平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日は朝一でお客様。
40年近くお付き合い願っている方です。

SPUの針交換にいらっしゃいました。
暫くぶりの訪問なので、今の僕の音に興味津々。

好みのレコードも略同じ。
まあ、何時ものごとく雑談をしながら音楽を楽しみます。

レコードを聴きながら、プリアンプのバッテリー充電器に目が行った。
アレッ・・・・・。

プリアンプの消費電力は60W弱。つまり充電器の能力の略半分。
今迄は、充電器のランプは充電中表示の赤が殆ど点灯。
偶にフロート充電のグリーンが点く時も有りましたけど、殆どの時間は赤色点灯の充電中。

で、今日は・・・・・・・・・。
理論通りというか、1秒間隔程度で、赤とグリーンが交互に点滅。
2台の充電器、共に同じ症状。

確かに消費電力を考えたら、今度の点滅は正しい(勿論音質には問題なし)。
でも、今迄は(接続ケーブルを交換する以前)殆ど赤が点いていた(充電中の表示)。

ウーーン、なんでだろう?接続ケーブルで充電器の反応が良く成った?
益々、バッテリー電源に嵌まりそう。

拍手[6回]


充電器とバッテリー間の配線。従来は何も考えずに充電器付属のケーブルでお茶を濁していた。
勿論、充電と言う働きには何の問題もありません。

ここで考えなけりゃいけないのが、充電器からの出力。真っ正直な直流の筈が無い。だって入力が東電だもの(笑)。

で、チョイヤバイ直流を送るのに何故か(仮説は立てて有る)、スタッカード配線が有効。
以前使っていたオイロダインの励磁電源の配線にムチャ(本当に無茶苦茶)効いた。

ACラインにも効果は認められるけど、DCラインにも効くのです。

昨日の試聴。半田が落ち着いていないよね(半田付けをしたら本来の音質になるのに24時間必要です)。

そんな訳で、本格的な試聴は今夜(オット此の時間、夜と言うのには早い)。

まあ、夕食も終わったので、僕には夜の時間。

適当に聞き慣れたレコードをターンテーブルに乗せる。
VRを何時の位置に回し、針を下ろす。
静か・・・・・・。

最初の一音で判った。音離れが凄く良い。

僕は基本的にスピーカーから聞こえる音は苦手です。
スピーカーの置いて有る空間から音楽が響いて欲しい。
そんな訳でモノレコードでもスピーカーは2本必要なんです。
1本ですと、モロにスピーカーから聞こえる(これ、本当に苦手)。

音離れが良い、と言う事はスピーカーから音楽が聞こえない。
空間に演奏家がいる。

此処迄変わるとは思ってもいなかったので、此の後のアルコール、増えるんだろーなー・・・。

拍手[3回]


待っていたヤマト便は、アマゾンからのNゲージ部品だけを持って来て・・・・(大汗)。
2~3時間後、知らない宅急便が届けてくれました。

早速、ケーブルの製作に着手。

簡単な様でも、今回は10セットと言う結構な数。
配線端末の被服を剥がす。
2本ずつよる。其処へ圧着端子を被せて、専用工具で圧着(あ、此の専用工具って大切です。ペンチでプレスなんてやってはいけません)。

で、僕はこの圧着を専用工具を使っても信用していない(長期に渡っては問題ありと)。
そんな訳で、圧着後シッカリとハンダ上げをします。つまり酸化防止です。

その後、充電器側は端子間が狭い。つまり下手すりゃショート。

其れを防ぐには、圧着端子の根元を絶縁加工。
あ、ビニールテープでグルグルなんてのは常識外。
熱収縮チューブで処理します。

此れを10組やるんですから其れ成りの時間が・・・・・・・。

で・・・・・。



バッチリ作り終えた所でタイムアップ。
腹が減った。
夕食を作り食事後・・・・。

さて食休みもしたし、そろそろ交換しますか(10本なので、時間も掛かるし、万が一のミス・・)


エーー、明日の朝刊に山村で出火って載ってたら、僕のミスです(笑)。

1時間半後の追記。
エーー、無事に配線交換が終わり、出火は免れました。
イヤ、脅しではないんですよ。何度も書いていますが24Vバッテリーはムチャ怖いんです。
正直にゲロしちゃうと、何か有った時には責任を負えません。で、此の類の販売は絶対にしたくないのです。
今回の配線交換。手順を間違えると完全にアウト(火災も有り得ます)。此の手順を人に聞かないと判らない方は絶対に手を出さないで下さい。

まあ、脅しはこの辺で(脅しではなく本当ですので)やめて、交換後の音質変化。
予想通りと言いますか(この辺の経験値は高い)、一言で言うとベールが取れた。

で、ここからが問題。ベールが取れると言う事は正直に成った。つまり周りの機器が其れ成りなら正常方向へ進みますが、なにか弱点を持っている装置ですと、その弱点をさらけ出して、以前よりも音が悪く成る場合多々。

ここがオーディオの怖いところ、って気付かない方にはどうでも良いアップでしたね。

拍手[4回]


先週、中断してしまったケーブルの作成。
頼んだ圧着端子が今日来ます(ヤマト便)。

そんな訳で朝から準備を開始。



10本用意したケーブル。



被服をむき終えた10本。

ケーブルを見て判りましたよね。そう、得意のスタッカード配線。
と言って特殊なケーブルでは有りません。1,25スクエアの4芯ケーブルです。

何処に使うかは、充電器とバッテリー間です。
オーディオ機器を使う時には、充電しないでバッテリー電力だけで働かすのでしたら、必要ないんですが、僕の場合は充電器を働かせた侭。
つまりバッテリーは、でっかいキャパシター(現実には違いますが)の様な物。
バッテリーの電力は使わないで、充電器の出力でオーディオ機器は働いているのです。

という事は、充電器の出力の影響を受ける。
そんな訳で、此の部分もスタッカードの必要を感じたのです。

此れを書いている間にヤマト便が来るかと思っているんですけど、まだ来そうもありません。
道路がまだダメですので、仕方ないですよね。

拍手[2回]


今週はダウンしました。過労で体力が落ちた。結果風邪に・・・・・。
昔なら3日も休めば全快できたんですけど・・・・・・(涙)。

まあ、暫く(本当に暫く)休んでいなかったので、今週は休養日。
食料も灯油も(オット、お酒も、笑)シッカリとストックして有りますので大丈夫なのです。
八割がた回復しましたので(もうチョイで無理をしてぶり返すと結構ヤバイ)、週明け辺りから仕事を再開。

でも、根っからの貧乏性。じっとしていられないんですね。
家の中では、遊び道具に不自由しない状態ですので、ベットでユックリって出来なくて・・・・・。

と言っても、昼間の運動量が少ないので夜の睡眠も浅い。

ハイ、昨夜夜中に目が醒めて寝付けない。
ベットの上で布団に包まっていたらピコン。
その侭作業に入ろうかとも思ったんですけど、室温が・・・・・・。
風邪をぶり返すとヤバイ。

そんな訳で、朝食後に始めました。



エーーー、ある部分の配線です。買った商品の付属品。何も考えずその侭使用。
勿論、何も問題は有りません。
でもね・・・・・・。
なんで今迄気付かなかったんだろう?
此の配線もアレに換えたら・・・・・・・・。
なんせ10組も使っています。全部換えたらバッチリの筈。

で、始めて気が付いた。圧着端子が無い。
写真の大きな方は有りますが、小さな方が無い。
慌てて注文。

来週には入手出来ますので、それから掛かります。
益々発展しそうなバッテリー電源です。




エーー、もうやっている方は何処の配線か判りますよね。そうあそこです。
此処を例の配線に換えれば・・・・・。

拍手[4回]


イヤー。今回のアルマイトにはまいりました。サンドペーパーでも歯が立たない。
要は向き合う面、勿論両側がアルマイト処理。両側のアルマイト皮膜を失くさないといけない。
で、最初に浮かんだアイディアは、片側のアルマイトをサンドペーパーで剥がし、反対側にポンチを打ってお互いを接触させる。

もう参りましたよ。サンドペーパーが役に立たない・・・・。
若干削れるんだけど、表面の着色皮膜の下にもう一段皮膜が有る。

20分位ゴシゴシしたんだけど・・・・。

参りましたねー。こんなにシッカリとしているアルマイト皮膜は初めて(高価な理由が判った)。
此れなら塩水に浸けても平気だよね。

僕の使い方に対して、完全なオーバースペック。
かと言ってあそこの工場長、頑固だろーなー・・・。

此れと言った解決策(見た目を気にしなきゃナンデも有りなんだけど・・)が見つからない。
まあ、色々な雑用をこなして湯船の中・・・・。

ピコン。此れなら巧く行く。見た目は全然判らずに。

エーーー、昔から良いアイディアは湯船に浸かっている時にピコンと来る場合が多いんです。
湯船から素っ裸で飛び出して、メモメモと騒いで娘に大顰蹙を買った事も有りますんで・・・。

昔から思っています。良いアイディアは机に向かっている時には思い付かない。
全然違うシチュエーションで思い付くんですね。

30年以上続いている僕のプリアンプのイコライザー回路。
あれもバイクで走っている最中に思いついたんです(今でもその場所はハッキリと)。

今日思い付いたアイディア、バッチリの自信が・・・。




エーーーーー。イコライザー回路にピコンと来た場所。ナント最近お世話に成っている相模原赤十字病院の前。ヤマハのSR500で走っている最中でした。
まさかあの時、此の病院にお世話に成るとは・・・・・。

拍手[6回]


先日アップしました、通行止めの場所と迂回路のマップを削除しました。
此の地図を見て、最後の頼みの綱の迂回路を使われない為です。

国道の開通は来年3月以降。
近い迂回路も年内に何とか。と言う状態です。

地元ではないナンバーの大型RV車や大型バイクの通行に地元の人は困って(怒って)います。

単に紅葉を見に来られるのはご遠慮下さい。
雪でも降ったら、あの道は地物tの方でも難しい道に成ります。


拍手[0回]


アルマイト屋さんが頑張ってくれたお陰で、シャシ部品間の導通不良が発生。
これ、大切なんですよ。シャシの金属部分は電気的に全て繋がっているのが基本です。
電気的に浮いている金属をゼロにする。と言うのはアンプ作りの基本です。

只今格闘しているのがOPTケース。
ベース部分のアルミ材は見えないのでアルマイト加工していません。
つまり雌ネジにはアルマイトがされていないので、此の部分の導通は大丈夫。

その上に取り付ける板は、シッカリとアルマイト加工。
その板にはキャップスクリューが沈み込んで取り付けられるザグリ加工をしていますので、菊座が使えません。

そんな訳で・・・・・。



ザグリ穴の中にポンチをゴツン。ポンチで凹みが出来、その周りは逆に出っ張ります。
その出っ張りが相手(キャップスクリューの頭)に当りますので、導通がはかれると言う考えです。

取り付けて導通チェック。
ヘヘ、バッチリです。



過去にプリアンプのシャシもアルマイトをかけて欲しい。と言うのが有りましたが断りました。
微小信号を扱うプリの場合、この電気的に浮くと言うのは致命傷に成ります。
組んですぐには大丈夫でも、長期の使用を考えると難しいのです。
信号レベルの大きなアンプでは、その心配が少ないので、パワーアンプにはアルマイト加工をしていたのですね(勿論、導通は確認しています)。
以前のアルマイト屋さんの場合は大丈夫だったのですが、今回のアルマイト屋さん。
皮膜が厚いので出たトラブルです。

拍手[3回]