平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
バッテリーで安心して聴くには連続演奏時間を知りたい。
一般メーカー製の場合は消費電力が表示して有るけど僕の作る機械は・・・・・(大汗)。

そんな訳でアンメーターを使って消費電力を調べようとしたんだけど、其れを作っている暇が無い。

別の件でネット検索をしていたらこんな便利機器を見つけた。
早速ポチッ。



消費電力以外も色々と表示してくれる。
そうなんです、欲しい物を売ってたら作るよりも買っちゃえ(笑)。

早速プリアンプとパワーアンプの消費電力を調べます。
Aクラス動作ですから音量による消費電力の差も無い筈ですし。


拍手[1回]


1年チョイ前かなー。愛用のオシロが絶不調。アンプを測定しているのかオシロを測定しているのか判らない。

道具は使い慣れている物が一番。アナログオシロを探したんだけど見つからない。
クッソー、デジタル時代じゃ仕方が無いか。

仕方なくデジタルオシロを購入。

アンプの測定には向きません。僕の欲しいデーターが判らない。
そんな訳で使用時間はドンドン減っていた。

他の機械を探していた時なんとアナログオシロを発見。
只今貧乏中なんだけどぐずぐずしていたら製造中止(僕の見た販売店では取り扱い中止になったし)なんて成ったら・・・。

そんな訳でポチッ。

今日届きました。記念写真。



右のチッチャイのがデジタルオシロ。此れで値段は略同じ。アナログオシロを作ってくれているメーカーに最敬礼。
絶対に原価はアナログオシロの方が高い。

早速バッテリーの波形を見る。

イヤイヤ、とんでもない波形を見ちゃいました。バッテリーは頑張っている。ノイズの発生源は・・・・(秘密、笑)。






今迄の考え方を根本から変えないといけない様な・・・・。

あ、古いバッテリーの音ですか?
ハハハ・・・・・・(汗)。

拍手[2回]


今回インバーター電源を観測したオシロスコープ。
デジタル式なので細かな高調波を見難い。
もうアナログ式は作っていないと思っていたピンキー君。

見つけちゃいましたよ、アナログオシロ。
価格は¥60000台。

この先作られ続けるかが不明。60Hz電源の資金つくりに苦労しているのにまたもやポチッ。
良い仕事をするには良い道具。

今度のオシロで観察するインバーターの波形が楽しみ。


当分貧乏生活が続きます(涙)。

拍手[4回]


今回購入した2chミリバル。
チョイ意地悪なテストを・・・・。
要は発信機の信号を入れて同じ信号レベルの侭、入力レンジを切り替えると言う物。
今まで使っていたミリバルはレンジを切り替えても指針は同じ数値を指します。

今度のミリバル、同じ信号なのに2chの指示が合わない(笑)。
レンジを切り替えると数値が変わる。

誤差は3%以内って成っているんだけどクリアーは難しい。

で一番笑えるのは発売元は書いて有るんだけど製造元の記入が無い。
つまり製造元不明(大笑)。

まあ、僕の使い方では10%近く誤差が有っても平気なのでまあいいか。
問題は日によって数値が変わるのだけは御勘弁。

国産機でミリバルって見当たらないので今は違う測定器に成っているみたい(使い方は同じでもっと多機能、勿論呼び名も変わっている)。

30年間もこの世界に目を向けなかったので完全に浦島太郎です。


拍手[2回]


新しいオシロ君。結構活躍しています。プリフラット段のOPT、逆相出力は出せないよって教えてくれたし(笑)。

で、今度のオシロ。どうしても我慢出来ない点。ブラウン管時代には有った目盛りが無い。
つまり測定電圧が判らない(波高値ですけどね)。
自動で勝手にレンジを切り替えるので便利なんだけど・・・・。

そんな訳で化石時代の測定器を買いました。



ミリバル。現在僕の使っているミリバル(30年前に購入)がヤフオクで結構な価格で取引されている。
今、ミリバルって国産メーカーは作っていないのかなー(今回のミリバル、信用出来ない中国製と思う)?

今回買ったミリバルは2ch入力なので非常に助かります。

30年ぶりに測定器を一新。ハハ自慢できないですよね(汗)。


エーーー、今日の記事。意味不明でしたらアンプを作っちゃ駄目ですよ。
まあ個人的に作るのは自由ですけど、作った結果は墓場まで持って行かなくちゃ(笑)。

最近聞いた話。とんでもない高額のアンプを作っている工房。作り手はオシロの使い方も知らないって・・・・。
買ったお客様、詐欺に有った様・・。ですよね。

聴感ではアンプの持病は判りません。持病を持ったアンプに周りを合わせて・・・。
僕には絶対に我慢が出来ない事なんです。

あ、軽く追記。
前出の超高額のアンプ。実は僕の所に持ち込まれた事が有るんですね。
回路図を見せて貰い、測定するまでもない。基本的に間違っている。
其の間違いを直してオーナーに渡しました(僕の所で音出しは一切していません)。
其の後のオーナーの反応は・・・。
要はこんなアンプを作る人間は測定器を使えないって思えたんですね。
そこへ前出の話が聞こえて来て・・・。
まあ、思った通りかなと・・。

拍手[5回]


働き出しました。新しいオシロスコープ。



デジタル式と言うのが気に成っていたんですね。

ヤハリ・・・・・・・。
波形が汚い、特に沢山の山を出すとギザギザ。

僕の使い方はメインのサインウェーブにどの様なノイズが乗っているかを見る場合が多いんです。
ノイズ、キッチリ映せるのだろうか・・?

明日は態と発振しているアンプに繋いで異常波形がどう見えるかのテスト。
まあ、安物のオシロに期待するのが無理なのかも・・・・。


拍手[3回]


早速新しいオシロのセット。

其の前に・・・・・。



30年間お疲れ様でした(と言う事は次女の年齢は・・?)。
正確に言うと29年と半年。

でもこの大きさの差は凄いですよね。大きいだけでなく値段も高かった。当時の価格で今回のオシロの4倍。
次女の出産費用の捻出でピンチだったピンキー君はオシロの他に発信器とミリバルを買い勿論ローン。
其の3台を後部シートに積んだ侭病院へ行ったのですから・・・(汗)。

さて此れから実践です。使い方を覚えながらアンプの修理を・・・。



拍手[2回]


アンプのチェック中に突然壊れたオシロのプローブ(測定用の端子)。
本体も老体に鞭打って使っている状態だし・・・・。

と言う事で突然の購入です。

今は本当に便利に成りました。30年前は秋葉原まで出向いて購入。
今は部屋の中でパソコンに向かって購入。

これが無ければこんな田舎に引っ越すのは無理でした。
こんな田舎でも不便さを感じないんですね。

で、本日新しいオシロスコープが入荷。



軽い、小さい(奥行きが)。
昔はブラウン管を使っていましたからどうしても奥行きが長く成りますし、その為の電源も大きな物が必要。
結果、重い、大きい。

30年前って携帯電話なんて有りませんし一般家庭にパソコンなんて・・。
テレビ録画はビデオテープ。レーザーディスクは高級品。DVDなんて影も形も無かったし。
録音はカセットテープが一般的。
まだまだアナログ全盛時代だったのです。

考えて見ると此処30年の電気製品の進歩は凄まじいものが有ります。
勿論測定器だって。
パネルを見るとレンジ切り替えのロータリーSWが無い(今使っているのはこのSWが接触不良)。
自動切換えなんだろーなー(テスターだってないもの)。

浦島太郎状態を楽しもうと思います。


拍手[4回]