平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日はアンプの修理にお客様が来訪。
ある部分が破損(LUX製です)しているので同じパーツも無いしシャシ加工をしてもっと丈夫なパーツに交換する事に・・。
シャシ加工に時間が掛かるのでお預かり。

で、プレーヤーとバッテリー電源の話しに成った。
まずパワーアンプだけ東電に変更。
エーーーーー・・・。

丁度今使っている試聴用のプレーヤーを僕の重量級プレーヤーに変更しようとしていたので、ついでに此方も聞き比べ。
御存知の様に僕愛用のプレーヤーは一人では運べない。
此処でバラして現地で組む様。チョットではない大変さ。
そんな訳で一人でも運べる重量のプレーヤーを試聴用に作ったのです。

一週間後にまた試聴用プレーヤーは出張するので僕のプレーヤーへ変更しないと・・・。

お客様と聞き比べ。
最初は試聴用を聞いて貰った。その音でも感心して貰えたんだけど、重量キャビの音を聞いたら・・・・・(おもちゃって言われちゃった、笑)。

そんな訳で試聴用のキャビはお勧めしていません。単に持ち運びがし易い様にと作っただけですから。


あ、以前アップしましたがこの重量キャビ、僕一人で組み立てるのは凄く大変。
組み立てをお客様にも手伝って貰う。と言う前提での受注です(汗)。

拍手[4回]


此処暫らく貸し出し用のプレーヤーに掛かりっ切り。
要は普段使っているプレーヤーでは出ない問題点が続発。去年の暮れから本当に掛かりっ切り。

SN比の点ではまだまだなんだけど、これ以上は今使っているキャビじゃないと無理との判断で試聴を希望されているお客様の所へ持ち込んだ。

ヤハリSNの点で其れ成りに苦労。とりあえずその辺を気にしないで使って見て下さい。そんな訳で置いて来たので、今日暫らくぶりに重量キャビプレーヤーを接続。

針を下ろすと静か・・・・。

そうなんだよね、この静けさが欲しくてこのキャビを作ったんだよね。
レコードプレーヤー、其れ成りの物が欲しいなら其れ成りの重量が必要。判っちゃいたんだけど改めて思い知った。

でも今鳴っている音、新型アームにしたい・・・・・。




拍手[2回]


昨日は例のくそ重い(笑)プレーヤーキャビの配送です。
あれの組み立ては一人ではきついので宅急便で送ると言うのは有り得ません。

勿論組み立てちゃうと車に積み込むのも一人では無理。
現地で僕とユーザーの二人で組み立てる。と言う条件で受注していると言うなんだかなのキャビなのです。

納品先は新潟県。早朝エブリー君で出発。
現地作業というのは何が起こるか判りません(今回も有りました、汗)。
最悪の状態を想定して必要工具と部品を持って行きます。
近場でしたら出直しますって言えますが遠距離の場合は・・・・・・。

今回も念の為と持って行った工具が活躍。あいつを持って行かなかったら・・・・(大汗)。
3時間の奮闘で無事に音出し。

暫くぶりに聞く僕にも以前のキャビとの違いが判ります。

ユーザーの方は大興奮。今回はキャビネットと同時にターンテーブルも交換しましたので尚更です。

あのキャビ。注文を貰えるのは嬉しいのですが、ある意味頭痛の種。お客様の所(お馴染様の部屋は判っていますので)での組み立てを考えると・・・・・・・。

でも、出て来た音に対するお客様の喜びを見ますと苦労も吹っ飛びます。
で、タイトルです。


拍手[8回]


木工屋さんの間違いで大騒ぎに成ってしまったプレーヤーキャビ。
昨日新しいのが入荷しました。

早速穴位置の確認。勿論ウッドの部分だけではなく僕が加工した金属部分もチェックです。
ずれていたら現地での修正は絶対不可能(お客様がフライス盤を持っていたら出来るかも、笑)。

僕のキャビの特徴は木ネジを一切使いません。上下のアルミプレートでウッド部分を挟みつける構造です。

この方式、作るのは面倒ですけども、将来何かの変更が有った場合、其処だけ作り直せば大丈夫。
機械強度もバッチリで、レコード演奏中にキャビを拳骨で殴りつけても平気の平左。
ステレオ誌が取材に来た時にも、僕が拳骨で殴っても平気なのには驚いていました。
問題は僕の手が痛かっただけで・・・・・(汗)。

そんなキャビですのでハウリングにも目茶強いんです。



ウッドにアルミプレートをあてがい穴位置のチェック。バッチリOK。

続いて上下のアルミプレート同士のチェック。



これは下のアルミ桟とアームベースの穴位置チェック。
フライスで位置決めをしますから、僕がミスらない限り穴位置の誤差は1/100mm単位。
M8のボルトを通す穴径は8,5Φ。もっと小さくても平気なんだけど組み立てがし難く成るのでこの程度。
其れよりも問題は雌ネジの垂直性。チョットでも曲がると板厚が80mmも有るのでボルトが斜めに刺さり上下の穴に合いません。
この辺はフライス盤を利用して垂直を出しています。
やり方は板を固定した侭でチャックにタップを咥えます。シッカリと止めてチャックを手で廻しながら板に押し付けます。
タップは垂直に喰い付きネジを切り始めます。
M6程度迄でしたら此の侭チャックを廻せるのですがM8に成るときつい。
4~5回転食いつかせたら逆回転をさせて一旦タップを抜き取ります。
その後、チャックからタップを外しタップハンドルに取り付け直し。

ハンドルで最後までネジを切ります。
フライス盤チャックの上下への動きは凄くスムーズですので切られたネジに追従して下へ進みます。
M2,5でも平気なんですね。

こんな手を掛けたキャビももう直ぐ納品です。


拍手[5回]


此処一月近くプレーヤーキャビとターンテーブルの作業を続けています。
本日、僕が作るパーツが全て出来上がり、キャビとの位置合わせ。
仮組みです(本組みは客先で、組んだら持ち上げられませんので)。
傷を付けると大変なので組み立てて順を念入りに考えます。

ウン、この手順でOK。

木工屋さんから上がって来たウッドベースを開梱。
アームベースをあてがえる。ウン?

穴の位置が合わない。よーく見たら・・・・・・・・・・。



下一列の穴、左右が違っている(大汗)。今迄腕の良い木工屋さんなので安心していた。
でも、此処で発見で助かりました。

今回の納品は新潟県。

現地で気付いたら・・・・・・・・。





拍手[2回]


昨日の僕の仕事・・・。



円形のプレーヤーボード。
普段は4角ですけど遊び心の旺盛なお客様の依頼。

作りましたけど高いですよー(大汗)。

拍手[1回]


エーーーー。



これから納品です。今回は足も取り付けていません。
現地で取り付けます。

この状態が一人で安全に持ち上げられる限界。

納品が終わっての今夜、一人で乾杯です(笑)。


明日は休ませて貰います。疲れた・・・・。

拍手[4回]


ヤットプレーヤーキャビの天板とアームベース板が完成。
此の二点は直ぐにアルマイト屋さんへ。

アルマイトの待ち時間に次の仕事。
ベース下の足の部分。
足って簡単に言いますけど、厚みは40.幅が80.前後が430も有るので此れだけでも結構な重量。



六箇所の穴は8mmのねじが切って有ります。アームベースと此の足で木部をサンドイッチ。
この方法が一番です。分解も簡単(重量を考えなければ、笑)。

大きな穴は30mm。アームの出力ケーブルを出す穴。

つまり30Φの穴を40mmの板に開けました。ハハハ・・・・・。



此のキャビ。限定数にしちゃおうかな?兎に角大変。

拍手[15回]