平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
可也悪い頭を捻っていますアームリフター。
なにしろ初めての加工が目白押し。
材料に何を使うかもやって見ないと判らない状態なのです。

今日届いた工具。



箱に入ってちゃ判りませんよね。ダイスです。要は雄ネジを切る道具です。

今回、内径5、外径8と言うパイプの外側にネジを切るんですね。
外径8ですのでM8のネジを切る事に成ります。

問題はそのM8。ネジピッチが1,25と言うのが標準ネジ。
パイプの肉厚は1,5。其処へピッチ1,25のネジを切ったら・・・・・・。
谷の部分の肉厚は殆ど無い。くっついているスプリングみたいに成っちゃうんです。
こんな時に使うのが細目ねじ。M8の細目は普通ピッチ1ですが、なんと0,75と言う規格が有るのです(普通は使わない)。

この規格に気づかせてくれたのは壊れたオーディオテクニカのエアーリフター。これが使っていたのです。中古のリフターでしたのでそのナットが不足していて散々探して手に入れました。
探すと言ってもネットですから本当に便利な世の中に成ったものです。
昔でしたらネジ屋さんをはしごしても見つかったかどうか・・?(取り寄せを頼んだら一箱単位に成りますからね。最低500個)

テクニカの時はナットの購入だけでしたが、今回はパイプを作らないといけないのでダイスを購入した訳です。

さて、ここからが問題。パイプの材質を樹脂にするか金属にするか?
テクニカはアルミを使っていました。僕はMCナイロンで作ってみるつもりです。
理由は内部に入るシャフトとのフリクション。樹脂の方が圧倒的に少ないですし無潤滑で使えます。アルミですとグリスを塗らないと無理なのです。
さて、ネジを切ってもMCナイロンの強度は大丈夫なのかな?



拍手[3回]


僕のトーンアームにアームリフターを付けよう大作戦(フー長い)。
始める前から判ってはいたんですけどね。



本日届いたバイトホルダーと其れに使うチップ(10個入り)。

なんでもそうですが、丸ッ切り初めての機械を作ろうとすると、今迄の工具では足らなく成ります。
とりあえずの形を手持ちの工具で作って、出来上がりを見ると・・・・・・。
ダメ出しの連発。此処をこうしたい、その形状にするにはあの工具・・・。

只今、其れの真っ最中。
今日も4種類の工具(切削道具)を発注。

でも、従来は出来なかった加工が出来る様に成りますので、僕の仕事の範囲も広がるのです。

旋盤とフライス盤を導入した当時は、毎月15~20万円の刃物代が出るのが半年以上続きました。
その後も新作の度に新しい刃物。

此処最近、新しい刃の購入はガクンと減っていたのです。

また始まっちゃいました。でも新しい工具を手にするとまた新しいアイディアが浮かんでくるのです。

今度の工具を見て、また新しい物を作るかも知れません。



拍手[4回]


ヤット、リフターの材料の一部が入荷。



リフター本体の上下に動くシャフトと其れを支えるパイプです。
色から判ります様にパイプはMCナイロン。
シャフトはステンレス(SUS304)。

シャフトが2本有る理由は・・・・・・・。

パイプ内径は公称(これが危ない)5mm。1mm単位でしか選べません。
シャフトの方は0,1mm単位で有りますので、キツメかな?と言うシャフトとゆるいかな?と言うシャフトを買ったのです。
キツメかなの方でドンピシャリ。緩めの方はバックヤードへ引っ込みます(笑)。

此処への質問で、使っている型番を教えて下さい。なんて言うのがたまに来ますがチョイ御勘弁。
その型番を見つける為にどれだけの無駄な投資をしたかが判っていない。

まあ、判っているので自分は出費したくない。で、僕に聞いてくる(ですかね。笑)。

授業料、とても大切です。何を選んだかではなく、此れしか残らなかった。が正解ですので。





アップし終えてふと気が付きました。
散々したスピーカー道楽。10Wしか残らなかったかと・・・・・・。

拍手[4回]


イヤハヤ・・・・・・。
先日のリフターのラフスケッチ。廃棄・・・・・・。

昨日ノンビリとNゲージの改造(無茶苦茶細かいので指先の訓練に最適)。

そんな時にピコン。レバー比とワイヤーテンションの両方が巧く行く方法。

面白いもので、図面に向かって頭を捻っている時って良い考えが浮かびません。
他の事で遊んでいる時の方が良いアイディアが浮かびます。

現用のプリアンプ。基本設計は30年以上前。当時イコライザーで悩んでいました。
今でもハッキリと覚えています。イコライザーの基本回路を考えついたのはバイク(SR500)に乗っていた時でした。
あまりにもの偶然なんですが去年一昨年と入院した相模原赤十字病院の前。
当時は相模原市に吸収合併される前でしたから津久井赤十字病院。建物も古い頃です。

定休日に(当時は定休日が有りましたし、今程忙しくも有りませんでしたね、笑)何時もの周回コース(八王子、相模湖、津久井湖、八王子)を走っていた時なんです。

その時に思いついた回路が30年以上経っても改善の余地なし。
当時の僕のレベルです。そんなに深くは考えていなかったんですけど、その後色々と判って来て気が付いた問題点に見事に対処していた回路だったのです。

今回のリフターもこんな感じの物が出来たら嬉しいですね。
また、新しい部品を発注しなくちゃ。




拍手[3回]


アームリフターをワイヤーを使って遠隔操作が出来る様にする。
書くと簡単なんですけどねー・・(笑)。

まず基本構造を考えます。ワイヤーは引く時には都合が良いのですが押すのは苦手。
バイクの場合はスプリングを使って常にテンションを与えて、押す方向へはスプリングの力を利用するか(クラッチ、ブレーキがこの方法)、ワイヤーを2本使って両方向ともどちらかのワイヤーが引くようにする(キャブレターの強制開閉)、と言う様な手を使っています。

アームリフターの場合、どちらの方式も大げさ過ぎて(そんな力は要らない)、レバー操作が重く成って操作感触が悪く成ります。

構造は色々と考えられますけど、どれが一番良いかは作って見ないと判らない(笑)。



リフター部分のラフスケッチ。複雑な構造はフリクションが増えて操作感も悪くなるので、出来るだけシンプルに。更にワイヤーを押す方向へも使える構造。

今日もフリクションの少ない樹脂パイプを発注。使えるかどうかもテストしないと・・・・・(笑)。

構造を考えていると、僕の持っている切削刃では無理なところも沢山。
図面が完成したら其れを作れる刃の発注です。

メーカーも新製品を作る時にはプロジェクトチームを作り、試作品を何台も作り、狙いの性能をパスしてかつコストの掛からない物を市販します。

兎に角、考え付く事全てをリストアップしてから、最上と思われる方法で試作。
此れの繰り返しです。

出来ちゃえば何の事の無い物には成るとは思うんですけど・・。

今考慮中がレバー比。リフターの上下する距離は2~3mm。
レバーの操作範囲が2~3mmでは使えません。
レバーは2~3cm動かす様にしたい。
つまり10:1のレバー比を作りたいのです。

さてどんな方法が有るかな?




ナイショのネタ。押す部分で回りにパイプの無いむき出しの部分はハンダを染み込ませて棒状にするつもりです。

拍手[2回]


先日、トーンアームのアームリフターに関して軽くアップしました。
その反響は・・・・・(僕のお客様は硬派が多いと思っていたのに・・汗)。

確かに使い易いリフターは便利ですよね(僕が単に粋がっていただけかも・・・)。

僕の様にレコードの最外周に針を下ろして最後まで聞く。
こんな使い方ならリフターの必要性はあまり感じないのですが、途中から聞きたい。途中で針を上げたい。
こんな場合、レコードへ傷を付けない為にもリフターが有った方が間違い有りません。

そんな訳で、一般市販されているリフターでは不満足(アームの根元での操作ではミスし易いし使い辛い)。
其れを考慮してオーディオテクニカのエアーリフターを付けたら壊れた・・・・(涙)。

僕の理想のリフターは手前で操作出来る物。つまり遠隔操作です。
市販のリフターはどんなプレーヤーにも付けられる様にの汎用性が求められますが僕の場合は違います。
僕の作ったプレーヤーに取り付けられるだけで良い(ハイ、一般市販は考えていません。)。

そんな訳で・・・・。



昨日入手したワイヤーとテフロンチューブ。

こう言う使い方をします。



ワイヤーで遠くからコントロールをしようとしているんですね。
バイク遊びが役に立ちました。バイクではワイヤーで遠隔操作って極普通です。

ワイヤーは1mm径のステンレス。テフロンチューブの内径は・・・(ヘヘ、ナイショ)。
チューブの肉厚が薄いので、この辺の寸法は結構難しい(テストでダメなら違う寸法でテスト)。
このテストの手間を惜しんでは良い物は作れません。ネットでの噂話を信用しているようではマダマダ。自分でのテスト以外は信用しない。これが良い物を作る一番の近道です(あ、昔からの教科書も信用しちゃダメですよ、教科書の間違いを指摘できてヤット一人前って思っています)。

でも、チューブに挿入したワイヤーの感触。思わずニヤッ。

拍手[4回]


トーンアームの組み立て。本当に気を使います。チョットの手加減で動きが渋くなったりガタを感じたり・・。
組み立て手順も非常に大事です。手順を間違えるとどうしても組み辛くなり狙ったポイントが出ません。

まあ、重要な部分はキッチリと組み上げました。

今回の特別仕様。



アームリフターが欲しい。と言うご希望に応えて・・(笑)。

あ、今回は手持ちが有りましたので受けましたが、次回からはリフターの供給をしていただけた方だけの仕様に成ります。




緊急告知(笑)。只今受けている仕事(残り2件)が出来上がりましたら(8月中旬まで掛かりそう)一ヶ月以上の休業をいたします。
イヤ、自分のプリアンプを作っている時間が無い。この仕事が片付いたら・・。なんて考えていたら2年以上の月日が経ってしまいました。
ウーハーも付けたいですし。
例外的に僕の作った機器の修理は受け付けます。それ以外の仕事は暫くお待ち下さい。

拍手[1回]


朝一でアームの組み立てを始めました。
昨日は内部配線をエポキシで固めましたので其れの硬化待ちです。

一晩でシッカリと硬化(気温が高いと楽です。冬ですと一晩での硬化は無理)。
カートリッジへの配線と出力ケーブルをハンダ付け。

あ、写真でお判りかと思うのですが内部配線は0,85mmのエナメル単線。インピーダンスの低いMCカートリッジだから使える処方です。



シャフトの先端を支える鋼球。点接触で全重量を(アーム全重量-針圧、の重量)支えますので其れ成りの強度は必要です。

此処の回転はユックリとした往復運動ですので流石に得意のダブルボールは使いません(笑)。
鋼球は軸受けに固定され回転はしません。鋼球とシャフト先端での接触点で擦れ合います。

この様な構造ですから内部にはオイルが必要。



軸受け先端。アルミ製ですが内部には砲金スリーブを圧入。
ターンテーブル軸受けと同じ構造です。勿論スリーブは上下別体で中心部には入っていません。
オイル量を少しでも増やす為の拘りです(フリクションも減ります)。

で、砲金が下がっていますよね。

此処へは・・・・・。



オイル漏れ防止のOリングが入ります。潰し代は0,2mmですのでOリングの再使用は問題ありません。外すとOリングの断面が4角に成っている機械を見ますが潰し過ぎです。かえってオイル漏れを起こします。

この様な状態ですので軸受けの中は完全密封状態。
オイルを充填してシャフトを差し込みますと・・・・・・・・。

中の空気が出られません(オイルがシールしてエアースプリング状態に成ります)。

その対策が・・。



シャフトに切った螺旋溝。この溝から空気が出る構造です。

逆に言いますと、この溝が無いのにエアースプリング状態に成らない軸受け。
クリアランスが広いんでしょーねー(笑)。

拍手[3回]