平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日から始めた、パワーアンプシャシの作図。

基本配置がヤット完成。



エッ、2枚なの・・・。

基本的に、シャシ図面は原寸大で書き上げます。
そう成ると、使う方眼紙はA2。
でっかいんですよ。

フライス加工の時には、此の図面を持ち込むのですが、原図を持ち込む訳には行きません。
理由は簡単。切削油で図面が汚れる。
原図は絶対に汚したくないですよね。

で、コピーを取るのですが・・・・。
A2のコピー機(複合機)はでっかいし高価。

僕の使っている複合機はA3。
そんな訳で、A2を半分ずつスキャンします。

そのスキャンした図面を印刷したのが、写真の図面。
此の二枚をテープで張り合わせ1枚に・・。

そこで初めて寸法を書き込むのです。
寸法の入っていない原図は裏返しに印刷。
内部の実体図を書くのですね。

こうしないと、此の穴なんだっけ?(特にラグの穴は忘れ易い)

本番でミスをしない為に、図面って本当に大切です。

拍手[3回]


先日、永年使用したプリアンプの修理。
正直彼は煩い(笑)。
彼の言っている不調は、常人なら気が付かない。

今回は、若干のハムが聞こえる。

彼のレベルだとオシロでも検索不能(外部ノイズとの判別が不可能)。

そんな訳で、彼の家で判断。
間違いなくハム音は出ている。静かな環境じゃないと気付かないレベル(あ、マランツやマッキンでは常識的に出ています、笑)。

僕の性分ですから、此の程度は・・・。なんて言わない。
症状から電源部かな?(本体は重いので持ち帰りたく無かった、汗)。

作ってから30年弱経っていますので・・・。

電源部のパーツを全て外して、1個、1個ごとに測定。
ヤバイと言う異常は見つからなかったのだけれども、今の僕ならこう作るよね。と言う処方を・・・。

数日前に、電源を持って行って・・・・・。
ハイ、ハムは完全に消滅。更に音も良く成って・・・(笑)。

で、何時もの談笑。
彼は楽器へのノウハウも凄い。
最近の僕のブログを見ていて・・・・。
『ギター内に、真空管のバッファアンプは何時組み込むの?』(ちなみに彼は電気のプロです)

アノネー・・・・。期待は判るんだけど、電源はどうすんのよ?(あ、判っているんだけど、色々な対処策、ハッキリ言ってメンドイ、汗)
イヤ、彼の言っている事は判ります。
ピックアップ(オーディオならカートリッジ)の出力を半導体で受けるのと、真空管で受けるのでは雲泥の差が有る(パワーに真空管を使っても入力が半導体ならインチキです)。

ハッキリ言うと、出力は真空管が理想だけれど、半導体でも我慢出来る。
ピックアップの出力を受けるには真空管じゃないとダメ。

そんな訳で、市販のアンプには興味が無いのです(特にエフェクター、入力側ですからね)。
音楽の基本の音を出している、一番最初の部分。此処は真空管以外の素子が思い浮かばないんですね。


拍手[3回]


イヤー、恥ずかしながら、此処一週間は殆ど仕事が出来ませんでした。
理由はですね・・・・。

太ももの筋を傷めた・・。
先週火曜日。新しいプリアンプと電源2台。試聴室まで運んだのですね。
その場は息が切れた程度だったのですが、夕方辺りからまともに歩けない。

一瞬、人工関節を痛めたかとも思ったのですが、負荷を掛けなければ、股関節は極普通に動く。動かしても痛みは無い。

太ももの前側の筋肉を押すと痺れる。やったかな・・・?
完全休養は無理ですけど、仕事量を徹底的に減らして・・・・・。

未だ痛みは可也残っていますけど(歩行時)、普通にしている分には痛みはなくなりました。

そんな訳で、足に負担の掛からない仕事をスタート。



パワーアンプのシャシ設計です。
今回のパワーアンプは、パワー管だけです。

つまり、ドライブアンプを前提です。
少しでも小型にしたい。と言う事で、僕のアンプの様な無駄な真空管ソケットを撤去。
と言っても、MT管を2個だけですので、小さく出来るのはホンの僅か。
電源部は全く同じですからね。
逆に、大型の入力トランスが入りますし、マルチアンプ前提ですので、入力VRも2個必要。

最初は、完全に新設計で始めました。でも今迄のシャシが凄く良く出来ている。
散々部品を並び替えて、結局は従来のシャシの微調整に成りました。
微調整と言いましても、新たにシャシ図面は書きます。
一部手直し、なんて図面を引くと、ミスを誘発し易いのです(過去に・・・汗)。

細かなパーツも従来品が入手不能に成り、寸法が変わったりしていますので、その辺の変更もキチット作図します。

最終的に幅と高さは従来のシャシと同じ。奥行きだけ2cm小型化に成功しました。
でも、大型部品のストックが有って良かったです。此れが無いとシャシ設計は出来ません。



拍手[4回]


今夜もへたくそなギター遊び。
本当にどうしようもなく、コードの移動がメチャ遅い・・・。

此の問題を解決するには練習しかないんですね。

で、なんでこんなに練習をする気に成るか?

前にも書きましたけど、練習と言う気は丸ッ切り有りません。
単にギターと遊びたい。

なんで、そんな気に成れるのか自分的に分析。

要は、今出ている音が好き。此の音を聞きたいからギターと遊ぶ。

じゃあ、その音の元は・・・・・・。

ハイ、タイトルです。
SUHR(サー)のピックアップ。

本当に、此れとめぐり合えたのは神様に感謝です。
ネットで調べて(ネットって信用は今一)、此れかなー・・・・。

此れが、僕にはバッチリ合って・・・。

本当に、クリーントーンが美しいんです。
倍音もタップリと出ます(だからクリーントーンが美しい)。

ホローボディのテレキャスもどき。
生音よりも、アンプを通した方が美しい音が出ます。

SUHRって、此の世界に入る迄全然知らないメーカーでした。
でも、今はこれ以外のピックアップは考えられない。

ジャガーを最近使わないのは、ピックアップの音に・・・・。
残念ながらジャガー用のSUHRは無いのです。

で、此処で諦めるピンキー君では有りません。
ストラト用を何とかジャガーに取り付けられないかな・・?

機械加工は得意ですので、時間さえ何とか出来れば・・・・。

SUHRでのジャガー。
考えるだけでワクワクします。

拍手[1回]


ギター内にトランスを入れたので、出力電圧が下がりました。
電圧のアップは簡単です。其れよりも重要なのは出力インピーダンス。

極標準のギターピックアップ。出力インピーダンスが高過ぎる。
結果、シールドで倍音成分は殆ど吸収(電気が判る方なら極常識な現象って・・・)。

イヤ、本当にエレキギター界の電気に無知なのは・・・(フェンダーが悪い)。
フェンダーって、本当に電気屋さんだったのかと疑問。

まあ、悪口は止めといて、現状をどうしよう?

アンプと繋ぐシールドの悪さを少なくするには、ギターの出力インピーダンスを下げるのが常套手段。
かと言って、ギター内部にバッファアンプは入れたくない(真空管ならOKなんですけどね、笑)。

そんな状態で、僕が選んだのはトランスの挿入。

トランスを2:1を使うとしますね。
この場合、出力電圧は1/2ですけど、出力インピーダンスは1/4に成るんですね(この辺の説明はカット。疑問を持ったら調べて下さい。調べるのがメンドイ方は僕の方からカット、笑)

此れが効くんです。と言うか効いた。
トランス内蔵のギターは倍音成分が豊か。

ウーーーン。エレキギターの音作り。アコギと比べて倍音が少ない。結果歪みで補おうとした・・って考え過ぎですかね・・。

今の僕の所の音。倍音タップリなので歪ませたら勿体無い。

で、問題はインピーダンスが下がると同時に出力電圧も下がった(モチ、常識的な状況)。
結果、ギターアンプのVRは略全開。
イヤ、この状態でも十分楽しめるのですよ。
只、僕の精神衛生上、もうチョイ余裕が欲しい。

この場合、簡単なのは使う真空管のμ(増幅率)を上げちゃえば・・・。

でね・・・・。


可也前に発注した真空管がヤット入荷。
ヨーロッパ名、ECC81。アメリカ名、12AT7。
僕が常用している真空管よりもμが高い(トランスの減圧分は十分以上に・・)。

で、なんで写真を撮ったか?

プレート(電極)形状が82と違うんですね。
僕はこの形状が好き(長年の経験で)。

チョイ楽しみな真空管が手に入りました。

本職が忙しくて、ギターアンプに掛かれるのはいつか判りません。
でも、期待できる(出来そうな)真空管が来た。
其れだけで、嬉しいんです。


今迄、僕が目にしたECC81。プレート形状は82、83と同じで、グリッドの巻ピッチで調整したものばかりだったのです。
今回の81。プレート形状が、経験上音の良かった真空管と同じなんですね。
後は、どう生かせるかで僕の腕が問われます。

もっと大事な追記。
市販アンプに多用されているECC83(12AX7)。此の真空管もインピーダンスが高いので、配線の引き回しをチョットでも間違えると倍音成分はなくなります(真空管にも、音的にデメリットだらけのシールドケースを被せるし)。
83(それ以外の真空管も)周辺にシールド線はNG。でも83のインピーダンスを考えるとシールド線は使いたい・・・・。
で、僕は83を使わない。

アンプ製作者の腕を見るなら、シールド線を使わないでノンハム。
シールド線。経験を積めば積むほど使いたくない。音的にメリットは何も無く、デメリットだけです。

拍手[4回]


一時、世の中を騒がせたスマップの解散。僕にとってはチョイ興味が有った。
と言うのは、5人のメンバーで好きな3人。大っ嫌いな二人。

で、僕としては解散は嬉しい事で・・・・(殴られるかな、汗)。

イヤまあ、チョイ興味が有った程度だったんですけどね・・・。

僕の好きな3人の内の一人。
今日のネットNEWSで・・・。

7年前からギターを始めた。まあ収入が多い人ですからギターを買いまくった。
最近、小さなコンサートを・・・・。

二日間やって(ギター界の大御所も参加)、バックには集めたギターを並べた。
総額2億円。

で、彼のセリフ。『此のギターは全部本物です、偽者は僕のギターの腕と歌。』

此の後に、とんでもない告白。『7年間やって来ましたけどFが弾けない。』

僕は両手で拍手。そうか7年間やっても・・・。
僕はまだ1年未満(もうすぐ1年)。

焦る事はない。焦ってギターを嫌いに成る事が一番悲しい結果。
今は、無茶苦茶下手だけど、ギターとのひと時が楽しい。

何事も、楽しんでしまった人の勝ちです。



ここ、数日のお相手。テレキャスもどきから、アメプロストラトへ・・。
ストラト。永遠の恋人ですから・・。

まあ、チョクチョクと買いました。
結果は、ストラトが益々好きに成って・・。

あ、大事な追記。
超有名な詩人もこう言うかな?

下手でもいいよ、楽しければ・・。

拍手[6回]


此処一週間。何をしていたかと言うと、新しいプリの徹底的な測定。
今回の電源トランス(B巻き線が低圧に成った。理由は色々)でのECC99イコライザーとフラットは初めてだったのです。

いや、恥ずかしいんですけど、従来の高圧トランスと今回のトランスでの定数の違いをジックリと観察。
球の動作点は同じです。でもデカップリングの定数が可也違う。

此れに気付かなかったとは・・・(大恥)。

その辺を、カットオフ周波数を厳密に計算(やたらとデッカイコンデンサーを入れるなら必要なし)。
まあ、ついでにRIAAのカーブまで測定しました。

RIAAに関しては十分合格(市販アンプに負けない)。
でも測定した序でだよね・・。
まあ、重箱の隅を突く調整(聴感上は絶対に判らない)。
要は、完璧にしたかったのです。

1週間の苦労も実をむすびました。これ以上は詰められないと言う所まで追い詰めました。
正直、自己満足です。聴感に影響が出るのはデカップリングの定数だけ(旧トランスを使っている方は心配無用です。新トランスでも、ECC82でしたら全然問題ありません)。

此れでもかって弄ったので頭がフラフラ。
音出しは明日にします。

今日は乾杯。


新トランスと旧トランスは6年前に変わりました。
新トランスでもECC82では全く問題が有りません(僕がつい最近まで使っていましたから)。
新トランスでECC99を使ったのは、今回のアンプが初めてです。

ついでに、ECC82に対してECC99は倍以上の電気を喰います。
つまりプリ付属の(付属とは言えない大型)電源では間に合いません。左右独立電源(要は2倍の容量)にしませんと使えない球です。

この様な事が有るので、お客様のアンプでの実験(仕様変更)はご法度なのですね。
十分自分で使用した状態で、安心してお客様にお渡しが出来ます。

拍手[5回]


今朝目が醒めたら、普段よりも寒い。
室温が9℃。

ファンヒーターと石油ストーブに火を入れる。

オット、今日は土曜日。ごみを出す日です。

8:20頃、ゴミ袋を持って家の外へ・・・。

オイオイ、寒い筈だよ。





庭にビッシリと霜柱。
今年は早いのかも?
11月中の霜柱は初めての様な・・・・・・。

今年も、寒い冬がやって来ました。



拍手[2回]