平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
CDをもっと良い音で・・・。
そんな訳で、プリアンプを作っている最中なのに、強引に入れてしまったバッファアンプ。

シャシが削り終えました。



2台分なので其れ成りの多さ。

穴の開いている天板のサイズは400×230。

重量も其れ成りに成ります。

これからアルマイト屋さんへ出すんだけど、世の中は3連休(僕は此処へ引っ越してから3連休なんて・・・・涙)。
連休明けにアルマイト屋さんへ出して来ます。

で、連休中は?

ハイ、待って貰っているアンプのオーバーホールに掛かります(休んでいる暇は無い)。

拍手[2回]


今日もCDを聴いています(笑)。

エーー、ナント言うか。Nゲージを弄りながらなので長時間演奏の出来るCDは便利なのです。
逆を言えばそれだけ・・・・。

僕にとって、アナログとデジタルの決定的な違い。
デジタルの音には品が無い。

僕が物を選ぶ基準は品なのです。バイクやその他の趣味も全て此の基準。
下品って大っ嫌いなんですね(お金持ちの自慢って下品の最たる例)。

で、デジタルの音を嫌っていました。僕の好きな音楽(素晴らしい音楽家、もち作った人、演奏者共に)は品が良いって感じています(ロックでさえも)。

その僕がデジタルにも可能性を感じています。
そうじゃ無くちゃ、バッファアンプなんて作りません。

僕が知り合ったデジタル音響の技術者。品なんて・・・・・・・(笑)。
作品には作った人が現れます。

ナンテ言っちゃたので・・・・・(大汗)。


そんな訳で、モーツアルトは今一・・・(表面の品の良さだけを感じて)。
レクイエムだけは別物ですけど。

拍手[2回]


CDバッファアンプ。シャシの削り出しが始まりました。
今回は、僕のとお客様との二台分。

フライスで削りながら考えた。
僕のはアルマイト掛けちゃおうかな?

最近美的センスが壊れた(元々無いとは言わないでね)ピンキー君。
今のプリに似合う色を・・・・・・・。

高いんだよねーー。カラーアルマイト。
でも、先日来られたお客様もプリのパネルを気に入ったみたいだし・・・・。

やっちゃおうかな。カラーアルマイト。

もち、色はナイショです。




拍手[4回]


チョット、トラブッテいましたHPの質問箱。
不調の原因が判りました。犯人はナント僕のパソコン。

対処法が判りましたので(チョイ面倒なんですが、汗)、従来通りご利用下さい。

拍手[2回]


室内改装で中断していたプリアンプの製作。
基本は出来上がっていたのですが、動作チェック(調整)が未だでした。

室内の物の移動が略終わり、プリアンプ再開です。



なにしろ真空管の数が多い。電源も4電源だし・・・・・・。

此のアンプに僕が馴れていないのも有って、四苦八苦。
くだらないミス連発。
全電源を同時に入れると危ないので、一つずつ繋ぐんだけどコイツを間違える。
『アレッ、電流が流れない。』なんて感じで・・・・(恥)。

動作点の調整も終わりフィニッシュです。
底板の取り付け(笑)。

早速音出しをしたいんだけど、コイツとペアーのパワーアンプが出来ていない。
そんな訳でお預けです。

その後、始めたのがコイツ。



お待たせしました。CD用のバッファアンプ。
まず、部品の配置から・・。

電源トランスがトランス屋のミスでチョイ手直し。
サイズは判ったので工作用紙を代用。

あ、此の写真は取りあえず置いただけ。
これから真剣に考えます。
小さなブリッジダイオードは、パイロットランプ用。
小型の機械なので、パイロットも小さくしたかったのです(これは見積もりに入っていなかったなー・・・笑)。
たった一段増幅のアンプに、此のトランスの数。
更にDAコンバーターの出口にも1組入れます。

トランスを入れりゃー良い、なんて単純には考えていません。
良質のトランスを、最適な方法で働かせる。
各部の信号レベルとインピーダンスを考慮に入れて。





数時間後の追記です。
バッファアンプ。写真とは丸ッ切り違う配置に成りました。
シャシサイズは幅が400、奥行き230。
シャシの厚みは90。
結構大型です。でもシャシの中は目一杯混雑。

さあ、シャシ材料を注文しなくちゃ。

拍手[4回]


二日間で終わる予定だったバリアフリー工事。
床を剥がしたらとんでもない状態が見つかって・・・・・・(大汗)。



結局丸四日間掛かっての工事に成りました。
昨夜は兎に角パソコンと電話を使える様に・・・・・・。

何処へ取りあえず移動したか不明の物が有り、昨夜は時間切れ(21時迄頑張った)。

今朝は早起きして昨日の続き。
でヤットネットが復活したのでご報告が出来ます(ホッ)。

今回の工事は18畳のLDK(基本洋間)。
以前住んでいた人の好みなのか、角の4畳半(丁度1/4)だけ床が20cm弱持ち上げられて其処に畳が敷いて有ったのです。
此の段差が退院直ぐにはきつかった。
今では平気に成ったんですが、部屋の中に段差が有るのは使い辛い。
更にたたみの部分で寝ていたので極普通の布団。
医者からはベットを勧められていたんです。

ベットは畳の上はきつい。

そんな訳で4畳半の段差を無くし、他の部分と同じ高さの床にする工事だったのです。
27日朝から掛かり、昨日夕方に完成。
パソコンも専用机にセットしたので、椅子に座って操作が出来ます(今迄は畳に座って・・腰が・・)。

辛かったのが四日間アンプを組めない。
テレビも見れないし(工事している部屋にある)、パソコンも使えないし、かと言って出かける訳にも行かないし・・・・(メチャ退屈)。

そんな訳で試聴室に半田鏝を持ち込んで・・・・・(笑)。
中断していた、CDトランスポート部のバッテリー電源をグレードアップ。
12V仕様から24V仕様への変更。
部品は全部揃っているので、ケーブル類の作成だけです。

取りあえず12V仕様で聴き慣れているディスクを試聴。音楽の出方をシッカリと覚える。
プリアンプのVRには一切手を触れず、電源だけ入れ替え。
直ぐに同じディスクを掛ける。
CDのトランスポート部だけですよ。つまりアナログ信号は扱っていない。
本当に効くか半信半疑だったのです。

音が出た瞬間に勝負有り。
24V仕様の完勝。低域の出方が丸ッ切り違う。
此れならウーハーは要らないかな?
声もシッカリとしたし、バックの楽器も・・・。

デジタル部です。12V仕様のバッテリー電源にした時も驚いたけど、今度も驚き。
此れでアナログ部のアンプが出来上がったら・・・・(楽しみ)。


更に良く成ったCDを聴きながら・・・・・。
エーー、CDバッファアンプに入れるトランスの予備配線。
半田槽も持ち込んでエナメルを溶かして配線をします。
半田槽の温度は400℃近いので・・・・・(大汗)。

拍手[6回]


エーー、まことに勝手ですが27日~28日の両日、ネット、電話が使えない状態に成ります。
今回は、僕が入院する訳ではないのでご安心下さい(クソッという方はいませんよね、汗)。

作業場のバリアフリーへの改装です。
退院直ぐは苦労していた作業もこなせる様には成ったのですが、今後を考えますと(永く仕事をしたい)作業のし易い環境へとの考えです。
中古の家を手に入れたので、作業に適した環境とは呼べなかったのです。

地元馴染みの大工さんがヤット手が空いて、作業に掛かれるよとの連絡が有りました。

その様な訳で、光ケーブルが使えなくなります。

2日間で完成の予定ですので、少々ご不便をお掛けしますがよろしくお願いいたします。





実は、改装する場所。僕の布団が敷いてあって・・・・・。
作業中は何処で寝よう(Nゲージなんて始めちゃうから・・大汗)。
試聴室はバッテリーだらけだし・・・・・。

拍手[2回]


以前アップした記事に対しての追記です。

機器間の相性って書きました。
此れって、殆どがインピーダンスのミスマッチングの場合が多いのです。
メーカーも、プリアンプに二組の出力をつけて販売なんてするので、普通に考えれば『パワーアンプを2台繋いでも平気なんだ。』
って考えますよね。

やっちゃダメです。

プリアンプの出力インピーダンスは、パワーアンプの入力インピーダンスをある値に設定します(していない機器も見受けられますが、笑)。

此れを守らないと周波数特性に乱れがでます(特に高域)。

逆に言うと3台のパワーアンプを繋ぐのを前提のプリアンプは、1台のパワーアンプだけじゃダメなんですね。

正しくは、パワーアンプの数を変えたら、プリの調整が必要です。
バッファアンプの場合も同様。
此れの調整をしないで、アンプの音質評価は無駄な行為。って気付いている方は素晴らしいです。


あ、追記。
NFを掛けているプリアンプは、この辺に鈍感ですので、結構いけちゃうんですね。
僕の様に、NFを嫌っている人間には大事な項目なんです。

拍手[3回]