平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
トーンアームの組み立て。本当に気を使います。チョットの手加減で動きが渋くなったりガタを感じたり・・。
組み立て手順も非常に大事です。手順を間違えるとどうしても組み辛くなり狙ったポイントが出ません。

まあ、重要な部分はキッチリと組み上げました。

今回の特別仕様。



アームリフターが欲しい。と言うご希望に応えて・・(笑)。

あ、今回は手持ちが有りましたので受けましたが、次回からはリフターの供給をしていただけた方だけの仕様に成ります。




緊急告知(笑)。只今受けている仕事(残り2件)が出来上がりましたら(8月中旬まで掛かりそう)一ヶ月以上の休業をいたします。
イヤ、自分のプリアンプを作っている時間が無い。この仕事が片付いたら・・。なんて考えていたら2年以上の月日が経ってしまいました。
ウーハーも付けたいですし。
例外的に僕の作った機器の修理は受け付けます。それ以外の仕事は暫くお待ち下さい。

拍手[1回]


朝一でアームの組み立てを始めました。
昨日は内部配線をエポキシで固めましたので其れの硬化待ちです。

一晩でシッカリと硬化(気温が高いと楽です。冬ですと一晩での硬化は無理)。
カートリッジへの配線と出力ケーブルをハンダ付け。

あ、写真でお判りかと思うのですが内部配線は0,85mmのエナメル単線。インピーダンスの低いMCカートリッジだから使える処方です。



シャフトの先端を支える鋼球。点接触で全重量を(アーム全重量-針圧、の重量)支えますので其れ成りの強度は必要です。

此処の回転はユックリとした往復運動ですので流石に得意のダブルボールは使いません(笑)。
鋼球は軸受けに固定され回転はしません。鋼球とシャフト先端での接触点で擦れ合います。

この様な構造ですから内部にはオイルが必要。



軸受け先端。アルミ製ですが内部には砲金スリーブを圧入。
ターンテーブル軸受けと同じ構造です。勿論スリーブは上下別体で中心部には入っていません。
オイル量を少しでも増やす為の拘りです(フリクションも減ります)。

で、砲金が下がっていますよね。

此処へは・・・・・。



オイル漏れ防止のOリングが入ります。潰し代は0,2mmですのでOリングの再使用は問題ありません。外すとOリングの断面が4角に成っている機械を見ますが潰し過ぎです。かえってオイル漏れを起こします。

この様な状態ですので軸受けの中は完全密封状態。
オイルを充填してシャフトを差し込みますと・・・・・・・・。

中の空気が出られません(オイルがシールしてエアースプリング状態に成ります)。

その対策が・・。



シャフトに切った螺旋溝。この溝から空気が出る構造です。

逆に言いますと、この溝が無いのにエアースプリング状態に成らない軸受け。
クリアランスが広いんでしょーねー(笑)。

拍手[3回]


対策部品を作ろうと旋盤に向かったら・・・・・。
材料が足りない。4個必要なんだけど3個分しかない。
直ぐに材料屋さんに発注(明日午前中に取りに行きます)。

で、仕方が無いのでまたレコードを聞きだした。
カートリッジも段々と調子を出して・・・・・。

オイ、今迄よりも色彩感が有るんじゃないか?
楽器の音色が豊か。

なんでだい。ターンテーブルは全く同じ物。ギヤボックスは其の侭使っている。
キャビネットは軽量化を計ったので最高とは言えない。
なのに・・・・・。

アームだな。

今回のアーム、軸受け部の設計が変わりました。理由としては高さを下げたい。と言うのがメインだけど、何時ものどうせ作るなら・・・・・・。

その軸受け。



従来品と比べると華奢に感じる位小型化されている。

で、アームの低さの判るショット。



アームレストがこんなに低い。

従来のアームレスト(高さが違うだけでその他は全く同じ物)。



笑っちゃう位違うでしょう。

この音色で今の問題点を解決したら、こちらがメインになりそう・・・。



ちなみに未だインサイドフォースキャンセラーは付いていません。付けないでもこの音色・・・・。

拍手[2回]


遅々として進まない新型トーンアーム。牛歩の様・・・・・。



写真の状態に出力ケーブルは取り付けられたのですが、今回は真上までエナメル線。
配線がアームベースと干渉してしまうのです(正しく言うと絶縁チューブが)。
今迄も干渉はしていましたが極細線なので動作に影響が無かったんですね。

今回はそうは行きません。干渉している部分を十分確認してアームベースの手直しです。
勿論、旋盤加工。

問題は此の後の手仕上げ部分。マイクログラインダーで削るのですが丁度良い刃が無い。
ホームセンターでもこの用途の物はまず無い(見た事が無い)。

そんな訳で取引商社のHPを検索。

有りましたよ。丁度良いのが・・(こんなの見た事が無かった)。
で、直ぐに発注。ハイ、その刃が入手出来るまでまたもやストップです。






拍手[0回]


ヤット頼んだ配線材が全て手に入りました。と言っても使えるかどうかは使ってみなきゃ判らない。要はギャンブルです(笑)。ですからギャンブル(競輪、競馬、パチンコ、etc・・)には一切手を出していません。本職でこの位味わっちゃうともう沢山(汗)。

シェル周りの配線。



間違って針を折っても大丈夫な様に、針が磨耗したSPUを取り付け寸法取りをします。

此れでシェル周りの配線は完了。

問題は軸受け部の配線。こちらはアームの回転や上下運動の妨げに成ってはいけないので、配線の取り回しにメチャ気を使います(線材も太いくせに柔らかい物)。

頭が疲れていてはこの作業は出来ない。

そんな訳で只今コーヒータイム・・・。


拍手[0回]


アームの内部配線で悩んでいます。
取引のある商社から今日届いた配線材(柔軟線と謳っている)、硬い。
この硬さではアームが動かない。

またもやネットで検索。
此れなら使えるかな?と言うのを発見。

とりあえず発注。

新しい物を作る時に必ず起きる部品の手配。
狙った物が一発で見つかるのはまず無いんです。

何種類も買ってみてヤット見つかるのが普通です。

そんな訳で使えない部品がストックルームにはいっぱい。
いつか使い道が見つかるかなー・・・・。


拍手[4回]


機械パーツは殆ど出来上がっているのに遅々として進まない新型アーム。



この写真で軸受け構造は判ると思います。いたってシンプル。
機械物は出来るだけ構造をシンプルに作る。基本です。
垂直感度の高さには惚れ惚れ。メタル軸受けでこの感度、今回の軸受け構造、成功みたいです。

で、悩んでいるのがアーム内の配線。普通にアーム用として売っている極細配線材を使えば簡単なんですけど・・・・・。

アーム内の配線材で音が変わるのは理解されていると思います。
過去にSMEの内部配線交換を散々やりました。

市販アーム内の配線の問題点。
アームの動き易さ(配線材が動作の抵抗にならない様に)にばかり気を取られていて配線材が無茶苦茶に細いんですね。
SMEも単に太い配線材に交換しただけです。何とかの高級配線材なんて使っていないんですね。ある意味SMEの純正の方が高級な配線材(リッツ線)なんです。

でも、極普通の配線材で太い物の方が音が良い(音の重心が下がりエネルギー感が出て来る)。
今回もその辺で悩んでいるのです。

実験中の写真。



巧く収まるかの確認です。
手持ちに無い配線材と絶縁チューブが必要に成りました。
発注したんですけど入手出来るまでストップですね。






拍手[2回]


説明はなし(笑)。



と言いながら垂直感度は従来型よりも可也上がっています。狙い通り。
問題は重心位置。軸受けが下がったので上がり易いのです。

明日、糸を通して重心位置の確認です。


拍手[4回]