平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
今日は、本当に暫くぶりに命の洗濯。
ノンビリとNゲージを組み上げて、風呂に入り、晩酌。

で、その後です。

此処2~3日は、ジャパンで遊んでいた。
チョイ難しい遊びへ・・。
ジャパンで難しかった事が、本家だと可也楽に出来る。
スケールも本家の方がミスが少ないし、スピードも上がる。

僕に合っているんだよね。と一言で片付けるのは簡単なんだけど、理由を知りたい。
要は、ネック形状の比較。

判る限り調べて見よう(要は、僕好みのギターを数値化したい。次のギターを選び易くする、と言う魂胆は有りません・・)。

まず、ネックのナット側の幅。
本家。


ジャパン。


此れだけ幅が違います。と言ってもナット側でして、ブリッジ側は同じ幅。
つまりハイポジションなら、幅は殆ど変わらないと言う事です。

続いてネック根元の高さ。
本家。


ジャパン。


略同じ。でもね・・・・。
取り付け部から、ネックへの絞込み(削り込み)。

本家。


ジャパン。


ジャパンの方が、取り付け部から直ぐに削り込んでいます。
本家はなだらかなカーブ。
つまり、ジャパンの方が薄いんですね。

此処迄で判ったのは、ジャパンの方が幅も厚みも少ない。

で、もう一つ。よくよく見てみた。

本家。


ジャパン。


指板のアールが違う。
ジャパンの方がアールがきつい。

此れで納得。
アールのきついジャパンの方が、6番弦に指が届き難い。

あ、此れはどちらが優れていると言う意味では有りません。
只、僕が弾き易いと思えるネック形状を知りたかったのです。

只今、ベットの上には2本のストラトが・・・・・。

幸せですよね。




弾き易いと感じたアメプロストラト。
それと同じネック形状だったので、ジャガーも欲しく成ったのです。

拍手[1回]


毎日、プリアンプの改造。
で、大失敗・・・・・・・。

イコライザー段のノイズ対策がメインですので、本体のイコライザー部分を完全分解。
アースラインの引き直し。
アースラインは一番下(奥)なので、CR類を外さないと出来ない作業だったのです。

全ての改造が終わり、電源部の再チェック。
で、焦っていた作業が見えて来た。何でこんな対策をしちゃったの?
要はB巻線の変更。馬鹿ですよね、もっと高いB電圧が必要に成って、リップルフィルターの抵抗値を下げちゃったんです。
リップルフィルターの抵抗値を下げると、フィルターとしての性能は下がります。
結果リップル成分を含んだB電源に・・・・・・・。
この辺は、ギリギリの低容量のコンデンサーを使っていた、と言う事も見逃せません。

数日前に電源の底蓋を外して・・・・・・・・。
馬鹿だよねー。B巻線に余裕が有るじゃないか・・。

B巻線の電圧を変えると、全て設計し直し。

で、その結果・・・・・。


電源部の改造は昨日全て終わりました(2台共)。

その為に、本体の変更も必要に成ったんですね(恥)。


B巻線を弄る前の定数と、変更後の定数を書いた図面。
2枚の図面を最初から書いたのでは有りません。

僕の図面の書き方は、最初に定数を一切書き込まない図面を書き上げます。
此の図面をスキャナーでパソコンへ取り込みます。

こうして置けば、定数の変更図面を何枚でも書けるんですね。
定数だけの書き込みでしたら簡単です。
失敗したら、また最初の図面を印刷。
新しい定数を書き込む。

最終的な定数が決まったら、その図面をスキャン。
図面を大事にしないと、後で後悔しますよー(経験済み、汗)。

結論、電源部の改良を先にやっていたら・・・・・・・。




チョイ日記を見直してみたら・・・・。
8日(日)に休んでから1日も休んでいない(疲れている筈だわ)。
と言う事で、今日は休養日に急遽決めました(笑)。

拍手[2回]


チョイ長引いた左手の痛み。
ヤット、通常に戻ったのでギター解禁(喜)。

午前中は、遠くから来られたお客様の修理。
午後はプリアンプの続き・・・・。

我慢出来ないよね。
仕事は15:30で修了。

本当に暫くぶりに、膝の上にギターが乗った。
で、此の時間迄、晩酌時間を除いてずっと乗っていた・・・・。

自分でも理解不能。兎に角膝の上に乗っていて欲しかった。
勿論、乗っていたら両手も其れに合わせて・・・・。

暫く遊んでいなかったので、欲求不満だったみたい。

改めてギターが好きなんだなと・・・・・。

で、一番簡単なスケール練習。
今迄は1フレットから12フレット迄の練習(オット、遊びです)。
調子に乗って15フレット迄範囲を広げる。

ジャパンストラトで遊ぶ。
ジャパンストラトは、4本のギターの中で一番ネックが細い(他の3本の太さは略同じ)。

今一、練習をジャパンでしなかったのは此の所為。
細いと弦を押さえるのが楽。楽に馴れたく無かったんですね。

今はジャパンを楽しんでいる。
で、細いネックのジャパン。15フレットの6番弦。滅茶苦茶押さえられない(頑張れば出来る)。

なんとなくギターを交換。アメプロストラト(ネックは太いので更に押さえ辛い筈)。

此れが不思議なんですよ。押さえ辛いのは同じなんですけど、ジャパンよりは押さえ易い。
意味不明なんですけど、ネックの太さだけでは判断出来ない。形状の方が大事なんではないか?

ハハ、と言う事で、ギターって奥深くて楽しいですよ。






現在、ベットの上はジャパンが占領しています。この状態、無茶気に入っています。

拍手[2回]


ヤット左手の痛みが取れ、ギター再開です。

ギタースタンドには2本のストラト。

そう言えば、ネック調整をしてからジャパンストラトで遊んでいないな・・。

真っ赤なボディがお気に入りのジャパンです。
暫く遊んでいなかったので、スケールの基本練習。

なんか変?微妙に弾き難い。
で、気付いた。弦高が高い。
要はフレットと弦の隙間が多過ぎて、減を押さえるのに力がいる。

ピコン。ネック調整をしたよね。逆反り気味のネックを若干の順反り状態に調整した。
(順反りはネックが弦方向へ反り、逆反りはネック裏側方向へ反ります)。

真横から見て逆反りは、弦高が低く成り、順反りは弦高が高く成ります。
勿論、ネック全長中心部で大きく変わります。

今迄は逆反り状態。弦高は低く成るので、ビビリ易い。
対策として、ブリッジ部で弦高が高く成る様にセッティングしていたのです。

ブリッジ部を其の侭で、順反りにしましたから、弦高が上がった・・・・・。
弾き辛い訳で・・・・・・・・・。



此の部分で弦高を調整します。
ストラトの場合、ブリッジがスプリングでフローティングされていますから、1本の弦を調整すると、他の弦にも影響するので、兎に角面倒。
シッカリと弦高調整とオクターブ調整をしました。

再びスケールの練習。
ひ、弾き易い。此の弦高、4本で一番低いかも・・・。
でも、ビビリません。

拙いな。他の3本も調整する様かなーーーーーーーー。




拍手[1回]


プリアンプ電源が片ch分だけ完成(パチパチパチ)。
有る意味、ゼロから作るよりもメンドイ。

とりあえず写真。
ビフォー。



アフター。



コンデンサーが増えたのは一目瞭然ですが、プリ部の電源トランス、B巻線の電圧も変更。
ECC99対策です。
ヒーター回路以外は殆ど作り直し。

最初から、ジックリと考察すれば・・・・・・・。
急がば廻れ・・・・・・(涙)。


拍手[3回]


略、作り直しの新しいプリアンプ。
只今電源部を再設計。

何で・・・?と言う所がイッパイ。
焦っていたんだね。つい自分のだから・・・・・。

設計の甘さを、イヤと言う程痛感しています。
そんな訳で、只今の服装・・。ツナギです。

後パネルを外してネジ加工。
ラグを増やす算段です。

リップルフィルターの強化。

その他も色々と手を加えます。
人生最後のプリアンプだった筈なんだけど・・・・・・・。





今月イッパイの完成は難しいかも・・・・・。
そんな訳で、ジャガーのピックアップ交換は何時に成るのか・・・・・・。

拍手[2回]


只今、家の裏側の景色。


朝は雨でしたが、昼頃から雪に・・。
地面はびしょびしょに濡れているのに、積もりだしました。

細かな雪が、しんしんと降っています。

まだ、冬なんですね。




灯油のストックは40ℓ。もう少し買い足す様ですね。

拍手[0回]


只今届いた物・・。


パッケージで判りますよね。
ジャガー用のピックアップ。

結構前に、ネック側だけを交換しました。2個買って失敗したら拙いよね(此の程度の常識判断は出来ます、笑)。

正直、ジャガーの音色(生音には感じなかったので、ピックアップかなと)に若干の不満。綺麗と言えば褒め言葉。綺麗過ぎて上澄み液の様。良い意味でコクと言うか色気と言うか・・・・。

とりあえず1個交換。あ、これは正解。
と思いながら、トランスを取り付け(小型の方)。

そうしたら、2個のピックアップに凄い音色差を感じなくなって・・・・。
勿論、トランスの恩恵で良い方向へ進んだのでその侭に成ったんですね。

で、数ヶ月間のケース内での熟成(汗)。
チョイ前に、暫くぶりのご対面。
ヤハリ、こいつは好きだなー・・・・・。

其処で、予定のトランス交換。小型から音色が好みの大型へ・・・・。

ハハハ、ヤッパリ出たかい?トランスの性能が上がったので、二つのピックアップの音色の違い。
コリャ駄目だ・・・。

そんな訳でポチッ。

2週間近く待たされましたが、本日無事に到着。

ノンビリと取り付けます。




こんな訳で、更にギターを増やしたら大変な事に成るのを実感。
4本でも、こんなに手が掛かっている。
増やしたら大変だー・・・・・・・。

拍手[0回]