平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
遂に装置全体がバッテリー電源に成りました。勿論CDプレーヤーも・・。
ここ数日レコードだけを聴いていて、今日暫らくぶりにCDの電源が入った。
オールバッテリーに成ってからCDを聞くのは初めてかも・・・・。
馴染みのCDを何枚か聞く。
ハハ、やはりボロが出たよね。今のCDプレーヤーのアナログ部の弱点。
半導体アンプで此処迄出せるのだから凄いとは思うのだけれど此処を真空管に換えたら・・・。

ハイ、かなり以前に此処の真空管アンプのキット版を出すと書きました。
出すのは良いのだけれど・・・・・。

実は数ヶ月前に僕のCDプレーヤーのメカ部が故障。
メーカーでの修理で完治しましたが・・・。
此処のメカはフィリップス製。此処がイカレタ場合は僕には修理不能。
そうなんです。僕の作るアナログ部は無茶苦茶丈夫ですし故障した場合も修理は簡単(僕以外の方でも真空管アンプを判っている方なら簡単に修理できます)。
でもCDメカが壊れたら・・・・・・。

そんな訳で此処のアナログ部のキット販売。非常に悩んでいます。CDメカが壊れたら無用の長物に成ってしまう。そんなリスクをユーザーの方に負わせるのは・・。

今日の音で此処を作り直さないといけないとの気持ちは強く成りました。
でも、リスクを背負っての商品を出しても良いのか・・?

チョット考えさせて下さい。此処の改造でCDプレーヤーがムチャ良く成るのは判っている。でも短期間で使えなくなってしまうのは・・。


拍手[3回]


永年アンプを弄っていました。最大の目標はSN比。
簡単に考えないでくださいよ。
一切のNFを使わないで最高のSN比。

ここ数年、僕のアンプを持ち込むと最新アンプが煩い(残留ノイズが多い)。
あのね、NF掛かっているよね?

NFは非常に便利です。少々設計や配線の引き回しを間違えていても、其れ成りのSN比を稼いでしまう。
NFを一切掛けないで(局部NFも)SN比を上げる。
まあ、アンプ作りの一番難しいところなんです。

なんでNFを掛けないのか?
答は簡単。NFを掛けたアンプでは音楽の表現が・・・・・・(判りますよね、笑)。
あ、この違いに気付かない方(聞いても判らない方)はこの先は読まないでね・・・・。

で、プレーヤー。高速回転するモーターの振動は大きい。
簡単な解決策、モーターをゴムでフローティングすればオシマイ。
ハイ、振動は伝わりませんけど正確な回転も伝わらない。

DDモーターはSN比と音楽再現性とをバーターしてしまった良いモデルかと。

僕の場合、音楽の再現性を最優先します(だからQRKを薦めたりして・・)。
でも、心の奥ではもっとSN比を・・・・。

プレーヤーで言うと、SN比を良くしたいのならモーターの振動を伝えないゴムフローティング(世の中の名機、殆ど此れですね)。この方法、音楽の再現性を欲しい方には無理な方式(フローティングの音しか聞いたことの無い方には理解不能の世界)。
音楽の再現性を求めたら全てのパーツをリジットに支える。
この場合、モーターの振動をもろにレコード盤に伝えます。
結果其の振動音がスピーカーから聞こえる。

アンプの時と同じだなー。音楽再生とSN比の挟間。
NFに逃げては駄目。プレーヤーもゴムに逃げては駄目。

そんな事に何十年も苦労しているって判らないですよねー・・・(笑)。


拍手[6回]


今夜は二晩ぶりのレコードタイム。
昨夜は・・・・?

確定申告の計算でそれどころじゃなかった。
ハイ、サラリーマンが羨ましい期間です。

そう言えば昔、僕の店に来ていたアル方。

『自営業はいいよねー。』
あのね、そう思うんだったらサッサと会社に辞表を出せば済むじゃん。
自営業からサラリーマンになるよりもよほど簡単。

隣の芝生は綺麗に見える。って気持ちは判りますけど世の中なめんなよー(笑)。

まあ、昨夜は日付が変わる時間まで頑張って計算終了。
お蔭で今朝の頭はフラフラ。

でも何とか本職を頑張って今の時間です。

ピーターソンが聴きたいな。

極普通に鳴り出しました。でもねチョイ前まではこんな鳴り方はしなかった筈。
ウーーーーン、昔の鳴り方を忘れてしまった様で・・・・。




拍手[2回]


此処最近の僕のブログ。自分で読み返して見ました。
バッテリー電源の記述ばかり。
チョット考えて見て下さい。
このネタ、僕の商売には全然関係が無い(まあ元々商売には・・・笑)。

此処を見た人で興味を持ったらやって見て下さい。それだけなんですね。

完全に壱アマチュアに戻っています。それだけ夢中に成ってしまった。

長年オーディオに携わって来ました。勿論商売と言うのも有りますけど理想の音への追求心が僕のエネルギーの源。

趣味で始めたのが中学生。其の後ずっとこの世界です。

で、今回。嘘ですよね、と言う位理想の音に近付いた。
今迄の苦労(楽しみ)が一気に開いた。

薄々は感じていた今のやり方の限界。ヤハリ・・・・・・。

今馴染みのレコードを聴いています(数十年前に買った)。
今やっと僕の欲しい鳴り方を(レコードに入っている)している。

バッテリー電源。僕にしたら満塁逆転ホームランなんです。



拍手[3回]


レコード愛好家なら知っている筈。
レコードを回し、外周部へそっと針を下ろす。

此の時、アンプのVRを絞っている方には全然関係のない事なんですけど・・・。

僕はレコードへ針を下ろす時に細心の注意をはらう。レコードと針を傷めない為。
其の時重要なのはアンプのVRを絞らない事。絞ったら下手な下ろし方をしても気付かない。
VRを通常レベルに上げた侭、平然と針を下ろし嫌なノイズを発生させない。

で、針を下ろした時の軽いショックノイズ。この音で装置のレベルが略判ってしまうってご存知ですよね。
最悪なのは鈍い音。ボソやドンと言った鈍い音です。
この音が出たら、其の装置は音楽に鈍感な装置です。

バツッ、やビシッと言う反応の早い音。敏感な装置なんですね。

で、今回のバッテリー電源。

僕が今まで聴いた事の無い音。反応は早いんだけど耳に優しい。
なんなんだ、この音は・・・。

まだまだ先は長そうです。



拍手[3回]


今回のインバーター電源での実験。
勿論、インバーターとプリアンプの間には何も介在させていません。

で、此処が重要。
インバーターによって音質は結構変わると思います。
使うバッテリーの種類でも。

ですからこんなテストを・・・・。って書いたんですね。
僕の様にトコトン突き詰めなきゃ気が済まない、って方だけにお勧めする世界です(笑)。


授業料を惜しむ方にはお勧め出来ません。

拍手[2回]


昔々、スタックスのパワーアンプにDA300と言うものが有りました。Aクラス動作で300Wの出力。能率の悪いコンデンサースピーカーの為に開発したのです。
Aクラスですから消費電力は半端ではなく発熱量も物凄く・・。エクスクルーシブのM4なんて可愛い物でした。

其のアンプを何台も使ったマルチアンプシステムを持っていた方がいたのです。
で、床下に大量のバッテリーを設置。
充電だけで数日間掛かったと言われています。
其のバッテリーで何台ものDA300を動作させたんですね。其の時にはスタックス関係者も同席。
数日の充電でもたった30分間の音出しだったそうです。
僕は行けませんでしたが其の時のスタックス関係者からは話を聴けました。

まあそんな話を聞いた僕は・・・・・(笑)。

拍手[2回]


どんなに仕事が忙しくても欠かさないレコードタイム。これを欠かしている様では良い仕事は出来ません。

仕事にかまけて自分の装置がおろそかに・・・・。
イヤ壊れたんではないですよ。例の楕円針、それに装置が馴染んで来て・・。

これ以上は20cmウーハーじゃ無理だよ。

此処数週間で装置全体が楕円針に馴染んで来た(お蔭でCDは聞けなく成って来たんだけど、汗)。

本音を言えばハートレイの60cmが欲しい。
でも手元に有るのは38cmのシーメンスとアルテック。
世のオーディオマニアならオイロダインの38cmを使うんでしょうがへそ曲がりのピンキー君はチョイ違う。
イエね、新品状態のオイロダインウーハーなら使いますよ。
でも、僕の持っているオイロダインウーハー。コーン紙がかなりくたびれている(一般のマニアには気付かれない範囲)。
こいつを使うよりも元気なアルテックの方が良いよね。
そうなんです。過去の名機を使う場合、程度を見抜く目が無い人にはお勧めしません(厳しいですけど現実です、目が無いのを見込んでインチキ商売をしているやからが多々)。
アルテックと言ってもこいつも年代物。でもこいつは僕が仕入れて販売した物。そいつが戻って来た。程度は極上。少なくともコーン紙のへたったオイロダインよりも良い仕事をする筈。

来年の目標。5ウェイなんて高望みをしないで38cmウーハーの導入。
でも5ウェイへの試金石なんですけどね。










拍手[6回]