平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日のアップで、ラックとバッフル柱の重量が、略お判りと思います。
今回のバッフルはオイロダイン用ですので、従来の物(1m×1m)よりも大きいですので、更になんですが・・。

昨年、上げますで出品したラック。
当選した方は、その効果に驚いていました。

今回のお客様は、かなり以前からラックの重要性は理解していたのですが、家の都合で我慢されていたのです。

今回家の引越しが有りますので、それに合わせて・・・・(笑)。
まあ、長年のご希望がヤット実現と言う訳です。

かなり前のステレオ誌の取材時、プレーヤーを叩いてもびくともしない。って驚かれていましたが、その正体はプレーヤーキャビよりもラックの所為なんですね。

あのプレーヤーでも、床直置きではシッカリとハウリングします(かなり酷く)。
僕の場合は、フルボリュームでプレーヤーを叩いても平気です。

完全にラックの勝利なんです。
ラックの重要性、まだまだ理解されていない方が多いのがなんとも・・・・・・。



アンプに100万円掛けるよりも、ラックの数十万の方が効果が有るかと・・。
実験方法。チョイ大き目の音で再生。
その状態でアンプをラックから持ち上げる(宙に浮かす)。
目が点に成ると思います。

拍手[7回]


只今平面バッフルとラックの製作中。
と言っても、材料はまだ。
この辺は間違えると大変なので、何度も図面を確認(失敗するとやり直しが効かない)。

一度出来上がった図面をもう一度見ると、結構変更点が見つかる。
変更点が無くなるまで、材料の手配は出来ません。

で、先日最終図面が完成。早速材料を発注したのだけれど・・・・・・。

今回の材料。アルミの角棒が10本。
その他平角や只の板も・・・・。

角棒の定尺は4m。断面は40×40。
1本の重量は略20kg。

もう気付きましたよね。総重量がとんでもないって。
材料屋さんまで取りに行くんですけど、愛車は軽4輪。

材料を積んだら、後ろが滅茶苦茶下がると思います。
その状態で高速に乗るの無理だろーなー・・・・(大汗)。




拍手[3回]


先のアップで、初段管にペケナナ(x7)を使っているのは・・・?
って書きましたよね。

色々と考えました。
基本、レコードやCDと違って生音です。リミッターは掛かっていません。つまり一般レコードやCDの比ではないダイナミックレンジなのです(市販のレコードやCDはリミッターを掛けてダイナミックレンジを狭めています。だから生音は入っていないって、笑)。

そう成るとペケナナの最大入力が問題に成ります。増幅率の高い素子は最大入力に制限がある。
もう気付いた方は流石です。

そう、ギターを思いっ切り弾く。大きな音が出ます。
その時の出力はアンプにとって過大入力。
この時のひずみが、結構音楽的に聞こえたりするんですよ(いかにも音楽に乗っているって・・)。

で、僕の目指すのはスプートニクス(笑)。音量が上がってもクールなサウンド。
この場合、過大入力で歪むのはご法度。


ペケナナは使えません。

元々ペケナナは嫌いな真空管(マランツもマッキンも使っているんで・・・笑)。
此の後が楽しみ。




一流アーチスト。ギターアンプは100%真空管です。
真空管の強み。過大入力が加わっても、歪み方が綺麗。
対して半導体は過大入力に目茶弱く歪み方が汚い。

此の差が決め手と思っています。ですのでギター直後のエフェクター。半導体は使いたくないんですね。

拍手[5回]


イヤ、アバには反応が有ってもスプートニクスに・・・・(大汗)。
あのギターサウンドは忘れられません(と言いながら、実はスプートニクスのレコードを持っていたりして・・)。

説明しますね。60年代後半、スウェーデンを本拠にしたエレキギターを中心にしたインストメンタルグループです。
リーダーが電気に詳しくて、ギターアンプを改造(新造だったかも)して、とても魅力的なサウンドを展開していました。
土地柄、ロシア民謡をアレンジした曲が多かったのです。

僕が高校時代に来日公演をしました。
そのライブ公演のテレビ放送を、親父と見ていたのを思い出します(親父、結構新しいもの好きでしたので)。

記憶では、あの時のギターはフェンダー(ストラトキャスター)だったかと・・(自信なし)。

でも、あの澄み切ったサウンドは、今のギタリスト(エレキに限って)の方向とは違っています。
あんな音を出したいな。
エフェクターは要らない。過大入力に強いアンプが必要。
ヘヘ、その辺は得意ですので・・・(一番の問題は僕のギターの腕)。

拍手[4回]


アップしてはいませんけど、もうバレバレですよね。
僕が信号ラインに採用しているトランス。
スウェーデン製のルンダールです。

色々とトランスは浮気を繰り返し、此れに行き着きました。

普通のメーカーですと、トランス個々の音色が有り、試して見ないと判らないんですね。
ところがルンダール。見事に全機種の音色が統一されています(コア材が違っても音色は一緒です)。

音色と言っても、非常に癖が無くチョイ気付かないレベルです。

でも、もう10年以上付き合っていますので、ルンダールの個性には気付いています。

で・・・・・・・・。

スウェーデンです、有名なアーチスト。思い浮かびませんか?

此のトランス。アバとスプートニクスのサウンドにピッタリ。
北欧の抜け切ったサウンドが良く合います。

お国柄って絶対に出ますよね(アメリカはもっと色濃いですよね、英国も独特ですし)。




で、僕のギター。スプートニクスの音が出せたら・・・・・。

拍手[2回]


昼間は本職に精を出し、酔った時間はギター(笑)。
全然腕が上がりません。毎日ドレミファソの繰り返し。
でも不思議と飽きないんですね。
まだアンプに繋いでいないので、完全な生音。
昔持っていた国産コピーモデル(鈴木楽器製)。
当時は気に入っていました。コピーモデルの癖にちゃんとフェンダーの音がするって。

で、今回は本物(僕にとっては恐れ多い)。
生音でも違うんです。思わず弾きたくなる音色。
そんな訳でドレミの練習にも身が入って(笑)。

でも、アンプを通した音も欲しくなっています(これが本来の音)。

昔なら手にするのが難しかった情報を、ネットで簡単に調べられます。
ギターアンプで検索すると色々な情報が・・・・。

ウーーーン、言っちゃ悪いですけどオーディオ用のアンプと比べるとチョイ・・・・・。
昔、楽器用のノウハウが無いのでギターアンプの製作は断っていました。
今ネットで調べると、こんな物か・・・・。

完全に作る気満々。

僕に言わせれば、ギターアンプの初段にECC83を使うなんてコストダウンの何ものでもない(あ、正直に言っちゃうとECC83、国産なら(アメリカ規格では)12AX7は大っ嫌いです)。
単管で増幅率が100倍なんて・・・・(だからバラつきが多いし、インピーダンスが高くて・・)。

ギターアンプの基本回路を見たら、ECC83二段増幅でパワー管と言うのが圧倒的。
オイオイ、ペケナナでパワー管をドライブするのかよ。

此の世界のアンプ、オーディオ用と比べたら半世紀遅れている。
ウーーーン、ピンキーガレージブランドのギターアンプ作っちゃおうかなー(笑)。


エーー(ポリポリ)、昨日来られたお客様。もう30年以上のお付き合いです。
で、僕は完全に忘れていましたが、30年以上前にギターアンプの製作を依頼されて、僕が断ったと・・・・・m(__)m 。
今回僕がフェンダーを買ったと言う事で、その話題に・・・。

チョイお待ち下さい。自分用に納得行く物を作ります。
その結果で・・・・(勿論押し売りはしません、気に入られたらで結構です)。

エーーー、追記。
ギターアンプにも御馴染のトランスを使うんですので、チョイ贅沢かなーと・・。
イヤ、市販のギターアンプ。トランス類の酷さには・・・。

拍手[4回]


愛用のDAコンバーターから余計な回路を切り離しました。

過去に散々味わっています。必要の無い配線を取り外すと、ウソッと言う位、音がフレッシュに成るのを・・。
だから、必要の無い回路は絶対にNGなんですね(アンプ内に便利な回路を入れたら、僕は,あその程度かって、笑)。

昨夜は、DAコンバーターもビックリしたみたいでバランスを崩しました。
今夜は・・・・・・。

超ご機嫌。

まあ、こんなものです。
装置を弄って、直ぐの判断はまずダメ。

最低でも一昼夜は置いての判断が必要です。
昔、オーディオ雑誌で即時切替をしないと正しい判断は出来ない。ナンテ書いていた執筆者がいましたが、僕に言わせりゃオイオイ。自分の能力の無さを白状したとしか思えません。
音の聞き比べは、過去の音との聞き比べ。それが出来ないと正しい判断は無理です。
この場合、音の聞き比べではなく、音楽の聞き比べなんですけどね。

今夜のDAコンバーター、今迄で最高の演出。音楽が楽しい(そう、これが一番大事)。
あのチョイヤバイ電源でも此処迄出る。

乾電池にしたら・・・・。

装置を弄るのが好きな人。
弄った時間の十倍は聞きましょう。
正しい判断の基本です。

拍手[4回]




新年早々、作業台に乗ったDAコンバーター。
電源の見直しです。乾電池にする前に今のAC電源でやる事は・・・・。

散々見ました。で、プリント基板の結論。
改造するには、基板を度外視してやらないと無理(やっても良いんですけど、メリットとリスクを秤に掛けると・・)。

そんな訳で、電池ケースをネットで探しました。
電源SW付を見つけました。単三4本入りです。

此れなら簡単に取り付けられます。

此処を書きながら、CDが鳴っています。マダマダ行けるよと言うサウンドを聴かせています。


拍手[3回]