平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
引っ越した当時は、無茶広いと思った玄関。
片付けるのが苦手なピンキー君。ドンドン狭くなって来ていました・・・・。

今日の午前中は旋盤の大掃除。
昨日迄はアルミを削っていたのですが、今日からは砲金。
切粉の処分は、異種金属が混じると受けてくれません。

アルミの切粉を綺麗に落とし、さて砲金切削・・・・。

そんな時に宅急便。
あ、やっと来た。弦間に置くスチールラック。
平面で物を置くのは完全に限界。
立体的に置かないと無理なんです。

そんな訳で、午後は旋盤作業を急遽中止。

ラックの組み立てに入りました。

此処へ引っ越した時にも、大量のラックを組んだんですね。
真夏でクーラーの無い部屋。汗びっしょりで組んだのを覚えています。

暫くぶりにスチールラックを買ったら、凄い進歩。
ボルトを1本も使わないのです。
ボルト組の時には、直角を出すのに凄く苦労しました。
ボルトの数も半端では無いので、時間が凄く掛かったのです。

今回組み立てたラック。ボルトはゼロ。
ハンマーでがんがん叩くだけで出来上がります。



チョイ広くなった玄関。そう成ると更に欲求が・・・・・・。
反対側の下駄箱を撤去して、此処もスチールラックにしたら・・・。

即、同じメーカーへポチッ。

拍手[5回]


今日は一日中旋盤仕事(プレーヤーの作成です)。立ちっぱなしで、軽く前屈状態なので腰にキク・・。

適当な時間に切り上げて、晩飯の支度(正しくは晩酌の・・・)。

オット、今夜はバレーボールの中継が有ったな(女子バレーボールと女子卓球は見逃しません)。
で、最近の見方。
生で見るんじゃなくて、ハードディスクに録画。
ご存知の様に、ハードディスクは録画と同時に再生も出来る。
生放送よりも数分遅れた録画を見るんですね。
そうすると、一瞬で何が起こったのか?と言う場合、簡単にもう一度見られるのです(二度でも三度でも)。
よりいっそう楽しめますのでお勧めです。

で、その時間。膝の上にはギターが・・・・。
はい、バレーを見ながら練習をしようと・・・(大汗)。

いえね、最近は指を見ないでも、そこそこに単純な練習は出来る様に成りました。
逆に、指を見ないと弾けないのは拙いんじゃないかって・・・・・。

勿論ミスは多い。で指の確認をしている時にバレーは決定的なシーン。
見逃してもHD・・・・・(笑)。

非常に有効に時間を使っていると思っているんですけど・・・・。

で、バレーが終了(日本が勝った、しかも僕の好きな選手が活躍して)。
最近多いんですよ。膝の上からギターをおろしたくない。
大した練習はしていないんですよ。でも此の音をまだ聞きたい。

そろそろ寝ないといけない時間ですので、アンプの電源を切る。
でも、もうチョイ・・・。
生音で(本当に久しぶりです)チョイ練習。

で、驚いた・・・・。
生音。サーからの音とそっくり。
フェンダー純正の時には違う音がしていたんですね。
サーのピックアップに換えたら、生音とスピーカーから出る音がそっくり。
驚きましたけど、僕にとっては嬉しい出来事です。



拍手[2回]


備忘録です。
昨夜は晩酌をしないでギターの改造(改造後には飲みましたけどね、笑)。

フジゲンテレキャスです。有る意味、4本のギターの中では一番電気的な改造が進んでいる。ピックアップ後にトランスを入れたのはコイツだけ。
音色的にトランスは成功だったんだけど、ピックアップのチョイスを間違えた。
フロント、リア共にセイモアダンカンを入れたんだけど、僕の好みの(ここが重要)音ではなかった。
キャイーーーーーンって歪ませたらきっと素晴らしいピックアップかと・・・。
もっと素直な音のピックアップが欲しい。

正直今回はネットでの情報に感謝です。此の世界は丸ッ切りの素人。何処のピックアップが僕の好みに合うか全く判らない。
ネットで散々検索しました。
その中で、僕の好みに合うのはサーかなと・・・・。

購入したのは数ヶ月前。仕事が忙しくて交換の時間が無い。
そんな隙間を狙ってアメプロストラトを交換。
僕の好きな音(ネットでの話はウソではなかった)。

続いてジャパンストラトをHSHに交換(勿論サー)。
ウソでしょ。思い描いた音色にピッタシカンカン。

そんな訳で、テレキャスもどきもサーへ交換。

勿論単に交換じゃ済ませません。
ハムのタップ出力の音も知りたいなー・・・・。

そんな訳で結構拘った配線に成りました。
例のSWを使ってハムとタップの切り替えをします。
勿論、余ったコイルの電流を処置してくれる抵抗器も設置。

トランスのタップもハムの場合は4:1。タップ接続の場合は2:1にしました。

結果は・・・・・・。
大成功なんですけど(ハム接続とタップ接続の音量差が無い)、予定通り。
ハム接続とタップ接続の音質差も殆ど無いんですね。
微妙には有りますけど、無視して良いレベルです。

ハムとシングルコイルの音の差。
理由はなんとなく判っていたんですけど・・・・・・・。



アンプ側の問題じゃないかと・・・

1時間後の大訂正。
もう一度、ピックアップの高さ調整。
ギリギリまでピックアップを上げました。
結果、シングルとハムの違いは出ましたし、僕のピッキングの下手さも・・・・。

世の標準は判りません。
判るのは僕の4本のギター。
世の中の標準値よりも、弦とピックアップ間は狭い方を喜びます。

拍手[3回]


只今、AM7:00。朝食も終わり仕事に入りたいんだけど中断。
フライス加工なんですけど、今迄は汎用の工具で加工していた所を、今回は専用工具で加工する事にしました。仕上がりには差が無いのですが、作業時間が丸ッ切り違う。
昨日発注。今日の昼頃には入手出来る予定です。

で、その工具が届くまで何をしよう・・?

以前から、ハムの音よりもシングルの方が好みって思っていたんだけど、自分でジックリと弾いた経験はゼロ。

今回、色々と遊んで、僕の好みはシングルコイル。

じゃあ、ハムの付いているギターはどうするのよ?

今ハムが付いているのは2本。ジャパンストラトとフジゲンテレキャスもどき。
ジャパンはSWでタップ配線に簡単に出来る様にしました。
ポールピースの高さを調整して、タップ出力を高めたので、通常のシングルと同じ出力にしました(勿論、音質もアップ)。

残るはテレキャスもどき。
コイツのハムはタップ出力が出来ない(バラせば何とか成るかも)。
で、実はですね、セイモアダンカンの音は今一僕には合わない。
サーの音が好き。

そんな訳で、サーのピックアップも用意して有るのです(汗)。
あ、セイモアダンカンを買ったのは、授業料です。使わなければ何も言えないですよね。

サーのハムはタップ配線が出来ます。ジャパンでサーのハムの音も其れ成りに理解していますし・・・。

そんな訳で、工具が来る迄ピックアップ交換を・・・・・。
タップ切り替えSwも付けないといけないので、午前中の完成は無理ですね。
定休日の無い自営業は中々遊べないのです。

拍手[4回]


今日の暑さには参りました。
ここ数日涼しかったので、此の暑さはこたえる。

そんな訳で、チョイ早目の終業。
風呂に入って汗を流し、軽く一杯・・・・。

で、ギターの練習です。
つくづく思うのは、もっと早く始めていれば・・・・・・。
何十年も前に出来たコードが全然出来ない。
コード進行なんて・・。

でも、飽きないのは、今持っているギターの音色。
下手な僕でも美しい響きを奏でる。
エレキギターには普段使われない言葉です。

前から思っていたんですが、此の半年で実感しました。
良いギターと良いアンプは歪ませない方が魅力的。

最近、4本のギターのネック側のピックアップの音色にメロメロ。
特にジャガーのネックピックアップ。本当に美しいんですよ。
ストラト2本はピックアップを換えましたけど、ジャガーは此の侭で良いんじゃ・・・(早い話が不満が無い)。
ピックアップ高さの調整も巧く行ったみたいで、ストラトよりも大きな出力を出しています。
此れならトランスで1/4に落としても平気みたい。
落とすとインピーダンスが1/16に成るので、シールドのキャパシタンスの影響を受け辛く成るんですね。
結果、高調波(倍音)が豊かに出ると思います。
エレキがアコギに負ける唯一が倍音の豊かさ。
インピーダンスを下げれば、いい勝負が出来るかと・・。


数十年ぶりに始めたギター(あ、昔もへたくそでしたよ、コードがやっと)。
ブリッジ側のピックアップは全然使いません。
ストラトのセンターも・・・・。
ネック側だけなんですね。
歳かなと・・・・。

拍手[4回]


昨夜は台風襲来。
この辺は山に囲まれている所為か、台風時の風は極端には強くないのです。
昨夜も心配で起きていたのですが、3:00辺りには風の勢いが弱って来たので、其の侭熟睡。

朝のテレビを見て、周りの被害の凄さに驚いたのです。

皆様の所は如何だったでしょうか?
被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

この辺は朝の8:00には晴れ間が出て来て、風も殆ど止みました。
そんな訳で9:00からプレハブ内で仕事です。

気温がドンドン上がり、33℃を超えた・・・・。
フライス仕事なので、結構来ます。
1時間ごとに母屋へ戻って水分補給。

此の時間で一段落。

プレーヤーキャビの金属部分の切削をしていました。
僕の汗でアルミが濡れます。其の侭にしておくと、塩分で変色しますから、直ぐにふき取ります。
もう少し涼しくなると楽に成るんですけどねー・・・。

拍手[5回]


今日は朝からフライス仕事です。
可也大きな仕事で、プレーヤーの作成。

正直、真夏にはやりたくなかったんですね。空調の効いていないプレハブ内での仕事です。
3年前には、無理がたたって1週間の入院。
上半身裸で出来ると楽なんですが、無茶熱い切粉が飛んでくるので、完全武装。
結果汗の発散は無くて・・・・・・(其れが原因での入院でした)。

やっと涼しく成って来たので、気合が入ります。
入手済みのアルミ材の切削です(まだチョイ暑いですけどね)。

昼休みにNゲージが届いて、一瞬午後は休もうかな?って思ったんですけど頑張りました(笑)。

で、此の時間。ギターの練習。

アレッ、何か変だぞ(今日の相棒はアメプロストラト)。
コードを弾くと、各弦がハモらない。

気付いた・・・・・・。

弦のゲージを換えたよね(太くしました)。
その時に、オクターブチューニングをし直したっけ・・・?

電気の方の改造にばかり目が行っていて、基本を忘れていた。
ジックリと弦高調整とオクターブチューニング。

益々気に入った音色に・・・・(大汗)。

基本、ピックアップの交換の前に、基本セッティングの見直しって、凄く大切です。

拍手[2回]


済みません。4本のギターの進行状態の備忘碌です。
4本のギターの中で、一番ノーマル状態を保っているジャガー。

理由は簡単です。ノーマル状態の音が気に入っている。
特にネック側のピックアップの音。甘いなんとも言えない音色。

只、本当の好みの音にするには、トーンを若干絞った音。

電気屋さんはニヤッ。

前にも書きましたが、ジャガーのポットは500kΩ。
250kΩへ換えちゃえ。

そんな訳で、ポットの抵抗値を変えました(勿論国産。東京コスモスです)。
交換後の音、チョイ効き過ぎた(高域が丸くなった)。

で、もう一度考えたんですね。250kΩは間違いが無い(本職での経験から)。
邪魔している回路は・・・・・・。

ピコン、トーン回路・・・。
トーン回路。目一杯関係の無い位置(高域の下がらない位置)にしても影響はゼロには程遠い。
トーン回路を完全にパス(回路図をもう一度見て下さい。一番高域がカットされないポットの位置でもカットされます)。

出て来た音は・・・・・。
もうトーン回路(ハイカット回路)は要らないよね(と言うか絶対に入れたくない)。あんな余分な回路がギター本来の魅力をカットしていた。

今日の晩酌後の練習。ジャガーの音色にメロメロです。



拍手[3回]