平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日も晩酌後のレコードタイム(Nゲージの楽しみが無くなった、汗)。
スピーカーの位置を変えて、単に喜んでいるだけでは駄目です。確かに良くなったものが多い、でも悪くなった部分は・・・・・。

でも、イヤですよね。単純に喜べない自分。好きなものを仕事にしてしまったん人間の性です(趣味を仕事にしちゃ駄目ですよー、笑)

まあ、バッテリー電源にした時点で気付いてはいたんですがなんとか誤魔化せないかと・・・。

今使っているスピーカーユニットは20cm口径のウーハー。
それをフルレンジで使っています。
で、更に口径の大きなウーハーが欲しい。
シビアに言えば高域にも不満は有るけど、低域の方が大きい。
あ、僕の言う高域は基本波に対する高調波です。シンバルの音では有りません。
勿論低域もバスドラの音と言う単純なものじゃないのを理解して下さい。
キチッとした低域が出ないと人の声が駄目なんです。

手持ちに38cmウーハーが二機種。オイロダインのウーハーとアルテック。
僕はアルテックを使うつもり。

世の中の評判や買った時の値段なんてどうでも良いんですね。
僕の欲しい音楽を得るにはどちらが向いているか?

ただそれだけなんです。


拍手[4回]


昨夜は結構聞いてしまった。
判っていたつもりだったのですが・・・・・。

今回のセットアップ。スピーカーの位置調整だけでその他は一切弄っていません。
出てくる音はウソでしょ・・。

リアル感が丸ッ切り違う。もう20cm一発の音じゃない。

此処まで変わるとは・・・・・・・。

スピーカーの位置。本当に大事です。

この場合非常に悩ましい問題が有ります。

一番良い位置を探すと、生活空間としては完全にじゃまな位置に成る場合が殆ど(僕の知る限り100%、笑)。

兎に角スピーカーを後の壁から離さないと(2m以上)ダメです。
狭い部屋では無理な数値ですが其れ成りの部屋でしたら出来る筈です。
出来る状況なのに壁から1m以内の隙間の方。
一度思い切って2m(希望としては3m以上)以上離す実験をして見ませんか?
労力だけでお金は一切掛からないチューンです。






ついでに言っちゃいますと、奥行きが4mの部屋としますね。
その場合、中間点の2mの位置にスピーカーを置くのが理想です。
つまりスピーカーの前後の空間容量を略同じにするのが決め手です。

拍手[4回]


エーーーーー。
此処1年以上自分の装置を弄っていません(あ、バッテリー電源は別)。
基本装置を全然弄らないと言う事はノウハウの蓄積も無くて・・・・・。

その間、色々と問題点に気付いてはいたんだけど手を付けられないで・・。
要は忙し過ぎたのです。頼まれた仕事をこなすだけで精一杯(自営業がこの状態に文句を言ってはいけません。感謝有るのみ)。
でも、欲求不満が溜まりに溜まった。この状態で仕事をしても良い仕事をするのは無理。
そんな訳で始まっちゃいました。



スピーカー裏側からです。写真左側が今迄の位置。右側が今回変更した位置。
僕の部屋は10畳と6畳の境目のふすまを取り払っての16畳。

問題は境目に残っている鴨居。コイツがスピーカーの位置を限定させていました。

今回此れを無視出来るんじゃないかな?と言う位置に気が付いたのです。

その位置に写真右側のスピーカーを(バッフルを)移動させました。
兎に角重い。ユニットスタンドが乗った侭での移動は不可能。
バッフルだけの状態にしてからでも大騒ぎ。汗びっしょりで移動。
片chの出来た所でギブアップ。

続きは明後日(明日は出かけますので)。
結構楽しみにしています。



裏に有ったNゲージのレールは全て撤去。再び敷くのに年内は無理かなー・・・。

拍手[3回]


この様な仕事をしていますと沢山の人と知り合えます。勿論オーディオに興味を持っている方々です。

その内の・・・(大多数かな、笑)・・・・。

電気には詳しくないので・・・。

あのですね。僕も生まれたては電気なんで全然知りませんでした。
オーディオに興味を持ち其れ成りに勉強したのです。

電気に詳しくない、と言う方。真剣に勉強しましたか?
自分の怠けを棚に挙げて詳しくないって・・・・・・。

勉強しましょうよ。電気なんて中学校のオームの法則を理解したら略80%完了。
それが出来たらオーディオ雑誌の迷信から抜け出せます。

オーディオ雑誌で偉そうに書いている人達、オームの法則を基本的に理解していますか?
オーディオ界で評論家としての名声は文章力で略決まり(宗教です)。基本的な機械と電気の知識は・・・・・?


あ、この基本(電気と機械)を理解してからオーディオ機器の音質評価をして下さいね。

早い話。この料理は美味い、でもお腹を壊しますよ。と言う物が持て囃されているのが現状です(この意味、判るかなー・・・・笑)。

拍手[6回]


本日は愛車のエブリー君と700km以上走りました。
単に走っただけではなくお客様の所への訪問2箇所。
チョイ疲れましたけど、そんなものどうでも良いだけの収穫。
普通に考えたら収穫って売れたんですよね。

こんな考えの貴方、ブッブーーー(笑)。

此処に住んでいますと50Hzの東電の供給しか判りません。

今回其れ成りの用意をして中部電力管内のチェックをして来ました。

予想外(まあひょっとしたらって感じていましたが)の実情。

電力会社、オーディオは完全に無視ですね(怒ってはいません、当たり前の事と思っています。オーディオが好きでしたら自己防衛しか無いのを実感しました)。
電力会社、極一部のオーディオマニア(オーディオ気違い)なんて相手にしていません。正常な感覚です。
今の供給されている電力にクレームをつけるなんて・・・・。

そんな訳で欲求レベルの高いオーディオファンは(マニアって言いたくない)自己防衛に走るしか無いんです。

はやい話が、チョイの用心で持って行ったバッテリー電源を置いて来ざるを得なかったと言う事でして・・・・。

もう酔っているので詳しいいきさつは明日・・。



本日の営業収穫はゼロ。昔からの付き合いの方はまたかって笑っていると思う・・。
ハイ、僕の収穫は60Hz地域(ハッキリ書いちゃうと中部電力管内)では僕の予想を超えている問題点が見つかった。
これで十分なんです。
基本、ピンキー君は知識欲が旺盛で此れだけで行動しています。

逆に言いますと、大手メーカーの開発者。自社内の試聴室以外でのテスト、どの程度やっているんでしょうかね?
まあ、こんな仕事を長年していますとメーカーの開発者とも・・・・(笑)。

酔った勢いで書いちゃいますね(大汗)。
自社内の試聴室以外でのテスト。やっているメーカーを知りません。

あ、更に追記。
中部電力管内と言っても発電所は何箇所も有りますし、変電所の数はその何倍も。
今日伺ったお客様の所の中部電力の電気の質って考えています。

重要な追記。
電力会社の供給する電力の質。時間や曜日によってコロコロ変わります。
変電所から出た時点では同じでも繋がっている消費地(会社、工場、一般家庭、etc)の電気機器がノイズを発生、って極普通に起きています。
要は工場の稼働時間だけ電力の質が落ちる。ナンテ事なんです。

昔、よく言われました。真夜中と正月三ヶ日は音が良いって・・・。

拍手[5回]


遂に装置全体がバッテリー電源に成りました。勿論CDプレーヤーも・・。
ここ数日レコードだけを聴いていて、今日暫らくぶりにCDの電源が入った。
オールバッテリーに成ってからCDを聞くのは初めてかも・・・・。
馴染みのCDを何枚か聞く。
ハハ、やはりボロが出たよね。今のCDプレーヤーのアナログ部の弱点。
半導体アンプで此処迄出せるのだから凄いとは思うのだけれど此処を真空管に換えたら・・・。

ハイ、かなり以前に此処の真空管アンプのキット版を出すと書きました。
出すのは良いのだけれど・・・・・。

実は数ヶ月前に僕のCDプレーヤーのメカ部が故障。
メーカーでの修理で完治しましたが・・・。
此処のメカはフィリップス製。此処がイカレタ場合は僕には修理不能。
そうなんです。僕の作るアナログ部は無茶苦茶丈夫ですし故障した場合も修理は簡単(僕以外の方でも真空管アンプを判っている方なら簡単に修理できます)。
でもCDメカが壊れたら・・・・・・。

そんな訳で此処のアナログ部のキット販売。非常に悩んでいます。CDメカが壊れたら無用の長物に成ってしまう。そんなリスクをユーザーの方に負わせるのは・・。

今日の音で此処を作り直さないといけないとの気持ちは強く成りました。
でも、リスクを背負っての商品を出しても良いのか・・?

チョット考えさせて下さい。此処の改造でCDプレーヤーがムチャ良く成るのは判っている。でも短期間で使えなくなってしまうのは・・。


拍手[3回]


永年アンプを弄っていました。最大の目標はSN比。
簡単に考えないでくださいよ。
一切のNFを使わないで最高のSN比。

ここ数年、僕のアンプを持ち込むと最新アンプが煩い(残留ノイズが多い)。
あのね、NF掛かっているよね?

NFは非常に便利です。少々設計や配線の引き回しを間違えていても、其れ成りのSN比を稼いでしまう。
NFを一切掛けないで(局部NFも)SN比を上げる。
まあ、アンプ作りの一番難しいところなんです。

なんでNFを掛けないのか?
答は簡単。NFを掛けたアンプでは音楽の表現が・・・・・・(判りますよね、笑)。
あ、この違いに気付かない方(聞いても判らない方)はこの先は読まないでね・・・・。

で、プレーヤー。高速回転するモーターの振動は大きい。
簡単な解決策、モーターをゴムでフローティングすればオシマイ。
ハイ、振動は伝わりませんけど正確な回転も伝わらない。

DDモーターはSN比と音楽再現性とをバーターしてしまった良いモデルかと。

僕の場合、音楽の再現性を最優先します(だからQRKを薦めたりして・・)。
でも、心の奥ではもっとSN比を・・・・。

プレーヤーで言うと、SN比を良くしたいのならモーターの振動を伝えないゴムフローティング(世の中の名機、殆ど此れですね)。この方法、音楽の再現性を欲しい方には無理な方式(フローティングの音しか聞いたことの無い方には理解不能の世界)。
音楽の再現性を求めたら全てのパーツをリジットに支える。
この場合、モーターの振動をもろにレコード盤に伝えます。
結果其の振動音がスピーカーから聞こえる。

アンプの時と同じだなー。音楽再生とSN比の挟間。
NFに逃げては駄目。プレーヤーもゴムに逃げては駄目。

そんな事に何十年も苦労しているって判らないですよねー・・・(笑)。


拍手[6回]


今夜は二晩ぶりのレコードタイム。
昨夜は・・・・?

確定申告の計算でそれどころじゃなかった。
ハイ、サラリーマンが羨ましい期間です。

そう言えば昔、僕の店に来ていたアル方。

『自営業はいいよねー。』
あのね、そう思うんだったらサッサと会社に辞表を出せば済むじゃん。
自営業からサラリーマンになるよりもよほど簡単。

隣の芝生は綺麗に見える。って気持ちは判りますけど世の中なめんなよー(笑)。

まあ、昨夜は日付が変わる時間まで頑張って計算終了。
お蔭で今朝の頭はフラフラ。

でも何とか本職を頑張って今の時間です。

ピーターソンが聴きたいな。

極普通に鳴り出しました。でもねチョイ前まではこんな鳴り方はしなかった筈。
ウーーーーン、昔の鳴り方を忘れてしまった様で・・・・。




拍手[2回]