平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
シャシ内の部品が全て取り付けられました。



電源トランスの大きさが違います。
大きな方がプリ用で、小さな方がドライブ用です。
ドライブの方が真空管が少ない(片ch2本)のでこう成ってしまいます。

此処迄出来上がれば完成はもう直ぐ。
電源ですので配線もCRパーツも少ないですので。




あ、追記。B回路もヒーター回路も、マイナス側をシャシに落としません。
完全フローティングでの配線です。

拍手[3回]


アンプシャシに部品を取り付けるのは軽い物から。
重いトランスを先に付けちゃうと苦労します。

その様な訳で電源トランスは最後なのですね。

プリ部のトランス。



B巻き線の電圧が2種類なのは、CR結合とトランス結合の切り替え用です。
トランス負荷ですと、DCRが小さいので電圧ドロップが殆ど有りません。
低い電圧の方をトランス結合時に使用します。
今回は全段トランス結合ですので、低い方。

と言っても、常識の電圧よりは可也高い巻き線。
チョークインプットですので、巻き線の80%の電圧しか出ません。
コンデンサーインプットですと理論値では√2倍ですから、可也の差に成ります。

シャシへの取り付け方。



トランスの取り付け穴が切り欠き状。丸穴では有りません。

この様な時の取り付け方法。



必ず平ワッシャー、スプリングワッシャー、そしてナットの順に組み上げます。
長期の使用でもネジの緩みが起きない様にとの配慮。
まあ常識ですけどね。


拍手[4回]


2年半も延び延びに成っていたプリアンプの製作。
中々自分のアンプを作る時間は作れないのです。
そんな訳で受注中止(笑)。

毎日暑いので早くアンプ組み立てに入りたかったんですね。
冷房の効いた部屋での作業に成りますので・・・・・。

今回は1台のプリアンプと2台のパワーアンプを作るので、結構な時間が掛かります。

パワーアンプの電源トランス(もち特注品)がまだ出来上がって来ないので、プリから製造開始。

簡単にプリアンプって書いちゃいますが、シャシが3台。
本体が1台と電源が2台。

プリアンプを作るのは暫くぶりなので、体(頭)馴らしに電源から始めます。



笑ってやって下さい。此れが片ch分の電源。プリ部とドライブ部は別電源ですのでこう成ってしまうんですね。
手前の空いている空間には、電源トランスが入ります。
此れでも、寸法的には可也詰めているのです。
その証拠。







愛用の1L4Pの立てラグを切断して、兎に角狭い空間を利用。

良いアンプが欲しいなら良い電源を作る事。
この基本に忠実に作っています。


あ、追記です。
明日は電源トランスをお見せ出来るかと・・。
市販の電源トランスでは、良いアンプを作るのは無理と言う所を見せたいかなと・・(笑)。

拍手[5回]


暫くぶりの更新ですがサボっていた訳じゃないですよ。
例のOPTケース。チョット拘ってしまいました。例のどうせ作るなら・・・。
4個のケースを作るので僕にとってはしんどい。
自動フライスじゃないので一個一個切削穴開けです(あ、序でに言っちゃいますけど、2台注文したら安くなる?って僕の仕事を見たら無理だと感じる筈、笑)

予定外の早期梅雨明け。工作機械の置いて有る場所の気温はドンドン上昇。
そんな訳で早朝から正午までが作業時間(一昨年、此れを無視して頑張って1週間入院しましたので・・汗)。

で、頑張った甲斐も有り、今日出来上がったパーツをアルマイトに出しました。
勿論、エーーーと言う色で・・笑。

全てのパーツのアルマイトが終わったら例の彫刻です。
僕のタイトルに成ったリベロの彫刻。

今思い出すと、BMの改造に散々考えての文字。
バイクを降りてもこの文字は行き続けます。リベロ・・・・。

拍手[4回]


生意気にも、デジタル機器の癖にバッテリー電源を欲しがったCDメカ。
じゃあ此れも効くのかな?



新品バッテリーを使う前のお約束。
バッテリーを微弱電流で充電し、フルの状態にします。
これをするかしないかで、バッテリーの寿命は結構違うんですね。

今回のバッテリー。アマゾンが一番安かったので買ったんだけど、チョイ古いのが来た(製造後2ヶ月半)。

充電器のチェック機能で見ると、フル充電状態には程遠い。
この状態で使い出したらバッテリーを痛めます。

バッテリー(鉛蓄電池)を長持ちさせるには、フル充電状態(其れに極力近い状態)で使う事。
絶対に急速充電、過充電を避け、放電した状態での保管もいけないし、保管状態でも自己放電が有るので、其れを補充してくれる充電器を繋いで置くのが一番なんです。

通常繋いで有る充電器の容量は5A。
新品の補充電にはチョイ大きいので、写真の充電器を使っています。
コイツの容量は0,8A。ジックリと充電するのには最適です。

昨夜一晩でフル充電状態に成りました。

これで24V仕様のインバーターが使えます。
今迄実験したアナログ機器は24V仕様を喜びました。
CDメカも喜ぶのかな?




あ、最近はCDを鳴らしても10Wがへそを曲げなくなりました。
それだけCDの音が良く成って来たのです。
バッファを作ったら・・・・・(楽しみ)。

拍手[5回]


細々とした飛込みの仕事が一段落。
今日は日曜日、ノンビリと休むか。と行かない自営業(良い意味で公私混同が出来ないと自営業は勤まりません)。

中断したアンプの製作に掛かります。
今回のプリアンプ。
本来ならパワーアンプに入るドライブ段を内蔵。
一般市販のアンプとの接続は全然考えていません。

で、今使っているパワーアンプ。極普通の品物。

ハイ、今度作るプリアンプとは接続不可能なんですね。
つまり、プリと同時にパワーアンプも作らないといけないんです(大汗)。
(更にCDのバッファアンプも・・・・・・・)

パワーアンプのシャシは出来上がっているし、パーツも全て揃っている。
以前にアップしましたよね。派手なシャシにOPTケースが似合わない(涙)。

そんな訳で・・・・・・・・・。



OPTケースの設計です。アンプシャシは出来上がっていますので、純正OPTケースと同じ取り付け方法(寸法)にしないと拙いんですね。
本当はOPTケースを先に設計し、其れに合わせてシャシ図面。と言うのが正しい手順です。
最初は純正ケースで作るつもりだったんだけど、シャシが出来上がったら純正ケースとはデザインが丸ッ切り合わないのに気付いて・・・・・・。

まあ、泥縄ですね。
僕愛用のOPT。スピーカーインピーダンスに合わせるのが無茶メンドイ(いちいち配線換え)。
その為に、簡単に横板が外れる構造で無いと大変(純正ケースもそう成っています)。

あ、トランスケースの色ですか?
出来上がるまでナイショ。

拍手[2回]


デジタル機器にもバッテリー電源は有効。
そう成るとブレーキが効かなくなるピンキー君。

柳の下を狙います。



そう、前にもアップした写真。
CD電源にはやっていなかったんですね。
DACは対処済み。

メカ部のバッテリーにも同じ処方を・・。

効きました。付帯音が減った。
そうかあの付帯音は充電器からのノイズ。

24Vにしたら・・・・・・・。



エーーーー、最終的にはバッテリーの数は何個に成るんでしょう?(あ、クイズじゃ有りませんよ、笑)

序でに・・。
プアーな電源を持っている機器ほど、バッテリー電源は効果が有ります。
で、CECとソフトンが無茶効いちゃったんですね。

一般市販機器、電源に余裕は殆ど取っていないです。電源に余裕を持たせるとコストはグーンと上がりますが、数値上の性能アップは殆ど有りません。

拍手[3回]


先にアップしました実験。
やって来ましたよー。

まず、今現状(全てがバッテリー電源)の状態で聴きなれたCDを掛けます。

2~3曲聴いた所でCECのメカをストップ。
大事なのは、プリアンプのVRには絶対に手を触れない事。
音量が変わったら試聴に成りません。

インバーターのコンセントからメカのコードを外し、壁のコンセントに挿し直し。
電源ON。

ハハ、此れだからオーディオは困る。
デジタル機器だけの筈なのに(DACとは光で繋いでいますのでアースラインは切断されています)、とても聴けたもんじゃない。
声が汚い。

直ぐに元へ戻します。思わずホッ。

エーーーー。僕のメカへの評価。バッテリー電源を使った場合と言う但し書きが必要です(大汗)。勿論ソフトンのDACに対しても。


あ、序でに言っておきますが、ベルトドライブの音の甘さ、と言うのは有りませんでしたので・・・。

更に・・。
今使っているインバーターは12V仕様。24Vにしたら・・・・・・。

拍手[2回]