平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
プレーヤーの納品ももう直ぐです。
最終組み立てはカートリッジの取り付け。

普段取り付けているSPUなら鼻歌交じりなんですけど、今回は・・・・・・。



EMT-TSD15。標準シェルの侭では取り付けが出来ません(まあこのシェルもSPU純正とどっちもどっちなんですけど、笑)。

EMTの問題点。シェルから外すとストリップ状態。

中身が完全に丸見えです。使う時には気遣い無用なんですけど取り付けるのは心臓に悪い。

何度もした仕事ですけど緊張します。つまめる所が無いんです。

写真でお判りの様に、出力端子が外側と言うのは助かります。
これで後だったりしたら・・・・・・(大汗)。

カートリッジまでの配線材にも拘っています。極力太い配線材、メッキの掛かっていない物。

EMTの純正シェルの侭でも、内部の配線材の交換をすると蘇りますよ。
ついでに・・・。頭のレンズ、共振構造ですので・・・・・。
更に言っちゃうと取り付けビスも鉄製なので交換をお勧めします。



拍手[0回]


僕はオーディオ雑誌の類を丸っ切り読んでいないんですね。
僕に言わせりゃ、今更のネタばかりで(ハハ、ツマラン理由で読んでいた、汗)。
其れをネタに書いているネットでの情報・・・・・(今更言う迄もないですよね)。

で、そんな訳で最新情報(余計な情報、笑)に無茶苦茶疎いピンキー君。

お馴染みさんからタイトルのカートリッジの情報が・・・。
spuに関しては知らないと拙い。

そんな訳で情報収集。
なんてかっこつけているけど、誰でもネットで収集出来る情報範囲(この情報をどう利用するかがその人のレベルを表すんですけどね)。

色々と判りました。発売元の狙いも・・(笑)。

で、この答。此処には書けませんよねー。

気に成ったら買って自分で確かめる。僕の永年のスタンスです。
買いもしないで、色々と書いているネットの情報なんて信じちゃ駄目ですよー。

逆に、買ってテストもしないで言いたい事を書く人は信じられません。
で、買ってテストをしても、其の方の場合で貴方の場合は判りません。
要は、知りたかったら買って自分でテストをしないと何も判らないんです。
何かとネットで質問する人、まあ僕とは縁の無い方かと・・。

あ、spu#1。勿論買いますよ。自分でテストしなくちゃ。

拍手[8回]


今夜はチョイヤバイ。
次から次へと聴きたいレコードが出てくる。
原因は・・・・。
楕円針。

此処暫らく装置は弄っていない。其れなのに従来では聞こえなかった音楽が聞こえてくる。

オーディオファンに判り易く言うと、丸針はテープで2~3回ダビングした音。
楕円針はダビング前の音。

こんな違いが出ると次から次へと聞きたいレコードが・・・・。

明日の朝、睡眠不足で凄い顔をしているんだろーなー。

拍手[5回]


一月前ほどからEタイプのSPUを使い出したピンキー君。
其れを確認しに来たA君が針交換を申し出た。

此処迄はアップ済み。

昨日其のA君が来てEタイプを持ち帰りました。

先のブログをアップしている間にメールが届く。

中身は・・・・・・・・。
個人情報ですのでアップしませんけど大喜び。

理論的には良い筈の楕円針。今迄は本領発揮とは行かないで丸針愛用者が殆ど(略100%)。
今のプレーヤーでヤット本領を発揮し始めたみたいです。



拍手[4回]


僕が長年愛用しているカートリッジ。
オルトフォンSPU。GとかAとかが最後に付かない理由は判りますよね(笑)。
AとGの違いは付属シェル。僕は中身だけを使っているので・・・・・・。

で、僕は長い間丸針愛好家。楕円を使うと高域がキンキンして低域がぼやける。
何故かの理由は判らないが、兎に角聴感上そう成るのだから仕方が無い。
でも心の片隅では原因不明にイライラしていた。

この前アップした様に、現在の糸ドライブシステムにしてから楕円の欠点(聴感上の)が無くなったんですね。
仮説は前のアップ通り。

この仮説の元、何人かのお客様が楕円に変更。皆僕と同じ結果に・・・・。

前々回のSPU値上げの時、楕円針の値上げが酷かったのです。丸針との価格差が確か¥11000。
当時の僕は3~4ヶ月しか針がもたない状態(朝から晩まで掛けっ放し)。
チョイきついなー。と言う訳で泣く泣く丸針を使っていたんですね。

前回の値上げ時にその辺が改められて差額は¥6000。
今の聴き方での針寿命は2年近くもつ。

そんな時に間違って送られて来た楕円針。此の後は・・・・。

で、一昨日。馴染みのA君が来訪。楕円針の音を聴きに来た。
数枚のレコードを試聴。聞き終えた彼はポケットから此れを出して・・。



楕円針に換えて下さい。

ハハ、此れから増えそう。



書くまでも有りませんが、一般のプレーヤーでしたら丸針をお勧めします。
僕のプレーヤーシステムをお使いの方だけへのお誘いです。

拍手[3回]


予想通りと言うか困ったと言うか楕円針に軍配が上がりました。
で、此れで喜んでいる様ではまだまだ。

長く聴き続けると若干のハイ上がり。

此処でハハーーンって気付いた貴方は此処の愛読者(笑)。

今回のハイ上がり、針先の所為では有りません。長い経験でこの辺は判ります。

で、次に行った調整。

MCトランスの二次側抵抗値の調整。

17,5kΩから15kΩへ変更。一発でバッチリ。彫りの深さは無くなっていませんし、奥行きは更に出てきました(この奥行き感は丸針では出なかった)。

この抵抗値の調整。針交換したら必須です。この調整もしないで今度の針はハズレだーって言ったら・・・・(オーディオを語らないでね)。


拍手[3回]


夕食(晩酌)も終わりレコードを聴きにイソイソと・・・。

何枚かのレコードを聴きました。感想は最初の一枚と同じ。
音の輪郭がハッキリしたので彫が深いって感じた様です。

で、僕の今迄の楕円針の評価。

低域の輪郭がぼやけて高域がシャクレ上がる。

これって、先にアップした仮説に照らせると納得出来るんですね。フリクションの変化で微妙な回転変化(だから低域がぼやける)。で低域がシッカリしないので高域(高域のフリクション変化は速過ぎて回転変動を起こさない)がシャクレ上がって聞こえる。

糸ドライブにしてから、この低域のボヤケが完全に無くなりました。正しく言うと楕円の方が低域の輪郭がハッキリと聞こえます。

針先のトレースを考えたら楕円の方が理想的なトレースをする。
でも聴感ではNG。

これは、楕円のフリクション増大によるターンテーブル回転の微妙な変動が原因。って考えると納得出来るんです。

そう、僕は聴感と理論との一致を常に考えています。少なくとも聴感と一致しない理論は間違っていると・・(世の中そんな理論がまかり通っていますよね)。



ある有名なバイクチューニングショップ。其処の店主の言葉。
『理論通り行かないから俺達の仕事が有るんだよ。何事も理論通りだったら大学の先生が一番偉いって・・・・。』
僕に言わせりゃ其の理論が間違っているから其の通りにならない。正しい理論ならどんな場合も予想通りの結果を出せる。山勘の仕事をしてお客様からお金を取るのは犯罪に近い。
物事を追求したいなら世の中の間違った理論を正す。と考えなければ・・・・。

あ、序でに・・・。
楕円針の方がアームに取り付ける位置関係にはシビアです。ショートアームでは楕円の欠点が見えて来るかも知れません。
要は角度が狂うと左右の位相差が出てしまうんですね。リニアアームが理想ですがあいつはあいつで欠点が多くチョット手を出せません。
アームにとって大切なのは回転部分の機械的なガタ。レコードの溝を考えると僅かのガタもNG。そう考えるとリニアアームは・・・・・・。
複雑な機械構造でリニアに近い動作をさせようとしているアームやシェルも見かけますが、接続部(回転部)のガタを考えますと採用には二の足を踏みます。

拍手[1回]


本日は暫くぶりの(退院以来初めて、汗)休日にしました。また無理をして入院なんてイヤダもんね(でもあの看護婦さんには会いたい、笑)。
午前中は日常の仕事(洗濯に掃除に・・・)。

で早めの入浴をして早めの晩酌。

風呂が沸くまでの時間、そうだSPUを取り付けよう。
数分の作業で完成。

馴染みのレコードに針を下ろす。
拙いよ。絶対に拙いよ。
音楽のバランスは同じだけど彫りの深さが違う。
これと比べると丸針は平坦に聞こえる。

だから、聴きたくなかった。

只、助かるのは引っ越す前と比べたらレコードを掛けている時間、ムチャ短い。
以前は仕事中かけっぱなし。今は試聴室と仕事場が違うので仕事中はかけない。

そう考えると楕円針を標準にしても良いかな?

でも間違って送って来なけりゃ・・・・・。




エーー、裏の話し。
実は今回、使用中の針を外す前に手持ちの使用済みSPUを送って新品を入手していたんですね。
で、交換しようとしたら馴染みのお客様から針交換の依頼。

まあ、数日聞けなくなるけど先に僕の分を廻しちゃえ。
そんな訳で10日間ほど聴けなかったのです。
あの時、先に廻さなければ・・・・(後悔先に立たず、汗)。

拍手[2回]