平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
拍手の所にこんなコメントを頂きました。

『バイクでもオーディオでも、レコードソフトも私の拠り所となっているサイトです。日々参考にさせていただいております!』

なんと言うか、僕としても感謝です。
我が侭全開のブログです。
本当に、少しでもお役に立っているのでしたら本望です。

最高のエネルギーチャージに成りました。

頑張りますよー・・・・・。



拍手[4回]


今迄、回路図は載せても定数は一切秘密でした。
僕の最大のノウハウ。

でもね、僕の歳を考えると後何台アンプを作れるのか・・・・・。

そんな訳で、ノウハウを公開。
と言って、基本を理解していない方がコピーをして、あーだこーだ言われるのはいやだよね。
そんな訳で、ギターアンプの回路でノウハウを公開します。
判る方なら、オーディオアンプへ即流用が出来ます。

基本を理解していない方には無理と思います。
まあ年寄りの悪あがきと理解して下さい。

拍手[4回]


プレハブ内の室温も上がったと思うので・・・。
バッフルの柱の切削です。

今回はオイロダイン用ですので大型ですし、柱も複雑な構造です(オイロダインのフレームを下から支える)。
勿論、オイロダインとバッフルは直接接続されません。

新しいサイズに合わせてバイス(万力)の位置を合わせ、切削開始。
バイスを緩めるのにハンドルを回したら・・・・・(イタッ)。
純正ハンドルはチョイ長くて、操作ボックスに接触するのです。
其れを嫌がって、市販のメガネレンチで回しているんですが・・・・・。

此のレンチのメッキ、安物で剥がれて来た。剥がれたメッキって薄い刃物状態なんです。
こいつが僕の指先を切った。

やったなとは思ったんだけど、それ程ひどくは無いだろう。
作業再開。オイオイ、出血が止まらない。床にポタポタと落ちる。
こいつは拙い。

ハイ・・・・・・・。



取りあえず、出血は止まりましたが、無理をすると再出血しそうなので、本日急遽休業日。

でね・・・・・・・。
昨年暮れに入手したギター。
一日も欠かさずに、練習していたのです。
左手の薬指なので、練習出来ない。無念・・・・・・。





拍手[1回]


此処の所、ギターアンプの設計に熱中しています。
新しいプリアンプ(ドライブ内蔵)とパワーアンプも出来上がっていないのに・・・・・。

まあ、僕の性格ですね。
新しいプリアンプとパワーアンプ。
出来上がると今の装置がどう変わるか、想像範囲なんですね。
つまり、冒険心をくすぐらない。

対してギターアンプ。判らない事だらけ。つまり冒険心を滅茶苦茶くすぐる。

結果が判らないから、無茶苦茶面白い。

一番の原因は、現在作っているオーディオ用のアンプ。何も問題点を感じなくなったのです(要は完成度が目茶上がっている)。
その点では物凄く平和な心境です。何も問題点を感じない。
で、つまらない・・・・・。

常に新しいものへのチャレンジが、心をワクワクさせます。

現在作っているオーディオアンプ。疑問点が出るのはもう当分無さそうですので・・。
(だから、今回作っている自分用のアンプ、人生最後のアンプに成りそうなんです)。



拍手[3回]


世の中に電気楽器(電子楽器)って沢山有りますよね。
シンセサイザーを筆頭に、電気ピアノやその他沢山。

此の類の楽器の特徴は、楽器内部に発振器が組み込まれ、音程に合った正しい周波数を出力し、楽器に見合った高調波を出して、本来の楽器に似せた音色を出します。
素晴らしい技術と思います。

対してエレキギター。発振器なんて持っていない。
単に、アコースティックギターの弦振動を電気的にピックアップして出力するだけ。
要は電気楽器としてはシーラカンス。

でもそこが魅力なんですね。
弦の振動を拾う。
弦の振動には、ギター本体の振動も含まれます。
沢山の周辺振動が含まれた弦振動。

発振器内蔵の楽器は、構造体に影響されない音を出しますが、エレキギターはその正反対。
ボディーの材質、ネックの材質、煩く言えば塗装の質迄もが音色に影響してしまう。

そんな、中途半端な電気楽器のエレキギターが大好きです。




胴の材質も音色に大きな影響を持っていますが、一番の影響は演奏者って・・・・・(大汗)。

で、今回言いたかった事。
アンプを通さない生音。
アメプロ、ストラトの音が兎に角綺麗。ドレミの練習でも飽きないんです。
エレキギターだって、生音が綺麗じゃないとダメと信じています。生音が綺麗なら電気的には何とでも・・・。
良いギターを手にしたとニコニコなんです。

拍手[5回]


最近の僕の頭の中、ギターアンプでいっぱいです(笑)。
イヤ、オーディオで学んだ理論がギターアンプでどの程度通じるか・・・。

注文を受けての仕事ではないので、思いっきり自由です(失敗しても平気、笑)。

何度も書いていますけど、失敗を楽しむゆとりが無いと良い物は作れません。
ネットで検索、失敗の無い方法を盗む。なんてけちな根性では・・・・・・。

基本的な情報はネットで調べましたけど、重要な情報は皆無(まあ、当たり前)。
でね、ギターアンプの方がオーディオ用よりも優れている点。
判りますか・・・?

入出力の端子にRCAプラグ(俗に言うピンプラグ)を使っていません。

オーディオ界標準のピンプラグ。あんな物を使っているから・・・・・。

で、ギターアンプ。





フォーンプラグです。こいつはホット側が外れてからアース側が外れる。基本中の基本です。ピンプラグはアースが先に外れる(コイツを考えたやつは完全なバカ)。

でも、天下のRCAが発表した。コストも安いしサイズも小さい。
コリャいいや。てな訳で地球上に蔓延(病原菌と一緒)。

対してフォーンプラグ。作るのは面倒だし(コストアップ)デッカイし・・・。

僕も、此のサイズを問題にしなければレモなんて使わないでフォーンで十分だった。

で、今回のフォーンプラグ。
写真下のが普通のフォーンプラグ。
上はステレオ用。
つまり2芯シールドが使えるのです。
此れで、ホット、コールド、シールドの三つの配線がバッチリ(此の意味判りますよね?)。

此の配線がしたくても、レモの価格にビビッていた貴方。
フォーンプラグでバッチリですよ。


この辺の問題は、キャノンならって考えるのが当然なんですけど、アレにも僕成りに問題点を感じていますので採用しません。

更に・・・・・(笑)。
ハイインピーダンス(と思う)のギターピックアップ。
トランスを入れりゃ・・・・・・。

シンプルなギターの音を楽しみたいのです。

僕のストラトキャスター。ピックガードの裏側、は電気屋さんでいっぱいに成りそうです。

恥を忍んで・・・・。
今回購入したストラトキャスター。俗に言うアメプロです。
それでドレミの練習をしているのですから・・(ストラト、ゴメン)。

拍手[8回]


只今平面バッフルとラックの製作中。
と言っても、材料はまだ。
この辺は間違えると大変なので、何度も図面を確認(失敗するとやり直しが効かない)。

一度出来上がった図面をもう一度見ると、結構変更点が見つかる。
変更点が無くなるまで、材料の手配は出来ません。

で、先日最終図面が完成。早速材料を発注したのだけれど・・・・・・。

今回の材料。アルミの角棒が10本。
その他平角や只の板も・・・・。

角棒の定尺は4m。断面は40×40。
1本の重量は略20kg。

もう気付きましたよね。総重量がとんでもないって。
材料屋さんまで取りに行くんですけど、愛車は軽4輪。

材料を積んだら、後ろが滅茶苦茶下がると思います。
その状態で高速に乗るの無理だろーなー・・・・(大汗)。




拍手[3回]


先のアップで、初段管にペケナナ(x7)を使っているのは・・・?
って書きましたよね。

色々と考えました。
基本、レコードやCDと違って生音です。リミッターは掛かっていません。つまり一般レコードやCDの比ではないダイナミックレンジなのです(市販のレコードやCDはリミッターを掛けてダイナミックレンジを狭めています。だから生音は入っていないって、笑)。

そう成るとペケナナの最大入力が問題に成ります。増幅率の高い素子は最大入力に制限がある。
もう気付いた方は流石です。

そう、ギターを思いっ切り弾く。大きな音が出ます。
その時の出力はアンプにとって過大入力。
この時のひずみが、結構音楽的に聞こえたりするんですよ(いかにも音楽に乗っているって・・)。

で、僕の目指すのはスプートニクス(笑)。音量が上がってもクールなサウンド。
この場合、過大入力で歪むのはご法度。


ペケナナは使えません。

元々ペケナナは嫌いな真空管(マランツもマッキンも使っているんで・・・笑)。
此の後が楽しみ。




一流アーチスト。ギターアンプは100%真空管です。
真空管の強み。過大入力が加わっても、歪み方が綺麗。
対して半導体は過大入力に目茶弱く歪み方が汚い。

此の差が決め手と思っています。ですのでギター直後のエフェクター。半導体は使いたくないんですね。

拍手[5回]