平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
アーム関係が略終わり(カートリッジの取り付けは出荷直前にします)、ターンテーブル関係の仮組みです。



狙い通りに組みあがったターンテーブル。写真では見えませんが軸受けとシャフトのチェックがメインです。



ターンテーブルとボードのクリアランスは1mm。
昔は此処を2mmにしていました。精度を出す自信が無かったんですね。
自分でも気づかないうちに、いつの間にか1mmに設定してしまってアームとの高さが合わない、って悩んだりして・・・(笑)。
昔の図面を見て『あ、以前は2mmで設計していたんだ。』って気付いたり・・。

以前にもアップしましたがこの軸受け。親子3代で使っても平気です。
磨耗する所は交換が簡単(20年近く使っていますが今の所磨耗はゼロ)。しかもその部分は一般市販品(単なる鋼球)。
それ以外は定期的なオイル交換さえしてもらえれば磨耗しません。

昔からの機械屋さんの経験則。
『シャフトの直径の2,5倍以上のシャフト長(軸受け長)が有ればシャフトも軸受けも磨耗しない。』
だから薄型モーターの寿命って短いのです。

このターンテーブルのシャフト、16Φ。其れに対して長さ(軸受けと接している部分)は75mm。
壊せるものなら壊してみろ。と言う設計なのです。






軽く追記。
この軸受け、基本的にはアイドラー次代と共通です。
そのアイドラー次代に購入して頂いたお客様。今の仕様(ギヤボックス、糸ドライブ)に成ってもターンテーブルシャフトと軸受けは交換していません。
度重なる改造の為の何度ものドッグイン。

最近、お二人の改造依頼を受けてシャフトを引き抜きました。
もう此処迄馴染んだら宝物です。シャフトの表面の輝きは切削加工では出来ないもの。
長時間掛けて馴染ませた物にしかない輝きでした(けっしてピカピカではない味の有るひかり方です)。
シャフトを抜く時の感触もナントも言えないものです。

そんな事を知っている拙い常連さん達。
僕の使ったシャフトと軸受けを欲しがる。

そんな訳で僕の軸受けとシャフトがあの感触を得るのには・・・・・(涙)。

で、更に追記。
此処迄書いちゃったんだから・・・・・。
ターンテーブルの軸受けとシャフトに関しては僕が生きている限り保証します。

拍手[5回]


昨日は何ヶ月も待って頂いたお客様への訪問です(本当に最近の仕事のたまり方は・・)。
目的はターンテーブル(プラッター)の交換。

アイドラー時代から僕のターンテーブルを愛用してくれていて、糸ドライブ(モーター内蔵)、ギヤボックスドライブとグレードアップを繰り返して来ました。

先日アップしたシャフトのオーナーです(そうか、今考えて見るとあのシャフトはアイドラー時代から使っている物、と言う事は20年近く使っている、笑)。

取り付け穴を4個に増やしたシャフトを軸受けに差込、其の上にターンテーブルを置き4本のネジでしっかりと止めます。

今回の改造は単なるターンテーブルの交換。それ以外は一切手を加えていません。

モーターの電源を入れて単に廻しただけでオーナーの声。『静かに成った。』
使っている方だからこそ判る変化ですね。僕には判らなかった(笑)。

レコードに針を落とす。今度は僕にもハッキリと判る。
静かに成った。ピアノッシモが美しい。これと比べると(昨日は聞いていない、でも何度も行っている家なので前の音は覚えています)以前の音は汚れていた。

お客様はニコニコ。またレコードを聴く時間が増えそう。

たったターンテーブルの交換だけでこの変化.
アナログの奥の深さと凄さを感じた一瞬です。



拍手[7回]


本日は朝一番でお出かけです。
外注先へアルマイトの上がった物を引き取って、その後御馴染のお客様宅二件訪問。
一件目は30年以上使ったアンプのノイズ。お預かりして来ました。

もう一件はターンテーブルを釣鐘型からフラットタイプへの変更(沢山の方にして頂きました)。
と言っても単に交換とは行かないのです。
シャフトフランジの加工が必要。シャフトを引き取りに伺ったのです。
従来の取り付け位置でフラットタイプを作ればこの変更は無用。

でも、少しでも音質向上の可能性が有るのなら、変更は厭いません。

長年使われたターンテーブルを外し、シャフトを引き抜くと・・・・・・。



思わず惚れ惚れ。切削痕が綺麗に無くなり鏡面状態。此処まで馴染んだら宝物です。
相手側の軸受けも指でなぞるとつるつる。

シャフトを抜く時の滑らかな感触は感動モノ。親子三代使っても大丈夫な軸受けを実感。
僕のはまだまだだなー(涙)。

で、フランジの取り付け穴。



従来はM3のボルト3本で取り付けています。
昔、プレーヤーの調整をしていた時、取り外しが面倒でこのネジを外した侭で調整(ターンテーブルの重量でぐらつきは有りません)。
調整完了してネジで止めた時の僕は目が点。
ナンデ?。明らかな音質向上が有ったのです。

そんな経験が有ったのでフラットターンテーブルはM4、4本で止めています。
此れにも逸話が有りまして、手持ちのM4に丁度良い長さが無くてフランジの厚み(10mm)の半分までしか届かないネジで聞いていました。
其の後、5mm長いネジを入手(フランジの厚み全体で締められる)。
此の時もナンデ?

つくづくとシャフトとターンテーブル(プラッター)の結合の重要性を味わったのです。

このフランジのついているシャフト。フランジとシャフトは一体物。
つまりフランジの径(80mm)の丸棒から16mmのシャフトを削っているのです。
コストを考えたら・・・・・・(大汗)。

そう成ると市販プレーヤーのシャフトとプラッターの結合。テーパー結合なのは・・・・・?






このシャフトを使われている皆様へ。
これとペアの軸受けと合わせて略半永久的に使用可能です。

ただし、オイル交換のメンテナンスだけは行って下さい。
新品からは半年。その後2~3回毎年。
その後は3年に一度。
10年以上使いましたら底の鋼球もチェック。万が一磨耗痕が見られましたら鋼球の向きを変えて(当る場所の変更)組み直して下さい。勿論新しい鋼球に交換されても結構です(ネット通販で購入出来ます、上下の2個とも交換しても数百円です)。

また、アイドラー時代の軸受けを使われている方には、現在のダブルボール軸受けへの改造をお勧めします。軸受けをお送り下さい。¥10000(外税)で改造をいたします。

拍手[6回]


今日はターンテーブルの軸受けを作成。
勿論、今迄とは少々仕様を変えている。工作精度を上げないと難しい構造だけどチャレンジするには最高(自己満足、汗)。
1/100mmでの誤差が問題になる構造。でも巧く行けば可也の物に成る。

今日の午後は此れに掛かりっ切り。
チョットでも削り過ぎたらパー。
本当に微妙に削り進める。

見事に成功。

で、此処で終わったら話がつまんない。

先のブログを書きながら構造をもう一度考えていた。
イケネッ。ダブルボールの上側をシャフトの真ん中に収めるのが難しい(要は組み立てでの問題です)。
真ん中に収まれば従来の軸受けを越えられる。
どうやってボールを真ん中に(あの穴の中、手で位置決めは無理)。

其処でピコン。樹脂でガイドを作れば良いんだ。勿論ガイドは中に残った侭に成るけど悪さはしない。

こんな構造を考えている時が一番楽しいのです。





拍手[3回]


先日製作しましたターンテーブルとシャフト、軸受けのセット。

一週間位前に発送しました。チョイ遠くて(日帰りは無理、大阪程度は日帰りする僕ですので)持って行くのは大変。
ユーザーの方の組み立てる腕は信用出来る方でしたので送った訳です。

以前プレーヤーキャビとアームを納めさせて頂いた時は僕が持って行ってセッティング。
勿論音出しまでしましたからユーザーの方の好みも判っていたからです。

其の方から使用レポートが届きました。

大変なお褒めの言葉を貰えまして僕としても嬉しい限りです。

散々道楽をした方に満足して貰えた。一般市販品には無い精度と強度を持たせた軸受けとシャフト。
アニール処理をした削りだしのターンテーブル。

今現在、僕の作るベストの物。

で、一安心とは行かなくて、此の後新潟へ届けるターンテーブルとキャビネットの製作に掛かります。

休んでいる暇が無い。嬉しい悲鳴です。



拍手[4回]


年初めから掛かっているターンテーブルと軸受けの作成。
標準品とサイズが違う為巧くフライスに取り付けられない。
で、Vブロックを注文したんだけど・・・。
へへ、待っていられなくなって治具を作っちゃいました。

治具さえ出来ればバッチリ咥えられます。

そんな訳で・・・・。



軸受け完成。アルミハウジングに砲金のメタルを圧入して有りますのでフリクションは小さくて長寿命。

この軸受け。親子二代の使用にも絶えると言うチョットオーバースペック(笑)。
軸受けの磨耗は軸先端のターンテーブル重量を支える部分が殆ど。
シャフトの外周はマズ減りません。

過去のターンテーブル(一般市販品)を沢山分解しました(お陰で色々な長所や欠点も判ったんです)。
フリクションを少なくするにはボール受けが一番です。特に糸ドライブの場合糸とプーリーの接触面積が小さいですからチョットのフリクションの変化でスリップを誘発します。
昔、散々此れで悩んだんですね。
フリクションが大きいと糸の寿命も短いですしプーリーの磨耗も大きいのです。

ボール受けが良いのは判っていましたが、問題点。
点接触なのでボールの相手側の磨耗が大きいんですね。
相手側がバッチリ凹んだ軸受けやシャフトを散々見ました。

で、僕の作った最初の軸受けは、ボールがシャフトと一緒に回転して磨耗は軸受け下部に受け持たせ、磨耗した軸受け下部は簡単に交換出来るようにする。
と言った物でした。この寿命が意外な程短い。
アイドラー時代は平気だったのですが糸ドライブにしてからチョットの磨耗でフリクションの変化が起こり回転ムラに繋がったのです。
色々な材質で受けを作りましたがこれと言った物は見つからなかったのです。

散々悩んで出た答えが・・・・。



ボールを二個使うと言う物。上のボールはシャフトと一緒に回転して下のボールは軸受けに固定され回りません。
つまりボール同士を当てて回すと言う物です。
ボールは鋼球。非常に固いですし表面研磨も最高レベル。
従来の軸受けと比べたらフリクションの少なさは第一級。

しかも磨耗するのは鋼球だけ。鋼球は固定していませんので簡単に交換出来る。
と言うか、ばらせば鋼球の向きは必ず変わってしまいますから磨耗点が同じ所に来ないんですね。

この軸受けにして10年近く経ちました。ばらして見ても鋼球には傷一つ有りません。
万が一磨耗して交換したとしましても1個数十円です(笑)。

じゃあ、他のメーカーが採用しない理由は・・・・・。
上下のボールの位置関係。一直線にしないといけません。
つまり精度を要求する軸受けなんです。

1個1個手作りで出せる精度なんですね。


拍手[5回]


雪が積もった状態は相変わらずなんですが、今日はチョイ暖かい。
早速、プレハブのストーブに火を入れて室内暖房。

室内を暖めるのが目的ではなく、冷え切った工作機械の温度を上げるのです。

暖房を入れて2時間チョイ。

そろそろ良いかな?



写真は片側の切削が終わり、材料を反転させた所。
ターンテーブルの軸受けです。普段の形状と違うのは、市販ターンテーブルに合わせてプレーヤーキャビを作りました。
で、結局其のキャビに合わせてターンテーブルを作る事に・・・・。

そんな訳で普段と形状の違う一品物です。
外注先に発注したシャフトの粗挽き物とターンテーブルもそろそろ上がって来る頃ですので作業を一気に進めます。

プリアンプの完成は何時に成るのかなー・・・・・・(涙)。



拍手[5回]


新年から始めたターンテーブル軸受けの作図。
昨日は組立図だけで終了。

一晩頭を休ませるとつまらないミスが見つかったりするので急いでの作図はご法度。

今朝は1年以上前に作ったプレーヤーキャビの寸法をもう一度確認(標準の寸法で作っていませんので、当時の頭に戻さないと結構ヤバイ)。
僕のアームが付いているのでターンテーブルの高さミスは許されないのです(僕のアームは高さ調整が出来ません)。

何度も当時の図面と今回の軸受け図面の寸法を確認。ミスるとゼロからの作り直し。兎に角あらゆる方向から寸法確認(ターンテーブル上面はレコードとシートの厚み分低くします)。

ミスの無い事を確認してから、部品図を起こします。

シャフトの荒削りとターンテーブルは外注です。正月休み明けには外注先に図面を送る約束です(守らないと外注先に無駄な時間を過ごさせてしまいますから)。

早朝から掛かり、ヤット完成。

さて、此れからお正月のお酒に行きますか(笑)。


拍手[2回]