平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
僕の所へ来て丁度1週間。
エリートストラトです。
手元へ来て直ぐに、ブリッジ周りとピックアップ高さ調整をして、其の侭です。

今朝、仕事に入る前に軽く遊ぶ。エッ・・・・・・。
其の侭ベットの上。
晩酌が終わり、遊びだす。

これは・・・・・・・・。1週間前とは丸ッ切り違う音。
サスティーの伸びが全然違う。
各弦間に感じていた、音色のバラつき(他のギターでも感じています)。全然無くなった。

で、チョイ困った・・・。
無茶苦茶素晴らしい女性が目の前に来た。
僕とは不釣合いの・・・・・・。

アメプロの時にも感じたけど、まあ付き合ってくれた。
今度は違う。僕の方がおどおどしている。

此の音だと、ジャパンやアメプロの方が気楽に遊べる。

単にセッティングだけで、内部配線変更もパーツ交換も一切していない。

ウーーーーン。どうしよう・・・。


此れで、完全に他のギターへの浮気心は撃沈。
此の彼女に似合う僕に成らないと・・・(何年先かなー・・。一生無理かも・・)。


で・・・・・・。
僕が最近知ったギタリスト。演奏スタイルに嵌まり、思わず有料サイトへ入会(一ヶ月¥490ですからねー)。
で、なんと最近ウルトラ(エリートの後釜)を買ったんですね(今日判った)。
ヤバカッタ。其れを知ったらエリートじゃ無くウルトラを買ったかも・・・(汗)。
僕の知る範囲では、ウルトラのアッシュは無い筈。

で、僕が買った以外の店。エリートはチョイプレミアム価格。とんでもない店では倍近い。
傷有り特価(実際には無かった)で購入出来たのは、とんでもない幸運かと・・。


アップしてからもう一度調べなおしました。
ウルトラシリーズにもアッシュは有りました。極一部のカラーのみですけど。



一夜明けてからの追記。
アメプロの方が遊び易い。
原因は完全に僕の所為。エリートの方がピッキングのニュアンスが凄く出るんです。つまり下手なのが益々判って・・・・・・(涙)。

拍手[2回]


今日は、ドライブ内蔵のプリアンプを見直し。
使えるケミコンが見つからなかった状態での図面。
良いケミコンが見つかったよねー・・・・。

そう成ると、今迄の設計はご破算。電源部を含めて設計のし直しです。

今日は、アンプ本体には手付かず。電源の片ch分だけ手を入れました。
勿論、測定をしないでの山勘定数。

明日は、山勘が当っているかの測定です。


電源部。色々と弄くりました。勿論山勘。測定の結果を見ないと正しい答えは・・・・。
まあ、そんな訳で入浴、晩酌。

引っ張り出したのはエリートストラト。
お、重い。
承知して買いました。
標準のストラトの重量は、3,6kg前後。
僕の買ったエリートは4kgを軽く越えている。

僕の考え。重いと言う事は、木材の目が詰まっている。
新品では鳴き難いだろうけど、馴染んだら・・・・・・・。

買って数日ですけど、片鱗を見せだしました。

オーディオは金属がメインですので、再現が難しく有りません。
ギターは木工品です。一個、一個のバラつき。仕方が無いですよね。


拍手[3回]


買ったままの状態でも、其れ成りに鳴り始めたエリートストラト。
でも、トレモロユニットの浮き加減が気に入らない(アメプロで散々調整)。

例のスプリング交換と、トレモロユニットの浮き加減の調整です。
で、ストラト。浮き加減を変えると言う事は、弦高も変わります。

この辺の調整は難しくは無いんですけど、可也メンドイ。
一箇所弄ると、先に合わせた所が狂う。此れの繰り返しなんですね。
慣れたといっても、1時間チョイ掛かりました。

でもコードを弾くと疲れも吹っ飛びます。
キレが良く成った。
倍音成分も豊かに・・・・・。

この辺も、ストラトが好きな理由かも知れません。


只今ギタースタンドは、2本のエリートが占領。
アメプロは泣く泣くケースの中へ・・・・・・。

場所を何とかして、ギタースタンドの数を増やしたいです。
できる事なら、全数スタンドで待機。

拍手[2回]


来たばかりのエリートストラト。基本的には良いギターです。
でも道具。きちんとアップしたセッティングは必要。

あ、余計な話ですけど、今回のエリート。ピックアップの高さが滅茶苦茶。
店頭に有ったギターと思いますけど、試奏したなら誰も買わないかと・・・・。
お陰で僕は良い思いを・・・・。

ウーーーン。店頭の試奏ってその個体の最上のセッティングってされているんでしょうか?
売りたくない個体をミスセッティングで店頭に・・・。

まあ其処までは悪意が無くても、最上のセッティングでの試奏って絶対に無理と思います。
販売店の経験が(楽器じゃ有りませんけどね)数年有りますので・・・。

そんな訳で、入手したエリートをリセッティング(1年の経験で大口を叩いています)。



ストラトのブリッジ。此の浮き加減が音に結構効くんですね。
一般にはアームの使い方で浮き量を加減。
僕の経験(1年です)では、此の浮き量でサウンドが変わる。
色々と試しました。
で、写真の浮き量は大き過ぎる。

此の浮き具合での音の変化って結構大きいと思っています。
で、適量の浮き具合にするには・・・。


柔らかめのスプリングを本数を増やして使う。
手持ちの2本のストラト。両方とも此のスプリングに交換。
で、巷で言われている様な音色でのメリットは感じていません。
あくまでも調整のし易さで選んでいます。

トレモロユニットの浮き加減。
ストラト調整の肝と思っているのですが・・。


拍手[1回]


今日、ギターが届きました。自分の腕を思ったら本当に申し訳ない。此のギターも、もっと上手い人に弾いて貰いたかったかと・・・・。

それは、アメプロストラトにも感じています。

で、今日到着したギター。僕は常にネットでの購入ですから可也のギャンブル。
でもね、外れた事って無いんですよ。なぜかは判りません(単に僕のギターへの目が狂っているだけかも、笑)。

写真の公開は暫くしない予定だったんですけど・・・。


良い・・・兎に角良い。
見た目だけでしたらアップしませんでした。
軽く試奏(あ、練習レベルです)。

此の音欲しかった。と言っても、手持ちのストラトとは違う表現なので・・・・・。

オッチョコチョイの僕は預かったギター(言っちゃいますね、テレキャスエリート)のピックアップの音に惚れた。
此のシリーズのストラトのピックアップが欲しい。
で、ポチッ。

ピックアップが届いて、さてどれにつけよう・・(ジャパンかアメプロか・・)。
アメプロもジャパンも其れ成りに良い音をしている(特にアメプロ)。ジャパンを交換しようと思ったのだけれども、弾いて見ると美音。此の音を手放したくないよねー。

そんな訳で、3本目のストラトを物色したのです。
基本的にアメプロが好き。ネットで検索して、2本をめっけ。
只、1本はローズウッド指板。僕は・・・・・・・・。
チョイ高いけど、エリートの出物も発見。でも、エリートを買っちゃうと、手に入れたピックアップが無駄に成る。

預かったギターが拙い。エリートテレキャス(しかもアッシュボディ)。
まざまざと、アメプロとエリートの違いを理解させられた(エリートは凄い)。

エリートが欲しいけど、高いし買ったピックアップが無駄に成るし・・・・・。

そんな気持ちの晴れない2~3日。狙っていたアメプロが売れちゃった。
其れを発見したときの僕は酔っていた。

ハイ、此のあとはご存知のストーリーです。

で、今日届いたエリート。
無茶苦茶良いです(アメプロがやきもちを焼くかも)。

サーのピックアップとは違った味わい(両方共欲しい)。

で、不思議なのはテレキャスエリートの方はノイズが有るのに、ストラトは有りません(両方ともノイズレスを謳っています)。

更に驚きなのは、3個のストラトよりも2個のテレキャスの方が高い(ピックアップの値段)。

正直、写真のアップはしないつもりでしたが、あまりにもの良さでつい・・・・。
3本のストラト。僕の腕では使い切れません。でも3本共大切にしたいです。




でね、今回買ったエリートは1年前に買ったアメプロよりも数千円高いだけ(傷あり特価)。
アメプロに掛けた金額は・・・・・・・。
今、手元に有る2本。アメプロの方がはるかに高いって・・(大汗)。

大丈夫です。ジャパンを含めた3本、大切にします。

ストラト、バンザーーーーーイ・・・・・・・・。

あ、更に更に・・・・。
販売会社のHPで傷の場所も大きさも理解していたんですけど・・・・・・。
届いた現物には傷が無い。
もう無茶苦茶ラッキーですよね。

今回拘ったのはアッシュボディ。アルダーはいくらでも有るんですがアッシュと拘ると、ほんの一握り。
それで焦ったのです。売れちゃったら・・・・・。

ちなみにエリートの後釜のウルトラは、僕にはコストダウンモデルに見えて・・・。


でね、アメプロ(改造済み)とエリートの鳴き比べ(やりたいようなやりたくないような・・・)。
基本的にエリ-トの勝ち。ピックアップの音色ではアメプロかな(御存知の様にピックアップはサーに交換済み)。
でもね、ピックアップの交換は簡単。
拙いなー・・・・・・。

正直、アメプロとエリートの差。こんなに有ったとは・・・・(トレモロブロックも別物)。

拍手[1回]