平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
50kΩのポットは使いたい。今100kΩを入れても、直ぐ交換に成ると思う。
と言う訳で、ポットが来たらその取り付けだけで出来る様に準備。

表から見ても内部接点の判らないセレクターSW(テスターで測れば1発なんだけどメンドイ)。
そんな時はデジカメ撮影。



ポット回りも序でに・・。


とりあえず外せる部品は全て外す。


ハムのピックアップを交換したら、取り付けビスが細い(径、ピッチ共に違う)。
太けりゃ穴を広げるんだけど細い。
こんな場合は・・・。


かっこ悪いけどワッシャーを噛ませる。勿論裏側も。

逆に穴が小さかったのは・・。


ポットが入らない。
こんな時には・・・。


リーマ加工です。僅かの差なので一瞬でお終い。

で、今夜も1時間半後には自治会の用事で出かけるので、ポットが有ってもこれ以上の作業は無理。

ポットが入手出来る迄、此の侭ですね・・・。



こんな状況が続くと思うので、練習用のスペアギターは必須です(4本は要らないかも・・汗)。

拍手[4回]


仕事とは違うのでノンビリと進めています(頭をリフレッシュするのに最適)。
最初に必要なのがトランスの予備結線。

以前にアップしました図面で、此のトランスの概要はお判りと思います。
1:2。1:4。1:8。の3種類の昇圧(減圧)比が選べます。
更に其々の比率でも、インピーダンスの高い結線と低い結線が選べるのですね。

今回はギターピックアップに合わせますので、高いインピーダンスをチョイス。
アンプから取り外した侭だったトランス。



1:1って書いて有るのが見えますね。当時の僕(10数年前)は1:1に拘っていました。確かに1:1は良いトランスを作り易い。
正直、まだまだだったのです。インピーダンスの重要性を判っていませんでした(それ迄使っていたトランスは、インピーダンスの表示が有ったので、其れに合わせれば良い程度の知識だったのです)。

此の頃から使い出したトランス。インピーダンスの表示が有りません。
此処で初めて、インピーダンスの意味が体に染み付いたのです(それ迄の疑問も氷解)。

要は、使い方とトランスの選択ミスで、此のトランスをダメと判断したのです(大汗)。

アンプから外した侭で10年以上放置。
今回のトランス選びで、オイオイ・・・・・。

予備結線の終わったトランス。


結線には、極細錫メッキ線にテフロンチューブを被せて使います。半田熱に負けませんので助かります。

1:2と1:4。勿論昇圧ではなく減圧として使いますので、1が出力側。
4:1はハムバッカー用、2:1はシングルコイル用です。

此の値ですとポットは50kΩが使えるのですが手持ちが無い。
とりあえず、100kΩで進めます(50kΩも発注済みなんですが商社で在庫切れ)。
可能な限りポットの抵抗値は下げたいのです。音量を調整すると音質まで変わるのは何とも・・・・・。

2:1で使うとピックアップの出力インピーダンスは1/4。
4:1で使うと1/16(笑)。
ポットの値を下げられるのが判るでしょう。



商社のHPを覗いたら、50kΩポットが今日発送予定。ウーーーン微妙。

拍手[4回]


夏休みを取ったつもりのピンキー君。
此処一週間の行動を顧みたら、2日から仕事をしていた。
夏休みじゃないよー・・・。
と言う訳で、此処一週間休んでないので、今日の午後は急遽休日(半休ですけどね)。

あ、ついでに言っちゃいますが、定休日の無い自営業。定休日が欲しいならサラリーマンに戻った方が良いですよ。定休日なんて関係なく自分の行動をしたい。と言う人が自営業には向いています(笑)。

で、急遽休みにしたので、ギター・・・・。
練習も兼ねて音色チェック。
エレキギターの判定が難しいのは、セッティングの範囲が広い。
オクターブチューニングは勿論だけど、ピックアップの高さ調整をしないエレキは、クリープを入れないコーヒー(たとえが古過ぎますよね。ちなみに僕はブラック派なので・・笑)。

で、配線工事の終わったジャガーを、真面目にピックアップ高さの調整をしました。

効率の良く成るピックアップ高さにすると(勿論高過ぎるセッティングはしていません)、音に品が無くなる。

アメプロ、ジャパンの2本でも感じた事。
フェンダーのピックアップって大した事が無いのかなー・・・。

だから、対応したピックアップが目白押し・・。

フェンダーのピックアップが本当に良いのでしたら、対応ピックアップの数はそんなに出ない筈。
純正ピックアップに不満を持つ方が多いから・・・・・・・。

チョイの時間後。
ひょっとしたら・・・・・・・。
僕の作ったアンプに原因が有るかも?
弄っている時間が無いので、結論は先延ばしです。

更にの追記。
その後テスト。どうも原因はアンプ初段管の耐入力不足。
要はギターの出力を上げると(ピックアップの高さを上げると)オーバードライブのような音色に成ってしまうんですね。
証拠に、ギターのVRを絞ると直ります(笑)。
この辺の対策はいたって簡単で、初段管の動作ポイントを変えるだけ。
直ぐにやりたいんだけど、作業机の上には組み立て途中のドライブアンプ。

まあ、ボチボチとやって行きます。

拍手[2回]


昼食中に佐川さんが届けてくれた・・。



例の、酔った勢いでポチッしたアイツです。
ポールピースピッチを確認。
ウン、フジゲンと同じピッチ。

此れは良かったんだけど・・・・・・。



出力ケーブルの先端。単芯のシールドケーブルです。
つまり、タップ接続は出来ませんし位相の反転も無理。

まあ、相手のシングルと同じメーカーだし、シングル側で位相反転は出来るので大丈夫です。
で、問題は僕のギター内部配線。シールドとコールドを別々に出して欲しかった。

でも、配線の引き方で何とでも成ります。
コイツの配線引き回し方法は、交換時にアップします。





拍手[4回]


昨夜も練習です。
最近、フジゲンに取り付けたセイモアダンカンの音が気に入って、フジゲンでの練習が多い。
で、チョイと音が詰まる。

ひょっとして・・・・・・・。

ピックアップのマグネットの強さで、弦の振動が押さえられてしまうんですね。
ハムバッカーのピックアップの高さを下げます。

ウン、音の伸びが良く成ってそれは其れで良かったんだけど、元々自己主張の弱いハムバッカー(標準装備品です)。
益々主張が無い。
確かに音量はリアのシングルよりも大きいけれど、音色が・・・・・・・。

僕の場合、アンプが一切自己主張しません。まあ其れを狙ったアンプなんですけどね。
ギターの主張を其の侭出すアンプ。

結果、主張の無いギター(ピックアップ)はつまらない。
安もんアンプの時は、ハムバッカーの押し付けがまさが無いので、其れ成りに気に入っていたんですが、アンプが正直に成ったら・・・・・・・。

拙いな、ハムバッカーもダンカンに交換?


只今より、自転車レースのコースサポートへ行って来ます。
選挙は帰ってからですね。

拍手[4回]


新しいアンプの設計に入った。この状態に成ると他の仕事は一切無理(納めた機械の修理だけは別)。
頭の正常回転を妨げたくないのです。

そんな時にメール。
『ピックアップを本日発送いたしました。』

ジャパンストラトのミッドシングルコイル。

ハイ、僕の頭は今度のアンプにフル回転。

アンプが出来上がる迄、ジャパンストラトの改造はストップです(涙)。



極普通の故障は最優先で受け付けますが、ユーザーのとんでもない行動(意識的に壊した)の場合は最後に掛かります。

拍手[3回]


コイルを3往復半巻いたら息が切れた。

小休憩。

弦間からチャイムの音。佐川のおじさん(ヤマトはおにいちゃん、笑)。

荷物をほどくと中身は・・・・・・・。



ギター用のポットです。250kΩ。
シングルコイル用です。
此れをチョイスしたのは、写真でお判りでしょうがシャフトのアース端子が出ているんですね。
アンプの様に金属シャシでしたら要らないですけど、ウッドボディーのギターの場合は、アルミ箔と言う今一信頼度の無い金属で繋がっています。

シッカリとアースを取りたいですよね。

500kΩは商社で在庫切れ。

まあ、ノンビリ行きましょう。


僕のチョイスしたポット。シャフト端にギザギザが有りません。
つまり、ギターに付いていたつまみは使えないんですね。
ストラトのデザイン、気に入っているんだけどなー・・・・。

拍手[4回]


今夜もノンビリと練習です。
段々とギターの経験が増えて来ると(まだまだですよね)、今迄は気付かなかった事に?

今夜はフジゲンテレキャスもどきです。

オリジナル状態では、フロントのハムバッカーにリアのシングルが完全に負けている。
そんな訳で、リアのシングルをセイモアダンカンに交換しました。

オーディオの世界では極常識なエージング(要は馴らしです)。

どうもセイモアダンカンが目覚めたらしい。
良い意味で自己主張を始めた。
リアのシングルの音、固いんだけど(リアだから当たり前)気持ちの良いサウンド。

で、フロントのハムバッカーに切り替えると・・・・・・。

ハーフトーンなら何とか聞ける。
フロント単独にすると完全に物足りない。良い子なんですけどもうチョイ自己主張をして欲しい。
少なくともセイモアダンカンと肩を並べて欲しい。

ハハ、こいつも交換かな・・・・。

で、大逆転(大汗)。
この前、内部配線を換えた時にピックアップの高さ調整をキチットしたかな?
慌てて再調整。
無茶苦茶変わりました。シングルには負けないよ。
ウン、グレード的には合格したんだけど・・・・・(続く)。

拍手[4回]