平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
配線だけは略終わり、CRの取り付けです(此処迄、回路図を見ていない)。

で・・・・・・・・。
回路図確認。確かに回路は書いてあるんだけど、CRの定数が記入されていない。
ECC82なら頭に入っているけど99は・・・・・・・・。

なにしろ2年半前に設計したプリアンプ。
当時の状態に頭が戻らない。
ジックリと回路図を見る。まてよ、定数の計算はしていなかったっけ・・。
は~~~~~~~~。

そんな訳で昨日の午後は電卓と格闘。
ECC99の動作点も再確認。

考えて見ると、本当に暫くぶりの定数計算(それだけ新アンプを作っていなかった)。
アイスコーヒーをがぶ飲みして頭をシャンとさせる。

2年半もやっていなかったので、頭の回転速度が遅い(プレーヤーばかり作っていましたからねー)。

まあ、昨日の午後いっぱいで完了。
勿論微調整は組み上げてから。
でも、2年半前は計算だけでドンピシャに作っていた。
今度はどうかなー・・・・・・?



拍手[3回]


CRパーツが付きだしたプリアンプ。
もう直ぐです。

で、僕の真空管の使い方。
今回は双三極管。
ご存知の様に、一つのガラス管の中に2つの三極管が封入されています。
少しでもコンパクトな機器にする為に非常に便利な真空管です。
まあ、最近は単管の三極管が珍しいですが。

市販のアンプを見渡しますと、此の二つの三極管を其々独立して使うのが普通です。
此処でしっかりと考えて見ましょう。

内部が真空のガラス管の中に二つの真空管が納まっている。
完全に独立して動作すると思いますか?

LUXが得意とする、二つを左右に分けて使う方法。
此れをすると、左右のchセパレーションは可也悪化します。

この結果からも、二つの真空管がお互いに影響し合っているのが考えられます。

そんな訳で・・・・・・・。



僕は二つの真空管をパラって使用。
30年以上、これ以外の使い方をしていません。

昔、散々実験しました。単独で使ったアンプとパラって使うアンプ。
勿論、動作点は全く同じ。電源も同じ物を使いましたので、単独使用のアンプの方が電源には余裕が有ります。

試聴・・・・・。

30年間以上、続けている理由です。


僕の使い方では、関係無いのですが・・・。
市場では此の二組の三極管。動作チェックをして揃っている球が販売されています。
これもパワー管のペアー球と同じです。
特定の動作条件での測定ですから、それ以外の動作点では判りません。
更に使用時間が増えると(と言っても数百時間程度)測定値は結構変わります。
と言う事で、高い出費を僕は薦めませんけどね。

仮説です。
二つの三極管が影響をし合っている。と言うのは左右に分けて使うとチャンネルセパーレーションの悪化で十分想像出来ます。
じゃあ、片chの前段後段に使ったら・・・・・・。

真空管って入力に対して出力が逆相です。
つまり二組の三極管は逆相動作。
内部でNFが掛かっているんじゃないかと・・・・・・。

ハイ、NFって音楽再生には適しません(キッパリ)。
単独使用をすると、NFアンプと同じボケた音(芯の無い音)に成るんですね。

拍手[5回]


オーディオ界では常識とされている機器間の相性。

要は、あのアンプとあのスピーカーは合わない。
あのプリとあのパワーは合わない。

僕の考え。

お互いに中途半端な製品だから起きる。

オーディオ界にもレギュレーションは有ります。

パワーアンプの入力インピーダンスは100kΩ。最大出力を得るに必要な入力電圧は1V。
逆を言えば此れを前提のプリアンプの出力。

此れをきっちりと守ったら、相性は有り得ません。

で、困った問題。プリの出力に2台のパワーアンプを平気で繋げるお馬鹿なマニア。
入力をパラッたらインピーダンスは半分に。
レギュレーションを守って設計したプリアンプには厳しい現実。

今回僕の作っているプリアンプ。僕の作るパワーアンプとの接続以外は一切考えません。

前にも書きましたよね。アンプはプリからパワーまで一体が理想。
そう、信号の受け渡しに違った条件(予定外のアンプ)との接続を想定しないで済むのです。

只今酔った頭で動作点の設定。完全にプリとパワーの一体設計。
本当に良いアンプが欲しければ、これ以外の方法は無いんですね。


どれとも合います。ってどれともピッタリは合いませんと同義語かと・・。

拍手[6回]


パネルが無事について、アンプらしく成って来たプリアンプ。
そう成ると必要なのがツマミ。

勿論、アルミ丸棒から挽き出す一品物。

で、旋盤はプレハブの中なので日中の暑さは半端ではない(一昨年は頑張り過ぎて1週間の入院)。

そんな訳で、暑くなる前の時間から掛かります(AM6:00スタート)。

2時間の頑張りで完成。



取り付けてもう一度確認。

勿論これからアルマイトに出します。午前中に持っていこうとしたらアルマイト屋さん夏休み。
この時期、夏休み無しで頑張っているのって僕だけかな?

拍手[4回]


本日は早朝から地元のお祭りの準備(絶対にサボれません、汗)。
終了しても開放はされず、お決まりの飲み会(仕事したいんだけどなー・・・・)。

ヤット開放されて作業机の前(若干酔っている・・)。

ジックリと今迄の作業をチェック。
この先はパネルを付けないと進まないよね。



遂に付いてしまいました無茶派手なフロントパネル。

パネルを付けないと、VRとセレクターの配線が出来ません。

で、自分で言うのはナントモですがカッコイイー。
あ、写真の潰してある部分にはliberoの文字が入ります。
此処は絶対にナイショ(笑)。
思いつきで入れてしまったんですが僕は大のお気に入り。
イヤ、僕と古くからのお付き合いの方には絶対に信じられない色使いです。

来年の年賀状は此れで決まり。
と言う訳で、来年まで秘密です。

拍手[4回]


パネルの取り付け前に大事な仕事が有ります。

セレクターのLED表示。
今回の入力はフォノ1系統。ライン2系統の計3系統です。
プレーヤーは将来2台にする予定なんですけど、フォノにはセレクターを入れたくないんですね。
レモを挿し換えれば済む事ですので・・。

ラインはCDだけだと思うんですが、念の為にもう1系統。
で、僕の場合セレクターを切り替えるとLEDが変わるのって好きなんですね。
3個のLEDを付けるんですが何色にしようかなー・・・・・?

今回のアンプ、無茶派手だよね。そんなら・・・・・・・・。



信号機カラー(笑)。配置も本物の信号機に合わせました。
ゴム系の接着剤で取り付けます。

接着剤の硬化待ち時間、更に配線を進めます。

拍手[1回]


少しずつ、少しずつ進んでいます。



シャシ上面のトランス10個も取り付け済み。
そろそろ、フロントパネルも取り付けます。
此れをつけないと、VRとセレクターの配線が出来ません。

初めてのアンプなので、組み立て手順がチョイ下手。
従来のアンプと左右が逆なので、つまらないミス連発(頭の中が従来の配線を覚えている)。

でも、配線は略完了しています。
そろそろCR類の取り付け。
此れが付くとアンプらしい姿に成ります。





拍手[3回]


最近、HPの質問箱が正常に作動しなくなりました。
其処の修正を試みたのですが、HPの修正法がわからず・・・・・(大汗)。

と言う事で、当分HP内の質問箱は使用停止にいたします。
其処を修正した物のアップ方法を忘れて・・・・・・。

質問箱で送信されましても返事が出来ないかも知れません。

最近、マイクロのプレーヤーの修理の質問を送られた方。
此処で返答させていただきます。

『なくなってしまった会社ですので、故障パーツの入手が不可能です。また当方には回路図等も有りませんので、原因探求だけでもとんでもない時間を要すると思われます。
当方で修理をしますと、時間工賃だけでも可也の請求になると思います。
その様な訳ですので、ご期待に沿う事は出来ません。この辺の事情をお察し下さい。』



基本的に当方はメーカーです。当方で製作した物は最後まで責任を取って修理をいたします。
他社製品の修理は基本的に受けておりません。お買い上げ店にご相談をお勧めします。

また、他社製品を当方でチューニングした物は、チューニング部分は責任を持って対処いたしますが、ノーマル部分は製造メーカーへ修理依頼をお願いします。勿論製造メーカーへの橋渡しはいたします。

拍手[0回]