平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
弦を張ったばかりで勿体無いな。って考えていたんだけど、正しい回路でないのも気分が悪い。

そんな訳で、回路の修正です。



前回と違うのは抵抗器の下側。
今迄はアースへ落としていたのを、コイルタップ端子へ落とします。
此の程度の変更はいたって簡単。

いえね、間違いに気づいたのは、此処へアップする為に、下の回路図を書いた時。
自分用には、一番上の回路しか書かなかったのです。

ヤハリ、きちんと書かないとダメですね。

変更での結果は、音色的には変わりません。
タップ接続時の音量が若干上がった感じです。

この先トランスを入れるのですが、困ったのはハム接続とタップ接続。
出来たら其々で撒き数比を変えたい。
トランスの配線を変更する様なので、多回路のSWが必要です。

暫くはパズル状態です。


ノイズに関しては、ギター内部の配線変更で可也減りました(スピーカーに耳を近づけないと聴こえない)。
でも、トランスを通した音を知っちゃいますと・・・・。

拍手[3回]


エーー、今日から増えたカテゴリー。
『ギター電気回路』(笑)。

完全に嵌まっています。お金を殆ど掛けないで、シッカリとチューン出来ますので・・・。

一昨日、フジゲンにトランスを内蔵し、ポットを取り外しました。
その状態の音。元気良過ぎ。
慌ててピックアップの高さを下げる騒ぎ。

それでも今一変。
ここ数日の疲れが残っているので、今日は休養。
で、もう一度フジゲンの回路図をチェック。

オイオイ・・・・・・・。
えらいミス。ポットを取り外しただけで、代わりの抵抗を入れ忘れ。
そりゃー元気に成るよね。トランスに限らずコイル(ピックアップも勿論入ります)の受けの抵抗値で周波数特性は変わります。
抵抗値を大きくすると、高域が上がり、小さくすると高域は下がります。
その所為でポットの抵抗値を変えると音色が変わるのです。

フジゲンの標準抵抗値は500kΩ。
トランスを入れる前はこれでバランスが取れていた。
リアピックアップに入れたトランスは2:1。と言う事はインピーダンスは1/4。
500×1/4は125kΩ。
と言う事で120kΩをセレクターの後に入れます(ポットと同じ位置)。

ハハ、元気過ぎは一発で解消。バランスは以前の侭で、音色だけがトランスを入れたものに・。(あ、勿論。ピックアップの高さは戻しました)。
フロントのハムも此れでバランスが取れているのでOK。

僕がMCトランスの調整に、二次側ターミネーター抵抗値を利用しているのはご存知ですよね。
ギターにもこの方法が取れるのです。
ヤハリ、ポットを1個取り付けて、負荷抵抗値の調整にすると可也面白いコントロールが出来ると思います。

勿論、この方法はトランスを入れないでもOK。

当分、ギター弄りは続きそうですね。


拍手[3回]