平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
此の時間(日付の変わるまで)CDを聞いていました。
一ヵ月半程度聞いていなかったので、聞きたいディスクが沢山・・。

まあ2~3枚しか聞けませんでしたけど、其れ成りの結果は・・。

正直、此処の所レコードの調子が非常に良いのです。
それと比べると・・・。

散々弄って来ましたが、CDがレコードを凌駕した事は一度も有りません。
これからも無理と考えています。

じゃあ、なんで頑張っているのかって?

簡単ですよ、まだCDに入っている音楽を出し切っていない。
出し切るまで・・・・・・。


拍手[3回]


充電式乾電池で動かそうと考え出したDAコンバーター。
実は単三型を12本持っています。
カメラ用がメイン。

でもそのカメラ、最近は出番がゼロ(笑)

で、電池を取り出して規格(出せる電流)のチェック。



エーーー(笑うしかない)、1900mAh。つまり1,9Aを1時間出せる。
DAC素子の電流は5mA程度。単純計算で380時間持つ。

僕のDAコンバーターは色々な表示が有るので、其方は喰うかも知れないけど、其方の電源はAC100Vからでも音質には影響ないし。

微弱電流動作の半導体素子は、電流を流した侭の方が動作が安定する(昔、アメリカ製の高額アンプにこんなのが有りましたよね)。

電源SWはやめちゃおうかなー・・。


拍手[4回]


色々と仕事が入り中断しているDACの改造。
改造と言っても電源部だけなんですけどね。

まあ、色々なアイディアが浮かんでは消え、完全に満足と言うのが出ない。

で、数日前・・・・・・。

あるお客様の所へ訪問。もう古いお付き合いですので色々と雑談。
その中にCDの話題も出たのです。

人と話をすると、頭の中の整理には非常に良い。
話の中でピコン。

DACの電源電圧は5V。消費電流は極微量。

なんで気付かなかったんだろう?
AC100Vから良質な5Vを作るのは大変だけど、乾電池なら・・・・・・。
普通の乾電池は1,5Vなので、5Vは作り辛いが(ハイ、三端子レギュレーターを使えば簡単に作れるって知ってますけど、こいつを排除するのが目的なんですので)充電式電池は1,2V。4本直列でOK。

へへ、なんでこんな事に気付かなかったんだろう。

拍手[3回]


デジタルに対してはずぶの素人がCDプレーヤーを弄っています。

市販品に納得出来る(音質について)物が有ったら、買った方が絶対に安い。
試作に掛ける時間を、時間工賃で考えたら本当にバカらしい事なんです。

態々取り寄せる部品も有りますし、今回のバッファアンプの材料代と言ったら・・・・(大汗)。

でも、好きな音楽の入っているディスクが沢山有る。それを良い状態で楽しみたい。
そんな訳で・・・・・。

で、タイトルです(前振りが長い)。

今回のDAコンバーター。裏に書いて有る消費電力は12W。
アナログ回路が真空管ですから、此処の消費が殆ど。
其処を外しちゃったのですから、消費電力はガクンと落ちます。

悪戯で買った消費電力計。
早速使ってみました。

出た答えがタイトルです。
ハイ、たった2,4W。

このDAコンバーター。測定機能が豊富なので、其処の消費電力は半分以上有る筈。
確かにDACチップの大きさを見たら、こいつは電機を喰わないな。と言う大きさです。

今回の改造はいたって簡単。電源のケミコンを良質な物に交換しただけです(容量を少なくするのも同時に)。
あ、それと此れは要らないなと思ったパーツの取り外し。

音質は勿論良く成りましたし、ノイズの増加も有りません。

さあ、次はDACチップに流れている電流を測定して三端子レギュレーターの取り外しです。



消費電力が2,4Wではインバーターのファンは回らないと思います(インバーターの容量は250W、笑)。
此の侭で行けますね。

あ、新しいインバーター。無駄には成りません。
新しいプリとパワーが出来たら、此れでも足りないのですから。
本当に真剣にバッテリーの置く所を考える様です。

此処迄買いてからふと気が付いた。充電器の動作は・・?
愛用の充電器。バッテリーがフル充電に成ると自動的にフロート充電(自己放電を補充する程度の微弱電流充電)に変わります。

その動作はLEDで表示され、赤なら通常充電、緑ならフロート充電です。

で、今見て来ました。



24V仕様ですから、充電器は2台使います。
1台の出力は60Wも有って・・・・・(大笑)。

拍手[2回]


エーーーーー(笑)。



またもや分解されたDAコンバーター。

音が出るのは確認したけど、もっと良く成る。

先の組み立ては、音が出るかの確認だったのです。

本当の調整はこれから。音が出てからどうツメルかが勝負なんです。

此の世界に足を踏み入れた中学時代。
音が出ただけで喜んでいました。

あの頃が懐かしい・・・・・・。


でも、ソフトンのDAコンバーター。良く出来ています。
コストパフォーマンスは最高じゃないかな。
だから弄りたくなるんですけど・・・。

基板を壊す恐れが大なので、もう一台買おうか悩んでいます(単に資金繰りの問題だけで・・汗)。

老婆心ながら・・。
このDACは両面基板を使っていますので、部品を外すのはかなりのスキルが無いと難しいです。
弄るのは自由ですが完全に自己責任で・・。

拍手[4回]


本日2度目のアップ。

エーーーー・・・。



ナントモの姿ですが、取りあえず音出し成功です。

音楽を初めて通すアンプですので、まだ音楽を理解していません。

でも、可能性はプンプン。

アンプ側は弄らないで良いな。

更にDACを詰めないと。

勿論電源を中心としたチューニングです。



拍手[4回]


昨夜は昼間の頑張りもあって、21:00にはバタンキュー。
人様の機械を弄るのは疲れるのです。

ところが・・・・・・・。
23:00に目が醒めた。その侭寝付かれない・・・・。
頭が冴え渡って来てムズムズムズ。

部屋の電気を点けて、半田槽と半田鏝の電源を入れる。
脳みそにはアルコールが残っているので、熱いコーヒーを落とす。
コーヒーをノンビリと飲むと、半田槽も良い温度に上がって・・・・・。

日付の変わる直前からDACの改造続きを始めた。
昼間は気付かなかった部品の配置(此れだから休息は大事)。

順調に作業は続き1時間少々で完成。



此処で作業は終了。ベットへ・・・・・。

さて、今日の午前中です。
バッファアンプの配線も完了している。

音出しかな?

で・・・・・・・・・。



シャシの側板2枚。彫刻が上がっていない・・・(涙)。


でもね、重量級のアンプなのにシャシ側板が2枚も無くても平気って・・・・(笑)。

拍手[6回]


昨日はDACの基板改造で時間切れ(要は脳が疲れた、無理してやるとミス連発)。

と言いながら、晩酌中も次の改造の手順を考えている(まあ、好きなんです。笑)。
出力端子を如何しよう?

バッファアンプの受けはレモ。
コイツの出力はピン。
アース端子を取り付けて別アース線を引けば、無理にレモにしなくても大丈夫。
で、ピン端子のストックを見ると・・・・(少ない)。
此の端子、付き合っている商社が扱いを止めたので、大事に使いたい(要は自分用には使いたくない)。

エーーイ、レモに改造じゃ。

で、ピン端子の穴径は9,5mm。
レモは12mm。

穴を広げなくちゃ・・・。

僕の作るシャシなら、必要な部分だけを外してフライス加工。
コイツはそうは行かない。油圧シャシパンチも考えたんだけど、鉄板だよねー。

そんな訳で・・・・・・・・。


ハイ、リーマ加工です。板金の手加工なんて何年ぶりだろう?
此の写真のリーマ。買ったのは高校生時代だったりして・・(大笑)。

本当に暫くぶりにリーマを取り出し(仕舞っていた場所をよくも忘れなかったかと・・)、手でグリグリ。
写真のリーマでは欲しい穴径が無理なので、続いて太いリーマでグリグリ。



元の穴径との違いです。



仮取りつけ。ウンこんなモノかな。

続いてもう一個の穴に掛かる。2個目は慣れて来たので早い。

リーマで開けただけの穴。


先にあけた穴との違い、判りますか?
穴の周りにバリがいっぱい。勿論裏側にも。

此のバリを取らないで部品をつけちゃうと、長い時間でバリがつぶれ、取り付けが緩みます。
鑢で丁寧に処理。肉眼よりも指先確認の方が確実。指に僅かでも引っ掛かりを感じたら再び鑢でゴリゴリ。
一切手に感じなくなったらレモの取り付けです。



上手くついたけどカメラがぶれているのは・・・・・・・・・。


でも、DACの改造。なめていました。
チョイチョイで終わるって・・・・・・。

自分の作った物なら直ぐに判りますけど、人様の作った物はジックリと考えないと、つまらない間違いを起こします。
焦らずジックリジックリ・・。

拍手[4回]