平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
エーーー。昨日アップしました刻印。
9が無い。って思っていたら一晩で9が現れ6が消えた。



ハハ・・・・・・・(汗)。



拍手[1回]


重量級プレーヤーの納品も無事に終わり、本日暫くぶりの休養日。週に1日取れないのが現状。
週休2日なんて夢のまた夢。自営業の現状なんてこんなもんです(まあ好きでやっているんですけどね、笑)。

で、此処最近、買い置き金属の量と種類が増えて来た。
アルミでも数種類。鉄も同じく。

問題は見分けが出来るか?

間違えたらアウト。見た目は同じでも使えない部品を作ってしまう。

そんな訳で・・・・・・・。



刻印を買いました。此れを打ち込んでおけば間違える心配なし。
今回のターンテーブルの様に、熱処理した物としてない物の見分けにも使えるし・・。

で、オッチョコチョイのピンキー君。
数字の刻印を見て、目が点。
9の文字が無い。もう少しで購入した所へクレームの電話を掛ける所。

で、皆さんなら気付きましたよね。此の組み合わせでOKって。
ナンデでしょう?


拍手[5回]


今朝から一日半田付け。
と思っていたんだけど、間違い易いのに気がついて・・・・・・・。

僕の書いた実体図。
シャシ図面の上に書いたのですね。

シャシ図面は上から見た図面です。
実体図は中から・・・・・・。

そうなんですね。上下(左右でも良い)が逆になります。
図面を見て頭の中で反転すれば良いのだけれど、今回はパーツ間が狭い。
ラグ端子間も狭い。

間違え易い・・・・・・(汗)。

図面はPDFでパソコンに取り入れています。
で、PDFを反転する方法をネットで色々調べたけど見つからない。

こんな時の頼みの綱はY氏。

仕事中のお邪魔電話を・・・・・・。

で、彼のアドバイスを聞きながらパソコン操作。

エーーーーーー(ポリポリ)。僕のプリンターは反転印刷が出来る事が判って・・・・・(汗、汗、汗)。

反転印刷をしてもう一度良く見ると、配線の引き回しに更に良い方法が見つかったりして・・。

そんな訳で、実体図をもう一度書きました(疲れた)。
でも見辛い図面で間違えるより、図面の書き直しの方が結局は近道と頑張りました。

そんな訳で、配線に掛かったのは13:00ごろ。一部のアースラインは引き直し。

その後の仕事は順調。図面が見易いので気分がいい。

で、途中で何度も半田ごての電源を切ります。

なぜかと言うと・・・・・・・。



写真で判りますよね。コテ先の交換。

立てラグのごつい金属部分には、左のコテ先じゃないと熱が伝わりません。
右のコテ先では半田が思う様に溶けないんですね。
勿論金属部分への流れも不十分。
接触面積が勝負なんです。

と言って、MT管のソケットへの半田付けを左のコテ先でやると、隣同士もくっつけちゃう。
こんな時には右のコテ先です。

材料も工具も適材適所です。



拍手[1回]


昨日掛かったアンプの改造(修理もしてしまったんですが)は今日の午前中で終了。

さて次の仕事です。

SMEの内部配線交換。

散々やってきましたが、結構梃子摺る仕事です。

で・・・・・・・。




写真の六角レンチ。探しましたよ。引っ越してから使った事が無い。
入れて置いた筈の所に無い。拙いなー・・・。
あいつが無いとSMEを外せない。

見つからないので、工具屋さんまでバイクで行こうと思った瞬間見つかった(ホッ)。

エーーー。SMEはイギリス製。イギリスでは今でもインチネジを使っているんですね(ホント頑固なんだから)。

ですから、SMEを買うと付いてくる何種類かの工具(其の中にこのレンチも)、絶対に失くさないで下さい。
僕のレンチはなくしてしまったお客さんに・・・・・・(涙)。

昔はホームセンターでもこのサイズが手に入りました。
最近は見かけないんですね。

と言う事は品揃えの良い工具屋さんでないと入手が難しいんです。

僕の所からその様な店に行くには・・・・・。

此れが無いと、アームの高さ調整も出来ません。
無理して1,5mmのレンチで回すとアーム側を痛めて更に泥沼に・・。

失くさないで下さいね。



拍手[0回]




只今鋭意製作中のアンプ。話題のプリメインではないですよ(笑)。

散々作ったプリアンプです。28年間基本回路が変わらない、僕の自信作。

で、リアパネルの彫刻が出来上がって来たので、ピン端子の取り付けを始めたんですね。

最初は極普通の工具で(と言ってもラジペンなんか使いませんよ、笑)・・。

ボックスとメガネの組み合わせです。表に見える六角部分の向きもきちんと揃えないとみっともない。

で、この類のパーツ。六角部分が弱い上に薄いんですね。まあ確かに高トルクで締める部品ではないので、此れでも十分なんですが・・・。

裏側のナットをメガネで締めるんですが、此れが外れる。ナットが薄いのでチョットでも斜めに成るとポロッ。

チョイいらいらしたんです。

待てよ?めがねがダメなんじゃない?

ホームセンターで普通に売っていたメガネレンチ。

でですね。僕の遊びのバイク弄り。この辺は工具をキッチリ揃えないと痛い目に遭います。その為の工具が揃ってます。

で、引っ張り出したんですね。スナップオンのメガネレンチ。
表もスナップオンのボックスで押さえていますので、裏表共にスナップオン。

此れが外れない。ナットとのガタが少ないんです。
今まで、なんで苦労をしていたの?

クッと締まって、表の六角の向きもバッチリ。

まあ、遊びにスナップオンを使って本職につるしの工具ではいけませんよね。

このメガネ、実はほんの最近入手した物です。
高かったけど買って良かった。

作業がスムーズだと気分もよく、結果的に良いアンプが出来ます。

間違っても、この辺をラジペンやプライヤーで締めていませんよね。
アンプ作りをなめていますよ。

拍手[0回]


朝から、アンプ配線作業。パワー管の変更だけですので、難しい作業では有りません。

夢中になって作業をしていると・・・・・・・。

ドアを開けて入って来たのは、馴染みの工具屋さん。

『遅く成りましたー。ねじ切りバイト持って来ましたー。』

今迄、滅多に使わないので買うのは躊躇していた雌ネジ切りバイト

買っちゃった

勿論チップ式ですから、刃先の状態を維持するのはいたって簡単です。

買っちゃった

ホーンの材料も手に入りました。

今のアンプが出来上がったら、僕のホーンに掛かります。
無茶楽しみ・・・・。

拍手[0回]


チャック

今日は旋盤仕事。
前回削った物は、径の大きな物。今回は小口径。
この様な時は、チャックの爪の向きを変えます。
赤丸の爪が今までの向き。
緑丸が今回の取り付け。
爪の向きを変えるには、二本の8mmキャップスクリューを取り外します。


チャック

外したスクリューとその工具のコマ。
たった二本ですから、勿論高トルクに耐えるネジを使っています。


チャック

爪を外すとこの通り。凹凸で支え、外れ防止にネジを使う構造です。
すごい力が爪には掛かりますから、当たり前の構造です。

で、最初旋盤を購入したては、六角レンチを差し込んでハンマーで叩くと言う野蛮な方法で付け替えていました。
最初から付いていたチャックの精度が今一だったのでマアイイヤ・・。

チャックを新しくして、流石にそうも行かず、使える工具を購入。
先のコマは、高トルクに耐える様にスナップオンを選んだんだけど、ハンドル迄は手が回らなかった(数年前の出来事)。

で、前回の爪の取り外し。高トルクでハンドルに力を加えるとグニャッ。
今一力が掛からない。
以前からだったとは思うのだけど、最近工具に煩くなって来ている。
ハハーーーン、ハンドルの先端が開いているな。
気付いてしまうと我慢が出来ない。
スナップオンへ電話。


チャック

ニコニコしながらスナップオンのセールス登場。
理由を言うと『まあ、しょうがないですね。』

数週間前に買ったハンドル。
今日始めての使用。

スクリューに工具の先端を差込グイッ。
アララ・・・。簡単に緩んでしまう。
以前のハンドルでは其れなりに高トルクで締めたつもりなのに・・・。

取り付けで締め付ける。ハンドルが長いのにグニャ感がはるかに少ない。
伊達に高額は取っていないのを実感。

こんなのを経験しちゃうから、段々スナップオンが増えてきて財布の中身が減ってくる・・・・・・・。

拍手[0回]