平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
組み上がったジャガー。
早速鳴らすと・・・。

オイオイ、今回取り付けたフロントピックアップ。位相が逆だよ。
要はフロントとリアのハーフトーン。殆ど聴こえません(笑)。

どうもフェンダーとセイモアダンカンは逆相の様です。

逆相に換えるのは結構メンドイ。
でもしないと・・・・。

接続の変更をしながら、新しいピックアップのDCRを測る(インピーダンスを測りたいんだけど、測定器が無い。スピーカー用では無理)。
何と12kΩ。どうりで出力が大きかった。

と成ると、トランスで落としたのは正解。DCRからインピーダンスも可也高いと思う。
出力のシールドの影響をモロに受ける筈。

配線が全て終わり、弦のチューニングも終わり音出し。

ヘッ。全然切れが良くない。音色も単調。
こんな筈は・・・・・。

様子見で、小一時間練習。
変わって来ましたよ。勿論良い方向へ。
考えて見ると、今迄にトランスを内蔵したギター。
使い込む程に、音色が豊かに成って来た。

でも、今回程、最初の音が駄目なのは初めて。

トランスにはエージングが必要とされていますが、僕愛用のトランスは、オーディオでの使用では殆どその必要を感じなかったんですね(微妙には変わりますが、最初から其れ成りの音を・・)。

今回のギターへの採用。エージング後と組んだばかりの音。可也違うんです。
ダイナミックレンジの大きなギター。
リミッターの掛かっているレコード。

此の違いかも知れません。

拍手[3回]


トランスを内蔵し、負荷抵抗値も調整仕様に改造出来たのに、未だに使えなかったジャガー君。

理由は簡単で、ブリッジが外れた侭。
その外れたブリッジは旋盤の上に・・・・(汗)。

本職の合間での作業ですから、そうは掛かれません。

で、本職の作業がチョイの中断。
アルマイトが上がって来ないと、次の作業に進めません。

チャンス・・・。

台風への準備をしてから(家の周りで、吹き飛ばされそうな物の片付け)旋盤に向かいます。
作るのは、先日アップしましたブリッジの位置決めカラー。

あのグラグラを見ちゃったら・・・(ブリッジが前後に動くと言う事は、弦長が変わるという事ですので・・)。

で、またもや問題(マーこんなモノとは思ってますけど)。ブリッジの2本の柱、太さが一定では無い(笑うしかない)。

樹脂ですから誤魔化せますが、金属で作ったらオーマイゴット。

で、組み上がったブリッジ。



ぐらつきゼロ。
こうでなくちゃ・・。

さて、弦を張って音出しです。





拍手[2回]


眠い目を擦りながらジャガーを見る。
本職での失敗は許されないけど、ギターは良いよね・・・(笑)。

前にも書きましたよね。ネック側の新しいピックアップも来ているし・・。

そんな訳で、ネック側のピックアップを外しました。目が点・・・。


ピックアップの裏側にスポンジが・・。
スポンジの反力でピックアップを持ち上げ、両サイドの木ネジで押さえ込む。
あのーーー、小学生レベルですよね。
何度もピックアップ高さの調整をしたら・・・・(スポンジの経年変化も問題です。10年で新しいギターに買い換えろってか)。

僕なら、ボディーにセルフロックナットを埋め込んで、通常のボルトで調整。
スポンジ(ウレタン)の換わりにスプリング(ダンプ塗装済み)を入れますけど・・。

まあ、此の世界に入って半年の超初心者の戯言です。気にしないで下さい。

二つのピックアップ。

下側がフェンダー純正。上がセイモアダンカン。
セイモアダンカンに理解不明の配線が・・・。

コイルのマイナス側に長い配線(裸線)。
此の位置ですと外側の鉄製プレート(ヨークと呼んでいますが、オーディオ界での常識では・・大汗)に当ります。

想像ですが、昔のジャガーはヨークからのアース配線が無かったのでは・・。

現在のジャガーはヨークからアース線が出ていますので、これはダメ。

ジャガー用のパーツ。昔のジャガー用ばかりで、新しいアメプロ用は見当たりません。
そんな訳で迷わず切断(2重アースはノイズの元に成ります。アースは取れば良いと言う世界ではないのです。この辺エレキギターの設計者は・・・弩。あんたプロでしょ)

勿論、ストラトと同じ処理。

写真左側の緑の配線。アメプロではヨークに半田付けして(良質の鉄を高温にして良いのか・・?。ヤハリ素人)別アースを引いています(チョットは進歩したのかも)。

今回の自慢。


余ったポットの穴。今迄は無視していたんですけどかっこ悪い。
そんな訳でメクラ蓋。
アルミの削り出しです。
疲れていても此の程度はチョイチョイ・・・。

音を出したいのですが、ブリッジカラーが未だ出来ていない。
足らないドリルを発注しました。

ここへ一々書くととんでもない長文に成るので書かないんですけど、色々と試行錯誤しているのです。
で、此の試行錯誤。楽しいですしボケ予防には最適かと・・。



ウーーーーン、追記です。
最近の僕はギターに関してネットで情報収集(勿論、取捨選択はしていますよ)。
その中で、チョイ気に成る記述。
『弦に触れていれば、ノイズは無い。』
逆を言うと、弦に触れていない場合はノイズが出る。
ハッキリ言いますと欠陥商品(欠陥ギター)です。
ギター内部でのアースの引き回しを間違えてています。

先日アップの、僕のノイズレベル。
勿論、ギターはベットの上でノンビリと・・・・・(トランスを内蔵していないギターも同じ)。

此の状況を堂々とアップしちゃうのは、アースの引き回しに関して素人です。と言っているのと同じなんですけどね(超有名人のユーチューブです)。

此のレベルでギター内部配線の事、知った振りしてのアップは迷惑行為です。


まあ、ネットでの情報は此のレベルかと・・・。

残念ながら、オーディオの世界でもアースに関して理解している人はホンの一握りです。
何処何処のパーツをアレに換えたら・・・・。
ギターもオーディオも同じレベルなのかも・・・・。

拍手[2回]


昨夜の雨で稲刈りは延期に成りました。
僕は、今日の昼食の準備を、昨夜の22:00過ぎまで頑張っていたので、完全に寝不足。
頭がボヤーってしています(今朝は5:30起きでしたので・・)。
こんな日に仕事をするとオーマイゴットって成った過去が・・・・(汗)。

家に戻ってジャガーを見ていた。
ウン、此れってネタに成るよね(笑)。

チョイ、困ったチャンに成っているジャガーのブリッジを大公開。


ブリッジを後方斜め上から見た所。サドルの太さが違うのが良く判ります。
太さだけで調整しているので、弦高調整が出来ないんですね。


真横から見た所。薄い鉄板をコの字に曲げて有るのが良く判ると思います。


ボディーに差し込まれる部分。二本の足で立っているだけです。


足の先端。ネジが切って有りますが意味の無いネジです。


ボディー側。
プラスチックのカラーの穴に、先の足が差し込まれます。


外したカラー。簡単に取れます。


カラーを外したボディー側。
ブリッジの足を支えています。



穴の奥中心に小穴が有るのが見えますよね。此処に足の先のネジが入ります。
ブリッジを支えているのはネジ先端ではなく、丸い足の先端で、ネジは単に位置決めです。

で、問題。
プラスチックのカラー。外径はボディー側の穴にピッタリなんですが、内径が足の外径に対してタップリと隙間が有るんですね。

つまり、ブリッジは前後にグラグラ状態。
手で揺すると1~2mm動くんですね。
ブリッジの振動をボディーにキチット伝えたい。
金属で作りたいのですが、隙間の管理が難しい。
MCナイロンで作りますか(笑)。


拍手[1回]


フライス仕事は13:00で修了。
明日は稲刈りなので、体力温存です。

さて、体力を使わないで出来る事・・。
ギターの改造かな?

と言う訳で、2個のトランスをジャガーに付けよう大作戦。



ジャガーの構造はストラトと正反対です。
ピックガードには一切部品が付きません。
弦を外し、ブリッジを抜き取り、ガードを留めている木ネジを取ると、簡単に外れます。
配線を弄るにはこの方がやり易いですね。

で困った・・・・・。
掘り込みが浅いんです。例の小型トランスでもゴチンコ。

入れられる場所は、ポットの部分の掘り込みの深い所。


写真の位置に2個入れるのは出来るんですけど、フロントピックアップの配線を可也遠回りする様なのです。
電気屋さんとしてはしたくない。

ストラトはハーフトーンを使わないので、トランス1個で良かったのですが、ジャガーはハーフトーンを使いたいので、トランス二個の実験をしたかったんですね。

仕方ない。1個で我慢です。


拍手[2回]


今日の暑さには参りました。
ここ数日涼しかったので、此の暑さはこたえる。

そんな訳で、チョイ早目の終業。
風呂に入って汗を流し、軽く一杯・・・・。

で、ギターの練習です。
つくづく思うのは、もっと早く始めていれば・・・・・・。
何十年も前に出来たコードが全然出来ない。
コード進行なんて・・。

でも、飽きないのは、今持っているギターの音色。
下手な僕でも美しい響きを奏でる。
エレキギターには普段使われない言葉です。

前から思っていたんですが、此の半年で実感しました。
良いギターと良いアンプは歪ませない方が魅力的。

最近、4本のギターのネック側のピックアップの音色にメロメロ。
特にジャガーのネックピックアップ。本当に美しいんですよ。
ストラト2本はピックアップを換えましたけど、ジャガーは此の侭で良いんじゃ・・・(早い話が不満が無い)。
ピックアップ高さの調整も巧く行ったみたいで、ストラトよりも大きな出力を出しています。
此れならトランスで1/4に落としても平気みたい。
落とすとインピーダンスが1/16に成るので、シールドのキャパシタンスの影響を受け辛く成るんですね。
結果、高調波(倍音)が豊かに出ると思います。
エレキがアコギに負ける唯一が倍音の豊かさ。
インピーダンスを下げれば、いい勝負が出来るかと・・。


数十年ぶりに始めたギター(あ、昔もへたくそでしたよ、コードがやっと)。
ブリッジ側のピックアップは全然使いません。
ストラトのセンターも・・・・。
ネック側だけなんですね。
歳かなと・・・・。

拍手[4回]


済みません。4本のギターの進行状態の備忘碌です。
4本のギターの中で、一番ノーマル状態を保っているジャガー。

理由は簡単です。ノーマル状態の音が気に入っている。
特にネック側のピックアップの音。甘いなんとも言えない音色。

只、本当の好みの音にするには、トーンを若干絞った音。

電気屋さんはニヤッ。

前にも書きましたが、ジャガーのポットは500kΩ。
250kΩへ換えちゃえ。

そんな訳で、ポットの抵抗値を変えました(勿論国産。東京コスモスです)。
交換後の音、チョイ効き過ぎた(高域が丸くなった)。

で、もう一度考えたんですね。250kΩは間違いが無い(本職での経験から)。
邪魔している回路は・・・・・・。

ピコン、トーン回路・・・。
トーン回路。目一杯関係の無い位置(高域の下がらない位置)にしても影響はゼロには程遠い。
トーン回路を完全にパス(回路図をもう一度見て下さい。一番高域がカットされないポットの位置でもカットされます)。

出て来た音は・・・・・。
もうトーン回路(ハイカット回路)は要らないよね(と言うか絶対に入れたくない)。あんな余分な回路がギター本来の魅力をカットしていた。

今日の晩酌後の練習。ジャガーの音色にメロメロです。



拍手[3回]