平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
イヤ、判っているつもりだったんだけどプレーヤーの電源も東電はイヤだって・・・。
アンプと同じ変化をするんですからナント言うか・・・。

僕がターンテーブルを駆動するモーター、シンクロナスに拘っています(この場合内蔵電源で駆動するシンクロナスは除外)。
要は家庭に来ているACでダイレクトに回るシンクロナス(速度調整が付いていたら内蔵電源ですし50Hz、60Hzでの変更が無ければ内蔵電源です)。

このシンクロナスモーター。電源周波数にロックして回ります(要は負荷変動に強い)。
そんな実直な性格が好きなんですね(笑)。
でこのモーター。二組のコイルが有り片側はACで直接、もう一組はコンデンサーを通して位相を変えて給電。この結果回転素子が回転の力を受けます。

つまり、コンデンサーで給電されるコイルはコンデンサーの影響をもろに受けるんですね。
そうなんですよ、コンデンサーによって回転の質が変わり結果音質にも影響が・・・・。

つい最近までモーター純正のコンデンサーで出荷していました。
つい悪戯を・・・。

違うコンデンサーに変えた時の音質の変化と言ったら・・・。

そんな訳で、最近出荷のギヤボックス。進相コンデンサーを外付けにしました。
勿論純正コンデンサーはつけていませんよ。
でも、オーナーの方が好みのコンデンサーを選び易い様にとの配慮です。

取りあえず、しばらくは僕の付けたコンデンサーで聴いて下さい。
慣れてそろそろ飽きたなーって思ったら、色々と試して見て下さい。
このコンデンサーの変更に保障期間は変更しません。

ご自由に楽しんで下さい。



現在付けていますのはフォステクスのCPコンデンサー。
チョイ悪戯で同じフォステクスのCSコンデンサーに換えました。
音質は可也アップしたのですけど、耐圧不足で1ヶ月でダウン(高かったのにーーー)。
只今違うコンデンサーを発注済。さてさて・・・・・。

30年以上昔。ウエスタンのオイルコンを使ったりしました。若気のいたりです(笑)。

拍手[3回]


只今出荷間近の60Hz仕様のギヤボックスでレコードを楽しんでいます(そう、楽しんでいる・・)。
拙い、非常に拙い。
アンプの時と同じ結果に成っている。

昔、モーターの技術者と話をしました。
技『モーターには色々な種類が有るけど、どんな駆動方式でも変えられない基本が有るんだよね。
モーターの回転の質は回転数が高いモーター程上質。』

此れを聞いていたから4極シンクロナスに固着していた訳ですし、この話を聞いたのは30年位前なんだけど、其れを覆せる現実には一度も会えなかった(極数の多いシンクロナスも撃沈)。
考えてみりゃ判る、回転数が高い程イナーシャーが効いて回転の質は上がる(騒音、振動も増えるんだけどね)。

同じモーターを50Hzと60Hzで回すと(あ、交流モーターですよ)60Hzの方が2割回転数が上がるんですね。僕のギヤボックスなら1500rpmと1800rpm。

この違いを甘く見ていた。まあ現状で普通には60Hzを入手するのは難しい。
で、インバーター。簡単に60Hzを手に入れられた。

其の60Hzで今聴いているレコード。
アンプの時と完全に同じ違いが出ている。

ウーーン。自分用のギヤボックス。60Hz仕様に変更は直ぐかな。




拍手[3回]


先のアップで周波数変更機とバッテリーインバーター、結局は同じじゃないか?
確かに回路的に違いは略無いんですね。

直流電源を交流電源に換える。

でもね此処で一番の違い。
直流電源の質の違い。
つまりACを整流した直流とバッテリーの直流。

近々勝負をします。
周波数変更機vsバッテリーインバーター。

今回の周波数変更機。100Wの能力ですのでプリアンプでの勝負に成ると思います。
さあ、どちらが勝つんでしょうね(笑)。



笑ってはいられません。周波数変更機が勝ったらとんでもない出費が必要。
バッテリーインバーター頑張ってくれ(オ・ネ・ガ・イ)。

拍手[4回]


もう、バッテリー電源のネタ、全然切れない。
昨日届いた周波数変更機。中身は50Hzを整流して直流に変更、其の後発信機で60Hzの交流へ・・。
気付きましたよね。直流から60Hzの交流へ換える(殆どの周波数変更機は基本的にこの仕様です)。
つまりこれはインバーター。

と言う事はこのメーカー、インバーターも作っているのでは・・・・。

HPを見直しました。インバーター作っています。しかも自然空冷でファンの無いタイプを。
表示データーだけを見ますと今使っているインバーターよりも若干悪い。でもね最低保障値を表示していて実際には一桁良い物を作ってくる。

此処のHP、価格が書いてないんですよ。
高いんだろーなー。でも欲しいなー・・・・。




拍手[3回]


先日アップしました60Hz仕様のギヤボックス。
机上での試運転が終わりプレーヤーへ実装での運転です。

何が違うのですか?
机上での運転。糸が掛かっていません、つまり横方向への応力がゼロなんですね。
実装の場合、糸で引かれる方向の軸受けに負担が掛かります。
この辺はベアリングを使えば簡単にクリアー出来るのですが騒音の点からベアリングは完全にNG。

で、気付きました?(笑)。どっちの方向へ糸を張るのよ。
そうなんです。僕のところで360度糸を張ってのエージングは無理。
机上では横方向の応力は無かったのですから、実装では横方向の力が掛かっても正常に廻る事の確認なんです。

此処でのエージング。本当に時間が経つ程静かに成るのを実感出来る筈。

此処迄で僕の仕事はオシマイ。
この後のエージングはオーナーの方にお任せ。

使う程に静かに成るギヤボックス。こう言うのって愛着を感じますよね(僕は特に)。

これから先の楽しみはオーナーの方の特権。

そろそろプレーヤーから外して荷造りです。



拍手[2回]


エーーー。今日は本当に昔から(10年一昔ですので何昔か・・笑)知っていると言うか、もうこう成るとお客様(友人)って書くのも・・・。

まあ古くからのお付き合いをしている方が来訪。

来訪の目的は新しいプレーヤーキャビの作成。今使っているパーツをシッカリと流用するのにそのパーツの採寸をしたいと言う僕の我が侭を聞いての来訪です(つまり今使っているプレーヤーを・・・)。
当分レコードが聴けなくなるので僕としてはなんとも・・・。
快く持って来てくれました(感謝)。

良いキャビネットを作ります。

で、此処で終わらない(笑)。

ご本人さんもバッテリー電源を気にして来ています。
昨年暮れも来られていて最近の僕の音は承知。

まあ、極普通にユーミンから始まった(汗)。
僕は聞き慣れているのでなんとも感じないけど彼は・・・・・。

2~3曲過ぎた所でパワーアンプだけ東電に換える。
イヤ僕は経験済みだから驚かないけど初めての経験でしたら驚いて普通。

で、今回は此れで終わらない。彼が50Hzと60Hzの話題を・・・。

ハイ、今使っているインバーター、周波数の変更はSW一つで完了。
実はこの実験未だやっていなかった。まあ判っていたつもりなんですけどね。

50Hzの音。汚れは無い、でもエネルギー感不足。低域がだらしなく聞こえる(関西のバカやろー)。
つまり今回の結論はバッテリーによる汚れの無い音+60Hzによる駆動力の上がった音。
この両方を手に入れたんですね。

調子に乗ったピンキー君はターンテーブル駆動にもバッテリー電源。
もう書きたくない。アンプと同じ結果。
此の後、後何台のバッテリーとインバーターと充電器を買えば良いのかなー・・(汗、って思っていないって判ってますよね)。




今回使ったプレーヤーのインバーター(最初に買ったやつ)。
まあなんと言うかスライダックを負荷にすると発振する。
僕のプレーヤーはスライダックをお勧めしています。
そんな時救世主が・・・・。



年初め、発注した業務用の60Hz電源。
インバーターは此れが入る迄の取りあえずだったんだけど・・・。
ヤット本命登場です(流石に業務用機器、完全な実測データーが付属(検査した人の印鑑も押して有る)。
そのデーター、HPで表示して有るデーターを軽くクリア(此処がプロ機の見せ所、一桁違う)。
プロ器の発表データー、最低保証値です。
民生機の場合、当りの機械なら出る値です。
40年ぶりにプロ機に接してニコニコなピンキー君です。

更に追記。プロ機なら当然ですけどとんでもない長寿命を謳っている。
デモねケミコン(電解コンデンサー)は対象外だって(笑)。
当たり前なので其れを表示しない民生機は・・・・。

拍手[4回]


Hさんと言う方から拍手欄へのコメントを頂きました(2度も)。
拍手欄への返答は書けませんのでこちらへ・・・。

要はバッテリー電源にした(僕よりも高級なリチウム電池、汗)。良い結果が出たのだけれど高域と低域のバランスが若干崩れた?。でユニットの交換(フルレンジです)をしたのだけれどピンキーさんはどう思いますか?

僕はバッテリー電源の音が正常って考えています。
只僕のところでは高域と低域のバランスは崩れていません。
正確な物を導入すると、今迄気付かなかった弱点が見える場合が多いです。
リチウム電池の音って・・・(聞いた事が無いので判りません、僕の感覚ではリチウムの方が充電難しくないですか?)

あ、基本的に技術的なチャレンジをしている時にはスピーカーは一切弄りません。
何がどうなったのかって判らなくなりますので。

序に・・。
10Wを愛用していますが、こいつが駄目に成ったらリチャードアレン8Tって思っています。
僕にとって10Wか8T以外に音楽の大事な帯域を任せられるユニットは思いつきません。

拍手[4回]


只今60Hz地区へ出荷前のギヤボックス。
イヤ本当に60Hz電源を導入して良かった。
従来は50Hzで動作チェック。60Hz仕様に変えて出荷(此れで良かったんですけど、汗)。

なまじ60Hz電源を手に入れた。そんじゃ・・・・。

いつものどうせ作るなら。更に静かに成る様に色々と手を入れた。
此れが完全に失敗。
今回作った60Hz仕様。従来に戻した。
ハハ、只今聞いています(実際の動作での検証)。
従来の組み方で良かったのね。

まあ此処までは失敗談で済むんだけど・・・・。

あのね、60Hz仕様のギヤボックスの方が音が良い。
具体的に書くとリアルなエネルギー感が出ている。

以前書きましたよね。モーターの駆動方式にかかわらず回転の速い方が回転の質は上(モーターを開発している技術者の言葉です)。
50Hzでは1500rpmのモーターが60Hzでは1800rpm。

アンプでも感じた関西はずるいよ。
モーターでも同じ結果に・・。

これからのお客様にどう説明したら良いのやら・・。




モーターの慣性モーメントも2割アップです。此の辺も効いているんじゃないかなー。
でも問題点も・・。回転数が高い分振動も多い(要はSN比の悪化)。
と言いながら、只今60Hz仕様のギヤボックスでレコードを楽しんでいます。
今は初期馴染みの状態。馴染んだら問題なく成りそうなレベルです。

拍手[4回]