平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
僕が得意としているスピーカーユニットのマグネット固定。
この考えは僕の発案ではなく、30年以上前にパイオニアが製品化しました。
当時、ミッドシップマウントと名付けられていましたが、この商品売れなかったんですね。
アイディアは良かったんですが製品としての完成度(再生音)が今一だったのだと思います。

でもこの方式、理論的には間違っていない。って当時の僕は考え頭の中にしまって置きました。

可也以前(10年以上前)平面バッフルに取り付けたコアキシャルユニットのマグネットを押さえ、この方式の正しさを実感したんですね。

それ以来、マグネットを抑えると言うのは僕の定番に成りました。SPUアダプターも同じ考えです。

そんな訳で・・・・・。



今回のユニットスタンドに使うマグネット押さえが出来ました。8本の丸棒のうち4本には雌ネジを切り、残り4本には貫通穴を開けます。

で、大事な所・・。



まあ普通に開けた貫通穴。でもこれはNGです。
円柱のサイドに開けたのですから、ボルトの頭とは線接触。
長い使用ではボルトの緩みが発生し易い。ボルトが緩んだらユニットは・・・・・・(怖)。

実際にユニットを落下させた方が・・・。

その辺の対処をした貫通穴。



座ぐりを入れ、ボルトの頭と面接触にします。

僕の方式、結構真似されて作っている方多いんですよね。で、老婆心です。





拍手[4回]


材料は出来上がっているのに色々と雑用が多くて中断していたツィーターの取り付け。
こんな感じです。



チョイスしたのはエラックのリボンツィーター。
こいつが使えると5ウェイ作戦が4ウェイで済みます。
と言うのはリボンのクセに3kHzから使えるのです。
更に360°指向性。

取り付け台はこの様な感じ。



20mm厚のアルミ板でサンドイッチ。
アルミ板の上端面に雌ネジを切り天板を取り付け。と言った感じです。
ツィーターのサイズに対して前後50mm大きく作って有ります。
これはユニットの前後調整をする為なんですね。

マルチのスピーカーシステムを成功させるにはユニットの前後調整代を設ける事。
その辺、メーカーのシステムは設計が甘い(笑)。
で、この位置。固定は出来ないのです。アンプが変わると位置が変わるって極普通に起きますので。
勿論ネットワークを弄っても変わります。

今回も勿論各ユニットにパワーアンプを接続。マルチアンプ駆動です。
ネットワークを使うかチャンデバを使うか一瞬悩んだんですけど、今回ツィーターに使うアンプは出力が少ない。ネットワーク方式ですとツィーターにもウーハーと同じ出力が必要なので今回はチャンデバで行きます。
勿論将来の5(4)ウェイチャンデバの先行実験も兼ねています。

チャンデバを作る時に重要なのは計算値を信用せずに実測をする事。
此れをしないと先々の調整が出来ません。
市販のチャンデバも実測をお勧めします。
表示値と違っていたチャンデバを見ていますし、各チャンネルの位相チェックも重要です。
つまりチャンデバを使うと言う方は最低発信器とオシロは必要です。
測定結果を耳で確認。この繰り返しが一番の近道なんですね。





拍手[3回]


現状の10W1発のシステム。
酔った状態の僕には丁度良い(笑)。

勿論不満点はゼロじゃない。ゼロに成ったら成長が止まりますもんね。

将来の5ウェイ計画。ユニットは揃っているんだけど悩んでいる所。
3kHz以上を持たせるユニット。
ホーンの場合は2ユニットが必要。

で、不思議なユニットも持っている。リボンのクセに3kHz以上を持たせる事の出来るこいつ。

http://hayashilab.syuriken.jp/elac1.htm

もう10年近く前かと思うシステム。
当時の僕の力量では本領発揮には程遠く・・・。
可能性は感じるんだけどバランスは無茶苦茶。

もう一度チャレンジして見よう。その結果で5ウェイか4ウェイか決めよう。

何とも悩ましいユニットです。



拍手[4回]


今日もレコードタイム。
只、今迄の聴き方とはチョイ(大きいかな?)違う。

音楽を楽しんでいない(今鳴っている音は十分楽しめる)。
要は装置の粗捜し。
本当に5ウェイは必要なのだろうか?今のフルレンジで劣っているところは・・・・。

ここ数日こんな聴き方をしています。

で、結論。やるしかないか。勿論今度作る5ウェイが今のフルレンジを凌ぐ保証はない。
つまり結論と言うのはやって見なくちゃ判らない。下手な考え休むに似たり。
そうなんです。現代人は考え過ぎる。もっと言えば失敗を怖がり過ぎる。
僕の生き方。失敗を沢山しよう。沢山の失敗をして残ったものが正解。
そう、最初から正解を求めるのは凡人。昔の偉人達、沢山の失敗をして答えを見つけていた。
其の偉人達と僕を比べるのはムチャクチャなんだけど心構えは見習いたい。

少なくともネットの情報で正解を見つけられるなんて思っていたら人生を舐めている。

そんな訳で・・・。



1年以上前に書いたバッフルの図面。馴染みの方には何処に何のユニットが付くかは一目瞭然。
バッフルサイズは出来るだけ小型に(大きいバッフルの方が良いなんて言っている人は机上の理論で実践していませんよね)した。

バッフルの設計で一番大事なのは部屋のサイズを十分に加味してする事。
つまり理論武装なんて・・・・(笑)。
ネットで理論を言っている人、実践の経験が浅いなーって感じる人多々。

基本的にネットでオーディオ関係は一切見ていません(笑)。まあ何かの時にチョイと覗く程度です(年に1度あるかないか程度です)。

まあそんな訳でボチボチと始めます。必要なユニットは揃っているので問題ないんですけど、問題はパワーアンプ。10台必要なので・・・・・(大汗)。



10台のパワーアンプ。全て逆相アンプですからね。
更にプリアンプも逆相アンプにしようかなと・・・・。

拍手[5回]


たった今まで、試聴室で昨日と同じ作業を・・・・。

10Wに巻いたタオルの所為です(笑)。
タオルの意味、判りました?

コーン型のユニットは前後に音を出します。しかも逆相で。
で、後ろからの音が部屋内に反射して、マイクがそれを拾っちゃうんですね。

昨日、位相調整の時にこいつが邪魔をして、針が落ち着かない。

で、対策として無いよりはましだろう。とタオルを巻いて後ろからの音を吸収させたのです。
効果は有って、針の動きが真っ当に・・・・。

一応決まりました。

さて、今のところに問題を感じませんか?

測定の時、最初にするのは両ユニットを同音量にする。ですよね。
タオルを巻かない状態で音量を測定しています。
昨日の内に気が付いていたんですが、あれ以上の時間1kHzを聞くのはしんどくて・・・・。

と言う事で今日やり直し。
タオルも2枚巻きました。生地の厚いバスタオルを。

その状態で両ユニットの音量を同じにします。

で、前後の位置調整。

エーーー何と言うか・・・・・・。
昨日とは丸ッ切り違う位置。

ホーンの開口部と10Wの前端。数ミリ違うだけ。

昨日の測定では10cm近くホーンが前に出ていた。

そうなんです、この測定条件をキッチリ出すのが大切で、其処を間違うととんでもない位置に合わせてしまいます。

人の立つ位置で変わりますから・・・。
そんな訳で、正しい位置を完璧に合わせるには無響室が欲しいのですが無理。
其処で如何に無響室と同じ条件に近づけるかがポイントです。

勿論バッフルを作る時に微調整は可能に作りますよ。

今回の測定は叩き台が欲しかったのです。


拍手[3回]


苦労しました。1kHzですから、動かす距離が大きい上にドライバーが重い(大汗)。
でも、これをやらないと10Wを凌ぐのは無理。

パワーアンプは10台必要と言うトンでも装置です。
手抜きは一切ご法度。

単にお金を掛ければ出来上がると言うのとは次元が違います。

兎に角細やかな気遣い。気が付いた事は徹底的に解明。

位置を出すだけでも1時間。
1kHzの音を聞き続けた耳はもう限界。

そんな処の写真。



マイクの位置も散々試します。位相のずれが判り易い位置。
こんな時もデッドな和室は測定がし易い(本心としては無響室が欲しい)。
ライブな部屋ですと何を測っているのか判らなくなるのですね。

この位置でとりあえず。



思ったとおり、ホーンがかなり前に出ます。
早い話、山勘で置いた位置で殆ど決まっていたのです。

1kHzでどちらのユニットも単独で鳴らし、音量を合わせます。
その状態で両方を鳴らすと音量ががくんと下がり・・・・・・。

ハイ、逆相でお互いに打ち消しあっています。
其処でドライバーだけ逆相接続をしたらメーターは振り切り・・・・・・(笑)。

あ、話が飛んじゃいますが、今お使いのシステムの位相が合っているかの簡易チェック方。
クロス周波数のサインウェーブを入れて、マイクで音量をチェック。
その状態で、上下どちらかのユニットを逆相接続。
音量ががくんと下がったら略合っています。
変わらなかったらくるって居ます。
もし音量が上がったら、今度の接続の方が正解です。

結構、メーカー製のシステムもこのチェックをすると笑っちゃう時が多いんです。

話を戻します。
今回は逆相接続の時の音量変化が大きかったですから、略合っている。
音量の大きな方の接続で、更に音量の上がる位置を探す。

で、この探し方。
音量最大の位置は結構広くてよく判らないのが普通。

さてどうしましょう?

考えて下さい。

で、青根を寒がっている10W。



後ろにタオルが巻かれ・・・・。

此処までやりたい方でしたら、理由は判りますよね(無響室なら要らなかった)。




最大音圧の位置の探し方。
かなり以前にアップしています。
僕も探すのがメンドクて・・(汗)。
興味のある方は探して下さい  m(__)m 。

拍手[2回]


タイトルを見てニヤッと笑った方・・・・・・。
きっと大勢いるかと・・・・・・・・。

イヤ、腹を抱えて笑う人の顔が何人も頭に浮かび・・・・・・。

そうです、他人の不幸は蜜の味。



暫くぶりに(引っ越して初めて)引っ張り出した測定器。
テクニクス製の安物です。
オーディオが盛んだった頃はこんな物まで発売されていました。
きちんと合わせたコンデンサーマイクまで付属について。

数年前に内部の発信機が壊れましたが、測定用の発信機を使っていましたので無事セーフ。

その後、付属のマイクが壊れ、シュアーを購入。

引越す前までは快調に動いていたんですね。

簡単に言うと単にマイクの出力を測っていただけです。
僕の使い方なら、周波数特性がフラットな事を要求しませんし。

さて使う段。何処にしまったかなー?
記憶の片隅に覚えていた場所にキッチリ有った(エライ)。

電源SWを入れたら反応しない。バッテリーチェッカー内臓です。

早速電池(006P)を交換。買い置きが有って助かった。
この雪の中、出かけたくない。

で、電池交換してバッテリーチェックにすると針が振り切れる。
ウンウン、元気元気。

マイクロホンを差込み、僕の声でチェック。
針が振れない。
ナヌ?
接触不良かと、色々試すがダメ。

アノネー、今日今迄掛かって準備をしたんだよ。測定器が故障じゃ無駄じゃないか。
参ったなー・・・・・・・・・。

で、ピコン(期待を裏切ります)。

もしかしたら・・・・・・。



マイクロフォンの端子にワニ口クリップが・・。

その先は?



ヌハハハ。ミリバル。

僕がマイクに声を入れると針が動きます。
針の動く速度は緩慢だけど、今回の測定は連続出力なので問題なし。

さて、始めますよー。




拍手[3回]


表は雪で、何の音も聞こえません。
こんな時は最高のチャンス。

10Wとオイロダインホーンシステムとの位置出しです。
スピーカーシステムを作る上で非常に大事な作業。

お互いのユニットからクロス周波数の1kHzを出し、相互の位相を揃える作業です。

これを疎かにすると、バランスの取れたシステムは無理です。

で・・・・・。



一つ目小僧の様な10W。

マグネット部をクランプして有りますので、がっちりと固定しています。

その上に・・・・・・。



なんか此の侭使えそうな面構え(笑)。
ウーーン、これで良いんじゃないかなー・・・。

これから両方のユニットに1kHzを加えます。

大事なのはどちらのユニットの音量も同じに合わせる事。
音量が違うと正しい位置が判りません。

勿論聴感ではなくマイクで拾って合わせます。

オーディオチューンの最後は耳ですが、80~90%迄は測定器で合わせた方が早くて確実です。



拍手[3回]