・・・)。

ネタは、実験後に公表。当るんでしょうか?

拍手[0回]


ここ数日、本職を放り出してギター三昧。
イエね、僕の腕を上げ様なんて大それた思惑は有りません。
大好きなエレキギター。何の因果か4本も此処へ来た。
そいつらを最高の状態にしてやろうじゃないの。

結構改造パーツは買いました。
エレキギターの決め手と言われているピックアップは何種類も・・・。

結論デーーーース。
良いピックアップ程、ギター本来の良さを要求する。
電気系をどんなに弄くっても、ギター本来の音を越える事は絶対にない。

エレキギターも楽器です。本体の鳴きが何処までも付き纏います。
超初心者のピンキー君。安物買いの・・・・・は絶対に避けたかったんですね。

あ、こんな生活を何十年もして来ますと、自分の腕はさて置いて、良い音のするギター。判っちゃうんですよ。
で、練習(遊びです)。イヤな音のギターとは苦痛の時間。
好みの音のするギターとは至福の時間なんです。

2本のギター(アメプロストラトとテレキャスもどき)は楽しい時間を・・・。
残り2本・・・。
今回の数日で、楽しめるギターに成りました(ジャガーはもうチョイ)。
結論。生音の汚いギターは、電気では絶対に誤魔化せない。
エレキギターも所詮楽器です。



で、生音の汚いギターを活かすのが・・・・・・・・。
僕にとってギターを本当に好きなのかって・・。

拍手[1回]


暫くぶりのギターネタです。
交換用の新しいトランスは、可也以前に入手済み。

残念ながら本職の忙しさで交換する時間は無い。
それどころか、晩酌後は可也疲れていてギターと遊ぶ元気もなし。

そんな2~3ヶ月・・。
何時でも遊べる様に、テレキャスもどきとアメプロストラトはギタースタンド。
本当にたまに遊ぶ程度でした(と言って止める気はさらさら無いですけどね、笑)。

で、昨日。お世話に成っている方の所へチョイの用事で行きました。
ナント、隣の家(娘さん家族の家)からお孫さん(6歳の女の子、僕の友人)が来ていた。

ピ『僕んちで電車で遊ぼうか?』
彼女はニコーーー。

実は以前に、列車の中の乗客を彼女に取り付けて貰ったのです。
早速何台かの電車を分解。乗客を彼女の好みで乗せる。

あ、勿論すし電も見せました。大はしゃぎ・・・。

で、突然彼女が『此れは何?』
指の先はギターを指している。

ピ『ギターだよ。』
彼女の目は完全に興味津々。
スタンドに乗っているテレキャスもどきをとりあえず渡す。
なにしろ初めてギターを手にしたのですから・・・・(笑)。

そのうちに、ストラトに目が・・・・。
ほいよ、と渡す。
ピックも渡して、適当に弦を弾いているんだけど楽しそう。

そうだ、女の子にはこちらが良いよね。とケースから出したのがジャパンストラト。
真っ赤な色が気に入ると思った。

ところが彼女はアメプロストラトの方が良いと・・・・・・。
で、暫くぶりに僕がジャパンストラトを弾いた・・・・・・・・・・・・。

唖然・・。以前の音と全然違う。此の音ならアメプロと良い勝負が出来る。有る意味勝っている点も・・・。
数ヶ月間、ケースの中で熟成したみたい。
イヤ、本当に驚きました。だってケースに入れる直前は、余計な物を買ったかな?って思っていたりして・・・。

そんな訳で・・・。



今夜の遊び相手・・。



でも、6歳の女の子が本物のストラトで遊んだって、可也珍しいですよね。
でも彼女、僕の友人ですから(笑)。

軽く追記。
今回の熟成。単音もそうですが、コード(和音)が綺麗に成ったのです。綺麗にハモるんですね。
高域弦の切れもアメプロの上を行っているかも・・。
でも、低音弦はアメプロに適わない・・・・。
で、またもやのピコン。
そうだ、ジャパンにはアレを付けて有る。アメプロには付いていない(あれは高音に効く)。
アメプロにアレを付けたら・・・・(きりが無い、汗)。

あ、ジャパンのネックの反りも変わっていました。逆反り傾向は同じですが、今迄は1~2フレットの部分反り。
今は全体に微妙な逆反り。
こちらの方が修正は楽と思います。

アンプが終わったら、初めてのネック調整にチャレンジです。

拍手[2回]


散々電気系を弄くった僕のギター(4本)。
頭の整理が難しくなって(歳の所為じゃ無いですよ)、此処の所は2本のギターで遊んでいます。

その二本は、アメプロストラトとフジゲンのテレキャス(正しくはシンライン)のコピーモデル。

特にテレキャスもどきは、先行実験で、僕にとっては最先端の改造をしました。
色々と有ったけど、最終的にはこれ以上はチョット難しいよね、と言うレベル。

チューニング途中のアメプロストラトよりも、好ましい音色を奏でていたんですね。

その状態で、仕事が忙しくて中断。
チョットの時間では、テレキャスもどきと遊ぶのが精々。

昨夜、酔った勢いでギターと遊びたくなった(体調不良で1週間以上遊んでいない)。
なぜか、アメプロストラトと遊びたくなって、暫くぶりに引っ張り出す。
アレ~~~。無茶好みの音色。と言う訳で、昨夜はストラトで遊んでお終い。

一夜明けて、昨日のあの音は何だったのかい?
単に暫くぶり(ギターで遊んだのは一週間ぶり)だったので、嬉しい音って感じただけじゃ・・・。

確認です。たった今、テレキャスもどきとアメプロストラトの鳴き比べ。
昨夜の感じは間違っていなかった。
今は完全にアメプロストラトの勝ち。
音の品が全然違う。

2ヶ月前には此の音はしなかったよねー(アメプロストラト)。
なーんもしなかったのに、此の音の変化(テレキャスもどきは、2ヶ月前から変化なし)。

楽器は生き物。って理解していたつもりだったんだけど、こうも見せ付けられると、僕はまだまだ甘いって・・・。

で・・・・・・・。


僕のベットを占領しています。何時もの場所へ帰したくない。


ギターのピックアップ。ギターの音の殆どが此れで決まる。て思っていたら甘ーーーーい。

レコードプレヤーを手本にしましょう。
ギターピックアップはカートリッジ。カートリッジを生かすも殺すもプレーヤー本体。
良いギターピックアップを取り付けても、其れを生かせるのはギター本体。
その証拠に、同じサーのピックアップを取り付けたアメプロとジャパンのストラト。
勘弁してよ、と言う位の違う音がします(標準装備のピックアップでは、此の差は出なかった)。
正直、ジャパンストラトではサーの魅力は出せません(其れでどうしようか悩んでいます)。
本体が良い鳴きをするギターが、サーとの相性が良いのかと・・・。

ちなみに、個体差かも知れませんが、僕のアメプロストラト、ボディーの鳴きが凄く良いのです。
同じアメプロでもジャガーには此の鳴きは有りません。
偶々良い個体に当ってしまったアメプロストラトかも・・・・。

拍手[2回]


一時、世の中を騒がせたスマップの解散。僕にとってはチョイ興味が有った。
と言うのは、5人のメンバーで好きな3人。大っ嫌いな二人。

で、僕としては解散は嬉しい事で・・・・(殴られるかな、汗)。

イヤまあ、チョイ興味が有った程度だったんですけどね・・・。

僕の好きな3人の内の一人。
今日のネットNEWSで・・・。

7年前からギターを始めた。まあ収入が多い人ですからギターを買いまくった。
最近、小さなコンサートを・・・・。

二日間やって(ギター界の大御所も参加)、バックには集めたギターを並べた。
総額2億円。

で、彼のセリフ。『此のギターは全部本物です、偽者は僕のギターの腕と歌。』

此の後に、とんでもない告白。『7年間やって来ましたけどFが弾けない。』

僕は両手で拍手。そうか7年間やっても・・・。
僕はまだ1年未満(もうすぐ1年)。

焦る事はない。焦ってギターを嫌いに成る事が一番悲しい結果。
今は、無茶苦茶下手だけど、ギターとのひと時が楽しい。

何事も、楽しんでしまった人の勝ちです。



ここ、数日のお相手。テレキャスもどきから、アメプロストラトへ・・。
ストラト。永遠の恋人ですから・・。

まあ、チョクチョクと買いました。
結果は、ストラトが益々好きに成って・・。

あ、大事な追記。
超有名な詩人もこう言うかな?

下手でもいいよ、楽しければ・・。

拍手[6回]