平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
シングルコイルピックアップのノイズ対策には、結構苦労している方が多そうです。
2本のストラトの中を見たら、ノイズが出ても仕方ないよね。と言う配線。

オーディオ界もアースに関しては問題が多いんですけど、ギターの世界はもっと酷い。
で、色々と考えました。
ギター内部の改造は出来る人が多い。アンプ内はチョイ難しい。

ギター内部の配線の変更だけで、ノイズを減らす方法。

僕がオーディオで使っている、ピンピンケーブルの理論を実践します。
市販のシールドは使えません。
ギターのフォーンジャックも交換する必要が有ります。

でもそれだけで、ノイズは可也減る筈です。

今使っているアンプでは、出力が小さいので、ノイズの問題が出ませんので、新しいアンプが出来上がったら実践します。

ギターの世界では、磁気シールドと静電シールドの違いも判っていない様ですので・・・。



今回買った、超有名メーカーのピックアップに付属していた接続図。
此れじゃ判んないよ(弩)。
実体図なので電気の流れが判らない(SWの接続が不明)。
フェンダーの回路図も酷過ぎますね。ギブソンの方がまだまし。
(フェンダーの生みの親は、本当にラジオ屋だったのだろうか?)

ウーーーーーーーーン。

兎に角、信号ラインのシールドに、単芯のケーブルを使うなんて素人過ぎます。

拍手[3回]


自分でも驚く位、毎日ギターと接している。
巧くなったか?っては聞かないでね(大汗)。

毎日接したくなる原因は簡単です。音色が大好きだから。
つい聞きたくなるのです。

で、昨夜本家フェンダー(アメプロ)のセッティングを再チェック。
要はチューニングの腕がチョイ上がったかな?
勿論音程のチューニングは当たり前ですが、オクターブチューニングと弦高とピックの高さをしつこく調整。

ハハ、以前は此処迄詰められませんでした。
要はセッティングの仕方が段々と判って来たのです。

結論、本家はヤハリ凄い。
ソリッドボディの癖に良い響きを出すのです。
完全に二度惚れ。

最近のお気に入りのフジゲンを上回りました。

こう成るとスネるのはジャパンフェンダー。

こいつの次の手は準備(発注)済み。

3本のギターの壮烈な争い。

バイク同士と似ているのがなんとも・・・。


3本、其々持ち味が有ります。其れをどう伸ばすか?
楽しいですよ。

オット大事な事を忘れた(今日の題材だったのに)。



昨日入手したピック。極薄です。音色は柔らかいモノ。昔だったら絶対に使いませんでした。
ピックアップもネックよりを(ヤハリ柔らかい音)チョイスしている場合が多い。

昔は、反対側を使っている場合が殆どでした。
あ、歳の所為じゃ無いですよーーーー。

拍手[3回]


今朝一番で作りました。



お馴染、ターンテーブルシート。
此の材料を使い出して10数年経つのですが、未だに此れを凌ぐシート材料が現れません。
素材は秘密(お馴染さんは知っている、笑)。

で、4色選べるのです。色が変わっても音は同じですし、レコードを乗せちゃったら見えないんですけどね・・・・。

ブラウン、ベージュ、ブラック、レッドの4色です。
発売当時はブラウンが一番人気。続いてブラックとベージュが同じ位でレッドの人気は最低。
早い話が使っていたのは僕だけ。

ところが最近、此の様子が丸ッ切り変わったのです。
ダントツに一番人気がレッドなんですね。

最近高齢者に(僕よりも10歳は上かな?)もレッドの注文を受けました。

確かに市販品にレッドは見当たりません(早い話が、無難な線のものばかり)。
で、中々冒険が出来なかったのでしょうが、僕の所で来る度にレッドを目にする。
段々と抵抗が無くなったんでしょうね。

でも、レッドのターンテーブルシート。お洒落でカッコイイですよ。

拍手[4回]


毎日練習しているギター。
進み具合は牛歩のごとく・・・。本当に僅かずつです。

でも、此の期間を通り過ぎないと楽しい世界は開けないので・・(昔は此れが出来なかった)。

練習中に玄関のチャイム。
ハハ、来たな・・・。



本当にバカです。今の状態では腕の方が先なのに・・・。

シングルピックアップが3個。
アメプロの交換用です。

更に金ぴかの部品。
フジゲンのブリッジとリアピックアップ。
普通は金色って使わないんですが、ブラックのフジゲンには似合うかな(酔った勢いですけど)って購入しました。
フロントのハムバッカーに対してリアが弱く感じたので(シングルですから仕方ないのかも)、少しでも高出力が欲しくて交換です。

で、只今フジゲンにぞっこん。
ほんの数日ですが、明らかに鳴りが良くなって来ています。
ホロウ(中空)ボディの魅力に嵌まったんですね。
昔(若い頃、オット此れは禁句)なら、ソリッドボディーの切れの良い音に軍配を上げたと思うんですが、今の僕にはホロウの響きがタマリマセン。

そんな訳で、更に良い鳴りにしたい。って思ってしまったのです。

60の手習い、少しずつ少しずつ進んでいます。



拍手[4回]


60の手習いには贅沢過ぎるギターを買いました。
ネットで検査すると、初心者には程々の楽器を・・・・。

エレキギターの世界では、5万以下の購入を勧めている。

でもね・・・・・。

今回、自分でも感心する位練習をしている。
理由は簡単。買ったギターの音が気に入ったから。

気に入らないギターの音色では、練習する気が起きない。
好きな音色だから練習する気が起きる。

ギターを始めたいんなら、好きな音色のギターを買うのをお勧めします。
チョイ高くても、その後の練習には大切ですから・・・。



10万円まで予算を組めれば大丈夫です。
長い相棒を手にするのですから、高くは有りません。
安物買いの銭失いがとんでもない出費を誘います。

拍手[3回]


楽器の中ではエレキギターが一番好き。
そんな書き込みで驚いていた方もいらっしゃるかと・・・。

エレキギターが一番好きと言いながら、クラシックもジャズも楽しんでいる。
答えは簡単です、音楽が大好き。
僕の場合、音楽のジャンルはどうでも良いんです。
僕にとって楽しい(感動する)音楽なら何でも・・(楽しいだけじゃ有りません、思わず涙を誘う音楽も)。

で、ロックの音楽。ジャズに通じる音楽と思っています。
人生の苦痛を音楽に託して・・(クラシックでも同じでなんすけどね)。

ロック関係のミュージシャン。普段は普通の人。言葉使いも極常識。
そんな人が好きです(見ていますので)。

普段の生活で、俺はロックンロラーなんだーって巻き舌を使う連中。大っ嫌いです。
最近亡くなったあの方や、Y氏。
もう良い歳なんだから、巻き舌は止めましょうよ。
カッコをつけているだけで、中身が全然無いってミエミエなんですけど。


Y氏。数年前、ヨーロッパでのバイクツーリング。TVでは冒険のツーリングなんて言っていましたけど、全てTV局がセッティング。乗り方を見たら初心者ミエミエ(バイク乗りには一番恥ずかしい直線番長)。
かっこつけてロッカーなんて、恥ずかしいTVドラマって見えましたけど・・・。
ロッカーはそんな生易しいものじゃないですよ。

こんなドラマを平気で電波に乗せるって、ロッカーの恥さらしって思えて・・・。

本物のロッカー、大好きです。

拍手[3回]


本当にエレキギターに嵌まっています。兎に角楽しい、へたくそだけど楽しい。
で、僕の憧れのエレキギター。もうご存知ですよね、フェンダー社のストラトキャスター。
ついに昨年年末、本物を手に入れました。
その時の感動は人生最高だったかと・・(オイロダインを買った時よりも興奮していましたから)。
同じ感動をしたのはモトグッチを手にした時位かなー・・。

で、練習はドモドモという進行です。60の手習いですので・・。
感心するのは一日もギターを手にしなかった日は無い、と言う事だけですねー。
自分でも感心しています。

で、今日暫くぶりにレコードへ針を落としました。
先のアップの通りです。

ベンチャーズを聴きたいな。

数枚持っているベンチャーズ。最近の情報では(ネットで調べた)デビュー当初はフェンダーを使っていた様(有名に成ってからはモズライト)。

こんなジャケットを見つけたのです。



ストラトキャスターとジャズマスター。

レコードを聴くと、リードはストラト、サイドがジャズマスター(昔は判らなかった)。

ギターの音色を聞き分けられる様になると、レコードが更に楽しくなります。
ストラトの良い時代の音が聴けますよ(単純明快、笑)。

拍手[5回]


5ウェイ構想から8年以上。
中々進まないのは10Wの予想以上のポテンシャル。
ウソでしょ、と言うのを何回も味わった。

周りのグレードアップに平気でついて来る。
もうそろそろ、ギブアップしてよと言う僕の希望を完全に無視。
バッテリー電源にしてからは、更にグレードアップ。
僕の心の中の5ウェイ構想は・・・・・・。

正直に言うと、今5ウェイを作っても10Wに負けるよね・・・・・。
とんでもない怪物に思えて来た10W。

今夜、暫くぶりにレコードへ針を下ろした。
最近はまっているエレキギターの演奏。
天使の歌声に聴こえる(兎に角雑味がない)。

そう成ると、本当の天使の歌声が聴きたくなる。
僕にとって、天使の歌声はエリーアメリンク。

本当に暫く聴いていない。メガネを忘れたので手探りでアメリンクのレコードを出す(アメリンクはキチット分けて有ります)。
何を出したかな?
エ・・・・・・・。



無作為にアメリンクの棚から出したのはこれ。
此れを出したのも何かの縁(非常に拙いレコードです、逆を言えばアメリンクのレコードで一番好き)。
針を下ろす。
ハハ、遂に10Wが悲鳴を上げた。此処迄は勘弁してよ。
僕としては大喜び。遂に来たか、此の日が・・・。

実は、数ヶ月前から10Wへあるユニットの追加を考えていたんですね。
で、今回の悲鳴。予定通りのユニット追加でバッチリ行ける。

そんな訳で、僕としては大喜び。
中々馬脚を現さなかった10W。
遂に、助けてーって悲鳴を上げた。

ヤット前進出来ます。


あ、誤解の無いように・・・。
アメーリンクの声はバッチリです。問題はチェンバロ。コーンユニットの限界を感じました。

序でに・・。
チェンバロもピアノと同じ鍵盤楽器ですが音の発生の仕組みが丸ッ切り違います。
ピアノはご存知の様にフェルトのハンマーで弦を叩きます。
チェンバロは弦を爪で引っかいて音を出します。要はギターの様な発音です。
どちらが音の立ち上がりが速いかは判りますよね。
ピアノでは誤魔化せた音の立ち上がり。チェンバロでもろにボロが出ました。
チェンバロの立ち上がりスピードに対応出来るのはホーンユニットだけと思っています(過去の経験から間違っていない自信が・・・)。
以前作ったミッドハイホーン。僕の手持ちももって行かれて・・・・。
そんな訳でミッドハイホーンを自分用に作ろうと思っていた矢先の出来事でしたので・・(笑)。

更に言うと・・・。
バスドラのアタックなんてチェンバロの速さには敵いません。
あるメーカーでの測定では、一番立ち上がりの速い楽器はヴァイオリンだったそうです(発音の原理を考えれば理解出来る筈です)。
パーカッション楽器の立ち上がりなんて、そんなものと思っています。
本当に速い振動系(アンプの立ち上がりも)でしたら、バイオリンは美音を奏でます。
バスドラのアッタック音、レコードには入っていません(入れたら針が飛ぶ)。其れが出たら単なるオーバーシュートです。そんな装置は、音楽の種類を選ぶチョイヤバイ装置(僕は大っ嫌い)かと・・・。

あ、此れってジャズしか聴かないオーディオマニアに多い共通項と思っていますので・・・。

昔、北の国のジャズマニア(喫茶店も開いてました)。ウィーンフィルが鳴らない装置ではジャズもダメだよ。って言っていたのは流石です。

もっと言っちゃうと500Hzから使える大型ホーンではダメです。
もうチョイ小型で、ツィーター程小型ではないホーンが必要です。

拍手[4回]