平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
可也悪い頭を捻っていますアームリフター。
なにしろ初めての加工が目白押し。
材料に何を使うかもやって見ないと判らない状態なのです。

今日届いた工具。



箱に入ってちゃ判りませんよね。ダイスです。要は雄ネジを切る道具です。

今回、内径5、外径8と言うパイプの外側にネジを切るんですね。
外径8ですのでM8のネジを切る事に成ります。

問題はそのM8。ネジピッチが1,25と言うのが標準ネジ。
パイプの肉厚は1,5。其処へピッチ1,25のネジを切ったら・・・・・・。
谷の部分の肉厚は殆ど無い。くっついているスプリングみたいに成っちゃうんです。
こんな時に使うのが細目ねじ。M8の細目は普通ピッチ1ですが、なんと0,75と言う規格が有るのです(普通は使わない)。

この規格に気づかせてくれたのは壊れたオーディオテクニカのエアーリフター。これが使っていたのです。中古のリフターでしたのでそのナットが不足していて散々探して手に入れました。
探すと言ってもネットですから本当に便利な世の中に成ったものです。
昔でしたらネジ屋さんをはしごしても見つかったかどうか・・?(取り寄せを頼んだら一箱単位に成りますからね。最低500個)

テクニカの時はナットの購入だけでしたが、今回はパイプを作らないといけないのでダイスを購入した訳です。

さて、ここからが問題。パイプの材質を樹脂にするか金属にするか?
テクニカはアルミを使っていました。僕はMCナイロンで作ってみるつもりです。
理由は内部に入るシャフトとのフリクション。樹脂の方が圧倒的に少ないですし無潤滑で使えます。アルミですとグリスを塗らないと無理なのです。
さて、ネジを切ってもMCナイロンの強度は大丈夫なのかな?



拍手[3回]


僕のトーンアームにアームリフターを付けよう大作戦(フー長い)。
始める前から判ってはいたんですけどね。



本日届いたバイトホルダーと其れに使うチップ(10個入り)。

なんでもそうですが、丸ッ切り初めての機械を作ろうとすると、今迄の工具では足らなく成ります。
とりあえずの形を手持ちの工具で作って、出来上がりを見ると・・・・・・。
ダメ出しの連発。此処をこうしたい、その形状にするにはあの工具・・・。

只今、其れの真っ最中。
今日も4種類の工具(切削道具)を発注。

でも、従来は出来なかった加工が出来る様に成りますので、僕の仕事の範囲も広がるのです。

旋盤とフライス盤を導入した当時は、毎月15~20万円の刃物代が出るのが半年以上続きました。
その後も新作の度に新しい刃物。

此処最近、新しい刃の購入はガクンと減っていたのです。

また始まっちゃいました。でも新しい工具を手にするとまた新しいアイディアが浮かんでくるのです。

今度の工具を見て、また新しい物を作るかも知れません。



拍手[4回]


1日前に交換したインバーター。
ファンノイズからは開放されました。
でもね、音質は結構変わった。
前の方が良かったかなー・・・・・。

ハイ、此処で戻しちゃダメなんです(オーディオマニア、音の好みだけでチューニングをしている)。

少なくとも、パワーアンプでは良い結果の出ているインバーターです。
プリにはダメ、って考えられますか?

理論的に納得行かないですよね。オーディオマニアの一番の弱点は理論を無視して聴感だけのセッティング。だから迷路に嵌るのです。それを推し進めているのは大多数のオーディオ雑誌と余計な情報だらけのネット。

つまりパワーアンプで良い結果を出したインバーターがプリアンプではチョイの問題。
ハイ、此れを理論的に論破出来たら凄いです(僕も尊敬します)。

僕はこう考えます。インバーター、電力の周波数だけを考えて作られている。使うパーツもそれに見合った・・。
オーディオ機器につながれて予定外の周波数が逆流して来た。

で、面白いのは電気の受動素子。与える周波数が広かった場合、其れ成りの時間で対応出来る(俗に言うエージング)。
ハイ、インバーターを交換して24時間以上経ちました。
最初見つけた問題点は解消。今度の方が良いな、って感じた方は其の侭で。

あ、勿論バランスの調整は必要です。僕の場合はMCトランスの受けの抵抗値で調整しています。

つまりですね。単に機器を交換しての聴感上の判断を僕は信用していません。
理論的な裏づけが有って初めて信用します。
実際、聴感だけのチューンでとんでもない迷路に嵌ったお客様を知っていますので・・・(僕の言う事をきかないんですよね、汗)。


拍手[2回]


昨日はインバーターの交換後、タンノイの修理。
細かな作業の写真はHPに載せて有ります。

只HPのユニットと違って古いタンノイのダイアフラムには枠が無いのですね。
非常に外す時には勇気が要ります(大汗)。

枠が有るのと同じ様な調子で外したら、まず壊れます。
この辺の経験が豊富な方、意外は弄らないのが無難です。
不調を感じたら腕の良いプロに任せるのが一番です。

慎重に外して内部の掃除。最適な位置を探す。
文章に書くと此れだけなんですけどねー・・・(笑)。



それなりの苦労はしましたがバッチリ直しました。
実は正常な方と比べますとインピーダンスも違っていたのです。
ボビンが擦ってフリクション抵抗が出来たので当たり前なのです。

数値で言いますと正常な方が22Ω。擦っている方は30Ωでした。

修理後測定するとドンピシャ22Ω。

完全に揃いました。インピーダンスがシッカリと判ったのでネットワークの設計に掛かれます。

部品待ちや構造の考察中のアームリフターと並行作業です。
リフターの様に初めてのものを作る時には考察が重要。
アイディアに行き詰ったら息抜きに慣れた仕事をする。

そんなペースで頑張っています。



ネットワークを作る時、大切なのはインピーダンスの測定。此処迄は判っていると思いますが其処で重要なのはクロス周波数でのインピーダンスです。
こう言えば、公称インピーダンスではネットワークを作るのは無理(音が出る程度の物は作れますけどね、笑)って気が付きますよね。

ユニットにスイープ音を入れて、そのユニットの得意な周波数範囲を調べ(慣れると判ります)、
苦手な範囲は他のユニットに任せる。

此れでネットワークの設計が始まるのです。

今回もスイープ音を入れて適正クロスを見つけました。
シルバーのコーン紙は凄く軽いので高域が綺麗に伸びています。
ツィーターに楽をさせる事が出来ました。

拍手[3回]


今年初めから使い始めたバッテリー電源。
もう元には戻れません。2~3日前に此処へ来られたお客様(SPUの針交換に来られました)。
早速魔の世界へ手招きを・・・・(笑)。

コーヒーを飲みながらのレコード。

何時もの実験。パワーアンプだけ東電に切り替える。
僕は何度もやっているので驚かないけど、初めての人は・・・・・・・・。

また地獄(天国)へのお誘いをしてしまいました。

で・・・・・・・・。



本日、インバーターの交換(プリアンプ用です)。
勿論故障はしていません。業務用機器ですからそうは簡単に壊れません。
でも、我慢が出来なかった。

写真右側のインバーター。若干旧型(現行品ですけどね)。
冷却ファンの騒音が五月蝿いのです。左の新型はもっとキツイ条件(パワーアンプに使用)でもファンが回りません。
音楽を楽しんでいる最中に突然ブーーーーーン。
どうにも我慢出来なくて泣く泣く交換(外したコンバーターの使い道が無い)。

でも、此れで静かにレコードを楽しめます。

少しずつ、少しずつのグレードアップです。


拍手[3回]


エーー。30数年前、僕の店はマクソニックの多摩地区代理店でした。
今更書くなよ。って言われるかも知れませんが当時の生き証人ですので・・。

まあ、今回ひょんな事から405が戻って来たもんですからチョット書こうかなと・・。

まず最初に、ここ数日マクソニックをネットで検索。相変わらずのオーディオ宗教。なくなったメーカーや過去の製品を持ち上げる。
商売としては美味しいですよね。絶対量が決まっている品を持ち上げたらプレミアム価格に成るって決まっています。
現在生産している商品を持ち上げても値段は上がりません。

なんで僕の好きな世界は皆こうなんでしょう?(最近嵌まったNゲージも同じ、弩。バイクもか・・・・)。

当時のマクソニック製品は、全て自腹で買って使っています。
まず何かとんでもない値段が付いていると聞く101。ハイ漬物石には最適です(重いですので)。微妙なニュアンスの再現は絶対に出来ません。大味なドライバーです(励磁、アルニコ共)。
カールホーン(WH125?)も開口部の板が共振して使い物に成りません。
その上に使うドライバーも500Hz以下でのクロスが必要です(大体曲がっているホーンなんて)。
カールホーンの上が直接ツィーターなんて素人(マクソニックでもやっていましたね、笑)が見え見え(ツィーターに繋ぐには、カールホーンとの間に1~2本のドライバー(ホーン)が必要)。
301の2吋ホーンもダメですね(日本で最初に使った(買った)人間の言葉です)。
悪口ばかり書きましたがD51、1吋ドライバーは買いです。僕も欲しいです。うっかり手放しましたので・・。

ウーハーに関しては、チョイ古めのアルテックの方がお勧めです(程度が良ければ)。

で、DS405。ヤンチャ小僧です。その辺の使い方を知らない方にはお勧めしません。でも僕はヤンチャ小僧が大好き(10Wよりは手なずけ易い、笑)。

楽しい音楽に浸りたいのなら、ヤンチャ小僧のスピーカーを手なずけるのが一番。
手なずけ易いスピーカーは、とりあえず鳴りますけどその先が有りません。
ヤンチャ小僧、音楽に一番正直です。
(一番の問題点は、そのヤンチャ小僧を巧く鳴らすアンプが市販品に無い、半導体では絶対に無理。管球でもNFを掛けたらダメ。)
ヤンチャ小僧を変なアンプ(定電圧駆動)で鳴らすととても聞けません。



日航機事故で無くなった二代目社長の小林氏(可也の親交が有りましたので)。
初代社長とは比べるも無く・・・。
故人に色々とは言いたくは有りませんが、世の中であまりにも美談に成っているので・・。

当時、マクソニックの301ホーンにTAD4001を取り付けるの流行りました。まあ
ある雑誌が持ち上げた所為です。これも僕の家で試しましたが・・・・・・・。

拍手[2回]


突然やって来たDS405。ハッキリ言えば好きなユニットです。只使いこなしが難しい。純正のネットワークでは能力の半分も出していない。

今だから断言しちゃうけど、使っていた当時の僕には其れを言えるほどの力は無く・・(あ、今も無いですけどね、笑)。
ネットワークはメーカー任せ状態だったのですね。

ウーーン、何処までの能力を持っていたかの確認をしない侭で手放した405。
戻って来たのも何かの縁。

チョイ弄ってやろうかな?

で・・・・・・・(非常に拙い)。



38cm用のバッフル、畳の上に寝ています。
バッフルの柱の穴は今使っているバッフルとドンピシャ(つまり今の柱を利用して使える)。
ユニット取り付け穴ピッチが若干違うんですけど、こんなのドリルで一発。

お客様に頼まれた仕事の合間を縫ってボチボチと・・。

またNゲージのレールを撤去しなくちゃ(大汗)。



エーーーー、笑える話。
横に成って寝ている405のエンクロージャー。
ダクトの奥に何か見える。引っ張り出したら・・・・・。



オーナーの方の写真とネガ。勿論中身は見ません(プライバシーの侵害です。僕には覗き趣味は有りませんので)。

直ぐに封筒に入れて投函。

着いたら驚くかな?

更なる追記です。405を本当に活かしたいのでしたらネットワークの新造+エンクロージャーを止めて平面バッフルです(キッパリ)。

拍手[4回]


先日書きましたスピーカーがやって来ました。
と言っても僕が車で引き取りに・・。
積む時は先方の方に手伝って貰いましたが、問題は下ろす時。
僕一人では絶対に無理。

そんな訳で・・・・・・(笑)。
部落の青年に酒を飲ましてやるから、と言う事で今朝一番で二人で下ろして玄関に・・・。
勿論その後は酒盛りが始まり(大汗)。

ヤット頭が正常に成ってのブログアップです。



やって来たのは懐かしいマクソニックDS405。
35年位前に僕から購入された物。もう10年近く使っていなくて動作は不明。
コーン紙の状態が良いのでまあ何とかなるかな?と引き取って来ました。

デッカイエンクロージャーが2個、玄関を占拠。八王子時代でしたら絶対に引き取り不能。

正直なところ、動作チェックをしている時間は無いので、当分此の侭です。

自分で使うユニットはチョット持ち過ぎていますので、使ってみたい。と言う方がいましたらHPの質問箱へ投稿して下さい。

何時納められるかの約束は出来ませんが・・・(汗)。




昨夜考えたのは・・・・・・。
計画だけで中断しています5ウェイ。
この405を利用出来ないかな?
同軸なので取り付けるユニットの数を減らせます。
結果ユニット間の距離を詰められる・・。

そうだ。昔604-8Gを使った4ウェイを使用していました(雑誌にも取り上げられて・・)。
あの時は失敗でした。早い話が4ウェイを調整出来るだけの腕が僕には無かったのです。
40年近く前の事です。今だったら・・・・(笑)。

拍手[3回]