平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
ノンビリと進めていますプリアンプ。

2~3日間、自治会の用事や雑用で中断。
今日、暫くぶりに再開です。

ドライブ段の動作点確認(あくまでも電圧、電流配分)は終わっていますので、球数の多いプリ部です。

プリ部は3段のイコライザーと1段のフラット段。
真空管の構成は、初段がECC82。2段目と3段目がECC99。
入力セレクター、音量VRを経由してフラット段のECC82へ入ります。

エッ。フラット段はECC99じゃないの?

って思われる方が多いと思います。
イコライザーの2,3段目とフラット段。
入力信号の大きな方はどちらでしょうか?

以前アップしましたよね。球の動作点の決め方。
此れを理解した方ならハハ~~~~ン。

普通のプリアンプなら、短時間に8本の真空管の電流を測る様ですが、左右独立電源ですので、片chだけを測れます。

と言ってもぐずぐずしちゃ駄目ですよ。何らかの原因でオーバー電流が流れているかも知れないんですから・・。

テスター棒をカソードへ当て、電圧のチェック。
2本の82はピッタシカンカン。
2本の99は、1割がた少なめ(まだ99の経験が浅いですね)。

デカップリング回路の抵抗値を調整して、予定通りの値にしました。

左右共同じ処理をして、再チェック。
今度は予定通りの動作点。

B電圧を変更しても、略計算通りに出来ました。この辺は経験値がモノを言います。
僕も昔は苦労して電圧(電流)値を合わせていました。

さ、明日からはオシロと発振器を繋いで実測です。
今日は疲れたので、無理はしません(笑)。


拍手[2回]


とりあえず、電流の流せる状態に成った新プリアンプ。

動作チェックを始めます。


大量のフォステクスのコンデンサー。略100%中古品。
此れを全部新品で揃えたら・・・・・(大汗)。

動作チェックの方法は何時もの通りです。

と言う事は、一瞬に12本の真空管の電流を測る様(万が一、オーバー電流が流れていたら、万事休す)。

流石の僕にも、此れは無理。
ハイ、電源が4つに分かれているのをフル活用。
まず、電源が1台しか乗っていません。

この状態では、片chだけしか動きません。
で、気付きました?

整流管が1本しか挿していないのを・・・・。
真空管本数の少ないドライブ段だけに(しかも片ch)電流を流します。
素早く、2本のECC99のカソード電圧を測定。
オームの法則から判りますよね。電圧÷カソードのバイアス抵抗値=真空管に流れている電流(プレート電流)。

机上の設計では、此処の電圧は3V。
実測値。片方が2,95V。もう片方が3,01V。
ハハ、ピッタシカンカン(実はドライブ段の電源も弄っています)。
僕のパワー管はKT66。普段使っている(お客様に渡している)EL34よりもバイアスが深いんですね。
其れの対策で変更しました(と言う事は、最初に作ったのはEL34に合わせていた。大汗)。

兎に角今回のアンプ、反省点ばかりで・・・・・・・。
何で気付かなかったのよ・・・。と言うのが目白押し。

この状態で1時間動作。1時間後の電圧を測定して、反対のchに掛かります。





今回のアンプ。製作途中での中断が何度も。気合抜けますよね。
結果、適当に・・・。

十分判っていたんですよ。この様な製作では良い物は作れない。
第一、作っている時に楽しくなかった。

良い仕事は楽しんでしなきゃ駄目。
判ってはいたんですけどねー・・・。

ハイ、作り直し。結構楽しんでいます。
頭が疲れて来たら、サッサと止めます。
苦労して作った物と、楽しんで作った物。
後者の方が良い物が出来ます。


僕、頑張りました。って言葉嫌いなんですよね。
頑張りました、の後に言い訳が多いので・・・・(でも・・・・・)。
頑張らなくて良いんですよ。
結果が勝負ですから・・。
楽しんで良い結果が出た。此れが最高です。


酔った勢いで書いちゃいますね(大汗)。
僕とギターとの付き合い方。
頑張って練習って嫌いです。
そんな事をしていたら、ギターが嫌いに成ってしまう。
その気に成った時にギターで遊ぶ。

此れが不思議で、ここ数日のんびりしている時は膝にギターが乗っている。
逆に乗っていないと寂しい。
昨夜、大好きな連続ドラマの最終回。見ていたんだけどギターとの遊びが始まって・・・(ストーリー、よく判らなかった)。

1年前も夢中には成っていたけど、今の好きとは違うかなー・・・・って。

で、実は最近好きなギタリストを発見(ネット動画)。
その人の弾き方は、僕の大好きな音(クリーントーンが中心で、歪ませても暴力的ではない)。

面白い事に、その人はギターを全然弄りません。
沢山のギターを持っていて、其々の良さを発揮した演奏をしています。
ウーーーン。この様な人を知ると・・・(ギターの改造なんて・・)。
けっして高級(高額)なギターを使っていないんですね(と言っても、僕と同じ程度のギター)。

で、その人と僕との共通点。ギターが大好き(その人、僕よりもギターが好きかと、笑)。

拍手[4回]


毎日、プリアンプの改造。
で、大失敗・・・・・・・。

イコライザー段のノイズ対策がメインですので、本体のイコライザー部分を完全分解。
アースラインの引き直し。
アースラインは一番下(奥)なので、CR類を外さないと出来ない作業だったのです。

全ての改造が終わり、電源部の再チェック。
で、焦っていた作業が見えて来た。何でこんな対策をしちゃったの?
要はB巻線の変更。馬鹿ですよね、もっと高いB電圧が必要に成って、リップルフィルターの抵抗値を下げちゃったんです。
リップルフィルターの抵抗値を下げると、フィルターとしての性能は下がります。
結果リップル成分を含んだB電源に・・・・・・・。
この辺は、ギリギリの低容量のコンデンサーを使っていた、と言う事も見逃せません。

数日前に電源の底蓋を外して・・・・・・・・。
馬鹿だよねー。B巻線に余裕が有るじゃないか・・。

B巻線の電圧を変えると、全て設計し直し。

で、その結果・・・・・。


電源部の改造は昨日全て終わりました(2台共)。

その為に、本体の変更も必要に成ったんですね(恥)。


B巻線を弄る前の定数と、変更後の定数を書いた図面。
2枚の図面を最初から書いたのでは有りません。

僕の図面の書き方は、最初に定数を一切書き込まない図面を書き上げます。
此の図面をスキャナーでパソコンへ取り込みます。

こうして置けば、定数の変更図面を何枚でも書けるんですね。
定数だけの書き込みでしたら簡単です。
失敗したら、また最初の図面を印刷。
新しい定数を書き込む。

最終的な定数が決まったら、その図面をスキャン。
図面を大事にしないと、後で後悔しますよー(経験済み、汗)。

結論、電源部の改良を先にやっていたら・・・・・・・。




チョイ日記を見直してみたら・・・・。
8日(日)に休んでから1日も休んでいない(疲れている筈だわ)。
と言う事で、今日は休養日に急遽決めました(笑)。

拍手[2回]


プリアンプ電源が片ch分だけ完成(パチパチパチ)。
有る意味、ゼロから作るよりもメンドイ。

とりあえず写真。
ビフォー。



アフター。



コンデンサーが増えたのは一目瞭然ですが、プリ部の電源トランス、B巻線の電圧も変更。
ECC99対策です。
ヒーター回路以外は殆ど作り直し。

最初から、ジックリと考察すれば・・・・・・・。
急がば廻れ・・・・・・(涙)。


拍手[3回]


略、作り直しの新しいプリアンプ。
只今電源部を再設計。

何で・・・?と言う所がイッパイ。
焦っていたんだね。つい自分のだから・・・・・。

設計の甘さを、イヤと言う程痛感しています。
そんな訳で、只今の服装・・。ツナギです。

後パネルを外してネジ加工。
ラグを増やす算段です。

リップルフィルターの強化。

その他も色々と手を加えます。
人生最後のプリアンプだった筈なんだけど・・・・・・・。





今月イッパイの完成は難しいかも・・・・・。
そんな訳で、ジャガーのピックアップ交換は何時に成るのか・・・・・・。

拍手[2回]


ドライブ内蔵のプリアンプ。
本体部の組み立ては略完了。

2台の大型電源のチェックに入ります。
で、参った・・・・・・・・。

確かに無くても作れるけど、回路図が無かった・・・・・。
最初の設計のプリ部、ドライブ部を分けた図面は有った。

途中変更で、左右別シャシの回路図が・・・・・・・。

色々と手抜きも見つかり・・・・・。

ヤハリ、あの時は時間に追われていた。組み立てを楽しむ余裕は無かった。
早く組み上げて、次の仕事に掛からないと・・・・・・。

今回は、ジックリと掛かります。頭が疲れたらコーヒータイム。
昨日も頭の疲れを感じたので、ブログのアップをしていました。

この位の感じで進めないと良い物は出来ないんです。
勿論、気分が乗って・・・。と言う時は行け行けドンドン(笑)。

その時の自分の気持ちに素直に従っての作業。

贅沢ですね・・。



と言う訳で、電源部の組み直しは中断。
これから、ジックリと回路図を書き上げます。

拍手[1回]


イコライザー部分のCRを全て外し、アースラインは全て外したプリアンプ。
バラしながら気付いた・・・。手抜きだらけ(大汗)。



気分的にゆとりが無いと、やっちゃうんですね(特に自分の物は・・)。
配線的には間違っていないけど、もうチョイ考えて引き回せよ。と自分に怒っている。

これじゃ、原因不明のトラブルも出るよね。

こういう仕事って、無茶苦茶頭が疲れます。作った時点の自分に戻って、何故こうしたか?
何度も実体図を書き直し。

ラグの数も増えました。

頭がクラクラして来たので(コロナの所為では有りません、汗)只今コーヒータイム。

音が出る迄、後2週間かな?


予定として2週間位。と言った感じで、今回は絶対に急ぎません。考えに行き詰ったら、考えがまとまるまで先に進まない。
こんな時に不思議と良い考えが出るのは、相変わらず入浴中です(笑)。

今日はもう止めて風呂に入ろうかなー・・・・。

拍手[3回]


フォノイコライザーからのハム音が消えない、新しいプリアンプ(ドライブ段内蔵)。
沢山のCR素子の陰に成って、アースラインが見えない。

エーーーイ、面倒也。



フォノイコライザーをばらしました。
こうすればアースラインが一目瞭然。

此のアンプの問題点。1台のシャシに4個のB電源が入っている。
要は独立した電源が4個。

其々のアースラインはどうするのよ?
チョイ眺めた感じでは、間違っていそうも無いんだけどなー・・・・。


アースライン。考えれば考える程奥が深いのです。
基本通りに考えても、2~3種類が考えられる。

シャシには電流を流さない。此れは守らないとダメ。
1本のアースラインに何種類もの電流を流さない。
此れをよく考えながら、引き回しを考えるのですが・・・・・・。

拍手[4回]