平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
一晩樹脂を十分硬化させて、出来上がりました。



直径100mm弱。リッパなコイルです。
狙いは4,33mH(110Hz)。

過去の経験で4,5mH程度有る筈。

此れから実測をして、狙いの値までほどきます。

拍手[4回]


昨日切削した純鉄のコア。

早速旋盤に取り付けて、巻き始め。



こんな感じで巻き上げます。
両側に、エンプラで作った丸板を、コアの両端に立てた雌ネジを利用しボルト締め。

チャックを太物用に爪を付け替え取り付けます。

簡単に思っていた方が多いと思いますが、巻き上げ準備だけで1時間。
この状態にしたら、この仕事が終わる迄、次の仕事には掛かれません。

写真は右から左への片道を巻き終えたところ。
グレーの樹脂を隙間に塗りこみ、次のターンが綺麗に成る様にしています。
仕事は何事も下準備。
おしゃれは下着から。

此の後7往復(計7往復半)巻上げ、樹脂で固定。

その状態ですと、今回の欲しい値よりも若干多目。
測定しながらほどいて規定値にします。

勿論、クロス周波数で測定です。

拍手[3回]


永年ネットワークを作って来ました。もう何セット作ったんだろう?
僕の馴染みのお客様は、皆メーカー純正を止めて僕の作ったネットワークへ交換しています。

ある意味、一番手抜きの出来るのもネットワークですし(表から見えないので何とでも成る)。
酷いメーカーに成ると有極性のケミコンを平気で使っていますし・・・・・。

で、今朝からの仕事・・。



ネットワークコイルのコア。

今回のコイル。コア長を50mmでも38mmでも巻ける(この二つの寸法は巻き込むポリプロピレンフィルムの幅)。

シッカリと考えました。どちらの長さが良いコイルを作れるだろう?
巻線の長さを計算したり、コイルの断面を計算したり・・・・・。

で、選んだのが38mm。

古いお付き合いの方ならご存知でしょうが、僕は完全なる空芯コイル派。
市販のコア入りコイルを殆ど試しました。どれもダメです。付帯音が付き纏うんですね。
付帯音は、余計な共振(振動)と磁気歪みが原因の場合が殆どです。

つまり、コア材の磁気歪が気に成って気に成って・・・・・・。

ある時、低い周波数でのクロスの依頼が有りました。
空芯でも巻けるけど、でかくなる。でかいのはまあ我慢するけどDCRが大きくなる。
基本、コイルはウーハーにシリーズに入ります。
この場合DCRは低い程良い。
悩みましたよ。で、試してみよう、自分のオイロダインで・・・・・。

磁性体で磁気歪みの一番少ないのは純鉄。純鉄って機械強度は無いので、殆ど使われません。
使われるのは磁気に絡んだ所です。

とりあえず、純鉄の丸棒を発注。
此れが困った。殆ど需要が無いので切り売りは出来ません。
4m定尺1本お買い上げ(失敗したらどうなるんだろう?女房との喧嘩の時の武器位にしか・・・・)。

出来上がったコイルをオイロダインでテスト。付帯音がつきません。低域の分解能もアップ。
このテスト後にお客様のコイルを安心して巻き上げました。

コア入りコイルは周波数でインダクタンスが変わりまし、高域ほどコアの御利益が減って来ますので、500~600Hz以下での使用が良いかなと・・・・。

日曜日の足の疲れが取れなくて、旋盤でコア材の加工が精一杯。
明日、巻き始めます。

あ、チョイとお節介。
タンノイのネットワーク。プリント基板ですよね。
電力を扱うのに基板とは・・・・。

で、簡単なグレードアップ。
コンデンサーを良質なものに交換。
更に基板に錫メッキ線で裏打ち。
目茶変わりますよ(勿論良い方向へ、かなりの数の実績あり)。



材料(方式)を選ぶ時に全てが納得出来れば最高なんですが、一長一短と言う場合が殆ど。
あちらを立てればこちらが立たず。
で、どちらを選ぶか・・・・・・。
この場合、理論的に五分五分でしたら聴感で選ぶしか有りません。
僕は両方をテスト。聴感上良かった方をチョイス。

良く有るんですよ。電気的にはこちらが良いが機械的には別の方が良い。
僕の経験上・・・。
機械的を優先した方が、聴感上良い結果が出る場合が圧倒的に多いですネ(100%かも)。
まあ、好みの問題ですので、好きな方を選べば良いかと・・・。
ハイ、正しい答えは両方をテストするですけどね。

経験上ですが、電気的だけで解明しようとすると、オーディオでは正解にたどり着けません。
電気理論と機械理論の両方が必要です。
オーディオ界。メーカーにも言えるんですが、電気屋さんばっかりで機械屋がいないんですね。
機械的に解決すれば簡単なのに電気で解決しようとする(昔の電気サーボアームの様な、笑)。
オーディオって両方の基本知識が必要と感じています。

(その最たる例が、僕の作るアンプシャシ。電気的にはなーーーーんも変わりません。でも再生音は・・・・・・・。電気屋さんには理解不能でしょうね、笑)。

僕成りの結論。
オーディオの音は共振と磁気歪みで殆ど解明出来る。マクソニックの二代目社長も同じ事を言っていました。
で、僕のもう一つ。
アンプの能動素子の直線性がホンの少し係わって来ると・・・。

更に(しつこい)。
コンデンサーにサインウェーブを入れて出力波形をオシロで見る。
その時にコンデンサーを叩いて見た方って居ます?
シャシの重要性に気付く筈です。

拍手[5回]


ネットワーク方式でのバイアンプで必要に成るのがダミーロード。
何故必要かを書き出すととんでもない長さに成るのでパスします(汗)。

ネットワーク素子のリアクタンスを計算して、更にスピーカーまで含めた合成インピーダンスを計算すると、必要な理由が理解出来ると思います。

ヒントとして、一般のネットワーク(1台のパワーアンプでドライブ)は、各周波数帯での単独では正しい動作は出来ないのです。
隣に、切った先を流してくれる素子が有るのが条件なんですね。

バイアンプで作りますと、隣が有りません。
そうなると、ネットワークは通常の動作ができません。

其処で、ないユニットを有ると勘違いさせる為のダミーロードです。
ノンNFですので、単純にLCだけでOKですが、半導体アンプやNFの掛かった真空管アンプの場合は、スピーカーユニット代わりのダミー抵抗が必要です。

で、完成したダミーロード。



両ch分です。
左からウーハー、ドライバー、ミッドハイ、ツィーター用です。

この素子は、パワーアンプのスピーカー端子に直付け。

ダミーだからと手を抜いたら・・・・・・・(痛い目に合いました、笑)。




ダミーロードの値の計算式ですが、先のリアクタンスを計算すれば自ずと判ります。
こう言う基本の計算をする事で、ご自身のスキルアップがはかれます。。
自分で確かめないで、直ぐに人に聴きたがる人は、スキルアップをしたくないのかなと・・・・。

拍手[5回]


昨日は地元自治会の用事で一日つぶれました(汗)。
帰宅後出来た作業は、コンデンサー用のラグの取り付けだけ。

と言っても、配置を良く考え、どのコンデンサーをどこに置けば配線を短く出来るか?
なんて考えながらですから、結構時間が掛かるのです。

で、今朝から開始。



普通の配線材を使えば、今日一日で両チャンネルを作るのも不可能じゃないんですけど・・・・・。

エーーー。拘って1,4mmのエナメル線です。
裸の侭使えば簡単なんですけど、後々を考えると配線は色分けしたい。

ビニールチューブを被せるのですが、此れが大変。
普段は1mmのエナメル線に被せています。

今回は1,4mm。凄くきついんです。
太目のチューブを買えば良いんですけど、買う単位(量)が半端ではない(絶対に使い切れない)。

そんな訳で、無茶苦労しながらチューブを被せています。

でも、途中までの配線ですけど、被せて良かった。
どの配線が何処へ行っているか一目瞭然。

只今、疲れたのでコーヒータイム。

今日中に片chを仕上げるのが目標です。

今現在、半分位かなー・・・・・。




エーーー、序でに・・・。
思った通りで、ハンパ無い重量です。
僕の足では、二階への搬送は不可能で・・(汗)。

拍手[6回]


今朝一番で、オーナーの方と電話で打ち合わせ。

置く場所の関係から、端子は手前側に。
見た目が美しく、尚且つ配線がし易い様に、左右対称配置に決まりました。

あ、アンプは左右対称には作りませんよ(笑)。
何故かは考えて見て下さい。

更に将来ティップトゥーにも対応出来る様に・・・・・。

と言う訳で、下側の面にM4の鬼目ネジを打ち込みます。
金属ですので、コイルとの干渉が無い事を確認します(コイルを置いて、容量変化の無い事を確認)。
今回は丸ッ切り平気でしたが、もしも容量変化が見られたなら、コイルの下に樹脂製のスペーサーを噛ます心算でした。
今回はとりあえずプラ足を取り付け。

この状態で、入出力端子とコイルの取り付けです。





左右対称は、配線の間違いを起こし易いので注意です(つまらない勘違いから)。

で、コイルの取り付けはエポキシで接着(コイルに悪影響を与えません)。
この時に大量のエポキシを塗ると、将来何かでコイルを交換と成った時に、エライ目に遭いますので、コイルが外れない最低限の量を塗布(此れをしていたので、古いネットワークからコイルを外せたんですね)。

エポキシが硬化したら、コンデンサーを取り付けるラグをつけて、配線に入ります。

拍手[5回]


配置が略決定。



で、大事なのは、此の後直ぐに組み立て作業に入らない。

チョット時間を置いて、もう一度見直すのが大切です。

時間を置いて見直すと、もっと良い配置が見えてくる事多々。
良い物を作るのには、時間を焦らない。

チョットでも頭の疲れを感じたら、迷わずコーヒータイム。

写真でお判りでしょうが、コイル間の距離は十分離しています。
ネットワークの配置で一番大切なのが此処なんですね。

コイルは特注巻きですので、計算値にピッタリの値を作れますが、コンデンサーは難しい。
計算値ピッタリの値のコンデンサーは有りません。

近似値を狙います(何個かのコンデンサーをパラって作ります)。
許容誤差は計算値の±3%。これ以上はコンデンサーの誤差を考えると無駄と思います。
神経質な方は、コンデンサーを実測して・・・・・・(笑)。

これ以上、値を正確に出しても聴感上の差は無いと思っています。

好みのコンデンサーを使えば良いのですが、一つだけ提言。
そのコンデンサーの周波数特性を測って見ましょう。
ダメな物は、周波数によって容量が大きく変化します(特にケミコン)。

配線での鉄則はアンプと同じ。共通インピーダンスを持たせない。
実際の配線では、各ユニットのアース線を一緒にしないと言うのが大切です。
今回はバイアンプ方式ですので、共通には絶対に成らないですけどね。


何度も言いますが、ネットワークの定数計算式には必ずスピーカーのインピーダンスが入って来ます。これは基本的に仕方が無い。

で、メーカー発表値のインピーダンスで計算していませんか?
必ずユニットのインピーダンス実測して計算して下さい。

特にコーンユニットは、周波数で大きく変わります。
測定するのはクロス周波数でのインピーダンスです。

更に、エンクロージャー(特に小型や変則的な物)でインピーダンスは変わりますので、ユニット単体の測定は無駄に成ります(ですから僕は現地まで出向いてインピーダンスを測っています)。

何Hzクロス、何Ω。として発売されているネットワークは、とりあえず音が出ます。のレベルと思って下さい。

たかがネットワーク、されどネットワーク。
良質なユニットを、生かすも殺すもネットワークしだいです。

一時間半後の追記(笑)。
前のブログを書きながら、更に良い配置を考え付いたので変更。
その写真をオーナーの方へのメールに添付。
入出力端子をオーナーの方の使い易い位置へ取り付けたいのです。

返事待ちに成りましたので、今日はもうおしまいかな?

拍手[5回]


ネットワークの全てのコイルが巻き上がりました。

次の作業はコンデンサーも含めた部品の配置。



大切なネットワークパーツの取り付け板。

先のブログにも書きましたが、金属は厳禁。
今回はタモの集成材を使います。
サイズは450×350 厚み40です。
勿論片チャンネル分。

昔はコンパネ(ベニヤ板)の21mmを使っていました(予算が少ない場合は今でも使います)。
で、なんとなく板の鳴りが気に成って、自分の分を集成材に変えたんですね(部品は全て元の侭)。

ハハ・・・・・。ヤハリね・・。

此れに気づいたのは、ベニヤで組んだネットワーク。お客様が場所を取るのを嫌って、立てて使っていたのです(縦置きも出来る様に造りましたので・・。僕としては疑問だったのですが、ご要望でしたので・・・。)

納品時には極普通の水平置きで設置。アッテネーターレベルやユニットの位相調整を済ませて帰宅。

数日後伺いましたら、ネットワークが立て位置で置かれていたんですね。
何か音が変・・・。
水平置きに変えたら・・・・・・。

オーディオの音を決めるのは、機械の共振って非常に大事なんですよ。
スピーカーケーブルの音の違いも、電気的特性よりも配線材の共振の影響の方が何倍も大きいのです。

今回は予算はお任せ(この注文の仕方が一番上手い。僕は調子に乗って勝手に進めますけど、法外な値段は言えなくて・・・・汗)。

で、配置です。
アンプの場合は、配線の引き回しを最優先にして部品配置を決めますが、ネットワークの場合は、コイル間の干渉を防ぐ配置を最優先。
要は、コイルどうしを近づけない。
コイルを直角配置にしているネットワークも見かけますが、僕は全てのコイルを水平配置にしています。
まあ、この辺は作者の考え方ですので・・。




拍手[4回]