平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
此処一週間は何かと忙しく仕事の予定も遅れ勝ち。たまには休まないとまた入院だよー(あの看護婦さんに会いたい、汗)。

10日ぶりにフライス盤に掛かれて一安心。
デモね暫らくぶりにフライスを弄ると頭が付いて行かない。くだらん所でエーー?
まあチョイチョイと弄っていると正常な頭に戻る。

要は僕の頭の使い方。範囲が広過ぎる。丸っ切り違う使い方をしてさあ始めるか。って無理ですよね。
会社の様に専門職ならこんな事は無いんですけどね(まあ、それが好きでこんな仕事をしているんですけど)。

そんな時に焦るとくだらんミスをするのでジックリと掛かります。
そんな状態でも予定の仕事を終了。

入浴後のいつもの晩酌(至福のひと時です、こんな時間に電話をするのは野暮ですよ、笑)。

さてレコードタイム。

CDからスタートした。僕の耳、段々と贅沢に成っている。CDプレーヤー内蔵のフラッとアンプ、FETを使っています。つまり半導体・・。
半導体の音って粉っぽいんですよね。要は潤いが無い。
こんな言い方を許されるのかって思いながら、しっぽりと濡れた・・・。
この表現は真空管でないと無理(半導体からこの音を聞いた試しが無い)。
勿論真空管なら出るかと言うと、シッカリとした設計をしないと出ません(当たり前ですよね)。

今の抱えている仕事を考えたら年内は絶対に無理。でも何とかしたいので・・・・。


拍手[5回]


今日も晩酌後(イヤ実はですね、晩酌をリスニングルームで・・・)のレコードタイム。
要は晩酌をしながら音楽が聴きたく成った。
其の位只今の装置が出す音楽は・・・・(笑)。

アナログは楕円針で蘇り、デジタルはトランス出力で絶好調。

で、普通余計な素子を通したら信号の鮮度は落ちる。これって無視出来ない基本理念。
だったら、トランスという余計な素子を通したんだから音の鮮度は落ちる筈。

こう考えたらいたって正常です。トランスを通した方が音は良くなるんだよ。なんて言っている人を信じちゃダメですよ(こう言う方、基本理論を全然知っていません)。

じゃあ、今回トランスを追加したのに音が良く成った(言っている事が矛盾しているじゃん)。

問題はCDプレーヤーとアンプを繋いでいるシールド線。こいつの悪さは半端ではない。
で、このシールド線の悪さを抑える為のトランス挿入なのです。
要は、トランスが入った悪さよりもシールド線の悪さの方が勝っていた。

世の中に音の良いシールド線、なんて売っていますけどそんなのは・・。
悪さを少しでも抑えたシールド線。って売っていれば信用します。

でも、基本構造で悪さを抑えるのって難しい。



僕のプリアンプの位置。
ラック前面よりも可也下がっているのが判りますか?

VRもセレクターも後ろなので使い辛い(まあ直ぐに成れますけど)。
なんでこんな配置にしているかと言ったら接続ケーブルの短縮化。
兎に角シールド線は極力短くしています。理論だけじゃなくて聴感でもハッキリ差が出るのですから仕方が無い。

アームの出力ケーブルの長さ、50~60cm。
CDプレーヤーの出力ケーブルもギリギリの長さ。
ギリギリでも悪さはしていた。

僕のアンプの中は全てシールド線ゼロに出来ました(ヘッドアンプもですから、笑)。
こう成って来ると、機器間の接続ケーブル。
ここにはシールド線を使わないとムリなので、いかに悪さをさせないか・・・。

以前書いた都市伝説。アンプのゲインを稼いでVRは上げない方が音のエネルギーは出る。
この原因はVRの後にシールド線を使っている為と考えています(ここにシールド線を使っていないアンプって有るのかなー?あ、僕のは使っていませんよ)

たかがオーディオ、されどオーディオ。



此処まで読めば気付きましたよね。機器間を繋ぐシールド線、出来るだけ短く使うのが基本。
将来の配置換えを考えて長めの線を使う。
僕に言わせりゃオーディオを止めなさい。
配置を変えたら其の度に最短距離のケーブルを作る。其の位の情熱が無くちゃ。

拍手[6回]


今回のCDプレーヤー改造。
単に出力インピーダンスを下げる為のトランス挿入でした。

思った方向への音質改善だったんだけど、その変わり様は予想以上。
早速同じ改造を依頼して来たお馴染さんも驚いた様子。

でもね、まだまだネタはタップリ有るのです。
序でに此処も弄っちゃえ。って思ったんですけど却下。

要は、外置きフラットアンプを作ってしまうと其の改造は無駄に成る。
時間がタップリ有るのならば遊んでも良いんだけど、そうも行かないし・・・・。

で、あの程度の改造で此処まで来ちゃうと欲が出るのは極普通の感覚。
外置きアナログ部。凄い事に成りそう。





今の計画ですと片ch2本のECC82を使う予定。
予算が十分有る方にはECC99仕様も(笑)。
でも電源容量が倍必要です(僕は此方で作ろうかなー、汗)。
トランス代だけでも結構な金額に成りそう。
段間にもトランスを入れたりして・・・・・・・・。

拍手[4回]


チョイ更新が無かったですけど入院はしていません(笑)。
要はアップする様なネタが無かった。
勿論仕事はしてますよ。

で、その中で例のCDプレーヤーへOPTの取り付けが有りました。1日で出来るので気晴らしに丁度良く・・・(汗、長期掛かる仕事って結構ストレスが溜まるのです)。

そんな訳でニコニコと取り付け直ぐに発送。

昨日届き、早速レポートのメールを頂きました。

一言で言うとヤバイそうです。より生に近付き・・・・・。

ええ、そうなんですよ。アナログファンが思っている程CDは悪く有りません(僕も考え違いをしていました)。悪いのは一般市販のCDプレーヤー。デジタル部ばかり弄り回しアナログ部は本当にお粗末。
僕の弄っているCDプレーヤー。デジタル部は一切手をつけていません。アナログ部だけのチューンです。
その結果は・・・・・・・・。

で、気が付いた(本当にオッチョコチョイ)。今回のOPT。
KIT販売予定のアナログ部を使用しても、無駄には成らないって。
ハハ、あそこに使えるじゃない。

トランスって本当に面白いです。使い道は色々。
使い方を理解しないと寝ぼけた音に成っちゃいますけどね。






拍手[2回]


今夜もレコードタイム。
ここ2~3日チョイ疲れていたんで聞いていない。

さてレコードで始めるか、CDでスタートか(贅沢な悩み)。
目に付いたのが例の宏美ちゃんのアルバム(本当にお気に入りなんです)。

レコードなら、針を下ろすと言うなんとも情緒のある言葉なんだけど、単にボタンをポチ。

でもそんな僕の気持ちを裏切って出て来た宏美ちゃんの歌声。
此処数日の間に其れ成りに馴染んだみたい。

以前では聞けなかった宏美ちゃんの声。

アナログ専門の看板、降ろす様かなー・・・。


あ、大丈夫ですよ。アナログをCDが凌いだ。とは全然思っていません。此処までデジタルがついて来たか。と言うのが本音です。
基本、音楽信号はアナログです。余計な事はしない。
そんな基本の事に気付かずレコードを止めてデジタルに走った人は・・・・。

拍手[3回]


長距離大物納品も無事に終了。
プリアンプの改造も着々と進んでいます。

そんな中・・・・・。



頼んだCDが到着。
写真で判りますよね。音楽CDではなくてテストCD。

CDプレーヤーの中にトランスを仕込みましたので必需品です。
このテストをしないと負荷抵抗の最適値が判りません。

今の仕事が終わったらテストをして見ます。

聴感では良い感じなんですけど・・・・。



拍手[3回]


只今の時間(10:00)睡眠不足でボヤーー・・・。
昨夜は暫くぶりに日付が変わっても聞いていた。

ドンドン音が変わって来るのが判るんです。勿論良い方向へ・。

音楽のバランスが丸ッ切り変わりました。スピーカーからの音離れが良くスピーカーを意識させない。
従来は聞こえなかった音が聞こえてくる。オイオイこんな演奏をしていたのかと・・・。
拙いですよね。こう成ると聞きたいアルバムが次々と出て来る。

オーディオをしていて一番楽しい時間と思います。
十分判っていたと思っていたアルバムから、もう一味二味違った演奏が聞こえて来るのですから。

さあこう成ると以前にアップしましたCDプレーヤーアナログ部のキット販売。
やらなきゃダメですね(オイオイ、もう注文が来ちゃっているよ)。

今回のOPT取り付け。時間は頂くかも知れませんが受け付けます。価格はトランス、取り付け料込みで¥60000(税別)。勿論新品のトランスを取り付けます(笑)。

ご希望の方はご連絡下さい。

なお、アナログアンプキットを使いますと今回のトランスは無駄に成りますので、そちらをお考えの方にはお勧めしません。





完成から略20時間後のレポート。
実は昨夜は岩崎宏美ちゃんのアルバムは聞かなかったんです。本調子に成ってから聴きたい。

で、今聴いています。前言撤回。ピアノ、肩に力が入っていません。勿論宏美ちゃんも。
ピアノが凄く静かに成りました。宏美ちゃんの歌声もノビノビと・・・・・。

CDも此処まで行くんだなー・・って(ディスクには入っていた、出せないプレーヤーの責任)。
勿論此れで完成では無いのです。アナログ部は純正のFETの侭。此処を真空管に・・・・・。

CDアルバム、増えそう。

拍手[5回]


改造が終わって6時間。

イヤー、可也変わりましたよ。勿論良い方向へ・・。
改造後の最初の音出し。ハッキリ言えば失敗の音。トランスを入れる前の方が良かった。
音質はガサガサしているし情報量も少なく成った。

此処で元に戻しちゃダメなんです。じっと我慢・・・・。

今夜は自治会での集まりが有り(僕も役員に成っているので・・汗)3時間ほど留守に。
でも其の間も機器の電源は落としていなかった。

帰って直ぐにCDをON。其の瞬間変わったぞ。

今、遅い晩酌も終わりユックリとレコード(オットCDか)タイム。
まあ数時間で良くも此処迄・・・。

で、トランスのエージング。
実は僕の使っているトランス。新品からでしたら殆どエージングは必要有りません。最初から狙ったサウンドを展開。

で、此処からが面白い。
ある状況で使ったトランス。
結線を変えて違う状況での使い方への変更。もうイヤに成っちゃう位言う事を聞かない。前の使い方を覚えてしまったかの様に。

この辺って、スピーカーユニットにも通じます。前のオーナーの鳴らし方を覚えてしまって新品よりも馴染みに時間が掛かる。
(女性も・・・・オット書き過ぎ、汗)

ジックリ行きましょう。少なくとも今の時間で従来よりも可能性の有る鳴り方を始めました。それだけで十分。この後は其の可能性を僕が引き出してやるだけで良いのですから。

拍手[2回]