平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
イヤー、今夜も酔っています。其の調子でレコードタイム。

感じなきゃ良かったんだけど・・・・・・。
以前から気に成っていたMCトランスの負荷(此処最近ヘッドアンプはお休みです、新しいネタが見つからないので、笑)抵抗値のミスマッチング。

ハイ、市販のMCトランスって非常に不幸な使い方をされていますよね。負荷の調整もされないなんて・・。

こんな状況・・。



此処の愛読者なら説明不要でしょうから書きません(判んない人は過去を見て下さいね)。

で、此処数ヶ月ヘッドアンプを使わないで(ヘッドアンプの完成度が略達成)MCトランスを弄くっています。

今の時点での判った事。

MCトランスの負荷にシールド線は絶対にNG。

これって重大で単独のMCトランスを否定しています。
つまりMCトランスはイコライザーアンプに内蔵して最短距離で入力素子と結合する事。

今の僕のアンプが其の状態。あまり詳しくは書けないんですけど・・・。

僕が作った単独のMCトランス。有料には成りますが今使っているイコライザーアンプへの内蔵加工を受け付けます。
MCトランスの可能性に驚かれると思います。




あ、ちなみに今回の抵抗値。
僕のイコライザーアンプの入力抵抗は100kΩ。
MCトランスの二次側に更に抵抗を入れていますので、二つの抵抗のパラレルの値が負荷抵抗値です。
今まで入れていた二次側の抵抗値は20kΩ。15kΩにすると音がボケる。20kΩでは若干のハイ上がり。
中間の抵抗値の手持ちが無い。そんな訳で暫くほって置いたんです。
昨夜我慢が出来なくなり2本の抵抗を使って17,5kΩを作りました。
結果は大成功。

で、つくづく感じるのですが、この様な調整・・・・。
マルチスピーカーシステムでしたらスピーカーのアッテネーターの調整でチョン。
抵抗の交換なんて面倒ですものね。

でもそれは間違い。

こう考えると5ウェイにするのはまだまだ先かな。
フルレンジで最高の調整が出来てからやらないと・・・・・。

拍手[3回]


正直にゲロしちゃいますね。
此処1~2ヶ月ヘッドアンプを使わないでMCトランスで聴いてます。

最新のヘッドアンプ、昇圧を真空管だけに頼らずトランスにもおぶさっています。
つまり能動素子と受動素子のコラボレーション。

音質、SN比共に上がっているんですけど、トランスだけならどうなのよ・・・。

そんな疑問への答えは実戦しかない。

其れ成りの答え。

MCトランスを単体で使ってはNG。プリアンプの中に実装。
もちセレクターで切り替えなんてもってのほか。
トランスの二次側はノンシールド線でダイレクトに入力素子に接続。
勿論受け側の抵抗値はキッチリと調整。



此処迄つめてカードリッジやMCトランスの評価をネットにアップしなきゃ死刑ですよ(笑)。





あ、此処の処は自分でも不明・・・。
ナンデかなー、ヘッドアンプにMCトランスが敵わないのは・・。
絶対に理論的に究明しなくちゃ。



更の追記。市販のヘッドアンプはこの際考えていませんので・・ m(__)m 。

拍手[5回]


昨日の休養で可也体が軽く成りました。

沢山のお気遣いのメールを戴き、本当に有難う御座います。
要はチョットがんばり過ぎた(汗)。

で、今日はプリアンプの改造(お客様の物)予定で、ふと気が付いた。

29日にMCトランスを取りにいらっしゃるお客様。チョイ遠方(海外からです)。

プリに掛かってトランスが間に合わなくなると可也拙い。

まあ、時間的には何とか成ると思うのだけれど、プリの改造に掛かる時間が予定オーバーしたら・・・・・・(大汗)。

と言う事で、急遽MCトランスの製作です。



ケース切削は略出来上がっていましたので、最終穴あけ(お客様の要望で変わりますので、最後の工程にしています)。

その後ケースの組み立て(ピン端子をつけるのが結構面倒)。トランスの予備配線。

と此処まで終ったのが写真の状態。

これからトランスをケースに取り付け配線です。





過去に同じトランスをケースの違いで組み立てました。丸っきり音が変わりましたので、MCトランスも手を抜けません。

ピンの数でお判りの様に、二次負荷抵抗を自由に選べる仕様です。

拍手[1回]


新潟から帰っても休めません。
嬉しい悲鳴です。

今日の仕事は・・・・・・・。



もうお判りですよね。MCカートリッジ用の昇圧トランス。

初めての方からご注文を頂きました。
僕のブログやHPでこのトランスを知り、使いたいとの事です。
僕と一度も会っていないのに、ブログの記事で僕を信用していただきました。

期待に応えないといけません。

シッカリと作らせていただきます。

ケースは自信作の削り物。トランスは散々選んで決めた物。
今まで試聴にお貸しして、負けた事が無いと言う、とんでもない物です(笑)。

ジックリと配線開始です。

拍手[3回]


先日取り掛かったMCトランスの製作。
あの日は、他に優先仕事が出来てダウン。

その後も・・・・・・・。

と言う事で、今日最挑戦。

トランス本体に予備配線をします。
ケースに入れてからでは、端子間が狭すぎて、半田付けはまず無理。

トランスの予備配線後に、ケース内の予備配線。




この配線を見て、どちらが入力側か判りますか?
ヒントとして、片側のコールド側はシャシに落とし、もう片側は浮いています。

この辺がいい加減で、両方落として有る物が結構見受けられます。
両方落とすと、ハムを引いちゃうんですね。

有名なトランスで組み上げた手作りトランスに多いんですね。
先日もある有名な所で組んだトランスを預かり、アースの引き回しを変えました。
ハム退治に一番効果が有るんです。

写真の右側、シャシに落としてある方が入力側。
出力側を落としたらアースの基本を理解していません。

で、此処で悩みました。
アースの落とし方・・・・・・・。
イエですね。僕が使うのなら悩みません。
僕の所の常連さんが使うのでも悩みません。
と言うか、誰が使うか判っているなら悩まない事なんです。

つまりこのトランスは貸し出し試聴用。
何処に使うか全く見当がつかないんですね。

使うカートリッジは何でも平気(勿論MC型ですよ、笑)。
インピーダンスが高くても低くても使えます(勿論要調整ですが)。

何が悩みの原因かと言うと、アームの出力コード。
はあ~~~~~?って思いましたよね。

アームの出力ケーブル。
一般には単芯のシールド線。
で、凝った物に2芯シールド。こいつが問題。
シールドをアーム側に落としているメーカーと、出力ピンに落としているメーカー。
更に酷いのに成ると両側で落としていたりして・・・・・・。

各メーカー、夫々考えが違って色々な結果に・・・・・・。
なんて考えたらメーカーにとって都合の良いお客様。
正しいのは一つだけです。
他は間違い。

でも、それでも音は出てしまうので、間違いに気付かないんですね。

そうなんです。このケーブルのアースの落とし方で、トランス内部のアースの引き回しも変わって来るので・・・・・・・・。

で、結論。
どのアームケーブルにも対応出来る引き回しにしよう。
デモですね。昔からの格言。
『どれにも合いますってのは、どれにも合わないんだよね。』

結局中途半端なものに。

まあ、仕方ないか。
買って貰う時に、合わせた配線で納品しよう。


拍手[0回]


普通なら寝る時間ですよね・・。



こんな事を始めちゃいました。
写真では大きさが判らないですよね。

本当に小さなトランスです。

MCカートリッジの昇圧に使うんですね。

イヤ、ナント言うか、玄関のショーケース。綺麗にしました。ヤマトのミニカーが光っています(大汗)。

で、本職の方の作品が少ない。

何も乗っていない棚も有るし・・・・・。
まさかアンプを入れる訳にも行かないので(重量でガラスが割れる、汗)、小さなもので僕の作品を表すもの?

と言う事で、急遽MCトランスを作り出したんです。

まあ、試聴用にも必要ですし。

自慢じゃ無いですけど、このトランスをうっかり借りてしまって、後戻りが出来なく・・・。
と言う方が沢山います(笑)。

で、このトランス。実は僕のヘッドアンプの入力にも使われているんですね(オイオイ、汗)。

じゃあ何かい。トランスで持ち上げて、ヘッドアンプで持ち上げる。ゲインオーバーじゃ・・?

って考えますよね。
この辺は企業秘密で(笑)公表出来ませんが、非常に禁じ手の使い方をしています。
其の禁じ手に付き合ってくれている懐の深いトランスなんですね。

と言う事で、今このトランスをMC昇圧に使っている方が、僕のヘッドアンプを購入してもこのトランスは無駄に成りません。

まあ、ナント言うか・・・・・・・。

拍手[0回]


慣れた作業ですので、あっと言う間に完成。

入出力端子も交換しました。本当は出力側だけで良かったんですが・・・。




出力側(右側)が交換済み。入力が元々の端子。

僕の使っている物と、同じ端子です。要は音的には全然変わらないんですが、僕には此の侭がイヤだったんですね。
判ります?僕の拘り・・。
端子の六角部分。向きが揃っていないとイヤなんです。音的には勿論何も変わりません。でもイヤなんです(汗)。

出力側には白い樹脂ワッシャーが入り、シャシと絶縁されています。
しつこいようですが、浮かせない端子はNGです。




配線完了の内部。先の写真と比べると、配線の数が多いです。共通インピーダンスを持たせない為には、必要な配線なんです。

僕の作るアンプも回路が単純な割りに、配線の量は多いんですね。
理由は同じで・・。

此れで、このトランスもノンハムで使えます。
トランスは同じでも、配線の引き回しで性能が変わる事を判っている方、少ない様に感じます。

拍手[0回]


先日、HPのオーディオ質問箱に投書が来ました。
僕のトランスの試聴がしたい。と言うものです。勿論受けたのですが、今使っているトランスのハムが酷いと言う話も出て来ました。

そのトランスは僕も知っている物。只トランス単体で売られていますので、誰かしらが、ケースに取り付け配線作業をしている筈なんですね。

僕は成る程。以前にも経験が有る症状だったからです。

只、面白いのは、フォノイコライザーが2種類有り、片方のイコライザーだとハムが出ないので、ハムを出す方のイコライザーが不良かと疑っていました。

其処で、僕からのメールで、ハムを引くイコライザーの入力を外して、通常までVRを上げ、ハムが出るかのテストをして貰いました(このイコライザーメーカーのアースは信用出来ましたから)。

結果は、ハムゼロ。
ヤハリ・・・・。

お互いの都合の良い日を打ち合わせて、僕のトランスを持って伺ったのです。
僕のトランスだとハムがゼロ。
では、ハムの出ないイコライザーは・・・。
アースの引き回しに問題が有るのかもしれません。
面白い物で、問題を持っているもの同士ですと、ハムが出ない場合も有るんです。

と言う訳で、ハムを出すトランスを預かって来たのです。

その内部。




グリーンの矢印の端子は、トランス内部のシールドとコアからの配線が繋がっています。

赤矢印は2次側のコイル。
写真で判る様に、お互いが接続されていますが、大間違い。
この製作者。アースが何たるかが判っていません。アマチュアの作品なら許せますが、お金を取る人の仕事としては・・・・。




もう一つの間違い。端子の外側(コールド側)がシャシから浮いていません。
僕がよく言う、ベタアース。
パワーアンプなら、とりあえずハムは出ない(正しくはパワーでもダメ、平気で採用しているアンプの多さには口アングリです)けど、小信号、ハイインピーダンス回路ではハムの餌食。

さて、治しますか。

拍手[4回]