平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨日はインバーターの交換後、タンノイの修理。
細かな作業の写真はHPに載せて有ります。

只HPのユニットと違って古いタンノイのダイアフラムには枠が無いのですね。
非常に外す時には勇気が要ります(大汗)。

枠が有るのと同じ様な調子で外したら、まず壊れます。
この辺の経験が豊富な方、意外は弄らないのが無難です。
不調を感じたら腕の良いプロに任せるのが一番です。

慎重に外して内部の掃除。最適な位置を探す。
文章に書くと此れだけなんですけどねー・・・(笑)。



それなりの苦労はしましたがバッチリ直しました。
実は正常な方と比べますとインピーダンスも違っていたのです。
ボビンが擦ってフリクション抵抗が出来たので当たり前なのです。

数値で言いますと正常な方が22Ω。擦っている方は30Ωでした。

修理後測定するとドンピシャ22Ω。

完全に揃いました。インピーダンスがシッカリと判ったのでネットワークの設計に掛かれます。

部品待ちや構造の考察中のアームリフターと並行作業です。
リフターの様に初めてのものを作る時には考察が重要。
アイディアに行き詰ったら息抜きに慣れた仕事をする。

そんなペースで頑張っています。



ネットワークを作る時、大切なのはインピーダンスの測定。此処迄は判っていると思いますが其処で重要なのはクロス周波数でのインピーダンスです。
こう言えば、公称インピーダンスではネットワークを作るのは無理(音が出る程度の物は作れますけどね、笑)って気が付きますよね。

ユニットにスイープ音を入れて、そのユニットの得意な周波数範囲を調べ(慣れると判ります)、
苦手な範囲は他のユニットに任せる。

此れでネットワークの設計が始まるのです。

今回もスイープ音を入れて適正クロスを見つけました。
シルバーのコーン紙は凄く軽いので高域が綺麗に伸びています。
ツィーターに楽をさせる事が出来ました。

拍手[3回]


エーー。30数年前、僕の店はマクソニックの多摩地区代理店でした。
今更書くなよ。って言われるかも知れませんが当時の生き証人ですので・・。

まあ、今回ひょんな事から405が戻って来たもんですからチョット書こうかなと・・。

まず最初に、ここ数日マクソニックをネットで検索。相変わらずのオーディオ宗教。なくなったメーカーや過去の製品を持ち上げる。
商売としては美味しいですよね。絶対量が決まっている品を持ち上げたらプレミアム価格に成るって決まっています。
現在生産している商品を持ち上げても値段は上がりません。

なんで僕の好きな世界は皆こうなんでしょう?(最近嵌まったNゲージも同じ、弩。バイクもか・・・・)。

当時のマクソニック製品は、全て自腹で買って使っています。
まず何かとんでもない値段が付いていると聞く101。ハイ漬物石には最適です(重いですので)。微妙なニュアンスの再現は絶対に出来ません。大味なドライバーです(励磁、アルニコ共)。
カールホーン(WH125?)も開口部の板が共振して使い物に成りません。
その上に使うドライバーも500Hz以下でのクロスが必要です(大体曲がっているホーンなんて)。
カールホーンの上が直接ツィーターなんて素人(マクソニックでもやっていましたね、笑)が見え見え(ツィーターに繋ぐには、カールホーンとの間に1~2本のドライバー(ホーン)が必要)。
301の2吋ホーンもダメですね(日本で最初に使った(買った)人間の言葉です)。
悪口ばかり書きましたがD51、1吋ドライバーは買いです。僕も欲しいです。うっかり手放しましたので・・。

ウーハーに関しては、チョイ古めのアルテックの方がお勧めです(程度が良ければ)。

で、DS405。ヤンチャ小僧です。その辺の使い方を知らない方にはお勧めしません。でも僕はヤンチャ小僧が大好き(10Wよりは手なずけ易い、笑)。

楽しい音楽に浸りたいのなら、ヤンチャ小僧のスピーカーを手なずけるのが一番。
手なずけ易いスピーカーは、とりあえず鳴りますけどその先が有りません。
ヤンチャ小僧、音楽に一番正直です。
(一番の問題点は、そのヤンチャ小僧を巧く鳴らすアンプが市販品に無い、半導体では絶対に無理。管球でもNFを掛けたらダメ。)
ヤンチャ小僧を変なアンプ(定電圧駆動)で鳴らすととても聞けません。



日航機事故で無くなった二代目社長の小林氏(可也の親交が有りましたので)。
初代社長とは比べるも無く・・・。
故人に色々とは言いたくは有りませんが、世の中であまりにも美談に成っているので・・。

当時、マクソニックの301ホーンにTAD4001を取り付けるの流行りました。まあ
ある雑誌が持ち上げた所為です。これも僕の家で試しましたが・・・・・・・。

拍手[2回]


先日お預かりいたしましたタンノイのユニット。


とりあえずカバーを外し現状の確認(修理可能か否かの確認です、過去に修理不能と判断したのはゼロですが用心です)。

シルバーは初めてですので色々と目視確認。

チョイ笑っちゃったのが、ツィーターの配線。レッド以降はマグネットカバーの内側に配線が通っています。その為カバーは簡単に外れます。

シルバーはカバーの外側に配線が出ているので例の4ピン端子側で配線のハンダを外し配線をフリーにしないとカバーを外せません。

メーカーも途中で気付いて変更したんでしょうね。

写真はダイヤフラムを外す前にどの向きで付いていたかを記録する為。
ダイヤフラムの位置調整はここからがスタート。
4箇所のネジ止めですから90°ずつ位置を替えられるのですね。
その中で一番良い位置にしてから微妙な位置調整をします。

笑っちゃいけないんですが、ボビンの真円が出ていませんしギャップのクリアランスもいい加減なのです。
勿論調整範囲ですが生産ライン上で調整出来るほど簡単では有りません。
心を落ち着かせ、時間は気にしないで掛かります(何時間掛かってもベストポジションを探す)。

他の仕事の合間に・・。ナンテ感じで出来る作業ではないのですね。
ジックリと掛かります。


拍手[3回]


先日、遠距離から見えられたお客様(初めての方です)。

お土産まで頂きまして・・・・・。

僕のブログに興味を持ち、音を聴いてみたい。との訪問でした。
一ヶ月以上前からアポを頂けましたので、僕も助かります。
ホント、突然の訪問は大変なんです。
人の良いピンキー君は、忙しいのについ相手をしてしまう・・(汗)。

色々と話をしていたら・・・。

『実はスピーカーユニットを持って来ているんです。』

何度かのメールでネットワークの見積もりを出していました(僕の作るネットワーク、市販品と比べたら無茶苦茶高価)。
その後の話は無かったので、まあ初めての方にあの値段は・・って思っていたんですね。
イエ、本当に極普通の判断だと思います。

で、何かの拍子でネットワークの話に成り、丁度脇に有った僕が巻いたコイルを見て貰いました。
アンプ関係は手作りされる方で、アース配線や真空管の動作点の重要さを良く判っている方です。

『このコイルが無いとダメなんですね。』
ピ『僕のネットワークが高価なのはこのコイルの所為なんです。』

納得して頂けました。

早速ユニットの測定(インピーダンスの実測値を調べます)。
タンノイのシルバーです。僕はレッド以降は弄ってますがシルバーは初めて。
ウーハーの高域特性が物凄く良い。成る程ね。

で、ヤハリ出ました、タンノイの持病。ツイーターの磨りです。
片側のユニットは平気でしたが片chがNG。

でもこの方、音が出た瞬間に異常に気付きましたから凄いです。
僕の説明で気付く方が殆どですから。



と言う訳でユニットの修理とネットワークの作成をお受けしました。


ウーーーーン。夏休みを取れるのは9月に入ってからかなー・・・・・・・。


拍手[7回]


先日のタンノイエッジ交換。
結果を先に言っちゃえば成功でした。
オリジナルのウレタンエッジ(僕の大っ嫌いなエッジです、笑)は兎に角短命。
高額なスピーカーに使っちゃダメですよね(この辺に気付かないオーディオマニアが多いのでメーカーはやりたい放題)。

今回のゴムエッジ。エンクロージャーに取り付けて軽くコーン紙をたたきます(手加減を判らない人はやっちゃダメですよ、ほんとマニアって怖いもの知らずなんだから、汗)。
ウレタンエッジの時の音と明らかに違います。要はfoの高い音。
エーー、スピーカーのfo。低い程良いスピーカーって思っていたら勉強し直し(本当なんだから)。
この辺、雑誌のイイカゲンな情報で間違った知識を持っている方多々。
ハッキリ言いますね、foの低いユニットからは正しい低音は出ません。鈍く反応の遅いだらしない低音が聞こえます。まあ重低音なんて言葉を信じているオーディオマニアのなんと多い事か・・・・。
アコースティック楽器からは重低音なんて聞こえません。軽くて心地よい低音なんです(コントラバスのピチカート、軽くて心地良いじゃないですか)。
重低音は振動板の重いスピーカーで出す電子楽器だけなんですね。まあ子供だましかと・・。

あ、僕の前で重低音って言わない方が良いですよ。その時点で・・・・。

で、タンノイ。オーナーの方の感想。
極普通の音に成っている。

そう、其れで良いのですしその音を出すのが一番難しいのです。
人を驚かせる音って一番簡単なんですね。




オーディオ装置の固有の音を喜んでいるのがオーディオ馬鹿(昔の僕も、笑)。
レコードに入っている音楽を壊さない様にそっと引き出したいのです。

拍手[3回]


暫くぶりのアップですが、仕事はしていましたよ(笑)。
要はブログネタに成る仕事ではなかったのです。
つまり過去にアップしてある仕事ばかり。

そんな中ネタに成るかな・・・?(あまりにも間を開けると忘れられてしまう、汗)。



タンノイのエッジ張替えです。このユニットは二度目(10年程度で寿命です)。
前回はコーン紙アッセンブリーでの交換をしました。
この場合は振動系を全て新品に交換ですので非常に確実な方法です。

で、ここ10年以上輸入元のティアックとの取引が有りません(僕がメーカーに成ってしまいましたので、笑)。
ティアックと取引のあった商社とは取引が続いていたので安心していたら・・・・。
その商社がティアックとの取引がなくなっていた。

そんな訳で僕の所でコーン紙アッセンの入手が難しくなったのです。

僕としましてはティアックとの取引のあるオーディオ店(一般の店ならまずある)での張替えをお勧めしたのですが(コーン紙アッセンを持ち込んでいただけたら僕が張り替えても良いですとの返事もしていました)お客様は社外のエッジだけを購入。張替えの依頼が僕に・・・・・・。
正直初めてのお客様なら断る仕事なんですがもう40年近いお付き合い。
断れないですよねー・・・。

エッジだけを切り離し新しいエッジを貼り付ける。まあ此れだけなんですけどベタベタになった古いエッジの処理に大苦労。
新しいエッジに付いて来た張替え方法ではチョイ問題が有ったり・・・・。

勿論タンノイの整備で必須のツィーターダイアフラム調整もしました。
この類の仕事は接着剤の乾燥待ちに時間が掛かるんですね。その間移動も侭ならず作業台の上を占領。

今回のエッジ。ウレタンではなくゴムエッジですので寿命は長いと思います。
でも今度逝ったらエッジ交換はまず無理ですね。ウレタンの様にはがせない筈ですので。

次回はアッセン交換しか有りません。


拍手[2回]


今夜もレコードタイム。
愛用の10Wも楕円針の情報量の多さに対応して来て更にご機嫌な鳴り方に・・(この音を聞いて20cmウーハー一発とはまず思えない、笑)。

で、フト考えた。世の中の常識。スピーカーの磁気回路は励磁が極上でアルニコが其れに続く、最悪はフェライト。
あのですねー、僕の愛用している10Wはフェライトマグネットなんですよ(大汗)。

まあ、僕にとってはこんな世の中の常識、鼻で笑っちゃうんですけどね。
今夜は酔っています。
そう言う訳で具体的に書くのは後日(逃げていませんよー、必ず書きますから。でも世の中の励磁ユニットへの思い込み、新興宗教ですよねー、笑)。


あ、此れを書く気に成ったのは、恥かしい限りなんですが僕も昔は励磁信仰者だったのです。

拍手[4回]




写真でお判りですよね。スピーカーユニットの測定です。
此処の所フライス盤で頑張り過ぎ、チョイ疲れが溜まった。

今日は母屋での作業にしよう。

そんな訳で、受注している平面バッフルに取り付けるユニットの測定(ネットワークも頼まれていますので)。

このユニット、メーカー製の完成エンクロージャーから取り外した物。ツィーターは過去に散々使いましたので素性は判っています。ウーハーは初めてですからシッカリとした測定は必須(聴感でネットワークが作れると思っていたなら自信過剰、笑)。

メーカーではこのユニットを3kHzでつないでいますが、僕の経験上このツィーターに3kHzはキツイ。もっと上で使わないと音が汚れます。

問題はウーハー。20cm口径ですがボイスコイルのボビンが異常に太い。ボビンの太いコーン型ユニットは高域が伸びないんですね(10wがウーハーの癖に高域が出るのは小口径ボビンだからです)。

測定の結果は4kHzが限界。ツィーターも4kHzならギリギリセーフ。

何とか辻褄合わせが出来ました。此れから定数の計算です。






ちなみにウーハーの公称インピーダンスは8Ω。
でも4kHzでは16Ω有ります(コーン型ユニットなら当たり前)。
定電圧アンプでは駆動出来ません。

インピーダンス補正回路ですか?良く考えて見ましょう、あの回路。
アンプから見た見かけ上のインピーダンスはフラットに近付きますが、本来ウーハーに加えるべき高域がパラに入ったコンデンサーに食われちゃうんです。
音がぼけるのは当たり前の回路なんですね。

拍手[6回]