平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
可也の時間を要したギターアンプの設計。
初めてのアンプですので、一度書いた図面に数日後ダメだし。此れが何度も続きました。
急がば回れ。早急に図面を書くと、製作後の反省(後悔)が絶対に出て来ます。

実は、昨夜も真空管の配置が変わったのです。
時間をおいて見直すと、意外な配置が思い付いたりするんですね。

で・・・・・・(汗)。



小型のリバーブユニットを購入。
写真下が二ヶ月位前に購入した物。上が今回の物です。大きさが全然違います。
最初は電源一体で作るつもりでしたから、シャシサイズも大きい。リバーブユニットが大きくても大丈夫(一番の原因はフェンダー純正)。

シャシを電源と本体に分けたので、大きなユニットの取り付けは不可能。
そんな訳で小型の購入に成ってしまったのです。

と言ってもタダでは転ばない(笑)。



小型のコネクターです。
此のコネクターでリバーブユニットを外に出し、色々と試せるように。
つまり、今回手に入れた二種類を試せます。

結構しつこいピンキー君です。




今朝一番で、シャシの材料を手配しました。
そろそろ製作に入れます(本職の合間を狙ってですけどね)。

拍手[5回]


子供の頃からの憧れのギターだったフェンダー、ストラトキャスター。
この歳に成って、ヤット手に入れました。
憧れだったんだから、其の侭使えば良いのに・・・・・・。

で・・。



昨日、ピックガードの交換。ジャパンから外した白を使わず、本国純正のパールへ交換しました。
穴の形状がチョイ違う(本国と日本製で)。
それにパールが気に入ってしまった。
そんな訳での行動です。

ピックガードを交換すると言う事は、電気パーツを殆ど見られます。勿論配線の引き回しも・・。
今回はチェックだけで一切弄りません。
弄るのはアンプが出来てから。

で、予想通りだったのが・・・・。

フェーンダー自慢のトレブルブリード・サーキット。
VRを絞ると、高域が落ちる現象を解決するサーキットとの事。

此の高域の落ちる現象は、ギターの出力インピーダンスがVRを絞ると上がり、接続ケーブル(シールド)のキャパシターの影響を受けてしまい、高域が下がるのです。

で、回路はアップしませんけど、コンデンサーが1個付いただけ。
高域だけ、VRをパスする様にコンデンサーが入っています。

ピックアップのインピーダンスを下げて、VRの抵抗値を下げれば・・・・・・。



拍手[5回]


弦を張り終え、ピックアップの高さもOK。
軽く練習をしていたら、玄関のチャイムの音。

出てみたら、郵便やさんが小包を・・・・・・。

大きさから、ハハーーーン。

で、中身です。



先日、夜中にスプートニクスを検索していたら、見つけちゃったんですね。
ヤフオクで・・・・。
CDの方がきっと曲数が多いよね・・・・。

只今TVのスピーカーから再生中(汗)。
だって、試聴室寒いんだもの。

思った通り、僕の持っているLPよりも6曲多い。
更に驚いたのが、同じ曲でも演奏が違う(録音時期が違う)。

結構楽しめそう。



ジックリ聞くと、僕の持っているLPと全然違う演奏です。
LPの方は、色々な効果音を入れたりキーボードも加わっています。
今回のCD。純粋なエレキバンド。
今夜、シッカリと聞くかな。

拍手[4回]


昨夜一晩休ませたジャパンストラト。



アメプロのハードケースの中で、熟睡をしていた様です。

新しいガードを、穴位置の合っている2箇所のネジ穴で仮止め。

残りの穴位置の中心に、1,6mmの下穴を開けます。
開いた穴に木ネジを軽く入れて、穴位置の確認。
バッチリでしたので、ノーマルのガードについているパーツ(ポット、ピックアップ、セレクターSW)を全て外し、新しいガードへ移植。

で、またもや問題(あ~~~あ)。
ピックアップとセレクターSWの取り付け穴に、皿加工がされていない。
ネジは丸皿なので、出っ張ってしまって・・・・・・。

取り付けたパーツをもう一度外し、ガードを持ってプレハブへ。
まあ、皿加工はお手のモノですので・・・・・。

正しく取り付けられた新しいピックガード。



ウーーーン、カッコイイ(自己満足)。
アップルレッドにパールが似合います。

新しい弦を張って、ピックアップの高さ調整で仕上げです。



本職は午後からだなー・・・・(大汗)。

エーーー。追記。
ピックガードの11本のネジを締めて、ある意味やって良かった。
と言うのは、修正しないで済んだ2箇所のネジよりも、修正後の穴のねじの方がしっかりと締まる。
無修正の穴は、きつく締めるとバカ穴になる感触です。
修正の要らない穴も、同じ処理をした方が良いですね。
木工ボンドは木に浸み込みますので、穴の強度も上がるのです。

ちなみに、本家アメプロの方が本体の木の密度は可也高いです。こちらは用心してネジを回さないと+溝をなめそうです。

拍手[4回]


エーーーー、火の点いたピンキー君は止まりません(猪と同じ)。
明日やろうかとも思ったんだけど、接着剤の乾燥待ち時間が勿体無い。夜中に乾燥させちまえ。

そんな訳で、穴位置修正プロジェクト発進。

11穴の内、ピッタリなのは2個。丸ッ切り合っていないのが4個。残りは微妙にずれている。
一番簡単な修正方法は、ピックガードの穴を長穴にする。

でもね、ビスの横に穴が見えちゃうのでかっこ悪い。カッコで惚れているストラトですから、チョットでもかっこ悪い改造は全て却下。

そう成ると、ボディの穴位置の修正しかない。
木ネジの穴だよ。微妙にずれている所は如何すんのよ?

ホント、完全にずれている方が助かるんですね。新しい穴を開ければよいだけなので・・。
で、ピンキー君のとった手段。
まず、穴を埋める。その後新しい穴を開ける。
言うのは簡単だけど、埋める方法は・・・・・・・。

で、今の穴に爪楊枝を差し込んでみました。丁度良い按配。

そんな訳で、爪楊枝(お尻の方)へ木工ボンドをつけます(ある程度タップリと)。
穴にグリグリと差し込みます。
もう無理と言う所で、ニッパーで切断。
この時、ピッタリには切らないで、1mm程度長めに切る。
飛び出た部分をプラスチックハンマーで叩いて押し込む。平面まで叩いたらOK。

此の作業を9箇所やりました。



ボンドが乾き始めていますから、穴の周りにはボンドが見えません。
でも、コレで大丈夫な筈。

一晩乾かして、明日正しい位置に穴開けをします。

こんな事をする度に愛着が湧くんですね。




まだ買って一ヶ月も経たないのに・・・・。
でも昔・・・。
モトグッチ(100万円以上するバイク)も一ヶ月経たない内に弄くっていた様な・・・・・。
歴史は繰り返します(笑)。

拍手[5回]


本体からピックガード周りへの配線を外します。
ポット(VR)の本体へハンダで落として有りますので、チョイ容量の大きな半田鏝が必要です。

配線を3本外せば、本体とピックガードは分離。

で、楽しみだったと言うか、恐ろしくて確認したくなかったと言うか・・・・・・。

エーーー。ピックガードの11本の取り付け穴。
全然有っていません(大汗)。
こんな物だよとは聞いてはいたんですけどね・・・・。

まあ、この辺の感覚はNゲージで鍛えられています(あの世界もこの状態)。
オーディオやバイクだけで楽しんでいたら、今頃怒りが爆発。

ふざけんな、って思わないで、どうやって合わそうかなー・・。と考えるピンキー君は大人に成りました。

ある意味、フェンダー純正のピックガードを、ジャパンフェンダーに取り付けようとした僕が悪い。

あの穴、一個ずつ本体に押さえつけてドリリングをしていたりして・・・・・。

近々、本国フェンダーにも合わせてみます(単に意地悪、笑)。此方も合わなかったりして・・・・・(大笑)。




拍手[4回]


先にアップしましたピックガードの交換。
勿論ガードの交換がメインですが、それだけで終わるピンキー君ではない。
ある意味、此方がメインかも・・・・。



ボディーのピックアップの穴です。将来トランスを内蔵する予定ですので、此処の部分のザグリの確認は必須なのです。

開けて見たら、HSH配置に対応しています。これならトランスを入れるスペースは十分です。
で、ピックアップの出力線。シールド線を使っていないのに・・・・・・。
ハイインピーダンスですからねー・・。

で、ポット周りの配線。



信号のコールドと媒体のアースが完全に共通。まあ予想はしていたのですが、こうも当ると・・。
エレキギターの電気技術者にオーディオアンプを作らせて見たいなー・・・(笑)。

ピックガードを外して内部配線の状態を確認したい(友人からは酷いって聞いていましたので)。
で、序でにピックガードの交換を。と言うのが今回の行動の正体です。
木ネジって信頼していませんので、何度も外すのは避けたかったんですね。

でも、音を拾う一番大事なパーツを柔らかいプラ板に取り付けて、尚且つスプリングでフローティングって今一・・・・・・・。



ギターの問題点を見つけるよりも、僕の腕のアップが最重要課題です。

拍手[5回]


ホンの短期間に2本のストラトを手にしてしまったピンキー君。
超初心者ですので、外見中心に選びました。

で、実はナチュラル(クリアー塗装)の方は、ピックガードの白が欲しかったのです。
残念ながら本国仕様では黒しかない。

ピックガードは後からでも換えられるし・・・・・・。

そんな訳で、此の部分だけ好みではなかったんですね。

2本目に入手したストラト。赤いボディーに白のピックガード。
最初のを白に換えると2本共白のピックガードに成ってしまう。

この辺は解決策が見つからず、まあイイヤ。って思っていたんですけど・・・・・・。

ある物をネットで探していました。良く見ますよね、下の方にお勧め商品が出るのを・・・・・・。

で、拙い物が出ていたのです。思いもしなかった色のピックガード。

コレを付ければ、二本ともかっこよくなる(正しくは僕好みに)。

で、探していた物の注文をしないでピックガードをポチッ。
今日の夕方届きました。
明日交換をしてからアップします。
可也、僕好みに成りそう・・・。



拍手[5回]