平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本職は早朝から頑張り、残りの時間はギターの改造です(暑くなってからのプレハブ内は地獄)。

今回はピックガード交換の序に、セレクターを3ポジションへ交換。
音質調整VRの下駄履き抵抗値の変更。

この3箇所です。

で、ストラトのピックガード。取り付け穴位置が結構危ないので確認です。


2箇所、微妙にずれているけど誤差範囲(良かった)。
内部は導電塗料が塗られています。


エリートシンラインも塗ってくれていれば・・・・。
序なので、ピックアップの出力ケーブルも交換。


奥のが交換済み。手前がノーマル状態。
で、マグネットのアースを取る為に、導電接着剤の銅箔テープを貼ってます(此れは以前の改造)。確かに効きました。

何度もやっている作業ですので、今日は速かった(笑)。
6時間ほどで作業完了。

ヤハリ思った通り、この色が写真では出ません。
まあ、一応・・・。





深いブルーです。

で、一番の興味は音がどうなった・・・・。

金属だからこうなるかな?と思った方向ですけど、変わった量が予想をはるかに超えて、行き過ぎたかなー・・・・・・・。

暫く様子見です。


ポットの穴も、同じ色に着色したアルミの栓で塞ぎました(笑)。


2~3時間後の追記です。
生音が丸ッ切り変わりました。想定を超えた変わり方なんで・・・・。
焦っちゃダメですね・・。

拍手[1回]


今日の午後3時。電話・・・・・。
思った通り、掛けて来たのはアルマイト屋さん。
『お受けしているアルマイトが出来上がりました。』

僕は車で即直行(片道略1時間)。
今回頼んだのは、ピックガードとVR延長シャフト。

納品書を見て大笑。
ピックガードの値段が3倍に成った(ピックガードの価格の2倍のアルマイト価格)。

まあそんなものですよ。趣味の世界と仕事の世界には可也頑張れます(仕事の方が更に頑張れる)。
普段の出費(日常の雑貨)には¥100も考える。

男って馬鹿ですよねー・・・。


此の感覚が理解出来ない男は・・・・・・。

で、出来上がったピックガードの色。
光の当て方で全然違って見えるので、此処へのアップはチョオイ苦労をしそうです。
クリアー塗装のアメプロがチョイお洒落に・・・・・。
無茶苦茶楽しみ。

あ、更に・・・・。
昨夜は、暫くぶりにアメプロストラトだけで楽しみました。
良い音なんですよ。
で、其れよりも良い音のギターが3本来てしまったので・・・・・(非常に贅沢な悩みです)。

つまりですねー。アメプロだけで遊んでいると不満は無い。でも後から来た3本と遊んじゃうと・・・・・。

でも昨夜での範囲での結論。
アメプロは今の路線を走らせよう。
気まぐれな僕の事だから、アメプロ最高。なんていつ言うか判らないので・・。











可也間を開けた追記。
今のアメプロの音。高級住宅街のお嬢さん。
チョイ気弱だけれども、品の良さは天下一品。
この品に関しては7本中一番。
押し出しは丸ッ切り有りません。
こんな1本が有っても良いかなー・・・。

拍手[2回]


今回のギター騒動。
きっかけは1年半前に買ったアメプロストラト。
コイツを気に入らなかったら、ここ迄は・・・・・・。

最初に買ったギター(アメプロストラト)をメチャ気に入った。で、初心者のピンキー君は、だったらあれはどうなの?
ギター全てに興味津々。

なにしろ最初は、販売店のHPに載っている情報も理解不能。
使ってみなきゃ判らないよね・・・・・。

まあ、そんな訳でそんな訳で・・・・。

色々と手元に置くと、色々と判ってくる。
その集大成がジャパンテレキャス(?)。
自分でも自慢なんだけど、高額なギターに走らなかった。
こういう作りなら、こんな音に成り易い。って結構勉強しました(勿論実践で)。

そんな訳で、後から買う方が、自分好みに成って来る。
最後のテレキャスが良い見本(安いのに絶対の好み)。

そう成ると、何も判らない状態で買ったアメプロストラト。
最近引っ張り出す回数もメチャ減って・・・・。

嫌いに成った訳じゃないんですが、最近来たギターに遅れを取っている。
そんじゃ確認。

暫くぶりにアメプロストラトと遊びます。
ヘヘ、今迄なら気付かなかった調整不良に気付く。
弦高調整です。キッチリと調整。
成る程ね。良い音なんだけど良い意味でのヤンチャが無い。
要は、几帳面で面白さに書ける(あ、この方向へ振ったのは僕の責任です)。
綺麗な音、って言ったら手持ちのギターの中では一番かも・・・。
で、この音を良い意味で進めたい(もうチョイ、人間味のある音に)。

其処で思い付きました。アルミ板のピックガードを持っているよね。


永年こんな仕事をしていますと、材質の音の変化って結構判ります。
こいつにすると、一本筋の通った音に・・・。

でね、この色は無いよね。
ジックリと考えました。あのアルマイト屋さんなら、違う色への着色が出来る筈。
勿論、新しい色も思い付きました。
明日、アルマイト屋さんへ一直線かなー・・・・・・。

拍手[2回]


先のブログに追加で書こうとも思ったんですが・・・・・。

イエね、あまりにもアメプロストラトがだらしない。新参のテレキャスにこうも簡単に負けるとは・・・・・・。
で、ハッ・・・。

アメプロの弦交換は何時したっけ・・。
この辺はシッカリと記録をしています。

2ヶ月前。もうダメだよね。
ゴメンね、とアメプロに謝りながら弦を交換。
勿論同じ銘柄で同じゲージ(弦の太さ)。

ハハ、弦が伸び切っていたのね。
あの、つまらない音。

蘇りましたよ(僕が悪い)。

勿論、テレキャスとは違う音です。
テレキャスは乗りの良いヤンチャ小僧。
ストラトはチョイ大人。

こう成ると、どちらが良い。と言う話ではなく、どっちも欲しい。
そのどちらも手元に有る。
最高の幸せ。


弦交換を、錆びたら。ナンテ人が多く、錆びない様にコーティングした弦も売っています。
僕に言わせりゃ、錆びるまで使うなんて考えられない。
勿論、今回も錆なんて全然無い状態。
弦って、引っ張られているので段々と硬化します。
この硬化、結構短い時間で起きるんですね。
硬化した弦は、音が詰まります。

厳しく言ったら、弦の寿命は1週間。
って、煩さ過ぎますかね・・。

拍手[1回]


アンプの最終チェックをしたいんですけど、ヘッドホンが来ない(汗)。
今朝のメールで、発送は今日みたい・・・・・・。

在庫有りだったので、普通は注文翌日に到着。
コロナの影響で、作業人員が減ってるのかなー・・・・。

次にしたい作業は有るのだけれど、今のアンプが作業台に乗っている。
しゃーない、今日はギター三昧かな?

で、アメプロストラトと遊び始めた。
実は有料サイトへ入会して(月額¥490)、色々と学んでいるのだけれど、僕の力では未だ難しい。先生は超有名人で、先生のギターの音が好き。と言う事で入会しました。
最初の教えはアルペジオ。
実は最近、自己流で始めていたのでグットタイミング。

で・・・・・・・・・。
アメプロの音が数日前とぜんぜん違う。綺麗でサラッとしていた音色が、色気タップリに・・・・・。
今度買ったピックアップの音に似て来た(正しくは預かっているギターに似て来た)。
勿論違う音なんだけど・・・・。

楽器は生き物。って昔から思ってはいたんだけど、こうも数日で変わられると・・・・・。
勿論、嫌いな音では有りません。

要は、改造の面白さと難しさを確認。
落ち着くまで、当分の間、アメプロは弄りません。



アメプロは3月始めにトランス交換。
3月末にトラスロッド調整。
それ以来、一切弄っていないのに・・・・・・。

拍手[2回]


晩酌も終わり、遊びタイム。
なんとなくアメプロストラトを引っ張り出した(引っ張り出すは大袈裟で、ギタースタンドから下ろすだけ)。


アンプの電源ON。真空管の暖まる時間を待つ(真空管の好きな人間には此の時間がタマラナイ)。
何時ものコードを弾く。

良い音だよねー。惚れ惚れする。
今は珍しいアッシュボディ。

今回預かったギターもアッシュ。

重いんだけど、アッシュの響きが僕には合う。
アルダーは、僕には抜けが今一。

1年間。5本(1本は預かり物)の音を聞いて来た。
僕の好みはアッシュ。

理由は書けません(言えません)。僕にピッタリ合う。此れだけなんですね。

じゃあ、アルダーボディのギターはどうするの?
アルダーを僕好みの音にチューンします(笑)。

出来るかどうかは判りません。でもこんなチャレンジが大好きです。

で、写真にいつも写っているシールド。
市販品にはまず見られないレッド。

音楽ってお洒落と思っています。ですからシールドもお洒落に・。

エレキギターですので、こんな遊びを許してくれますけど、アコギでは略不可能。
エレキが好きで良かったなー・・・・・。

あ、最近出演の無いジャガー。
ブリッジ(サドルも)に欠点を感じています。
この辺は工作機械を弄くれるピンキー君にとっては、最高の遊びの世界。
ストラトを落ち着かせたら、ジャガーの大改造に掛かります。

ブリッジに致命的な欠点を抱えていると思っていますので・・。

拍手[1回]


最近は、ギターのネックの反りを気にしています。
微妙な反りでも修正すると、音も勿論弾き易さも良く成るんですね。

其処が判っちゃうと・・・・・・・(笑)。

一番のお気に入りのアメプロストラト。
念の為にネックの反りをチェック。
僅かの順反り。

弦のゲージ(太さ)を標準よりも上げているので、その所為かな?
とりあえず、標準ゲージに戻します。
変化は殆ど無し。

じゃあ、調整。

序でに此れもやるか・・。

ペグの高さ変更です。


ロックペグに交換しては有りますが、高さは標準です。
写真右端が6番弦。

純正でも4,5,6は高めで、1,2,3は低いペグが付いています。
で、ジャガーを思い出した。
ジャガーは1,2,3,4弦が低いポストを取り付けているんですね。

写真では判り辛いかも知れませんが、4番弦のナットへの角度が浅いのです。
此の角度が直線に近く成ると、ナットへの接触圧が下がります。

結果音の詰まりとビビリ易く・・・・・。
ストリングガイドは4番に使いたくない。
ナットへの接触圧を稼ぐには低いペグ。

と言う事で、昨日注文したのです。

アンプの測定で疲れた頭にコーヒータイム。
玄関からチャイムの音。

へへ、来たな。

そんな訳でペグの交換です。


此れだけ高さが違うのです。
4番弦のペグを外し、背の低い物に交換。

ヤハリ・・・・・。
4番弦のサスティーンが伸びました。
今迄のナットへの圧力では足りなかった様です。

そう成ると、益々3番弦の詰まりが・・・・・・。
ストリングガイドを付けるようですね。

アメプロへのドリル攻撃はしなくなかったのになー・・・・・・。


エ~~~~(ポリポリ、汗)。
念の為に、アメプロストラトから外した純正ペグを確認しました。
基本的にジャガーと同じ物です。
で、ジャガーの交換の時には、ペグの高さに違いが有ると言う知識が有りました。
ストラトの時は、生まれて初めてのペグ交換。
高さに差が有る。なんて気付かずに外しちゃったんですね。

取り付け様としたロックペグ。高さが2種類有るのに気付いた。
短いのが3本に長いのが3本。
短い方が細い弦だな。と言う程度は理解して取り付けたんですね。

で、本日外した純正ペグ(ジャガーとごちゃ混ぜに成っている)を確認したら、長いのが4本、短いのが8本・・・・・・。

ハイ、ストラト純正も4番弦は短い方を使っていたんですね(大恥)。
まあ、今日の作業で本来の姿に戻ったと言う事で・・・・・・・・。

序でですが、純正ペグはシャフトとボディの間に結構なガタを感じます。ロックペグ(エリート純正)にはガタを感じません。
この辺もチューニングの落ち着きに一役かっているのかも・・。

拍手[1回]


小型の方のトランス(LL1587)を組み込んだアメプロストラト(ジャガーも同じ)。

トランスのチョイスを間違えたかな?
フジゲンに組み込んだLL1550の方が良い感じなんですね。

トランスのメーカーはルンダール。もう10数年付き合っていて、非常に信頼しているメーカーです。
で、此処のトランス。殆どエージングの必要が有りません。
まあ、変わりますけど、最初は聞けないと言う事が無いんですね。
最初からバランスの取れた音を出してくれます。

此れに馴れちゃっているピンキー君。
1587も同じに判断していた。

で、昨夜のアメプロストラト・・・・・。
オイ、組んだ時と全然違うじゃないか。
1550とは違う鳴り方(ルンダールのトランスは音の傾向が皆同じで、安心して使っていたのです)だけど、此れも悪くない(違う音がするので鬼っ子ですかね、笑)。

こんなにエージングで変わるのは、ルンダールでは初めて。
音の傾向ですか?
1550がサーの音で、1589がセイモアダンカン。って言えば判りますかね(ワカンネーヨ)。

確かにこんな違いを感じます。

そう成ると、ジャパンストラトに1587を入れたら面白そう。

アメプロ2台から1587を取り外し、1550へ交換する(只今2個注文中)。
外した1587は1個余っているので丁度3個。

ジャパンストラトはハムとシングルなので3個トランスが必要。

ウン、無駄なくトランスを使えるぞ。




で、昨夜。ベットの上で弾きたいのでシールドを外します(早く長いシールドを作れよ)。
なんとなく生音でポロンポロン・・・・。

その内に爆睡。どうも1時間以上眠ったみたい。
ストラトは、僕のお腹の上にいました(汗)。

拍手[3回]