平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
オーディオ界では常識とされている機器間の相性。

要は、あのアンプとあのスピーカーは合わない。
あのプリとあのパワーは合わない。

僕の考え。

お互いに中途半端な製品だから起きる。

オーディオ界にもレギュレーションは有ります。

パワーアンプの入力インピーダンスは100kΩ。最大出力を得るに必要な入力電圧は1V。
逆を言えば此れを前提のプリアンプの出力。

此れをきっちりと守ったら、相性は有り得ません。

で、困った問題。プリの出力に2台のパワーアンプを平気で繋げるお馬鹿なマニア。
入力をパラッたらインピーダンスは半分に。
レギュレーションを守って設計したプリアンプには厳しい現実。

今回僕の作っているプリアンプ。僕の作るパワーアンプとの接続以外は一切考えません。

前にも書きましたよね。アンプはプリからパワーまで一体が理想。
そう、信号の受け渡しに違った条件(予定外のアンプ)との接続を想定しないで済むのです。

只今酔った頭で動作点の設定。完全にプリとパワーの一体設計。
本当に良いアンプが欲しければ、これ以外の方法は無いんですね。


どれとも合います。ってどれともピッタリは合いませんと同義語かと・・。

拍手[6回]


最近、HPの質問箱が正常に作動しなくなりました。
其処の修正を試みたのですが、HPの修正法がわからず・・・・・(大汗)。

と言う事で、当分HP内の質問箱は使用停止にいたします。
其処を修正した物のアップ方法を忘れて・・・・・・。

質問箱で送信されましても返事が出来ないかも知れません。

最近、マイクロのプレーヤーの修理の質問を送られた方。
此処で返答させていただきます。

『なくなってしまった会社ですので、故障パーツの入手が不可能です。また当方には回路図等も有りませんので、原因探求だけでもとんでもない時間を要すると思われます。
当方で修理をしますと、時間工賃だけでも可也の請求になると思います。
その様な訳ですので、ご期待に沿う事は出来ません。この辺の事情をお察し下さい。』



基本的に当方はメーカーです。当方で製作した物は最後まで責任を取って修理をいたします。
他社製品の修理は基本的に受けておりません。お買い上げ店にご相談をお勧めします。

また、他社製品を当方でチューニングした物は、チューニング部分は責任を持って対処いたしますが、ノーマル部分は製造メーカーへ修理依頼をお願いします。勿論製造メーカーへの橋渡しはいたします。

拍手[0回]


先のアップ後、僕が始めたのは文字位置と大きさの設定。
先にプリントアウトしたロゴをコピー機で縮尺するのです。

で、その文字を彫刻する物に当てて位置と大きさの確認。
気に入るまで何度も縮尺サイズを換えて確認。

午前中いっぱい掛けてこんなモノかな?



写真はOPTケースへのロゴ。
問題は鋏で隠した部分。
うっかり色指定を書いてから写真を撮ってしまった。

今回、カラフルなアンプですので、無難な所なら文字色は白です。
僕も最初はそう思っていたのですが・・・・・・・。

自分のアンプだよね。ロゴの意味は判っているよね。
無難な線を狙ったって面白くない。

そんな訳で、トンでも色の指定に成りました。
恥ずかしくて見せられません(大汗)。

でも過去の経験。
遊び心いっぱいで作ると良い物が出来ます。
性能だけで心が精一杯では、良い物が出来なかったかと・・・・。

拍手[3回]


昨日は暫くぶりに休養。
流石にこの暑さに参りました。

で、今日から作業再開です。
明日、アルマイト屋さんから直接彫刻屋さんへ直行。
勿論プリのパネルとパワーのシャシ枠も持って・・・・。

お客様からの希望時だけ入れているロゴ。



イタリア語で自由にと言う意味です。

此れを作ったのは10数年前。
当時脳梗塞のリハビリを兼ねてバイクのBMWを大改造していました(詳しくはHPに載せています)。
狙いは『イタリア人がフラットツインを作ったら?』
思い切ってイタリアンのデザインにしたのです。
そう成るとBMWのマークはダサい(笑)。

タンクマークもイタリア語にしよう。
そんな訳でイタリア語の辞典を買いました。

色々な日本語をイタリア語に変換。文字数が多過ぎたり発音が気に入らなかったりで、可也の時間悩んでいたのです(まあ、楽しい時間でも有ったんですけどね)。

その中で見つけたのがlibero(リベロ)。
そう、BMWと言う枠から飛び出して自由な発想で作り上げよう。

http://hayashilab.syuriken.jp/80tanku06.htm

こんなタンクを作ったのです。
で、その時に同時進行中だったのがプリアンプとドライブアンプ。
同じ塗装をしてしまえ。但し赤と黄色を逆転して更にリベロの文字を小文字に・・・・。

この時の文字入れはバイクと同じくマスキング。
綺麗に出来ましたけど工数の掛かり方が半端ではない。
頼まれたってやりたくない(10万円でもイヤダなーー)。

只、リベロのロゴは残したかったのです。
当時付き合っていた彫刻屋さんに相談。
『アクリルで型を作れば同じ物が作れるよ。しかもサイズを縮小するのも自由。』

そんな訳で下図を作ったのです。

下図を彫刻屋さんへ持ち込みアクリルで型を作って貰いました。
その彫刻屋さんはご不幸で閉鎖。

型を返して貰い、今お付き合いをして貰っている彫刻屋さんへ預けて有ります。
明日、暫くぶりに彫刻を頼みに行きます。
今は印刷で簡単に出来るんですけど彫刻と見比べると・・・・・。

彫刻屋さんは僕よりも年上で後継者がいません。
後、どの位頼めるのかな・・・・・・。



libero。
BMWの枠にとらわれず、オーディオ界の常識にとらわれず・・・。

拍手[5回]


昨日のご機嫌伺いで調子に乗った10W。
そんな訳でCDを鳴らしています(聴きたい音楽を持っているので)。

結構笑える。ホントに10Wって・・・・・・。

で、今まで書かなかったんですけどね、酔った勢いで(この時間で飲んでます)。

タイトルのスピーカー。パワーアンプの駆動力で強引に動かす。
この考え、僕も理解します。
車重の重い車だってエンジンのパワーが有れば・・(要はパワーウェイト比)。

でね、動く時だけじゃないんですよ。止まる時・・・・。
アンプからの信号が止まった(要は演奏が止まった)・
軽い振動板は慣性が少ないので直ぐに止まる。

重い振動板は・・・(アンプにはブレーキが付いていない。あ、ダンピングファクターなんて持ち出さないで。ボイスコイルのDCRを計算値に入れていないインチキですので)

つまりですね、重い振動板にはブレーキが付いていないのです。

基本的に、能率が95dBを下回っているスピーカーは信用していません。


ついでに、キャッチフレーズを求めた構造のスピーカーも信用していませんけどね。

拍手[4回]


此処2~3日、CDだけを鳴らしています。
正直我慢しながら・・・・・(だって酷い音なんだもの)。

で、暫くぶりにレコードへ針を下ろした(此の後がピコンって来た方はオーディオを判っています)。

ハハ、酷い音。

スピーカーって生き物です(此れに気付いていない方とは話もしたくない)。

つまりCDの酷い音を入れたので10Wがへそを曲げたんですね。
これを予想していたので、今日は最初からレコード。

要は10Wのご機嫌伺いです。

ポテンシャルの高いスピーカー。
本当に生き物ですから。



逆を言えば、へそを曲げないスピーカーなんて真剣に付き合う値打ちが無いって言い過ぎですかね・・。

追記です。以前にも書いたと思いますが・・。
可也以前(30年位経っていると思う)、コアキシャルをある方に貸し出しました(関本純正の平面バッフル仕様)。
1週間ほど貸し出して引き上げて来たんですね(その方、アンプは僕製で鳴らしています)。
引き上げて直ぐに鳴らしました。
悲惨な音に成っていたんです。ある意味覚悟して貸し出したんですけどね。
僕はコアキシャルにゴメンよって謝りながら、レコードを鳴らし続けました。
2~3時間でコアキシャルは機嫌を直してくれましたけど、スピーカーを貸す怖さをイヤと言う程味わった瞬間です。

スピーカーは生き物です。この怖さを知らないオーディオファンは幸せですよね。

オーディオ装置を介して音楽を楽しむ。
信頼できるスピーカーとめぐり合えた人は幸せです(僕はめぐり合えました、笑)。

拍手[2回]


好評なあげますシリーズ(笑)。
僕としては捨てちゃっても良いんだけど、昔の人間なので勿体無い。

そんな訳で続けていますが、少数の方のルール違反。
当方の指定と違った形でメールをくれるんですね。
今迄は情で汲み取っていましたが、今後は一切無視させて下さい。

同じ条件で複数のメールが来ますので、分類が大変。
で、こちらが分類し易い方法(指定の方法)でのメールをお願いしています(けっして難しくは有りません)。

今後もあげますシリーズは続けて行くつもりです。

今後は極少数の方のルール違反には一切対応しません(お馴染さん、初めての方、一切区別しません)。
応募したのに僕からの返事が無い場合は、もう一度確認して下さい。
ルールは応募の時と、返信に書かれています。
当方の手数を避ける為、是非お守り下さい。


僕って非常に忙しいのです、定休日も有りませんし。
宜しくお願いします。

拍手[0回]


中々好評な差し上げますコーナー(笑)。
ティップトゥーは6名様の応募が有りました。
6名でしたら3すくみは無いと思うのですが、万が一決まらなかったらまた隣のおばちゃんに・・・・。

兎に角家が狭い(物が多過ぎるの声も・・・汗)。
そんな訳でもう使わないよね。と言う物をどんどん出します。

次回に考えているのは本(もちオーディオ関係)。浅野さんと上杉さんの本です。
もう手に入らないと思うのですが、僕は20年以上開いていなくて・・・。

本棚を整理すれば、Nゲージを押し込める。
なんて魂胆です。

近々出しますので・・。

拍手[3回]