平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
先日、永年使用したプリアンプの修理。
正直彼は煩い(笑)。
彼の言っている不調は、常人なら気が付かない。

今回は、若干のハムが聞こえる。

このレベルだと、オシロでも検索不能(外部ノイズとの判別が不可能)。

そんな訳で、彼の家で判断。
間違いなくハム音は出ている。静かな環境じゃないと気付かないレベル(あ、マランツやマッキンでは常識的に出ています、笑)。

僕の性分ですから、此の程度は・・・。なんて言わない。
症状から電源部かな?(本体は重いので、持ち帰りたく無かった、汗)。

作ってから30年弱経っていますので・・・。

電源部のパーツを全て外して、1個、1個ごとに測定。
ヤバイと言う異常は見つからなかったのだけれども、今の僕ならこう作るよね。と言う処方を・・・。

数日前に、電源を持って行って・・・・・。
ハイ、ハムは完全に消滅。更に音も良く成って・・・(笑)。

で、何時もの談笑。
彼は楽器へのノウハウも凄い。
最近の僕のブログを見ていて・・・・。
『ギター内に、真空管のバッファアンプは何時組み込むの?』(ちなみに彼は電気のプロです)

アノネー・・・・。期待は判るんだけど、電源はどうすんのよ?(あ、判っているんだけど、色々な対処策、ハッキリ言ってメンドイ、汗)
イヤ、彼の言っている事は判ります。
ピックアップ(オーディオならカートリッジ)の出力を半導体で受けるのと、真空管で受けるのでは雲泥の差が有る(パワーに真空管を使っても入力が半導体ならインチキです)。

ハッキリ言うと、出力は真空管が理想だけれど、半導体でも我慢出来る。
ピックアップの出力を受けるには真空管じゃないとダメ。

そんな訳で、市販のアンプには興味が無いのです(特にエフェクター、入力側ですからね)。
音楽の基本の音を出している、一番最初の部分。此処は真空管以外の素子が思い浮かばないんですね。


拍手[3回]


アンプ作りで頭が疲れた。
早目のお風呂と晩酌。

落ち着いた所で・・・・・。



購入したてとは、比べ物に成らない好みの音色。
でも、サーのピックアップとトランスが喧嘩している。

前にも書きましたよね。今内蔵しているトランスの音色は・・・・・・。

サーを生かすトランスは1550。
自分の腕を棚に上げて、言いたい事を言っています。

今一乗らないので、アンプ作りに入ります(アイスコーヒーをがぶ飲みして、笑)。


あ、今夜も確認。ハーフトーンは、位相のずれの分、倍音が消えちゃいますね。
何度確認してもダメでした。
サッサとセレクターSWを3ポジションに替えます。

ついでに・・・・。
テレキャスもどきも、ダメって主張を始めました。
2ピックアップなので、中間の音が欲しい時は・・・・・。

ヘヘ、例の負荷抵抗コントロール。
こいつが何とでもしてくれています。

要はストラトで、フロントとミッドの音がそっくりに成ったりして・・・(勿論つまみの位置は違いますよ)。

そんな訳で、2ピックアップでも中間のハーフトーンは要らなくなりました。
2ポジションのセレクターって無いですかねー・・。

追記です。今回の負荷抵抗可変回路。
エレキギターでは御馴染の事なんですヨ。
昔からやっているでしょう。ポットの抵抗値を換えて音質調整をしていたのを・・・。
この場合は、ポットの抵抗値だけですので、中間値は出来ない(やる気なら出来る)。

此のポットの抵抗値を連続可変にした物なんです。
と言う事で、トランスを入れなくても出来る改造です。
只、トランスを入れないとインピーダンスが高いですので、もっと抵抗値の高いポットが必要です。

あ、更に・・・。
僕の作っているプリアンプ。VR(ポット)の抵抗値は100kΩ。此の出口に10cmのシールド線を使うと、明らかに高域特性が変わります。
ギターのポットは250kΩ以上。その出口に2mものシールドを使うんですから・・(大汗)。
電気的に無茶苦茶って気付く筈なんですが・・・・・。

拍手[3回]


周知の様に、僕はギターにトランスを内臓。この方式の場合、確かに出力インピーダンスは下がるけど、と同時に出力電圧も下がります。

トランスは単に電力変換装置で増幅の能力は有りません。

じゃ、インピーダンスを下げて、出力は下げない方式は・・・・・・。
ギター内蔵のバッファアンプ。

此の方式なら、トランスの抱えている問題点は全て解決します。

エーー、確かに・・・・。

問題はバッファアンプの電源。
電池式ですよね。
で、その電圧は何ボルトなんでしょう?

基本理論。電源電圧以上の出力電圧は出ない。

今回、色々と悩まされてくれました。ギターピックアップの出力電圧。
思いっ切り弾くと、1V近く(勿論ピーク電圧)出ていそうなんですね。

理論値で、電源電圧以上は出ない。
実際には数分の一が精々(この場合結構歪みますけどね)。

で、出力のダイナミックレンジを稼ぎたいのなら、高い電圧と其れ成りの電流を流さないと無理なんです。

ギター内蔵の電池・・・・・。
本当に良い音を出したいのなら無理な方式と思うのですが・・・・(だから欠点を承知でトランスを使っています)。


僕がギター内蔵のバッファアンプを考えたら・・・・・。
外部電源でシールドともう一本電源ケーブル。
ギターの中には煌々と真空管が光っている・・・・・・。

無理なんですよ(笑)。

もう気付きましたよね。高い信号電圧を扱うには高い電源電圧が必要。
高電圧動作の真空管はこの点で有利なのです。

で、現在市販されている真空管式のギターアンプ。
僕にとってはどうでも良い世界です(真空管をうたい文句にして、生かしてはいない)。

オーディオの世界も同じ。真空管方式をセールストークにしているだけです。真空管を活かしきった設計が見当たりません。

拍手[3回]


弦を張ったばかりで勿体無いな。って考えていたんだけど、正しい回路でないのも気分が悪い。

そんな訳で、回路の修正です。



前回と違うのは抵抗器の下側。
今迄はアースへ落としていたのを、コイルタップ端子へ落とします。
此の程度の変更はいたって簡単。

いえね、間違いに気づいたのは、此処へアップする為に、下の回路図を書いた時。
自分用には、一番上の回路しか書かなかったのです。

ヤハリ、きちんと書かないとダメですね。

変更での結果は、音色的には変わりません。
タップ接続時の音量が若干上がった感じです。

この先トランスを入れるのですが、困ったのはハム接続とタップ接続。
出来たら其々で撒き数比を変えたい。
トランスの配線を変更する様なので、多回路のSWが必要です。

暫くはパズル状態です。


ノイズに関しては、ギター内部の配線変更で可也減りました(スピーカーに耳を近づけないと聴こえない)。
でも、トランスを通した音を知っちゃいますと・・・・。

拍手[3回]


エーー、今日から増えたカテゴリー。
『ギター電気回路』(笑)。

完全に嵌まっています。お金を殆ど掛けないで、シッカリとチューン出来ますので・・・。

一昨日、フジゲンにトランスを内蔵し、ポットを取り外しました。
その状態の音。元気良過ぎ。
慌ててピックアップの高さを下げる騒ぎ。

それでも今一変。
ここ数日の疲れが残っているので、今日は休養。
で、もう一度フジゲンの回路図をチェック。

オイオイ・・・・・・・。
えらいミス。ポットを取り外しただけで、代わりの抵抗を入れ忘れ。
そりゃー元気に成るよね。トランスに限らずコイル(ピックアップも勿論入ります)の受けの抵抗値で周波数特性は変わります。
抵抗値を大きくすると、高域が上がり、小さくすると高域は下がります。
その所為でポットの抵抗値を変えると音色が変わるのです。

フジゲンの標準抵抗値は500kΩ。
トランスを入れる前はこれでバランスが取れていた。
リアピックアップに入れたトランスは2:1。と言う事はインピーダンスは1/4。
500×1/4は125kΩ。
と言う事で120kΩをセレクターの後に入れます(ポットと同じ位置)。

ハハ、元気過ぎは一発で解消。バランスは以前の侭で、音色だけがトランスを入れたものに・。(あ、勿論。ピックアップの高さは戻しました)。
フロントのハムも此れでバランスが取れているのでOK。

僕がMCトランスの調整に、二次側ターミネーター抵抗値を利用しているのはご存知ですよね。
ギターにもこの方法が取れるのです。
ヤハリ、ポットを1個取り付けて、負荷抵抗値の調整にすると可也面白いコントロールが出来ると思います。

勿論、この方法はトランスを入れないでもOK。

当分、ギター弄りは続きそうですね。


拍手[3回]