平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
極常識的なオーディオアンプには付いていなくて、今回のギターアンプに付いている回路(部品)。
リバーブ回路(リバーブタンク)です。
信号をコイルに入れ、コイル内の磁性体(マグネットかも?)を振動させます。
その振動をスプリングに伝え、スプリングの反対側のマグネットを振動させます。
そのマグネットの周りにもコイルが巻いて有って、信号を発電します。
信号伝達にスプリングを使いますので、音は遅れますし、入力が止まってもスプリングの振動は残るので、長く音が延びると言う原理です。

その回路図を簡単に書いて見ました。



上が概念図。

下はリバーブユニットのコイルを書いた物です。

で、矢印の先はアースへ落とすのですが、何処へ落とすのでしょうか?

シャシへベタ落としで良いのか、信号ラインのアースへ落とすのか?

此れが理解出来る方は、パワーアンプのOPT二次側のアース、どこへ落とすかは判りますよね。


あ、答えは明日アップします。

拍手[3回]


アレッ。本体回路の全回路図をアップしていませんでしたね。
信号回路はアップしていたんですが、非常に大事なデ・カップリング回路のアップがまだでした。

で、このデカップリング回路。リップルフィルターでは有りません。
デ・カップリングに入る前に、リップルはなくさないといけないですね。

名前からも判ります様に、デ・カップリング。つまり繋がらない様にする。
もし此の回路が無いと、真空管同士が電源でつながり正帰還や負帰還が掛かり、正帰還の場合は発信してしまいます。
其れを防ぐのが此の回路。
非常に重要な回路なんですが、一般には軽く考えられている傾向が有ります。

此の回路は電源回路ではなく、信号回路と理解するのが正しいのです。

で、デ・カップリングの最後のコンデンサー。プレート負荷の直ぐ下に書いて有る意味判りますか?
負荷抵抗の直ぐ下も、信号に振られています。
此の振られをキャンセルさせる役目ですので、負荷のすぐ下に取り付けるのが正しいのです。

此のコンデンサーと負荷との間の配線が長く成ると、ノイズの原因に成ります。
逆に負荷抵抗値から考えると、大型のコンデンサーは必要有りません。
ケミコンですと、高域のインピーダンスが上がるので拙いんですね。

僕のプリアンプは、此処へ1μのフィルムコンデンサーを使っています。
数十μのケミコンなんて必要有りません(勿論100μなんて・・)。

デ・カップリング回路。非常に重要な回路です。



あ、今作っているギターアンプはシャシが小さいのでケミコンで行きます(笑)。
ある意味、不良在庫処分アンプでも有りますので・・・・・。

拍手[5回]


本職の部品待ちを良い事にして、がんがん進めているギターアンプ。
オーディオ用では考えられない6個ものVRを使っています。

で、その周りの配線・・・・。
最近の国産パーツ。単純に抵抗値を書いてありません。
要は、コンデンサーと同じ表記なんですね。

で、その表記の前に有るBの文字が気に成った。

VRって、回転角度に応じた抵抗値の変化に色々なパターンが有るのです。
基本的にオーディオ用のVRはAカーブ(この辺が理解不能でしたら調べて下さい、書くのにはとんでもない長文に成りますので)。
Bの表示にヤバイんじゃない・・・・。

早速テスターでチェック。シャフト回転の中間点で表示抵抗値の半分を示したらBカーブ。
ヤハリね・・・・。

ハイ、僕のとんでもないミスです。注文する時にカーブの表示を見逃した。
6個、全てパー・・・・。

直ぐにカーブを確認して再発注。

オーディオ用だけを作っているメーカーと付き合っていましたので、Aカーブって思いこんでいたのです。
今回チョイスしたメーカーは、産業機器がメイン。
カーブを確認しなかった僕の完全なるミス。

余ったBカーブのVR、どうしよう・・・・。

拍手[2回]



よく考えて見ると・・・・・。

今回のステレオジャックとモノジャック。
一般市販アンプのアースの取り方と、僕のやり方の聞き比べが目的です。
使う心算なのは勿論ステレオ用(モノ用は単に実験(検証)の為に取り付けたんですね)。

比べる為だけだったら、モノ用は市販アンプと同じくシャシに落とさないと、正しい比較には成らないよね(今更気付いた)。

と言う訳で、あの分厚いアルマイトを落としました。モノジャックはシャシにベタ付けに成りました。

ダメな事を経験(実証)すると、その後の安心感が全然違います(笑)。


拍手[4回]


ヒーター配線が終わりました。



今回は、判りやすい様に大きめのアップです。

正直、今迄はヒーター配線って大っ嫌いだったのです。
だって、退屈なんだもの(汗)。

今回は楽しかったですね。DCとACの二種類を供給して、更にパワー管はシリーズ点灯。
更にセンターアース。結構頭を使いましたので退屈しません。

4,5番ピンに黄色の配線がAC点火。白青配線がDC点火です。
全ての球が(オット、パワー管はシリーズの中間)センターアースです。

DC点火、AC点火共、其々センターアースを一箇所に集めシャシに落とします。
僕は分けましたが、ACセンターとDCセンターを同じ所へ落としても平気です。
電流が流れないで電位を決めるだけの配線は、どの様に処理しても大丈夫です。

フォーンジャックの中間に有るのは、入力カットSW。
VRを絞らないでも、このSWの操作でギターを自由に交換出来ます。

LEDへの配線が宙ぶらりんなのは、LEDの接着剤がまだ固まっていないだけですので、深い意味は有りません。

拍手[3回]


シャシに小物パーツが全て付きました。残るはOPTだけなんですが、付けちゃうと重くて移動に大変(配線の場所により、シャシを縦横に動かします)。



配線の手順は配線図の順序ではダメです。
CR類の取り付けは最後。単なる配線だけを先に済ませます。
此の作り方をするのには、実体図が必要ですけど、将来修理のし易いアンプにするには必要なんですね。

一番奥に引き回しても良い配線から始めます。
僕の場合はヒーター回路とアース回路です。

今回のヒーター回路は、全て12,6Vです(エッ、6BQ5は?)。

実は電源トランス。6,3Vが二組巻いて有るんですね。此れをそれぞれ電源シャシと本体とを繋いだら配線は4本必要です。更に12,6VのDCも一組有るので計6本の配線が必要なんですね。
此れを4本で済ませたい。
6,3V巻線をシリーズ接続にしました。此れで2本の線で送れます。
6BQ5はヒーターをシリーズ接続して12,6V対応にすればOKです。

勿論センターアースで行きます。


拍手[4回]


昨日、シャシへアンプのパーツを取り付けていたらヤバイ・・。
フォーンジャック、インチ規格です。つまり取り付けナット1/2吋。

取り合えず使える工具で取り付けましたけど、納得行かない(向きの調整が難しい)。
即発注、もう来ました(笑)。



ホームセンターへ行ってもインチ規格が有る保障はないので、少々の送料を払ったってネットでの購入が間違いない。

さ、フォーンジャックの取り付け向きをきちっと合わさなくちゃ。






ちなみに此のレンチ。カードのポイントでタダでした(笑)。

拍手[3回]


リバーブユニットへ繋ぐ端子。贅沢と言われそうですが僕にとっては標準端子。
勿論レモです。
あ、時々レモピンのアダプターとか片側レモ、反対側ピンのケーブルって話が出ますが、不可能です。音が出ればよいのレベルでしたら作れますけど。

で、レモ端子。外側の金属部分をシャシにキッチリと接続させるのが肝。
まあ、普通のシャシなら簡単ですけど、分厚いアルマイト加工されたシャシ。
細心の注意が必要です。

レモ端子。昔とワッシャーが変わったんですね(10年以上前ですけど)。昔のワッシャーはシャシに食いついてシッカリと接続出来ました。

で、今のワッシャー・・。



極普通の菊座ですけど、食いつく刃が鋭くない。つまりアルマイトを破れない。
散々拡大鏡で観察。
成る程ね、菊座の刃が片面はなだらか、反対面は結構尖っているのです。
此の尖っている方を、シャシ側にして取り付け。
テスターで確認。
ハハ、キッチリと落ちています。(良かった)。

配線を始める前に、この様な地味なチェック。とても大切です。



拍手[5回]