平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
今日の午前中は色々と溜まっている雑用の処理。
昼過ぎにヤマト便の荷物を受け取り、即出発。

アルマイト屋さんです。
勿論、ギター関係の発注も有ったんですけど、一番の目的は色見本を貰ってくる。
此の仕事をしていますと、こんな色にして欲しい。って要望を貰うんですよね。

貰って来た色見本。
此の範囲で納得して貰えるかなー・・。



アルマイトの着色。塗装とは全然違うんですね。
塗装の場合は、顔料の混ぜ具合で略判ります(要は塗装前の塗料の色で略判る)。
アルマイトは化学変化での色ですので、アルマイトを掛けて見ないと判りません。
要は、経験のある色は再現出来ますが、未経験の色はやって見ないと判らない。

僕の付き合っているアルマイト屋さん。とっても良心的で良い仕事をしてくれています(その所為でアースが・・・笑)。

でも、今回のピックガード。フェンダー製ですので、アルミの種類が判りません。
指定した色が出るかは神のみぞ知る。何ですよ(5000番台のアルミと思うんですけどねー)。
アルマイトの着色。事細かに色々と聞かれます。其れを把握しないと狙った色は出ないんですね。
と言う事で、あのピックガード。どんな色に上がって来るのか・・・・・。

全く同じにセットしても、電解液の温度がチョイ違うと違った色に成る。
それがアルマイトの世界です。
殆ど偶然の世界なんですが、経験をタップリつんだ職人さんは、良い仕事をしてくれています。

で、殆どのアルマイト屋さんは黒か白しかやりたがらないんですね。此れなら条件が少々狂っても大丈夫。
色の指定の出来るアルマイト屋さん。凄く貴重です。

拍手[2回]


ここ数日、レコードもCDも聴かなかった(要はギターで遊ぶのに・・)。
で、今日はチョイ飲み過ぎた。ギターで遊ぶのは無理。

レコードを聴こう。
何時もの部屋へ移動。で、CDを別電源にしてからまともに聴いていない。

CDにも愛聴盤が出来ています。
何気なく、その中の1枚をプレーヤーに乗せる(僕のCDプレーヤーは乗せるのです)。

イヤ、最初の出音に驚き。簡単に言うと音楽に乗れる音。
オイオイ、こんな鳴り方は欲しかったけど、出ちゃうの・・・・。

ジックリと検証(酔いが覚めた)。
この鳴り方。バッファアンプの逆相とバッテリー電源独立の相乗効果。

イエ、実はですね。先月末にお二人の方が来られたんですよ。
その時には今の音は出ていなくて・・・・。

お一人の方は数百キロ走って来られて・・。

ウーーーン、お二人にこの音を聞いて貰いたかった。
今の音を100としたらあの時の音は50~60程度。

簡易逆相と言えどもバッファアンプの変わり様は・・・。

でね・・。
フォノイコライザーも逆相に・・。
フォノイコライザーだけで1台。フラットとドライブ段を1台に作れば持ち上げられる。

ゲロしちゃいますけど、チェンバロの音に疑問を持って高域をホーンにしたいって考えたのはアップしましたよね。
拙いんですけど、今度のアンプはチェンバロも・・・・・・・。
ミッドハイホーンの材料、作っちまったんだけどなー・・・。


と言う訳で、最後のプリアンプと思って作った今回のアンプ。
可也ヤバイです。

拍手[2回]


今回のギター騒動。
きっかけは1年半前に買ったアメプロストラト。
コイツを気に入らなかったら、ここ迄は・・・・・・。

最初に買ったギター(アメプロストラト)をメチャ気に入った。で、初心者のピンキー君は、だったらあれはどうなの?
ギター全てに興味津々。

なにしろ最初は、販売店のHPに載っている情報も理解不能。
使ってみなきゃ判らないよね・・・・・。

まあ、そんな訳でそんな訳で・・・・。

色々と手元に置くと、色々と判ってくる。
その集大成がジャパンテレキャス(?)。
自分でも自慢なんだけど、高額なギターに走らなかった。
こういう作りなら、こんな音に成り易い。って結構勉強しました(勿論実践で)。

そんな訳で、後から買う方が、自分好みに成って来る。
最後のテレキャスが良い見本(安いのに絶対の好み)。

そう成ると、何も判らない状態で買ったアメプロストラト。
最近引っ張り出す回数もメチャ減って・・・・。

嫌いに成った訳じゃないんですが、最近来たギターに遅れを取っている。
そんじゃ確認。

暫くぶりにアメプロストラトと遊びます。
ヘヘ、今迄なら気付かなかった調整不良に気付く。
弦高調整です。キッチリと調整。
成る程ね。良い音なんだけど良い意味でのヤンチャが無い。
要は、几帳面で面白さに書ける(あ、この方向へ振ったのは僕の責任です)。
綺麗な音、って言ったら手持ちのギターの中では一番かも・・・。
で、この音を良い意味で進めたい(もうチョイ、人間味のある音に)。

其処で思い付きました。アルミ板のピックガードを持っているよね。


永年こんな仕事をしていますと、材質の音の変化って結構判ります。
こいつにすると、一本筋の通った音に・・・。

でね、この色は無いよね。
ジックリと考えました。あのアルマイト屋さんなら、違う色への着色が出来る筈。
勿論、新しい色も思い付きました。
明日、アルマイト屋さんへ一直線かなー・・・・・・。

拍手[2回]


昨日、ネットで調べて、アッシュ材はタモと気付いて、じゃあ証拠写真を(笑)。






CDプレーヤーの下に敷いてある、タモの集成材。

此れを敷くか敷かないかの音の差は・・・・・(笑)。
今迄、タモを敷いて音の悪くなった事が無い。僕のお客様も、大勢の方が愛用されています。
変な誇張感も無いですし(オーディオ用として売っている物には、誇張感の大きいのが多い)、極自然な響きを感じます。

で、最後に入手したてのテレキャスター(日本製ですからねー・・・)。

表面の木目。


サイドの木目。変に波打って見えますが、見る角度を変えると・・。


この角度なら直線。

で、この木目。CDの下のタモにそっくり。
ひょっとしてですけどね。
アッシュボディとうたっていますけど、タモ材?




よく見ると、CDプレーヤーの下に敷いてあるタモの方が目が詰まっています(つまりゆっくりと育った寒冷地の木材)。
この板でギターを作ったら・・・・。

拍手[2回]


此処のお馴染みさんには、僕が自分のを作る時には結構いい加減(汗)ってバレていますよね。

で、ギターアンプ。今回の改造前はゲインが少なかったので殆どフルボリューム状態。
ゲインが上がり、出力も上がった。
流石にフルボリュームと言う訳には行かなくなって・・・・・・・。

VRの位置、初段管の後ろ側。
ハイ、滅茶苦茶操作がし辛い。
下手すると、アッチッチ・・・・。
対策は考えていたんですけど、可也面倒。

昨日です。AM5:00から作業開始(フライスです)。
8:00に終了し朝食。
其処で困った。
実は初めての方の来訪予定。
来られる時間が判らない(メールが届かない)。

本職の方で作業を始めると、途中で止めるのは難しい(来られる時間が判っている場合は、其れに合わせて調整)。
うかつに始められなくなってしまったのです。

ウーーーーン。途中でパッと止められる作業。
そんな訳で始めました。火傷をしないVR(笑)。
作業は難しく有りませんけど、結構面倒。
旋盤とフライス盤の両方を使い・・・・。


要はVRの延長シャフト。
つまみが真空管の上に出ますので、アッチッチに成りませんし操作性も・・(当たり前)。

とりあえず、ノブは音量調整だけにつけました。理由はツマミのストックが無かった(汗)。
そろそろ、リバーブも使える様にしましょうかね(使わないと思うんですが)。


ジャンク箱を探したら・・・・・。



TEACのオープンデッキのつまみが出て来た。
テレキャスから外したツマミも有るぞ・・・(笑)。

で、この写真を見ていたらムクムクムク・・。
シャフトにカラーアルマイトを掛けよう。
何色が良いかなー・・・・(良いアイディアを募集します。こんな色どう?と言うのが有りましたら・・)。

拍手[2回]


今の日本。コロナでとんでもない騒ぎに成っている。
この様な場合、国としての舵取りをするのが国会。

あの馬鹿総理。此の非常事態なのに国会を閉じた。

無責任過ぎるし腹も立つけど、アイツに投票した人間。恥ずかしいと思って欲しい。

今迄も、コン畜生(馬鹿)と思う総理は沢山(鳩山とか、笑)いたけど、今回程酷い総理は居なかった。

船が沈むかもしれないのに、ヘリコプターで脱出をはかる船長(要は、敵前逃亡を企てている隊長)。
更に、責任者にも休む様に命令(自分の保身で精一杯)。

今、現地(医療関係者)では頑張っている人が沢山。
その人達に、統一の目標を出すのが総理だろう。

あんた、死刑でも勿体無い。


対して村山さん。
関西での阪神淡路大地震。
彼の指示は・・・・。
『僕は素人で、この場合どうすれば良いかが判らない。現場の人達の判断で行なって下さい。その後の責任は僕が取ります。』

拍手[8回]


僕のプレーヤーキャビ。
もう20年近くタモの集成材を使っています。
桜も使いましたし、その他の合板も色々と・・・・・・・(一時期、ウォルナットなんかも)。

あるピアノ関係の方から、ピアノの重要な所にはタモが使われている。
って聞いたんですね。

早速、桜と同じ構造でタモを使って見ました。
あまりにもの差に愕然。
タモと比べると、桜は余韻が残りません。
タモは自然な余韻が出るのです。

それ以来タモだけで、スピーカーバッフルやプレーヤーキャビを作って来ました。
未だに不満点は出ないのです。

で、此処からが笑える。
1年半前から突然始めたエレキギター。
ハイ、授業料をタップリと・・(汗)。

エレキギターの本体材料は、アッシュかアルダーが主流です(特にフェンダーでは)。
何本か買ったギター、アッシュもアルダーも買いました。
其れを聞き比べると、僕の好みはアッシュ。
此処迄は平和です。

数日前にテレキャスの本を買いました。
テレキャスについては何も勉強していなかったものですから・・。
その本の中のあるページ。本体材料について書いて有ったのです。
『アッシュは野球のバットにも使われています。』

ヘッ・・・・・・・。
タモも野球のバットに使われているよ。

慌ててネット検索。
出た答え。アッシュは別名『米タモ』。

僕は大笑。ギターでもタモを選んだ僕って・・・(笑)。


僕がアッシュを選んだのは、今に成って思うと極自然な事なんですね。
普段聞いているレコード(CD)。必ずタモの音が乗っています。
その音が僕にとって自然なんですね。

材料の音。本当に其の侭の音がオーディオでは出ます。
鉛を使えば鉛の音。真鍮を使えば真鍮の音。
材料を選ぶって凄く大切です。
基本的に・・・・・・。
人工的な物はまず駄目です。
MDF板なんて良い例で・・。
酸化アルミも僕は・・・・・。
(全て楽器には使われていません)

楽器に使われている、響きの良い(人間の耳に心地よい)素材を鳴き過ぎない様に上手く抑える。
と言って、柔らかな物でのダンプは音を鈍らせます。

僕の場合ですが、タモの鳴きをアルミ板でサンドイッチ構造で抑える。
マスで抑えるのが効果的です。

拍手[4回]


今日一日掛けて、改造を終えたストラト君。


この色。僕の感覚ではチョコレート色。しかもビターチョコではなくミルクチョコレート。
ネット上だけですが、こんな色を見た事が有りません。
なんとも微妙な色で大のお気に入り。

今日の改造(電気系のみ)が終わり、時間も時間なので晩酌タイム。

ヤット落ち着いて、もう一度コードを弾く。
この音、テレキャスよりも落ち着いているんだけど、音楽へのノリは負けていない。
パーーっと単純に音楽を楽しませるテレキャス。
控えめだけれども、キッチリと音楽を表現するストラト。

其々3本ずつ有るので、また其々の音楽表現。
でも、面白いですよね。
ストラトはまあ同じ様な仕様ですが、3本のテレキャス。其々が全然違う仕様。
なのにテレキャスの自己主張はシッカリとするんですね。

初恋のストラト。食わず嫌いだったテレキャス。

ウーーーン。当分蜜月です(笑)。

拍手[2回]