平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
エレキギターの世界では、ハーフトーンと言うのが有ります。
まあ、オーーディオの世界とは可也違ったネーミングで戸惑いますね(笑)。

エレキギターでのハーフトーン。
ピックアップ出力を2個パラレルに繋いだ音を指します。

オーディオ界では有り得ない接続です。
まあ、楽器なので最終的に良ければ・・・・・・。
(完全に電気的には間違った接続)

で、此の世界の超初心者のピンキー君は、ハーフトーンって良いよ。
なんて言葉に騙されて・・・(大恥)。

考えて見て下さいよ。ピックアップ同士がパラレル接続って事は、お互いに発電した電気を互いのピックアップに流しちゃう(ピックアップのインピーダンスはアンプの入力インピーダンスよりも低いんですから・・)。

更に、ピックアップの位置が違うので、倍音成分が同相とは考えられない(要は折角拾っているピックアップの倍音成分を打ち消している)。

僕の現在の結論。
ハーフトーンが心地良いのなら、アンプに決定的な欠点が有る。
つまり、ピックアップの拾った倍音成分をキチンと再生出来ないアンプが多過ぎる。

其れを誤魔化す為のハーフトーン。

いえね、ストラトのハーフトーンはキッパリ止めて、3ポジションのセレクター。
で、テレキャス。3ポジションのセレクターなので、中間では否応無しにハーフトーン。
最近気付いたんですよ。テレキャスのハーフトーンも倍音成分が出ない。

そんな訳で、テレキャス用に2ポジションのSWを何処かで出してくれないかなー・・・。


オーディオの世界では3倍受けと言うのが永年の経験則に成っています。
3倍受け。要は出力インピーダンスに対して、受け側の入力インピーダンスを3倍に設定する。
僕も始めは疑っていました。でも此の法則に合わせると、聴感上のバランスが取れるんですね。
受け側が高いとハイ上がり、低いと音がこもる(ハイ下がり)。

ハーフトーン。受け側のインピーダンスはパラ接続のピックアップ。ハイ、3倍の経験値に反して1:1(アンプの入力インピーダンスは無茶高いので、この場合は無視)。

ハーフトーンは甘く優しい(一般論ですよ、笑)。
要は1:1受けなので、高域がカット(要は倍音がカット)。
此れでバランスが取れるアンプって・・・・・(大笑)。

拍手[0回]


昨日、改造を済ませたアメプロストラト。
半田も落ち着いていないので、改造の結果の判断は今日に・・・・・。

今日は本職はお休み。散らかり放題の母屋の片付け。

その合間に、改造済みのストラトで遊ぶ。
良くも悪くも今迄のコイツとは違う。

深窓の令嬢が、中流家庭の元気の良い(性格も良い)お嬢さん。

ハイ、僕はギター界での音質評価が理解出来ないので(頭が悪い)こんな表現に成ります。

結構良い時間遊んで、ジャパンテレキャスと交換(正しい評価をしたいので)。
で、驚き。今迄バッチリと感じていたテレキャス。チョイ野蛮だよね・・・・。

音の評価は、基準が何処なのかが大事。此処がずれると正しい評価は無理。
要は、弄っていないテレキャスと比べると判る。

ヘヘ、最近お気に入りのテレキャスを抜いちゃったみたい。

でも、深窓のご令嬢(樹脂ピックガードの音)も魅力だったんだけどなーーー。




逆に言うと、セッティング次第でギターの音はメチャ変わる。店頭の試奏程度で判る自信は僕には有りません。

ウーーーン、酔った勢いで・・・・。
アメプロストラトの此処へ来た時の音(1年半前)。完全に忘れています(大汗)。
只、自信を持って言えるのは、今の方が絶対に良い(笑)。

問題は、ギターの成長に追い付けない僕の腕なんだけどなー・・・・。


で・・・。
今回のピックガード。光の当り方でこんな見え方もします。



で、抜かれたテレキャス。
次の手は有りますので・・・・。

拍手[1回]


本職は早朝から頑張り、残りの時間はギターの改造です(暑くなってからのプレハブ内は地獄)。

今回はピックガード交換の序に、セレクターを3ポジションへ交換。
音質調整VRの下駄履き抵抗値の変更。

この3箇所です。

で、ストラトのピックガード。取り付け穴位置が結構危ないので確認です。


2箇所、微妙にずれているけど誤差範囲(良かった)。
内部は導電塗料が塗られています。


エリートシンラインも塗ってくれていれば・・・・。
序なので、ピックアップの出力ケーブルも交換。


奥のが交換済み。手前がノーマル状態。
で、マグネットのアースを取る為に、導電接着剤の銅箔テープを貼ってます(此れは以前の改造)。確かに効きました。

何度もやっている作業ですので、今日は速かった(笑)。
6時間ほどで作業完了。

ヤハリ思った通り、この色が写真では出ません。
まあ、一応・・・。





深いブルーです。

で、一番の興味は音がどうなった・・・・。

金属だからこうなるかな?と思った方向ですけど、変わった量が予想をはるかに超えて、行き過ぎたかなー・・・・・・・。

暫く様子見です。


ポットの穴も、同じ色に着色したアルミの栓で塞ぎました(笑)。


2~3時間後の追記です。
生音が丸ッ切り変わりました。想定を超えた変わり方なんで・・・・。
焦っちゃダメですね・・。

拍手[1回]


今日も薄暗い時間から作業開始です。
エライのは、目覚まし時計を掛けないでも目が覚める(歳かも・・汗)。

今日の作業はギヤボックスのベース板。




この板の加工で面倒なのは、両面加工。
つまり、両側からの穴開け作業が有るのですね。

片面から穴開けを終えたら裏返し。

再び、板の位置出し。
此れをいい加減にしちゃうと、穴の位置関係が狂います。

無事に1枚完成です。

これから、アメプロの改造に掛かります(母屋で出来るのでエアコンが使える)。

拍手[1回]


今日の午後3時。電話・・・・・。
思った通り、掛けて来たのはアルマイト屋さん。
『お受けしているアルマイトが出来上がりました。』

僕は車で即直行(片道略1時間)。
今回頼んだのは、ピックガードとVR延長シャフト。

納品書を見て大笑。
ピックガードの値段が3倍に成った(ピックガードの価格の2倍のアルマイト価格)。

まあそんなものですよ。趣味の世界と仕事の世界には可也頑張れます(仕事の方が更に頑張れる)。
普段の出費(日常の雑貨)には¥100も考える。

男って馬鹿ですよねー・・・。


此の感覚が理解出来ない男は・・・・・・。

で、出来上がったピックガードの色。
光の当て方で全然違って見えるので、此処へのアップはチョオイ苦労をしそうです。
クリアー塗装のアメプロがチョイお洒落に・・・・・。
無茶苦茶楽しみ。

あ、更に・・・・。
昨夜は、暫くぶりにアメプロストラトだけで楽しみました。
良い音なんですよ。
で、其れよりも良い音のギターが3本来てしまったので・・・・・(非常に贅沢な悩みです)。

つまりですねー。アメプロだけで遊んでいると不満は無い。でも後から来た3本と遊んじゃうと・・・・・。

でも昨夜での範囲での結論。
アメプロは今の路線を走らせよう。
気まぐれな僕の事だから、アメプロ最高。なんていつ言うか判らないので・・。











可也間を開けた追記。
今のアメプロの音。高級住宅街のお嬢さん。
チョイ気弱だけれども、品の良さは天下一品。
この品に関しては7本中一番。
押し出しは丸ッ切り有りません。
こんな1本が有っても良いかなー・・・。

拍手[2回]


2~3日前、近所のジッチャン(あ、ぼくもジッチャンか)。沢山のきゅうりを持って来てくれました。
畑からの直送便。新鮮さは最高。

そんな訳で・・・・・。


僕の好きなお酒の友達。
竹輪の穴にチョイ太目のきゅうりを挿すだけ。

マヨネーズか山葵醤油がお勧め。

結構好きな酒の肴。

で、参った。
マヨネーズにも竹輪にも負けないきゅうりの自己主張(スーパーのきゅうりでは有り得ない)。
歯ごたえタップリななのに甘みがジワー・・・・・。


違う料理方(料理とは言えないレベル)を考えないと・・・・・。

拍手[2回]


此処、数日前に急に五輪真弓を聴きたく成った。
LPアルバムを数枚持っている(僕の数枚は5枚以上)。

懐かしく聞いているうちに思い出しました。

僕が以前勤めていた家電店。そのオーディオ部門の総責任者が僕(今考えたら大汗なんですけどね)。
当時の僕は20代後半。
新聞折込広告もオーディオの部分は僕の責任で・・・・。
で、社長からは反対されたんだけど、その広告にLUXの真空管アンプを載せちゃったんです。
ナントナント、その広告へ注文の電話。
その様な場合は、僕の所への連絡は無く、直接配送センター・・・・・。
配送マンからの報告。『収めたアンプが使えない。店長行って見て貰えませんか。』

まあ、その類の問題は毎度で、直ぐにお客様の所へ・・・。
表札に五輪って書いて有る。
当時のうろ覚えの頭で、五輪真弓の家は八王子。しかもこの団地だよね。
こんな時の僕って、結構平気。有名人ほど普通に会えます。
伺ったら、つまらない勘違いで使えないアンプを注文してしまった(当時の五輪真弓はLUXのSQ38SDを使っていた)。で、ご両親も真空管アンプの広告に釣られ・・・・・。
ナントナント、パワーアンプの注文をしてしまったのですね。
娘さんが真空管アンプを気に入っている。自分達も・・・・・。
優しいご両親なのです。
勘違いに気付いたピンキー君は、収めたアンプを直ぐに引き取り、近い金額の真空管プリメインと交換。
勿論、ご両親は使い方も判らない。何度も電話を頂いて、その度に訪問。
でもご両親、一言も五輪真弓が娘だとは言わない。でもリビングの超でっかい写真パネルで判るよね(笑)。
そんな訳で、僕も娘さんの事には一切触れない(間違ってもレコードを持っていってサインのお願いなんて・・・)。

そんな何度かの訪問。昼食時間には近くの食堂から中華丼を取ってもらったり・・(五輪真弓の家で昼食をご馳走に成った人間は・・・大汗)。

当時、60代後半だったと思うご両親。
ご主人が足が悪く、奥様が其れを支え、とっても素敵なご夫婦でした。

暫くぶりにレコードを聴いて、素敵だったご両親を思い出したのです。





そんな訳で、10年以上ぶりかと思うアルバム。
ヤハリ彼女は上手い・・。
だけどね、ドラムは切腹。

拍手[4回]


只今製作中のプレーヤー。
少しづつですが、完成に向かっています。



今日削ったパーツの一部。
ギヤボックスの両サイドは、アクリル板で蓋をしています。
オイルの汚れ具合と量が判る様にですね。

で、初期の型は、アクリル板だけでした。
その為、微妙にオイルが滲んだのです。

液体パッキンや、パッキン紙の種類を色々とテストしたのですが、完璧には今一・・・・。

そんな訳で、アクリルの表にアルミ板(5mm厚)を追加しました。
勿論、中が見える様に窓を開けて・・・・・・・。

アクリル板の締め付けトルクが上がり、見事にオイルの滲みを解消。

そのアルミ板が写真の物です。
窓の内側の切削は気を使います。
この様な形状は、刃がビビリ易く、細かな傷が付き易いのです。
性能には関係無いんですけどね。

僕の拘りです。



今日は、此の板と、モーターとギヤボックスを繋ぐカップリングのカバーを切削しました。
腰が・・・・・・。で、今日はお終いです(汗)。

拍手[4回]