平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
タイトルからギターパーツなんだけど、独り言へ分類。

僕のフジゲンテレキャスもどき。フロントピックアップ(ハムバッカー)に対して、リアピックアップ(シングルコイル)。チョイ役不足。
単に出力の問題ではなく、音色的にもフロントに負けている。
ギターはバランス(全ての物がそう思う)。
二つのピックアップのバランスが取れなくちゃ。

そんな訳で、リアピックアップの交換を企みました。と言っても完全なる経験不足。何を買ったら良いか判らない(授業料と割り切っているので、結構ワクワク)。
色々なネットでの評価(あ、信じちゃいませんよ)で選んだセイモアダンカンの手巻きコイル。

出力も若干上がり、音色的にも自己主張をしてハムバッカーに負けるものか(笑)。

と言って、実はリアピックアップ単独の音ってあまり好きじゃ有りません(だって硬いんだもの)。

で、練習はハーフトーンかハムバッキングか・・・。

今夜の練習。完全に飲んでいます。
イヤ実はですね、本職でもの凄くイライラする事が有りまして(あ、新しいアンプじゃないですよ)、練習をする気も起きなかったのです。

チョイ飲んで良い気分。イライラも収まり、練習すっか・・。

オルタネートピッキングの基本練習。単純な練習ですけどギターの音が心地良いので退屈しません。
で、酔った勢いでコードを・・・(FとFmは弾ける)。
左手でカッティングすると、気持ちイイ。

なんとなく、リアピックアップだけで弾きたくなったんですね。
で、その音・・・・・・・。

僕の好きなあのバンドのサイドギターの音にそっくり。



このバンド。青年に成りかけだったピンキー少年には忘れられないバンドなのです。

サイドギターとヴォーカルが凄い。

思わず、ギターを放り出してリスニングルーム。
写真のCDを鳴らす。
曲によって違いますけど、セイモアダンカンの音(2曲目)。
自己主張の強い音。

ウーーン、拙いな。自己主張が強過ぎるので次のピックアップの手配をしてしまった。
セイモアダンカンの音、チョイ麻薬的。


リアのセイモアダンカンに負けないハムバッカーを探しますか(笑)。
この辺の感覚、単に音量だけではなく音色での自己主張。
嫌いでは有りません。

拍手[0回]


部品の配置を更に進めています。
で、お客様のラックを考えた。
例の僕製のラック。奥行きは450(プレーヤーに合わせています)。
一般の横長デザインですと、ラックの奥が空いて勿体無い。
このアンプにはコントロール機能は要らない。
電源SWだけの操作。

そんな訳で・・・・・・・・・。



奥行き450、幅300で部品配置。

先の横型よりも無駄のない配置が可能。

そんな訳で、お客様にメール。仕事中ですので、帰宅後にラックの空いている所の寸法を測って貰って、此れで行けるかの確認です。

完全にオーダーメイドのアンプに成りそう(笑)。


写真で気付きましたか?
シャシは1台ですが、中身は完全な2セットのアンプが入ります。電源も完全に独立してますし。
そんな訳でブレーカー(一般にはフューズ)も2個取り付けます。
容量の大きなブレーカー1個で済ますと、片chの異常では切れない恐れが大きいんですね。
兎に角壊れない。壊れても修理が簡単。僕のアンプの基本です。

拍手[3回]


昨夜の最終バージョン。



先のアップとはかなり位置配置が変わっています。この部分は片ch分。
もう1セット右側に並びます。

で、此れで最終では有りません。要はまだ納得していない。
最良の位置が決まる迄、しつこく悩むのです。

昔、こんな話を知人がしていました。
『モノラルアンプを2台作ると、2台目には更に良い配線引き回しに気付いちゃうんだよねー。』
僕はニコニコしながら黙って聞いていたんですが・・・・・・。

僕の本心は、要は設計時での考察を十分にしていない証拠。十分な考察をしていればそんな事は無い。
で、考察が何処まで深く考えられるか・・?
経験しか無いんですね。

此れだけ経験をして来て、設計はチョイチョイと出来るか?
恥ずかしい話ですが、経験を積む程、設計に時間が掛かっています。

つまり、以前は気付かなかった事へも気が回り始めた。結果時間は益々掛かる。

今日も、方眼紙の上で部品配置を考えます。これ以上の配置はない。と自信を持って言える状態でシャシの図面をひき始めます。


オット、回路図です。




勿論、片ch分です。この回路が2組入ります。

入力トランス2個で位相を180°ひっくり返します。
で、このトランスのチョイスが非常に重要。
普通のトランスは位相を変えると高域特性が変わるのが極普通です。
ひっくり返しても大丈夫なトランスを見つけた事で逆相アンプが日の目を見たのです。

で、実は2個の出力トランス。同じ型番でプッシュプル用が有るんですね。
そいつを使えば結構なコストダウン。
でもね・・・・・・(笑)。

拍手[3回]


新しいアンプの設計に入った。この状態に成ると他の仕事は一切無理(納めた機械の修理だけは別)。
頭の正常回転を妨げたくないのです。

そんな時にメール。
『ピックアップを本日発送いたしました。』

ジャパンストラトのミッドシングルコイル。

ハイ、僕の頭は今度のアンプにフル回転。

アンプが出来上がる迄、ジャパンストラトの改造はストップです(涙)。



極普通の故障は最優先で受け付けますが、ユーザーのとんでもない行動(意識的に壊した)の場合は最後に掛かります。

拍手[3回]


新型アンプの設計が始まりました。結構ワクワクです。



と言って、僕用では有りません。永年お付き合いを願っているお客様用。

判りますかね?整流管が2本にECC99が4本立ちます。

そう、ドライブアンプ。
僕は、VT25のシャシを其の侭利用して、中途半端の状態で使っていました。
作り直すつもりが、プリアンプ内蔵に成ってしまって・・・・・・・。

そのプリアンプ内蔵のドライブアンプを、独立させた物が今回のアンプです。

実は、既にVT25増幅のドライブアンプを使用されているんですね。

今年の春、永年の夢だったオイロダインのバッフルを新調しました(家と同時に、笑)。
今迄は、家の問題で、バッフルを作れなかったのです。

序でに4ウェイにして、バイアンプにして・・・・・・。

最初の音出し。勿論僕もお手伝いに参上。

バッチリでしたので、僕は安心して帰宅。

その数日後℡・・・・・・。

『どこかがコンコンと振動を拾っている(ラックも例の強化ラック)。プレーヤーはゴンゴン叩いても平気。原因を探していたら・・・・・・・・。
ドライブアンプのVT25が振動を拾っているんです。』

元々、僕と同じECC99への改造を考えていました。
で、凄い事に・・・。
『この際ですので、ECC99で新造したらいくらに成るか見積もって下さい。』

見積もりの結果が写真です。
シャシは1台ですけど、中身は完全に左右独立。

僕のノウハウを全て投入して作ります。
凄いアンプに成りそうです。


ドライブアンプに関しては此方を見て下さい。
http://hayashilab.syuriken.jp/audoraibu01.htm

このアンプは初代でしてVT25の2段増幅です。
VT25はμが8ですので1段では無理なんですね。
ECC99は、μが22有りますので1段で十分です。
その代わり2本を逆相ドライブと言う贅沢な回路に成っています。
この辺は普通の増幅と逆相と実験をしていますので、自信有りです(笑)。

VT25に限らず、直熱管は振動に凄く弱いです。
以前、EL34と300Bを簡単に聞き比べられるアンプを作りました。
沢山のお客様にも聞き比べをして貰い、全員がEL34に軍配を上げたのです。
この時感じたのは、直熱管の音って、電極の共振音だなって・・。
構造上、判りますよね。

この頃から、直熱管の排除が始まったのです。

拍手[4回]


一晩樹脂を十分硬化させて、出来上がりました。



直径100mm弱。リッパなコイルです。
狙いは4,33mH(110Hz)。

過去の経験で4,5mH程度有る筈。

此れから実測をして、狙いの値までほどきます。

拍手[4回]


コイルを3往復半巻いたら息が切れた。

小休憩。

弦間からチャイムの音。佐川のおじさん(ヤマトはおにいちゃん、笑)。

荷物をほどくと中身は・・・・・・・。



ギター用のポットです。250kΩ。
シングルコイル用です。
此れをチョイスしたのは、写真でお判りでしょうがシャフトのアース端子が出ているんですね。
アンプの様に金属シャシでしたら要らないですけど、ウッドボディーのギターの場合は、アルミ箔と言う今一信頼度の無い金属で繋がっています。

シッカリとアースを取りたいですよね。

500kΩは商社で在庫切れ。

まあ、ノンビリ行きましょう。


僕のチョイスしたポット。シャフト端にギザギザが有りません。
つまり、ギターに付いていたつまみは使えないんですね。
ストラトのデザイン、気に入っているんだけどなー・・・・。

拍手[4回]


昨日切削した純鉄のコア。

早速旋盤に取り付けて、巻き始め。



こんな感じで巻き上げます。
両側に、エンプラで作った丸板を、コアの両端に立てた雌ネジを利用しボルト締め。

チャックを太物用に爪を付け替え取り付けます。

簡単に思っていた方が多いと思いますが、巻き上げ準備だけで1時間。
この状態にしたら、この仕事が終わる迄、次の仕事には掛かれません。

写真は右から左への片道を巻き終えたところ。
グレーの樹脂を隙間に塗りこみ、次のターンが綺麗に成る様にしています。
仕事は何事も下準備。
おしゃれは下着から。

此の後7往復(計7往復半)巻上げ、樹脂で固定。

その状態ですと、今回の欲しい値よりも若干多目。
測定しながらほどいて規定値にします。

勿論、クロス周波数で測定です。

拍手[3回]