平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
細々とした飛込みの仕事が一段落。
今日は日曜日、ノンビリと休むか。と行かない自営業(良い意味で公私混同が出来ないと自営業は勤まりません)。

中断したアンプの製作に掛かります。
今回のプリアンプ。
本来ならパワーアンプに入るドライブ段を内蔵。
一般市販のアンプとの接続は全然考えていません。

で、今使っているパワーアンプ。極普通の品物。

ハイ、今度作るプリアンプとは接続不可能なんですね。
つまり、プリと同時にパワーアンプも作らないといけないんです(大汗)。
(更にCDのバッファアンプも・・・・・・・)

パワーアンプのシャシは出来上がっているし、パーツも全て揃っている。
以前にアップしましたよね。派手なシャシにOPTケースが似合わない(涙)。

そんな訳で・・・・・・・・・。



OPTケースの設計です。アンプシャシは出来上がっていますので、純正OPTケースと同じ取り付け方法(寸法)にしないと拙いんですね。
本当はOPTケースを先に設計し、其れに合わせてシャシ図面。と言うのが正しい手順です。
最初は純正ケースで作るつもりだったんだけど、シャシが出来上がったら純正ケースとはデザインが丸ッ切り合わないのに気付いて・・・・・・。

まあ、泥縄ですね。
僕愛用のOPT。スピーカーインピーダンスに合わせるのが無茶メンドイ(いちいち配線換え)。
その為に、簡単に横板が外れる構造で無いと大変(純正ケースもそう成っています)。

あ、トランスケースの色ですか?
出来上がるまでナイショ。

拍手[0回]


デジタル機器にもバッテリー電源は有効。
そう成るとブレーキが効かなくなるピンキー君。

柳の下を狙います。



そう、前にもアップした写真。
CD電源にはやっていなかったんですね。
DACは対処済み。

メカ部のバッタリーにも同じ処方を・・。

効きました。付帯音が減った。
そうかあの付帯音は充電器からのノイズ。

24Vにしたら・・・・・・・。



エーーーー、最終的にはバッテリーの数は何個に成るんでしょう?(あ、クイズじゃ有りませんよ、笑)

序でに・・。
プアーな電源を持っている機器ほど、バッテリー電源は効果が有ります。
で、CECとソフトンが無茶効いちゃったんですね。

一般市販機器、電源に余裕は殆ど取っていないです。電源に余裕を持たせるとコストはグーンと上がりますが、数値上の性能アップは殆ど有りません。

拍手[1回]


先にアップしました実験。
やって来ましたよー。

まず、今現状(全てがバッテリー電源)の状態で聴きなれたCDを掛けます。

2~3曲聴いた所でCECのメカをストップ。
大事なのは、プリアンプのVRには絶対に手を触れない事。
音量が変わったら試聴に成りません。

インバーターのコンセントからメカのコードを外し、壁のコンセントに挿し直し。
電源ON。

ハハ、此れだからオーディオは困る。
デジタル機器だけの筈なのに(DACとは光で繋いでいますのでアースラインは切断されています)、とても聴けたもんじゃない。
声が汚い。

直ぐに元へ戻します。思わずホッ。

エーーーー。僕のメカへの評価。バッテリー電源を使った場合と言う但し書きが必要です(大汗)。勿論ソフトンのDACに対しても。


あ、序でに言っておきますが、ベルトドライブの音の甘さ、と言うのは有りませんでしたので・・・。

更に・・。
今使っているインバーターは12V仕様。24Vにしたら・・・・・・。

拍手[1回]


此処の所、毎日CDを聴いています。
調子がドンドン上がっているのです。
改造しなくても良いかな?(ウソウソ、笑)。

で、小さな疑問点。

CDメカ部にもバッテリー電源は必要なんだろうか?

デジタル部だけで構成されていますので、理論的には要らない。
でもね。予想外の結果が出るのがオーディオの世界。

今夜辺り実験して見ますね。



細かな仕事が色々と入って来て、プリアンプの製作は中断状態。
2年前に戻りたくないので、暫く新規受注は中断させて下さい m(__)m  。
予約済みの仕事の進行と、修理は受け付けます。

今の状態ですと、新規受注は年内無理かも知れません。
体がギブアップした時以外には、休みの取れない状況が続いています。

拍手[2回]


昨日、遠方より来客。
まあ、お客様と言うよりも友人の方が近いかな?

メールをやり取りしていて驚いたのですが、彼もCECのCDプレーヤーに、興味を持っていたのです。
別の用事で来られたのですが、CECのTL5に興味津々。

普段ならレコードから始めるところを、最初からCD。

鳴り出した瞬間笑い出した(彼独特の表現です)。
で、直ぐに車に戻り、聴き慣れたCDを持って来た。

その後のソフトの選択は彼任せ(僕の装置は音楽を選びません)。
彼の周りでも、『ベルトドライブでは柔らかい音で雰囲気重視だよね。』と言った意見ばかりの様で・・・・・・(大笑)。

エーーー、彼は以前のチューン済みソフトンのプレーヤーの音も知っています。

で、TL5。
ソフトンよりも情報量が確実に多い(正しく言えばフィリップスのメカ)。

そうなんですね。チューン済みのソフトンプレーヤー。デジタル臭さは皆無ですがアナログと比べると情報量の少なさは確実に感じます。

で、今回の組み合わせ(TL5とソフトンDAC)。明らかに情報量が増えた。デジタル臭さも無い。

まあ、彼が満足した所でレコードを鳴らします(意地悪ですね、笑)。
満足していたCDの音よりも深みの増した音楽(ハハハ)。

正直、この差の方がチューンし甲斐が有ります。情報量の足りないのはなんともし難い。
音色の点なら結構得意(音色を弄るのではなく、正しい装置に組むだけです)。
まあ、今のDAC内蔵のアナログ回路で、音の深みを味わうのは無理です(コスト的に仕方が無いですよね)。

その彼と話をしながら笑った点。世の中の評価ほどあてに出来ない事はない。
実際、僕の装置のラインアップを聞いて、この音は想像出来ないよね。
まずSPU、続いてトランス結合の真空管アンプ。ウーハーだけをフルレンジで使っている。

まあ、普通に考えたら柔らかくて疲れない音、でもスピード感、リアル感は出ない・・・って(大笑)。

僕に言わせれば、音のリアル感、エネルギー感、スピード感。全て真空管の方が半導体よりも上回っているんだけどなー・・。

と言う事でCECのTL5を買ったのは大成功でした。ヒントをくれたA君に大感謝。
ベルトドライブで甘い、って評価の人。他の装置に問題が有るんじゃないですか?




あ、ちなみに売込みではありませんが、今回のバッファアンプの予価は¥400000です。
シャシ、トランスセットは¥250000程度に成ると思います。
特注電源トランス、カットコアのチョークが2個。信号ラインに6個のトランス(DACの出力トランス込み)。全て高級品ですので御勘弁を・・・m(__)m 。
勿論シャシは、得意のアルミ厚板削り出しです。

完成品のみ3年間の保障が付きます。

ついでに僕の想像。
TL5はベルトドライブ(つまりCDを支えているのはモーターではない)。
モーターよりもシッカリとした軸受けに出来る。こんなところがメリットと感じています。

拍手[6回]


使用するトランスが決まり、各部の信号レベルが判りました。

この信号レベルが判らないと、真空管の動作点を決められないんですね。
正直、この辺を判って設計しているな。と思える回路図には殆どお目にかかりません。

今回のDACの最大出力は60mV。
その後にトランスを入れて1/2で出力されます。

バッファアンプの入力には1:8のトランスを入れますので、240mVの耐入力で真空管の動作点を決めます。

真空管の動作原理の判っている方ならハハ~~~ン。
アナログと違って、これ以上の入力は考えなくても良いんですね。

僕のアンプ作りのノウハウは、この真空管の動作点とアースラインの引き回し。
CR素子の音の違いなんてどうでも良いんです。その辺は好み。
基本は真空管の動作点とアースライン。

此れが出来てから、素子(真空管、トランスも含む)の音の違いを言うべきなんですけどね。


拍手[8回]


具体的な設計に入りましたCD用のバッファアンプ。
よくよく考えると、CDの為に3台の機械を使うんだー・・・(汗)。

まずCECのCDメカ(これからはデジタル信号が出る)。
次がソフトンのDAコンバーター(アナログ部は外しDAC単体からの出力)。
上記からの出力は60mVしかないので5~10倍程度増幅するアンプ(今回作る物)。

こう成ると、アンプ本体に電源を内蔵させないと、とんでもないものに成っちまう。
僕の作る電源はかなりしっかりとした物だから、小型のパワーアンプ程度の大きさに成るのかなー・・・・。

で、タイトルです。

最初のトランスはDACの出力に噛ませます。
アナログ出力をシールド線で引き出します。
此処の出力インピーダンスを下げたい。
つまり此処のトランスは2:1程度の減圧トランスに成ります。

続いて今回のアンプの入力に1個。此処は5倍程度に持ち上げます。
真空管増幅後の出力トランス。此れは10:1程度の減圧(出力インピーダンスを下げたい)。

計算上のトータルゲインは略5倍。
プリのフラット段で持ち上げますので、パワーアンプの駆動には問題ありません(パワーアンプの定格入力が1Vと考えています)。

この程度の出力ですと、フォノとの音量差が少ないのです。
一般のCDは、同じVR位置ではフォノよりも可也大きな音量に成りますので、使い辛いんですね。





この設計でお判りでしょうが、シールド線が負荷に成る所の出力インピーダンスを低くしますと、シールド線の悪影響を受け辛くなります。

使う予定のOPTは、4,5:1 9:1 18:1 の3種類が選べますので、トータルゲインは調整可能です。

拍手[5回]


今日もリハビリから帰ったら、CDバッファアンプの事で頭がいっぱい。
僕専用機を作るなら簡単。今回はお馴染さんからも作ってね。
こう成ると、無制限のコストは掛けられない(と言っても一般メーカーよりは可也自由に、笑)。
要は売る為の機械を作るのは大っ嫌い。自分で使いたい機械を作りたい。
この機械を一般の方と共用出来たら・・・・・。
そんな我が侭を許してくれているお客様に感謝。

そんな訳で、今回のアンプも手抜きしません。自分で使いたいんだもの(笑)。

先のブログでアップしましたDAC単体の出力電圧(デジタルはハッキリしていて簡単、アナログはこうは行かない)。

この電圧をプリフラット段へキッチリと伝えたい。
過剰増幅は勿論禁止。
世の中の機器。この辺に安全マージンを取り過ぎているから・・。

例えば今回俎上に乗せたソフトンのDAコンバーターのアナログ部。
僕に言わせりゃ増幅し過ぎ。

でもね、おばかなマニアはパワーアンプに直接繋ぐ(大笑)。
それを考えたらこの増幅率は仕方が無いかなと・・・・・。

基本に戻りましょう。プリのフラット段は必要です。それを飛ばした方が音が良かったとしたら、そのフラット段がダメなんですね。
キッチリと作られたフラット段でしたら、パワーへ直接入力よりも良い音が得られます。
理論的にキッチリと説明出来ますが長くなるのでカット。

極論です。オーディオ機器は必要悪ですから・・・。



好きな演奏家の生が何時でも聴けるならオーディオ機器は要りません。
ある意味タイムマシンと思っています。

拍手[5回]