平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日はアンプの修理にお客様が来訪。
ある部分が破損(LUX製です)しているので同じパーツも無いしシャシ加工をしてもっと丈夫なパーツに交換する事に・・。
シャシ加工に時間が掛かるのでお預かり。

で、プレーヤーとバッテリー電源の話しに成った。
まずパワーアンプだけ東電に変更。
エーーーーー・・・。

丁度今使っている試聴用のプレーヤーを僕の重量級プレーヤーに変更しようとしていたので、ついでに此方も聞き比べ。
御存知の様に僕愛用のプレーヤーは一人では運べない。
此処でバラして現地で組む様。チョットではない大変さ。
そんな訳で一人でも運べる重量のプレーヤーを試聴用に作ったのです。

一週間後にまた試聴用プレーヤーは出張するので僕のプレーヤーへ変更しないと・・・。

お客様と聞き比べ。
最初は試聴用を聞いて貰った。その音でも感心して貰えたんだけど、重量キャビの音を聞いたら・・・・・(おもちゃって言われちゃった、笑)。

そんな訳で試聴用のキャビはお勧めしていません。単に持ち運びがし易い様にと作っただけですから。


あ、以前アップしましたがこの重量キャビ、僕一人で組み立てるのは凄く大変。
組み立てをお客様にも手伝って貰う。と言う前提での受注です(汗)。

拍手[3回]


持ち運べる事を最重要課題に作った試聴用プレーヤー。
僕の常用プレーヤーと比べると可也の軽量化に成功。
で、喜んで入られない。兎に角振動に弱い。
ギヤボックスの微振動も拾ってしまう。

まあちょい弱くは成るだろうとは思っていたけど、此処まで酷いとは・・・・・・。

溜まっていた細かな仕事が全て完了。

よし、試聴用プレーヤーの問題点と60Hz仕様の再検討。
なにしろ此処の所60Hz仕様ばかり頼まれている。

60Hz電源は何セット有るんだろう(笑)。

最近プレーヤー回転部(ギヤボックスも含む)のフリクションの低減に取り組んでいます。
フリクションが少なければモーターを小型に出来て振動も減る。

軸受けのオイルもドンドン粘度の低い物をテスト。

そんな訳で試聴用プレーヤーの軸受けも外されオイル交換。

組もうと思ったら・・・・・・・。
軸受けは上面プレートにM4のビス4本で留められていて、ターンテーブルと上面プレートのクリアランスは1mm。
ビスの頭はプレートの中に潜り込ませないとイケナイ。で皿ネジで留まっていた。
ネジを外した上面プレートの穴を覗いたら・・・・・・・。
皿穴が切っていなくてキャップスクリューの頭を沈める加工がして有る。
つまり、キャップスクリュー用の下穴に皿ボルトを使ってしまっていた。
皿の頭の外径、キャップスクリューよりも大きいので穴の底まで届かないで穴の淵で・・・・・。
取り付け後を見ると皿ネジの頭とトッププレートが平らなので気付かなかった・・・・・。
つまりですね。軸受けがトッププレートにキッチリとしたトルクで固定されていなかったんです。

勿論皿ビスをキャップスクリューに交換。

只今音出し・・・・・・。
結果は書きたくない(大汗)。




拍手[3回]


先日のタンノイエッジ交換。
結果を先に言っちゃえば成功でした。
オリジナルのウレタンエッジ(僕の大っ嫌いなエッジです、笑)は兎に角短命。
高額なスピーカーに使っちゃダメですよね(この辺に気付かないオーディオマニアが多いのでメーカーはやりたい放題)。

今回のゴムエッジ。エンクロージャーに取り付けて軽くコーン紙をたたきます(手加減を判らない人はやっちゃダメですよ、ほんとマニアって怖いもの知らずなんだから、汗)。
ウレタンエッジの時の音と明らかに違います。要はfoの高い音。
エーー、スピーカーのfo。低い程良いスピーカーって思っていたら勉強し直し(本当なんだから)。
この辺、雑誌のイイカゲンな情報で間違った知識を持っている方多々。
ハッキリ言いますね、foの低いユニットからは正しい低音は出ません。鈍く反応の遅いだらしない低音が聞こえます。まあ重低音なんて言葉を信じているオーディオマニアのなんと多い事か・・・・。
アコースティック楽器からは重低音なんて聞こえません。軽くて心地よい低音なんです(コントラバスのピチカート、軽くて心地良いじゃないですか)。
重低音は振動板の重いスピーカーで出す電子楽器だけなんですね。まあ子供だましかと・・。

あ、僕の前で重低音って言わない方が良いですよ。その時点で・・・・。

で、タンノイ。オーナーの方の感想。
極普通の音に成っている。

そう、其れで良いのですしその音を出すのが一番難しいのです。
人を驚かせる音って一番簡単なんですね。




オーディオ装置の固有の音を喜んでいるのがオーディオ馬鹿(昔の僕も、笑)。
レコードに入っている音楽を壊さない様にそっと引き出したいのです。

拍手[3回]


暫くぶりのアップですが、仕事はしていましたよ(笑)。
要はブログネタに成る仕事ではなかったのです。
つまり過去にアップしてある仕事ばかり。

そんな中ネタに成るかな・・・?(あまりにも間を開けると忘れられてしまう、汗)。



タンノイのエッジ張替えです。このユニットは二度目(10年程度で寿命です)。
前回はコーン紙アッセンブリーでの交換をしました。
この場合は振動系を全て新品に交換ですので非常に確実な方法です。

で、ここ10年以上輸入元のティアックとの取引が有りません(僕がメーカーに成ってしまいましたので、笑)。
ティアックと取引のあった商社とは取引が続いていたので安心していたら・・・・。
その商社がティアックとの取引がなくなっていた。

そんな訳で僕の所でコーン紙アッセンの入手が難しくなったのです。

僕としましてはティアックとの取引のあるオーディオ店(一般の店ならまずある)での張替えをお勧めしたのですが(コーン紙アッセンを持ち込んでいただけたら僕が張り替えても良いですとの返事もしていました)お客様は社外のエッジだけを購入。張替えの依頼が僕に・・・・・・。
正直初めてのお客様なら断る仕事なんですがもう40年近いお付き合い。
断れないですよねー・・・。

エッジだけを切り離し新しいエッジを貼り付ける。まあ此れだけなんですけどベタベタになった古いエッジの処理に大苦労。
新しいエッジに付いて来た張替え方法ではチョイ問題が有ったり・・・・。

勿論タンノイの整備で必須のツィーターダイアフラム調整もしました。
この類の仕事は接着剤の乾燥待ちに時間が掛かるんですね。その間移動も侭ならず作業台の上を占領。

今回のエッジ。ウレタンではなくゴムエッジですので寿命は長いと思います。
でも今度逝ったらエッジ交換はまず無理ですね。ウレタンの様にはがせない筈ですので。

次回はアッセン交換しか有りません。


拍手[2回]


最近レコードを聞いているとギヤボックスが煩い。
初期馴染みで治るかと其の侭にして置いたんだけど・・・・・。

カタカタ音が段々と酷くなる。特に連続運転をすると。
原因は判っていたんだけれど、馴染めば治るって・・・・・・。

クッソー。組む時の手抜きがシッカリと反映。

エーーー。こんなゲージを使って組んでいるんですね。



シックネスゲージ。要するに隙間ゲージです。色々と実験して最適な隙間は判っています。出荷分はシッカリと合わせて組み上げているんだけど自分の分はお客様の仕事の合間を縫って・・。
と言った感じなので面倒也と手の感触で組んでしまっていた。

昨日プレーヤーから外し、分解。シックネスゲージで測ったら・・・・(汗)。

キッチリと組み直しました。騒音はぴたっと収まり・・・。


だから手を抜いちゃいけないのに・・・・・・(反省)。

拍手[4回]


遂に装置全体がバッテリー電源に成りました。勿論CDプレーヤーも・・。
ここ数日レコードだけを聴いていて、今日暫らくぶりにCDの電源が入った。
オールバッテリーに成ってからCDを聞くのは初めてかも・・・・。
馴染みのCDを何枚か聞く。
ハハ、やはりボロが出たよね。今のCDプレーヤーのアナログ部の弱点。
半導体アンプで此処迄出せるのだから凄いとは思うのだけれど此処を真空管に換えたら・・・。

ハイ、かなり以前に此処の真空管アンプのキット版を出すと書きました。
出すのは良いのだけれど・・・・・。

実は数ヶ月前に僕のCDプレーヤーのメカ部が故障。
メーカーでの修理で完治しましたが・・・。
此処のメカはフィリップス製。此処がイカレタ場合は僕には修理不能。
そうなんです。僕の作るアナログ部は無茶苦茶丈夫ですし故障した場合も修理は簡単(僕以外の方でも真空管アンプを判っている方なら簡単に修理できます)。
でもCDメカが壊れたら・・・・・・。

そんな訳で此処のアナログ部のキット販売。非常に悩んでいます。CDメカが壊れたら無用の長物に成ってしまう。そんなリスクをユーザーの方に負わせるのは・・。

今日の音で此処を作り直さないといけないとの気持ちは強く成りました。
でも、リスクを背負っての商品を出しても良いのか・・?

チョット考えさせて下さい。此処の改造でCDプレーヤーがムチャ良く成るのは判っている。でも短期間で使えなくなってしまうのは・・。


拍手[3回]


永年アンプを弄っていました。最大の目標はSN比。
簡単に考えないでくださいよ。
一切のNFを使わないで最高のSN比。

ここ数年、僕のアンプを持ち込むと最新アンプが煩い(残留ノイズが多い)。
あのね、NF掛かっているよね?

NFは非常に便利です。少々設計や配線の引き回しを間違えていても、其れ成りのSN比を稼いでしまう。
NFを一切掛けないで(局部NFも)SN比を上げる。
まあ、アンプ作りの一番難しいところなんです。

なんでNFを掛けないのか?
答は簡単。NFを掛けたアンプでは音楽の表現が・・・・・・(判りますよね、笑)。
あ、この違いに気付かない方(聞いても判らない方)はこの先は読まないでね・・・・。

で、プレーヤー。高速回転するモーターの振動は大きい。
簡単な解決策、モーターをゴムでフローティングすればオシマイ。
ハイ、振動は伝わりませんけど正確な回転も伝わらない。

DDモーターはSN比と音楽再現性とをバーターしてしまった良いモデルかと。

僕の場合、音楽の再現性を最優先します(だからQRKを薦めたりして・・)。
でも、心の奥ではもっとSN比を・・・・。

プレーヤーで言うと、SN比を良くしたいのならモーターの振動を伝えないゴムフローティング(世の中の名機、殆ど此れですね)。この方法、音楽の再現性を欲しい方には無理な方式(フローティングの音しか聞いたことの無い方には理解不能の世界)。
音楽の再現性を求めたら全てのパーツをリジットに支える。
この場合、モーターの振動をもろにレコード盤に伝えます。
結果其の振動音がスピーカーから聞こえる。

アンプの時と同じだなー。音楽再生とSN比の挟間。
NFに逃げては駄目。プレーヤーもゴムに逃げては駄目。

そんな事に何十年も苦労しているって判らないですよねー・・・(笑)。


拍手[6回]


もうこのネタはオシマイの予定だったんだけど・・・。
一昨日プリアンプだけバッテリーとインバーター間をスタッカード配線にしました。
其れ成りの効果が有って満足。

そう成るとバラバラのギヤボックスを早く組んでレコードを聴きたい。

そんな訳でプリ以外のスタッカード作戦は後回し。
ギヤボックスを組み上げて繋いだら・・・。
組んで直ぐのギヤボックス、無茶苦茶不機嫌です。
特に今回の場合、ギヤの組み方に問題が有ったのを発見したのでギヤの馴染みは最初から(ある意味新品のギヤよりも大変かも・・汗)。

調子の出ないギヤボックスの音を聞きながら(馴染みの進行を確認したい)、プリ以外の配線をスタッカードへ変えた。

ほど良い時間に成ったので入浴、晩酌へと続く(笑)。

晩酌後、酔いを覚ます為にコーヒーをシッカリと・・。

試聴室(リスニングルーム)、レコードへ針を下ろす。まだまだ馴染みには時間が掛かるみたい。
なんとなくCDを鳴らす。オイ・・・・。
昨日までと偉く違うぞ。良い意味でアナログの音。音のエネルギー感が違う。何かやったか?
考えられるのはバッテリーとインバーター間のスタッカード配線(CDプレーヤーとパワーアンプ)。

昔のブログ(HPだったかも)にオイロダインの励磁電源の配線をスタッカードへ変更した経緯がアップして有ります。
其の時にDCでもスタッカードは無茶効く、って判りました(ACよりも効くかも)。
でもあの時は数メーターを引いたのですね。今回はほんの数十センチ。

手抜きは一切駄目って判っちゃいたんですけどね。





スタッカードにしたら、バッテリー電源にしてから不足気味だった低域がきちっと出て来たんです。勿論AC電源の時とは比べ物に成らないイイカゲンさの無い低域が・・・・。
38cmウーハー、要らないかなー・・・・。

拍手[5回]