平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨年の夏に頼んだ新しいロゴ。

ヤット出来ました。



今回の文字の色は、薄いピンク(桜の花びらの色)。
僕のイメージとしてはもうチョイ濃いんだけど、まあいいか(笑)。

色見本を出さないで注文した僕が悪い。

早速ギターアンプに取り付け。


ウーーーン、笑えると言うか、なんとも・・・。

エーーー、これからの作品。全て此のロゴに成ります(ウソウソウソ)。

此のロゴでの注文は来ないだろーなー・・・。





拍手[2回]


アンプの基本測定(静的特性)は終わりました。
途中で何でよ?と言う数値が出たんですけど・・・・・。
僕が単位を一桁間違えていた・・(大汗)。

なんせ今回のアンプ。僕の作った中で一番複雑。更にややこしくしているのが、左右逆の部品配置。
数台作った経験程度なら平気でしょうが、永年自分のアンプを弄っていた(可也の台数)。左右が逆だと頭がこんがらがる・・・・・・(つまらんミスをするんですよ)。

まあ、今日の目標は達成。

お風呂に入って晩酌。

晩酌後、今日弄ったテレキャスもどきが気に成った。
テレビを見ながら膝の上。

チョット待て。ボディの鳴りが半端ではない。
お前はアコギか・・・・・(チョイオーバー)。

アンプに繋げたい気分に成らないのです。
確かに純粋なアコギ(アコースティックギター)と比べると低い音が足りません。

でも、楽しめる音色。個人で楽しむのには十分な音量。

で、気付いた。左手が楽・・・・。
今迄は、此のネックはチョイ太過ぎるんではないかい・・。と言う感じ。

今回、ネックの反りを修正しました。
修正しただけでは、弦高不足の詰まった音。
シッカリとその辺を調整。

結果、今迄よりも低い弦高で正常な音が出せる様に成ったんですね。
弦高が低い(音の点で問題の無い範囲で)とメリットだけです。
開放弦でチューンしています。押さえると弦の張力は上がります。
張力が上がると音は高い方へずれます。弦高が低ければ此の問題は少ない方へ・・。

もう一つのメリット(こちらが重要)。弦高が低いと弦を押さえるのに力が要りません。
今日の遊び。楽なんですよ、弦を押さえるのが・・・。

結果、小指で6弦の15フレット。きちんと押さえられました。
正直、自分でもビックリ。

ネック形状。アメプロと比べると今一(僕の感触)だなー・・(チョイ太い)。って感じていたフジゲン。
イヤ、弾き易いですよ・・・・。

悪口を言う前にきちんとした調整。
反省です・・・・。


拍手[1回]


先のアップ内容は2~3日前の改造です。
今日は朝からアンプの測定。

今迄測定した事の無い(測っても無駄に近い)ところまでしつこく測定(必要かどうかは未だ不明)。
測定箇所が多いので、脳みそクラクラ・・・・・。

ハイ、息抜きです。
テレキャスもどきを更に弄ります。

弦の振動をボディに伝える大事な部品。
ブリッジです。

コイツは、ノーマルのブリッジからゴトーのブリッジに交換済み。
割と買って直ぐに交換したと思います。
理由は、6本の弦のオクターブ調整をキッチリしたかったから。

テレキャスってサドルが3個しかなく、オクターブ調整は2本の弦を一緒に調整。
つまり、1本ずつの細かな調整が不可能なんですね。

ノーマルのサドルとゴトーのサドル。寸法的に完全に互換性が有りました。
取り付けは4本の木ネジ。

で、標準の木ネジよりも長くて太い木ねじが付属して来たのです。
当時の僕は結構ビクビクしながらの改造(生まれて初めてのギター改造でしたから)。
本体の木ネジ穴を広げたくない。と言う理由で木ネジは標準の侭ブリッジを交換したのです。

1年間のギター改造。結構度胸もつきましたし(笑)、改造の肝も段々と判って来ました。
弦の振動をボディへシッカリと伝えたいのなら、ブリッジの固定は重要。

そんな訳で、標準の木ネジからゴトー付属の木ネジへ交換したのです。


頭のサイズから太さが上がっているのが判ると思います。
更に長さも5mm程度長い。

つまり、ブリッジとボディの結合が更にシッカリと成る筈。
頭を休ませている間に木ネジの交換。

ハハ、もっと早くすれば良かった。
ホロー(中空)ボディーらしい鳴り方に変わりました。
勿論生音の音量もアップ。

ニコニコニコ・・・・・・。

頭がスッキリしたので、アンプの測定再開です。

拍手[0回]


巧く行ったジャパンストラトの小改造。
要は、3番弦の音詰まりを解消する為にストリングガイドの増設。
アンプでリバーブを使えば気に成らないのにね(笑)。

昨夜のテレキャスもどき。


ジャパンで成功したので気楽です。
で、軽く説明。

標準状態のヘッド(ペグは交換済み)。


アップするとこんな感じ。


標準のペグは糸巻きの部分の高さが全て同じ。
ゴトーのペグは、1.2.3番弦の糸巻き部分が低く成っています。
で、本家フェンダーは最初から1.2.3番弦は低く成っている。
実は此れが、本家の2本は、3番弦の詰まりが少ない原因だったのです。

写真では判り辛いかも・・。


写真中央の白いパーツ。ナットです。弦の上側を押さえる大切なパーツです。
昔のギターは(現在でもアコギやギブソンは)ヘッドが後ろ側に反っていたんですね。
その為、弦のナットへの接触圧は確保されていました。

フェンダーはその反りを止めて、一段下げたストレートにしたのです。
その為、ナットに近い6番弦は接触圧を稼げますが、遠い1番弦の接触圧は小さ過ぎる様に成りました。
其処でヘッドにストリングガイドを取り付け、弦の角度をヘッド側に引き、接触圧を稼いだのです。
一時のフェンダーは3.4番弦にもストリングガイドを付けていたのですが、直ぐに止めました。
僕が4番弦にはストリングガイドを使いたくないのも同じ理由かも?

巻き弦なのでストリングガイドとのフリクションが大きいのです。
年代は判りませんが、昔は3番弦も巻き弦だった様です(昔持っていたグレコもそうだった様な・・)。
ジャパンストラトには、4番弦にもストリングガイドを取り付けた。
テレキャスもどきはこの辺を対策したいな・・。

で、ピコン。



チョイインチキ(笑)。
3番弦にはストリングガイドを2個・・・・。
此れで4番弦はストリングガイドから開放。

序でにネックの反りのチェック。
ナントナント順反り。
ハハ、ジャパンストラトと逆。

コイツは簡単で、ネックを外さないでも調整可能。
トラスロッドの調整ネジを45°回した所で狙い通り。

弦高が下がり過ぎてビビリ音。
弦高を合わせたら、確実に調整前よりも弦高が下がっているのにビビら無い。

結果、各弦の音色が揃ってコードが綺麗。
3番弦の音詰まりも完全に解消。

チューンの進んだギター。生音が兎に角綺麗。アンプ無しでも楽しめるんです。

4本共、其々に少しずつ進んでいます(進まないのが僕の腕・・・涙)。




拍手[1回]


本日もアンプの測定・・。
って書きたかったんだけど、過去の日記を見ると時間に追われて大切な記述が無い。
その時は判っているつもりだったんだろうけど、間に色々な仕事が入って完全に忘れている。

どの様な仕様(特にトランスの結線)で組んだのか・・?
もう焦るのは止めました。慌てる乞食は貰いが少ない。
もう一度、どんな仕様で組んだのかの確認です。

勿論メモは残っているのですが、信用出来ない(大汗)。

そんなこんなでの一日でした。

晩酌も終わりギタータイム。

でね、可也重要な不満点。
倍音って上だけじゃなくて下にも・・。
つまり、2倍、4倍(奇数倍音は汚く感じます)だけじゃなくて、1/2倍、1/4倍と言う基本波よりも低い周波数も出るんですね。

今の状態。此れが出ない・・・・・。

まあ、当たり前なんですよ。スピーカーユニットを裸で使っている。
バッフルの材料は用意済みなんだけど、作っている時間が無い。

これ以上のチューンは無理と感じました。
無理して進めると、バッフルが出来上がった時にバランスを崩しちゃう。

まずバッフルを作って、音域のバランスを取る。
その状態からギターのチューンを再開。

早い話が、タイヤのエアー圧が正常でない状態で、足回りのセッティングは無理。
点火時期が狂っているのにキャブセッティング。

基本を押さえて初めて正しいセッティング。

今抱えている仕事は、夏迄掛かりそうなんで・・・・・(ギターを弄れるのは当分先だなー)。


追記です。年に1台の製造が精一杯のプレーヤー(体力的にきつい)。
来年の分の予約を頂きました(感謝です)。

そんな訳ですので、現在予約を受けるのは無理に成りました(再来年の約束は難しい)。

時間に終われては良い仕事が出来ません。
我儘を言わせてもらっています。

拍手[3回]


ノンビリと進めていますプリアンプ。

2~3日間、自治会の用事や雑用で中断。
今日、暫くぶりに再開です。

ドライブ段の動作点確認(あくまでも電圧、電流配分)は終わっていますので、球数の多いプリ部です。

プリ部は3段のイコライザーと1段のフラット段。
真空管の構成は、初段がECC82。2段目と3段目がECC99。
入力セレクター、音量VRを経由してフラット段のECC82へ入ります。

エッ。フラット段はECC99じゃないの?

って思われる方が多いと思います。
イコライザーの2,3段目とフラット段。
入力信号の大きな方はどちらでしょうか?

以前アップしましたよね。球の動作点の決め方。
此れを理解した方ならハハ~~~~ン。

普通のプリアンプなら、短時間に8本の真空管の電流を測る様ですが、左右独立電源ですので、片chだけを測れます。

と言ってもぐずぐずしちゃ駄目ですよ。何らかの原因でオーバー電流が流れているかも知れないんですから・・。

テスター棒をカソードへ当て、電圧のチェック。
2本の82はピッタシカンカン。
2本の99は、1割がた少なめ(まだ99の経験が浅いですね)。

デカップリング回路の抵抗値を調整して、予定通りの値にしました。

左右共同じ処理をして、再チェック。
今度は予定通りの動作点。

B電圧を変更しても、略計算通りに出来ました。この辺は経験値がモノを言います。
僕も昔は苦労して電圧(電流)値を合わせていました。

さ、明日からはオシロと発振器を繋いで実測です。
今日は疲れたので、無理はしません(笑)。


拍手[2回]


今日は急遽の来客(まあ、友人ですけどね)。
でも、用事は本職ですので・・・・・(笑)。

時間的に中途半端に成るな。途中で止めると碌な事は無い。
と言う事でプリアンプの作業は中止。

でも、チョイの時間。
アレなら出来るな・・・・・・・。

4本のギター(特にジャパンの2本)に共通の悩み。
3番弦の音詰まり。要は余韻が残り辛いのです。
他の弦と比べるとフン詰まりに聞こえる。

で、原因を探しました。

其処で気付いた。開放弦が酷く、フレットを押さえると可也症状が緩和される。
もうピコンと来た方いますよね。

開放弦だけに大きく影響するパーツ。
ナットです。
3番弦にだけ、起こっている現象は・・・・・・。
ナットからペグまでの弦の角度が浅いのです。

つまりナットへ弦を押し付ける力が弱い。
何も無ければ更に2番弦、更に1番弦の方が弱いのですが、ストリングガイドと言うパーツを使って、1,2番弦は弦の角度を調整して、ナットへの圧力を強めています。

つまり、ナットへの押し付け力は3番弦が一番弱い。

テストしてみました。3番弦の張力を若干弱めて、自分の指をストリングガイドと同じに使い、
音程が正しく成る様に弦を押します。
その状態ですと、詰まりが可也解消するのですね。

もう一つのテスト。
テレキャスのペグを換えました。
今度のペグは、糸巻きの部分の高さを変えられるのです。
糸巻きを低くすれば、ストリングガイドがついた状態に近づけます。

結果は、詰まりが減った。

此の二つのテストで確信しましたので、ストリングガイドを購入しました。
ジャパンストラトに付いていたストリングガイド。


中心の穴を使い、木ネジでヘッドへ取り付け、両側のアールのついた溝で弦を押さえます。
此の形状は弦とのフリクションが大きく、新しいストラトには違う形状(フリクションの小さな)の物が付いているので、其方と同じ形状の物を取り付けました。


今迄は1,2番弦だけに付いていたのですが、3,4番弦にも取り付け。


正直4番弦には使いたくなかったのですが(4番弦は巻き弦)、ガイドに斜めの力が掛かるので、4番弦にも採用。

えーー、結果です。
まず形状を替えた1,2番弦。
チューニングが落ち着きました。

問題の3番弦。
詰まりが解消(ニコニコ)。
フレットを押さえても、伸び(サスティーン)が今迄よりも良いです。
4番弦は変化なし。

で、トータルの音です。
コードを弾くと、音の切れが良く成りました。

フジゲンテレキャスも早くやらなきゃ・・。





今日来た友人。ピアノの調律士(其れ成りの腕、結構有名人と付き合っている)。
で、ヤハリエレキギターには抵抗を持っているんですね(笑)。

ホンのチョイ。ストラトの音を聞いて貰いました。
感想は『良い意味で普通の音、エレキとは思えない。』
生音とアンプを通した音の違いもチェックしてもらい『本当にそっくりだね。』

僕の好きなギターへ少しずつ近付いています。
一番の問題は僕の腕・・・・・・(涙)。

拍手[1回]


とりあえず、電流の流せる状態に成った新プリアンプ。

動作チェックを始めます。


大量のフォステクスのコンデンサー。略100%中古品。
此れを全部新品で揃えたら・・・・・(大汗)。

動作チェックの方法は何時もの通りです。

と言う事は、一瞬に12本の真空管の電流を測る様(万が一、オーバー電流が流れていたら、万事休す)。

流石の僕にも、此れは無理。
ハイ、電源が4つに分かれているのをフル活用。
まず、電源が1台しか乗っていません。

この状態では、片chだけしか動きません。
で、気付きました?

整流管が1本しか挿していないのを・・・・。
真空管本数の少ないドライブ段だけに(しかも片ch)電流を流します。
素早く、2本のECC99のカソード電圧を測定。
オームの法則から判りますよね。電圧÷カソードのバイアス抵抗値=真空管に流れている電流(プレート電流)。

机上の設計では、此処の電圧は3V。
実測値。片方が2,95V。もう片方が3,01V。
ハハ、ピッタシカンカン(実はドライブ段の電源も弄っています)。
僕のパワー管はKT66。普段使っている(お客様に渡している)EL34よりもバイアスが深いんですね。
其れの対策で変更しました(と言う事は、最初に作ったのはEL34に合わせていた。大汗)。

兎に角今回のアンプ、反省点ばかりで・・・・・・・。
何で気付かなかったのよ・・・。と言うのが目白押し。

この状態で1時間動作。1時間後の電圧を測定して、反対のchに掛かります。





今回のアンプ。製作途中での中断が何度も。気合抜けますよね。
結果、適当に・・・。

十分判っていたんですよ。この様な製作では良い物は作れない。
第一、作っている時に楽しくなかった。

良い仕事は楽しんでしなきゃ駄目。
判ってはいたんですけどねー・・・。

ハイ、作り直し。結構楽しんでいます。
頭が疲れて来たら、サッサと止めます。
苦労して作った物と、楽しんで作った物。
後者の方が良い物が出来ます。


僕、頑張りました。って言葉嫌いなんですよね。
頑張りました、の後に言い訳が多いので・・・・(でも・・・・・)。
頑張らなくて良いんですよ。
結果が勝負ですから・・。
楽しんで良い結果が出た。此れが最高です。


酔った勢いで書いちゃいますね(大汗)。
僕とギターとの付き合い方。
頑張って練習って嫌いです。
そんな事をしていたら、ギターが嫌いに成ってしまう。
その気に成った時にギターで遊ぶ。

此れが不思議で、ここ数日のんびりしている時は膝にギターが乗っている。
逆に乗っていないと寂しい。
昨夜、大好きな連続ドラマの最終回。見ていたんだけどギターとの遊びが始まって・・・(ストーリー、よく判らなかった)。

1年前も夢中には成っていたけど、今の好きとは違うかなー・・・・って。

で、実は最近好きなギタリストを発見(ネット動画)。
その人の弾き方は、僕の大好きな音(クリーントーンが中心で、歪ませても暴力的ではない)。

面白い事に、その人はギターを全然弄りません。
沢山のギターを持っていて、其々の良さを発揮した演奏をしています。
ウーーーン。この様な人を知ると・・・(ギターの改造なんて・・)。
けっして高級(高額)なギターを使っていないんですね(と言っても、僕と同じ程度のギター)。

で、その人と僕との共通点。ギターが大好き(その人、僕よりもギターが好きかと、笑)。

拍手[4回]