平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
暫くぶりのアップですが、体調は万全です。
色々と忙しかったのですが、アップする様なネタが無かった(笑)。

只今の作業は、パワーアンプのシャシ作り。
手馴れた作業ですし、過去にもアップしていますので・・・・・。

で、問題発生。
シャシの材料はアルミ5052の押し出し材。
定尺は1000×2000ですから、材料屋さんで希望のサイズに切断して貰います。

切断は丸鋸ですから、切断面は汚いんですね。
その切断面を、僕がフライスで綺麗に仕上げるのです。

つまり、仕上げ代を見込んで、若干大きめに切断して貰います。

シャシの外枠は10mm厚の板。
此れをバイスに挟んで仕上げるのですが・・・・・・・・。

4枚咥えると、1枚だけおかしい。上端面が斜め。
斜めでも、大きささえ合っていれば、削るのは簡単なのですが・・・・・・。

寸法を確認すると、仕上げ寸法よりも小さい(勘弁してよ)。
最近、材料屋さんの切断作業者が変わったのですね(ベテランの方を見かけませんから、退社したのかも)。
つい最近もミスられたし・・・・・・。

30年近く付き合って来た材料屋さんですけど、遠いし(片道40km)もう止めようかな・・・・。

早速、付き合いの有る旋盤屋さん(ティップトゥーを作って貰っています)へ電話。
『取引している材料屋さんを照会してもらえませんか。』

すぐに紹介して貰え、即電話。
寸法違いで収められてしまった材料を再発注(先のが無駄に成るけど、駄目な業者へはクレームをつけるだけ無駄な行為)。
其処は、同じ位の距離にあるのだけれど、宅急便で送ってくれると言う。
何と、発注した翌日に届きました。

早くから此処へ替えれば良かった。取り出した材料の寸法もバッチリ。
送料を払っても、取りに行く時間のロスを考えたら絶対に安い。

しかも今度の材料屋さんは、端面仕上げも出来るのです。
そう成ると、僕の作業は穴開けだけに成る。
寸法誤差がどの程度か判らないので、次回の材料は仕上げて貰って、誤差を確認します(自分の物で確認)。

此れでOKでしたら、ラックの製作が楽に成るぞー(支払い金額は増えますけどね、笑)。




拍手[5回]




新年、明けましてお目出とう御座います。

昨年は、色々とお世話に成りました。
今年も、我が侭放題のBLOGに成ると思いますが、昨年同様宜しくお願いいたします。 m(__)m



国道413号線の通行止め部分は、昨年末に開通に成りました。
29日に通って来ましたが、間近に見ると、被害の大きさに驚きます。

此処数年の自然被害。人間の身勝手さに、地球が怒っていると思っています。
日本にも、四季が無く成って来ました。

拍手[5回]


今日は11:00に出発。
チョイ遠いお客様の所へ出張サービスです。

貰ったメールから、プレーヤーが不調の様。
この様な場合、原因の特定は出来ません。考えられる原因全てに対処出来る準備が必要です。

まあ、思い付く全てに対処出来る機材を車に積んで出発。

現物を見ると、いたって簡単な原因に当った(此れは考えていなかった。笑)。

まあそんな訳で、僕の取り越し苦労。

良かったのは、此れできちんとした音を出して新年を迎えられる。
新年を迎えてレコードが聞けない。と言うのを避けたかったんですね。

ハイ、完全に紺屋の白袴状態。僕の装置は・・・・・・・(涙)。

基本。自分の装置よりもお客様の装置が優先。
でも、良かったです。喜んで貰えましたし、僕の心のつかえも無くなった。

此れで安心して新年が迎えられます。
残った仕事は、明日は自治会の仕事。
大晦日は年賀状の作成(大汗)。

皆様、良いお年をお迎え下さい。



今日は出発が遅いので(早いと路面凍結で危ない)、例の60Hzプーリーのお客様へ電話(どうなったかの確認です)。

結果は、僕の予想以上の好結果。
お客様曰く『なんであんなに変わっちゃうの?』

確かに、モーターの回転数が2割アップしただけです(今迄も、バッテリー電源50Hzで駆動)。

で、此れが効くんですね。
30年位前に、モーターの技術者から教わりました(勿論超ベテラン)。
『モーターって、駆動方式(DC、AC、サーボ・・etc,etc)に関係なく、回転数の高い物程、回転の質が良いんだよね。』
当時の僕の少ない経験でも思い当たる事が多々(僕の好きなシンクロナスモーターでも、極数の多いモーターは音が悪い)。

要は、回転素子の慣性モーメントと僕は理解しました。
その後、色々な実験。

そんな経験から、僕のギヤボックスも60Hz駆動の方が良い筈。
で、実験・・・・。
予定通りの結果。

そんな僕の話を聞いた今回のお客様だったのです。

そんな訳ですので、毎分331/3回転と言う超ロースピードのモーターは・・・・(僕としては当然なんですけど)。

レコード再生。どんなに頑張ってもレコード盤がきちんと廻っている。
此処が全てのスタートです。

拍手[6回]


チョイ、しつこ過ぎますね(笑)。
足の不調で暇なんです。どうかお付き合いを・・・m(__)m

で、先のアップをしてから、オットット・・・・。

大切な事を忘れていました。電熱ヒーターの電気抵抗。
温度で変わるんですね。

つまり赤熱しない温度で使うと、正常動作(赤熱状態)よりも抵抗値が下がるのです。

判り易く言いますと、温度が上がる程、電気抵抗値は大きく成ります。

と言う事は、200W状態では抵抗値が下がり、実は200W以上電気を喰っているんじゃ・・・・。

そんな時には測ってしまうのが一番。



エーーー、心配無用で191W。
でも強での使用では、375W。
計算では375Wの1/4ですから、チョット多いです。
ヤハリ、抵抗値は若干小さく成っている様です。



拍手[5回]


エーーー、写真を撮るのを忘れた(汗)。

只今200Wで使用中。快適です。
熱過ぎないで、必要十分の暖房をしてくれています。

電気に詳しい方なら簡単な改造です。

ノーマル状態は、弱で片側のヒーターだけに電流を流し、強では両方のヒーターに電流を流します。
勿論、其々のヒーターにAC100Vを加えるんですね。

で、僕の使い方ですと、弱でも熱い。つまり強は使わない。

改造の内容は、強で片側へ電流を流します(標準の弱状態)。

今回の弱の配線は2本のヒーターを直列接続にして、その両端へ100Vを加えます。
つまり其々のヒーターには50V加わるのです。
此の接続をしますと、1本当たり100Wの消費電力に成りますので、トータルで200Wと、標準の弱の400Wの半分。

電熱機器の発熱量は、消費電力に比例しますので、発熱量は半分。
ヒーター管は赤熱しませんが、十分な赤外線を出す様で、此れでも暖か過ぎる程(此の文章を書いている間に消しました、笑)。

これ以上絞るなら、スライダックですね(此の容量のスライダックを持ってない)。
使用上の注意は、ヒーターが赤熱しないので、消し忘れです。

でも、この状態で使うと、凄く長持ちしそう。



エーーー。最近のTVショッピングで電気ストーブを宣伝。
400Wの消費電力で1000W並みの暖かさ・・・・。

凄いですねー。エネルギー保存の法則を簡単に破っちゃった(大笑)。
形状に関係なく、電熱方式の発熱量は、消費電力×0,24カロリーと言う不文律が有ります。
オイルヒーターでもこの計算式からは逃げられません。

発熱量を上げたいのなら、消費電力を増やす。
此れしかないんです。

つまり400Wで、1000W並みの暖かさと言うのは大ウソです。

拍手[4回]


日に日に寒く成って来ました。

僕のパソコン机。場所の関係から、部屋の暖房が効かないんですね。
正しく言うと、上半身は温かい。下半身(特に足)が寒い。
温められた空気は上昇しますから、仕方が無いのです。

と言って足が冷たいのはきつい(特に足を痛めている場合は・・)。

そんな訳で、急遽購入。



一番簡単な電気ストーブ。股火鉢には最高です(八王子時代にも使っていました)。
アマゾンで¥2480(笑)。
アイリスオーヤマ製。

これが¥2480(送料込み)で買えるなんて、良い時代です。

で、困った・・・・(またかよ)。
写真では、判り易い様に2本のヒーターを点灯。
1本400W。

でね、股火鉢なので足との距離が近い。
結果、400Wでも熱い。
連続使用は無理。小まめに消したり点灯したりの繰り返し。
メンドイ・・・・・。

と言う事で改造をする事にしました。
現状は弱で400W。強で800Wです。
800Wは絶対に使わないので、弱は200W。強を400Wへの改造です。

足が痛くてもこの位なら平気。
丁度良い退屈しのぎに成りそうです。



拍手[4回]


今朝目が醒めたら、普段よりも寒い。
室温が9℃。

ファンヒーターと石油ストーブに火を入れる。

オット、今日は土曜日。ごみを出す日です。

8:20頃、ゴミ袋を持って家の外へ・・・。

オイオイ、寒い筈だよ。





庭にビッシリと霜柱。
今年は早いのかも?
11月中の霜柱は初めての様な・・・・・・。

今年も、寒い冬がやって来ました。



拍手[2回]


今日も朝からプリアンプの調整です。
元々は、今月イッパイで完成させる予定でしたから、その辺はOKです。

くそ重いので、試聴室へ工具類を持ち込んで、昨日は作業をしていました。
それにしても寒い。
作業部屋(居間、寝室兼用)と試聴室の両方を暖房しますと、灯油の消費が半端ではない(作業部屋は18畳、試聴室は16畳)。

寒い日にがんがん焚くと、ポリタンクが3日で無くなる。
省エネで、作業室へ移動(重いアンプと電源をヨイショヨイショ)。

でも寒いよね。
そうだ・・・・・・。

台所も一緒なので・・・・・・・・・・。



ポトフを作りました。暖房に成るし、湿度も上げられる一石二鳥。

今日のお昼ご飯は此れですね。


拍手[5回]