平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日も晩酌後のレコードタイム(Nゲージの楽しみが無くなった、汗)。
スピーカーの位置を変えて、単に喜んでいるだけでは駄目です。確かに良くなったものが多い、でも悪くなった部分は・・・・・。

でも、イヤですよね。単純に喜べない自分。好きなものを仕事にしてしまったん人間の性です(趣味を仕事にしちゃ駄目ですよー、笑)

まあ、バッテリー電源にした時点で気付いてはいたんですがなんとか誤魔化せないかと・・・。

今使っているスピーカーユニットは20cm口径のウーハー。
それをフルレンジで使っています。
で、更に口径の大きなウーハーが欲しい。
シビアに言えば高域にも不満は有るけど、低域の方が大きい。
あ、僕の言う高域は基本波に対する高調波です。シンバルの音では有りません。
勿論低域もバスドラの音と言う単純なものじゃないのを理解して下さい。
キチッとした低域が出ないと人の声が駄目なんです。

手持ちに38cmウーハーが二機種。オイロダインのウーハーとアルテック。
僕はアルテックを使うつもり。

世の中の評判や買った時の値段なんてどうでも良いんですね。
僕の欲しい音楽を得るにはどちらが向いているか?

ただそれだけなんです。


拍手[4回]


昨夜は結構聞いてしまった。
判っていたつもりだったのですが・・・・・。

今回のセットアップ。スピーカーの位置調整だけでその他は一切弄っていません。
出てくる音はウソでしょ・・。

リアル感が丸ッ切り違う。もう20cm一発の音じゃない。

此処まで変わるとは・・・・・・・。

スピーカーの位置。本当に大事です。

この場合非常に悩ましい問題が有ります。

一番良い位置を探すと、生活空間としては完全にじゃまな位置に成る場合が殆ど(僕の知る限り100%、笑)。

兎に角スピーカーを後の壁から離さないと(2m以上)ダメです。
狭い部屋では無理な数値ですが其れ成りの部屋でしたら出来る筈です。
出来る状況なのに壁から1m以内の隙間の方。
一度思い切って2m(希望としては3m以上)以上離す実験をして見ませんか?
労力だけでお金は一切掛からないチューンです。






ついでに言っちゃいますと、奥行きが4mの部屋としますね。
その場合、中間点の2mの位置にスピーカーを置くのが理想です。
つまりスピーカーの前後の空間容量を略同じにするのが決め手です。

拍手[4回]


昨日の命の洗濯が効いて本日はやる気満々。
一昨日途中で終わってしまったバッフル位置の変更です。

普通のスピーカーならこんなに苦労しません。

畳の上に直接スピーカーを置くのは厳禁です。
畳は表面が柔らかいのでスピーカーを押すとグラグラ。此れではピントの合った再生は無理です。

一番簡単な対策方法はシッカリとした板(900×900)を敷いてその上にスピーカーを乗せます。
こうすると畳と接触する面積が増えますのでグラグラしなくなります。本当はもっと大きくしたいんですけど、現状ではこれが限界。

スピーカーの左右の位置はキッチリと揃えなければ成りません。
まず板の位置をシッカリと合わせます。その板に対してバッフルの位置を左右同じにします。
書くと簡単ですけど、ティップトゥーで板に刺さっているバッフルの移動って大変なんですよ。

汗びっしょりで大奮闘。バッフルの位置合わせ後にユニットスタンドの設置。
二人なら簡単な作業ですが一人では結構な時間を要します。

で、セットの終わったバッフル。



周りの散らかり様には目をつぶって下さい(大汗)。
この状態で早速の音出し。
成功かな・・。

音のリアル感が増しました。ピントも良いです。

以前からスピーカーと耳の距離は近い方が良いと思っていましたので、それに一歩近づいたのです。

鴨居とバッフルの位置関係。


右側。


左側。

5年前にセットした時は、鴨居の真下にバッフルを設置しました。
鴨居の影響を避けたかったのです。

今回は鴨居はバッフルの後方。つまり後方空間の中に鴨居が有る。
こう成ると後方空間の反射板(吸音効果も有る)でしかなく成ります(の筈)。

今まで感じていた鴨居の悪さを感じません。




スピーカーの設置位置。物凄く大事です。
設置位置だけで同じスピーカーとは思えない程再生音が変わります。

一つ僕の中ではの確定事項。
スピーカーの後方空間はタップリ必要。エンクロージャーでも同じです。
平面バッフルだけが欲しがっている訳では有りません。

拍手[4回]


エーーーーー。
此処1年以上自分の装置を弄っていません(あ、バッテリー電源は別)。
基本装置を全然弄らないと言う事はノウハウの蓄積も無くて・・・・・。

その間、色々と問題点に気付いてはいたんだけど手を付けられないで・・。
要は忙し過ぎたのです。頼まれた仕事をこなすだけで精一杯(自営業がこの状態に文句を言ってはいけません。感謝有るのみ)。
でも、欲求不満が溜まりに溜まった。この状態で仕事をしても良い仕事をするのは無理。
そんな訳で始まっちゃいました。



スピーカー裏側からです。写真左側が今迄の位置。右側が今回変更した位置。
僕の部屋は10畳と6畳の境目のふすまを取り払っての16畳。

問題は境目に残っている鴨居。コイツがスピーカーの位置を限定させていました。

今回此れを無視出来るんじゃないかな?と言う位置に気が付いたのです。

その位置に写真右側のスピーカーを(バッフルを)移動させました。
兎に角重い。ユニットスタンドが乗った侭での移動は不可能。
バッフルだけの状態にしてからでも大騒ぎ。汗びっしょりで移動。
片chの出来た所でギブアップ。

続きは明後日(明日は出かけますので)。
結構楽しみにしています。



裏に有ったNゲージのレールは全て撤去。再び敷くのに年内は無理かなー・・・。

拍手[3回]


此処へ引っ越してそろそろ5年に成ります。
装置も色々と変わりました。

そろそろ配置の見直しかな?

スピーカーの位置の変更を目論んでいます。
勿論38cmウーハーの取り付けが前提の・・・。

で、僕の作る装置は兎に角重い。

一人での移動なので休み休みです。

物が多過ぎて、其れの片付け作業だけで汗びっしょり。

プリアンプを作り直しますので、其れの対応も考えています(パワーアンプも新造)。

暫くぶりに自分の装置を弄れるので気分は・・・・(笑)。

勿論、片付けが終わったら今抱えている仕事をまず優先。

終わってからの楽しみです。


拍手[5回]


先週末のプレーヤー納品。
無事に済みました。
お客様も貸し出し品との違いに驚かれたり喜ばれたり。

兎に角静かです。音楽が始まるまで何も聞こえません。
最初の音出しの瞬間は壊れたかと・・・・・・・。

次々とレコードと取り替えて兎に角聞きまくっているお客様の様子に僕も一安心。
一生懸命に作っても現地での音出しまでは若干の不安感が有るのです。

物作りってそう言うものなのです。

2~3時間お邪魔していました。さて帰ろうとしたらアームリフターが変。
巧く作動しない。
結局はエアーポンプ部分が壊れた。

手前で操作できるあの方式をとても喜んでくれていたのです。

古い機械は何が有るか判りませんからね。と僕を責めないお客様。
とりあえずポンプ部分を外して持ち帰りました。
基本的に非分解品。
直そうかなとも思ったのですが古い機械です。修理後の信頼性には・・・・・・。

で、何時もの癖。作っちゃえ、そうすれば壊れても僕が修理をすればいいし、僕の作るものはオーバースペックが普通なのでまず壊れない。

で、更に考えは膨らんで、アームのオプションにしちゃおうかな・・・・・・・。


拍手[5回]


明日に控えたプレーヤーの納品。

遠距離ですので忘れ物があったら大変。
持って行く物のリストを作りました。
このリストも見直す度に書き忘れを発見したり・・・(汗)。

ターンテーブルシートもご希望の色のシートを鋏でチョキチョキ。
両面テープでターンテーブルに貼り付けます。

輸送で一番心配なのがトーンアーム。
ゴロンと成ったら大変(針先が・・・・・)。

持てるかな?とチェック。大丈夫この重さなら・・。



右半分だけキャビネットに取り付けました。この状態ならアームの事故は防げます。
下側にはティップトゥーが出ているので出力ケーブルを潰す心配も有りませんし、ティップトゥーが車の床に刺さるので、荷台の中で滑る事故も防げます。

2ヵ月半近く掛かりっ切りだったプレーヤー。出荷を前にしてホッとするのと同時に若干の寂しさも有ります。

明日からはオーナーの所で可愛がってもらえよ。





全部の部品を取り付けてしまうと僕一人では車に積めません。
そんな訳で試聴用は徹底的な軽量化を計ったのです。

拍手[4回]


プレーヤーの納品ももう直ぐです。
最終組み立てはカートリッジの取り付け。

普段取り付けているSPUなら鼻歌交じりなんですけど、今回は・・・・・・。



EMT-TSD15。標準シェルの侭では取り付けが出来ません(まあこのシェルもSPU純正とどっちもどっちなんですけど、笑)。

EMTの問題点。シェルから外すとストリップ状態。

中身が完全に丸見えです。使う時には気遣い無用なんですけど取り付けるのは心臓に悪い。

何度もした仕事ですけど緊張します。つまめる所が無いんです。

写真でお判りの様に、出力端子が外側と言うのは助かります。
これで後だったりしたら・・・・・・(大汗)。

カートリッジまでの配線材にも拘っています。極力太い配線材、メッキの掛かっていない物。

EMTの純正シェルの侭でも、内部の配線材の交換をすると蘇りますよ。
ついでに・・・。頭のレンズ、共振構造ですので・・・・・。
更に言っちゃうと取り付けビスも鉄製なので交換をお勧めします。



拍手[0回]