平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
只今の時間は6:37。
入院の準備も全て終わり、迎えの車(地元のおじさんの軽トラック、笑)が来るのを待っています。
タクシーを呼ぼうかと思っていたら『送ってやるよ。』の親切を受ける事にしました。

なんせタクシー代金は¥6000近く掛かるんですね。

冷蔵庫の中も、略空っぽ(日持ちするものだけが残っています)。
あ、お酒はバッチリですよ(笑)。

3週間ほどの入院に成ると思います。

バッチリ治して帰って来ます。
暫くお待ち下さい。


拍手[6回]


まだまだ現在進行中のバッテリー電源。

昔の記事を見ると、充電器を動作させた侭でが聴感上好ましかった。

で、暫くぶりにレコードを聞いている最中に充電器をストップ。
前の実験は1台のバッテリー電源で尚且つ12V仕様。

今回は3台のバッテリー電源(全て24V仕様、プリ、パワー、プレーヤーの三台)の充電器を遮断。

ウーーーン、良くなった部分と悪く成った部分。
具体的に言いますと,汚れは少なくなったけどエネルギー感が今一。

僕としては充電器は繋いだ侭で使いたい(バッテリーの電力消費を気にしないで聞ける)。

そんな訳で充電並行でも汚れを少なくする方法。

もうピコンと来た方がいますよね(笑)。

答えは・・・・・・・。



充電器の汚れた波形をキャンセルするコンデンサーを取り付け。
今回は僕が一番信頼しているコンデンサーを付けました。
アンプの電源にも使いたいんですけど、耐圧が低過ぎるし容量も少ない。
このコンデンサーの性能で高耐圧(500V以上)で大容量(10μ以上)って作れないんですね(構造が判っていますので)。



試聴結果は勿論OK。バッテリー電源、益々発展しますよー。

拍手[5回]


入院前に頑張っています。



タイトルのサイズのシャシ天板。
サイズからは十分パワーアンプに使えます。
しかも2台分。

で、此れは今度のプリアンプの電源シャシの天板なんですね(笑)。
なんで、こんなにでかいのかって?

エーーー、電源トランスが2個。
チョークトランスが6個。
整流管が2本。
コンデンサーの数は数えるのがメンドイ(汗)。
その他タイマーやリレーが乗りますのでこのサイズに成ってしまうのです。
けっして内部はガラガラでは有りません。
作る方としては出来るだけ小型にしたい。
でも必要に迫られてのこのサイズです。

で、一番の問題・・・・・・。
重いんだろーなー・・。持ち上げられるかな?(大汗)。



つまり今回のプリアンプ。
電源トランスが4個と言う・・・・・・。

拍手[5回]


新しいプリアンプ。
少しずつですが進んでいます。

入院前にシャシを完成させたいのです。

主治医の話では、退院直後(2~3ヶ月間)の重労働は禁止。
つけた関節が脱臼し易いのだそうです。
と成ると、長時間のフライス仕事は危険(特にバイスのつけ外し)。

シャシさえ出来ていれば、机の上での組立作業なので行けそう。

そんな訳で、チョイ痛いのですが頑張っています。

で、問題。プリアンプの電源に2台のインバーターが必要。
更にパワーアンプもモノラル構成になるので此処も1台追加。

ウーン、2セットのバッテリー電源を追加する様です。
退院したら発注かな?


拍手[3回]


好評に進められています差し上げますシリーズ(笑)。
エーー、今回もアンプシャシです。



長年頑張ってくれたドライブアンプのシャシです。
最初はVT25の2段構成。
最終的にはECC99の逆送アンプに成りました。

今回作っているプリアンプは、ドライブアンプを内蔵しますので、このシャシは使いません。

引越し当初は広いと思っていたこの家も、何故か狭い・・・・・・。

そんな訳で使わない物は欲しい人に使ってもらうのが一番。

このシャシも2台でのセットです。
手前の真空管プレートもお付けします。

ご希望の方は、HPの質問箱を使ってご応募下さい。
此処へのコメントでの応募は無効にいたします。
締め切りは短いですが4月1日といたします。

ふるってご応募下さい。





あ、追記です。真空管とレモ端子は取り外しますので・・・・。
更に追記です。
先の上げますと同じでして、取りに来ていただけるのが条件です。
梱包、発送をしている時間が有りません m(__)m 。

30日現在5名様からご応募が有りました。
応募された方には締め切り次第抽選方法をメールいたします。
今暫くお待ち下さい。

拍手[2回]




特注のギヤが上がって来ました。
ギヤボックスに使うウォームホイール。
更に回転ムラを少なくする為に精度を上げた特注品。

正直、どんなに精度を上げてもジックリと慣らしをしたギヤには敵わないと思っています。
初期なじみの時間が短縮できたなら・・・・(現在のギヤですと初期馴染みに2年間・・)。

周りは季節はずれの雪景色。
車も通らないので静かです。

その静かさの中でジックリと組み立てます。


拍手[4回]


此処数年、股関節の痛みに悩んでいます。
原因は判っているのですが・・・・。

昔のバイク事故の後遺症です。
ほって置いても、良くなる筈は無いので、人工関節を入れる事にしました。
色々と調べると、この手術を受ける方は年間5万人も居るそうです。
手術の実績も30年以上。
まあ心配は無いだろう。

そんな訳で、4月中旬より暫くは僕に連絡を取れなくなります。
突然の蒸発では有りませんので・・・・(汗)。
入院中は一切の仕事の受付が出来ません。
退院しましたら、此処へご報告いたします。

主治医先生の話では2~3週間で退院出来るそうです。
回復力には自信のあるピンキー君ですので・・(笑)。



あ、調べましたらこの手術を受ける平均年齢は64,7歳。
僕よりも若い(笑)。

ちなみに、手術中の輸血用の血液を2回僕から採るそうです。
そちらの方が怖い・・・・。

拍手[5回]


昨日は旧友2名が来訪。
で、ピンキー君は我慢が出来ない。

アルマイト加工の終わったシャシを自慢。

流石の二人も驚いた様。まさかこんなアルマイトを掛けたとは・・・・・・。

パワーアンプの天板です。



ヘアーラインもバッチリと決まっています。(サンドペーパーでゴシゴシしたとは・・)

横の小さなパーツはシャシの外周の枠。
グリーンの他にブルーも有るのが・・・・・(この辺はお二人には報告しましたがBLOGではナイショ)。

で、話をしながら僕も考えた。
要はOPTケースがこのシャシには似合わない。

ウーーーン。トランスケースも作るようですね。



あ、今後アンプの受注時、カラーアルマイトもお受けしますが、必ず色見本が必要です。
色を言葉でやり取りしますと絶対に違う色に成ります。
アルマイトですので塗装のような色は出ません。メタリックカラーです。

更に追記。
BLOGでの写真では、正しい色の表現は難しい。
で、今回の色。パネルも含めて皆さんに好評です。

エーーーー(笑)。
拍手欄のコメントにカワサキ色って有りましたけど・・・。
ライムグリーンとはかなり違った色です。
更に横のグリーンのパーツ(シャシ側板)。
天板とは違うグリーンって気が付きましたか(天板よりも濃いグリーンです)?

アルマイト屋さんの色見本の中から選んだのですが、思ったよりも良い色で嬉しい。
更にこのアルマイト屋さん。同じ色の色見本を付けてくれました。
つまり、次回同じ色って指定する時に困らない用にです。
で、実はパネルと同じ赤に着色したい次の物が控えているので・・・・・・。

拍手[7回]