平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
先日アップしましたプリメインアンプ構想。
色々とお客様と連絡を取り合い、結果的にパワーアンプを作る事に成りました。

つまりとりあえずは必要の無くなったプリメインアンプ。

でも、色々な方から此処へのコメントやメールを頂いています。
まだ一度もお会いしていない方から聞こえます声。

『ピンキーさんのアンプを使うのが夢です。只高価なので中々手が出ません。』

数名の方から聞こえて来ました。

ウーーーーン。プリメインも有りかな?

コアキシャルを普通の部屋で鳴らす(勿論他のスピーカーもOKですけど、笑)。

大げさではなくオーディオを楽しみたい。と言う方も沢山いる筈。

僕も仕事部屋でレコードを聞く事が出来るようにしたい(パンケーキがワンセット余っているし)。

チョイ気合を入れてプリメインアンプを作ってみよう。
電源トランスも新設計。勿論カットコアで。
プリメインだからと言って手抜きはしない。

最初はワンオフモデルって考えたんだけど標準モデルにしてしまえ。

時間が無いので完成は年内いっぱいが目標。

あ、35周年記念モデルとは違いますよ。



数日前にアップしましたVRの僅かなガリ。
原因判りましたか?

答えは、真空管は動作点によってはグリット電流が流れます。この電流がVRを流れた為にガリが発生したのです。
要はグリット電流が流れ易い動作点を選んでしまったのです。


拍手[3回]


今回コアキシャルに合うアンプが欲しい。と言う要望を受けました。
僕のアンプで揃えると軽く200万円を超えてしまう(プリ+パワー)。

かと言って世の中のアンプを見渡すと、自信を持って薦められるアンプは皆無。

昔は僕のアンプ、もっと安かったよなー・・。

勿論値段の上がって来たのには理由が有ります。単なる値上げではなく間違いの無いグレードアップ。
昔の僕のアンプと最新型を鳴き比べたら納得する筈。

でも、一般の方には手を出し難い価格に成ったのも確か。

ウーーーン、どうしよう・・・・。

半値以下にしたい。でも今の状態からのコストダウンは難しい。

散々悩んだ末の結論。プリメインアンプを作ろう。
此れならシャシが1台で済むし配線の手間もかなり押さえられる。

普通に音楽を楽しむには十分以上の性能を持たせます。
勿論、シャシは同じ構成。
電源トランスもカットコアの特注品。
OPTも落としません。

実際に僕のアンプが高いのは電源の所為。凝りに凝っている。其の電源を1個に出来るんだからかなりコストを抑えられる。
ベースは此処へ引っ越して最初に作った長女への結婚祝いアンプ。
あいつにはフォノイコライザーが付いていなかった。あのアンプにフォノイコライザーを組めば何とか成る。
勿論、ECC83は使わない。絶対に使いたくない球だから。
僕の使っているプリと同じ82の3段構成。

ヘヘ、面白く成って来たぞ。



アンプの価格って結構難しいのです。特に僕の様に一台一台ずつ手作りの場合は・・・・。
要は安くても高くても作るのに掛かる手間には差が無いんですね。
つまりアンプの価格差はパーツだけに成ってしまうのです。
パーツ価格を半値に抑えてもアンプの価格は20%程度しか安く出来ないのです。
結果コストパフォーマンスの無茶悪いアンプに成ってしまうのです。
僕としてはそんなアンプは売りたくない。

そんな訳で安いアンプはメーカーさんに任せよう。あちらは量産効果が有るので其れ成りにコストダウンが出来ます。

でも、最近の様にオーディオ界が不況ですと量産が出来ない。
昔と比べると、コストパフォーマンスもメーカー製でも悪く成っています。
特にアナログ関係は厳しいです。
アナログ全盛時代と同じ性能の機器を買おうと思うと、かなりの高額に成っています。
カートリッジ価格を見れば判りますよね。

拍手[11回]


ギヤボックスが静かに成ったら左chから時たまのノイズ。
真空管が不良に成った時に聞こえ易い音色。

困るのがこの時たま。ズット出続けてくれると原因は一発で判るんだけど、時たまは困る。

何度かアンプの左右を入れ替えてドライブアンプが出しているのを発見。

それじゃと、1本のECC99を左右入れ替えた(此れでノイズが右chに換われば其の球が原因)。
さて困った。完全に治ってしまった。数日間聞いているんだけど全然でない。

ひょっとして真空管ソケット?と思って音出し中に球の頭をグリグリ。
全然ノイズのかけらも無い。

こう言う治り方が一番困る。
絶対に後に成って出るんだから・・。





拍手[3回]


今日、俎上に上がったのは此のアンプ。



通常ドライブアンプと呼ばれていますが、バッファアンプの一種です。
詳しくはHPに載っています。

本当に暫く自分の装置を弄っていない。お客様の物を弄っている間にも色々と疑問点が湧いてくる(自分の装置にです)。
弄らないでいると欲求不満と言うかイライラが募り・・・・。

そんな精神状態でお客様の物を弄るとつまらないミスを犯し易い(言い訳ですけどねー、笑)。

と言う事で数ヶ月前から気に成っていた部分の手直しを始めます。勿論今度の方が良い保障は有りません。只理論的に考えると今迄のは違っていたかなー・・・?

何をするかと言うと入力トランスの結線変更。
此のトランス、一次も二次もコイルが二組巻いて有ってパラでもシリーズでも使えます。
二次は逆相出力を出すので其々を単独使用。
一次側はゲインの関係でパラ接続だったのですね。
で、色々と考えて・・・・・。
シリーズにして見よう。

そんな変更です。


エーー、此のネタ。直ぐに掛からなかった理由は、此のアンプ僕しか使っていません。つまりお客様へのフィードバックは無し。
まあ、そんな理由でも有ったんですけどね。

拍手[1回]


昨夜片chの音が出た。その音を聞いたら・・・・・・。

実は酔ったまま、もう片chのアンプを作業台の上。
1~2時間、分解作業。

今朝は5:00には机に向かっていた。
朝食を摂るのももどかしく、作業を続けた。

もう判りますよね。僕がその気に成ってしまった理由。

片chだけでも、可也質の良い音が出たのです。

此れが今一だったら気合が入らない。

早く両chで聞きたい。

で、たった今両chが完成。




ECC99が4本立っていますが、その内二本は電気の無駄喰いをしています。
逆相の為の球なのですね。

今付いている入力トランスは逆相を出すと位相が狂う。
と言う事で使えません(世間一般で使えるトランスが珍しい)。

2個に増やせば大丈夫なんですが(実験済み)、今迄のノウハウの侭組むのも癪なので、違うトランスを手配済み。
と言ってもそのトランスを使うのは初めてなのでギャンブルです。

ギャンブルを怖がったらノウハウは掴めません。
ギャンブル=授業料です。

どれだけ授業料を払ったかが勝負なんですね(笑)。


拍手[3回]


アルコールの入った脳みそで動作チェック。自分でも呆れ返っている。
この後は明日の予定だったんだけど、アルコールの入った人間は強い(?)。

組み上がったアンプへ発信器とオシロを繋ぐ。

周波数をスイープして様子を見る(この辺は経験がモノを言って)。

中々と言うか直熱管と変わりない。

そう、測定器でのチェックはアンプの健康診断。
逆を言うと測定器でのチェックをしないで聴感だけでの判断。
重い病気に掛かっているけど、自覚症状が無い。と言うのと同じって判ってない人多いですよねー。

兎に角、聴感チェックの前に測定器でのチェックは必須(逆を言うと測定器を使えない人はアンプを弄っちゃ駄目よ)。

測定器でのチェックを無事に通過したバッファアンプ。

ふらついた足も、アンプを持つとシャンとするのがなんとも・・・・・。

片chだけだけど装置にセット。

少なくとも、以前の音より悪くは成っていない。
世の中の直熱管崇拝主義に・・・・・。

イヤ、正直に言っちゃうと声の通りは良く成っていると感じる。
片chでの試聴なのであまり結果を言いたくないんですね。

でも・・・・・(内心ニヤニヤニヤで)。





ECC99。中々の球です。但し12BH7Aとは偉く違いますし動作点を理解出来る力量を持っている方にお勧めです。
暫らく振りに良い球にめぐり合えました。

何とかと球は使いよう。名言かな?

拍手[3回]


真空管の交換中ですが、ツ・カ・レ・タ。

一服中にBLOGのアップです。



此れが今回交換した真空管パネル。

この様な作りだと、色々と交換は出来るのですがシャシ作りが大変。
まあ、僕が使う機器は基本的に実験機。こいつの実験結果をお客様に渡す機械にフィードバック。

で、結果的に渡した機械の方が良く、口惜しい思いを・・・・・(涙)。



途中経過の写真。

今回は単に真空管を替えるだけではなく、例の逆相ドライブへの発展も企んでいます。

で、此処からが大事。

逆相ドライブの欠点は見当たりません。兎に角良く成った事実だけ。
と成ったら、最初から逆相で組んじゃいたいのが人情。

此れをやったら、真空管の純粋な鳴き比べに成らないんですね。

前より良く成ったとしても、逆相の所為か球の所為か判りません。

急がば回れ。一つずつ実験。此れがノウハウを蓄える秘訣。
慌てる乞食は貰いが少ない、とも言いますし。

さて、ボチボチ始めますか。


拍手[1回]


今日夕方、アルマイト屋さんから貰ってきたパーツ。
プリとパワーの間に入っているバッファアンプの部品。

このバッファアンプにだけ直熱管が入っているのです。

パーツを貰うと同時に今掛かっているパワーアンプのシャシを預けた。

と言う事は、シャシのアルマイト加工が終るまでパワーアンプの製作はストップ。
その間に僕のバッファアンプの改造をやっちまえと言う作戦です。

イエね、言い訳じゃ無いですけど、この改造部品を揃えたのは数ヶ月前。
色々な野暮用が多くて中々掛かれなかった。

ついに始めます。
僕の装置から直熱管が排除されるのって何年ぶりだろう?
10年以上経っているのは確か。
下手すると20年以上かも・・・・・・。

で、今度の真空管(ECC99)。使うのは初めて。海の物とも山の物とも判りません。
この様な物を使う時、ネットや雑誌での下調べは厳禁(いい加減な情報が多過ぎる、特にネットは)。

余計な先入観を入れてしまって遠回りに・・・・。

メーカー発表の基礎データーだけで始めるべきですし、このデーターが理解出来ないんでしたら手を出しちゃ駄目です。

基礎データーを理解出来る基本勉強を先にしなきゃ・・・・(真空管アンプを弄っていながら真空管の動作原理を知らない人を沢山見かけます)。

要は九九も出来ないのに微積分を理解しようとしている様な物。

さあ、此処迄大口を叩いたのですから、こいつの料理が出来なかったら僕は大恥をかきます。

心の底にチョイの自信が有るから書けるんですけどネ(笑)。





と言う事で、先程迄散々レコードを聴いていました。
2~3日聴けなく成りますので。

拍手[1回]