平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日バッテリー2個とインバーターが到着。
試さないといけない事項が山積み。
まず今回買ったインバーターの音質チェック。
続いてプリアンプも24Vの方が良いのかのチェック。
書くと簡単なんですが、どちらもある程度のエージングが必要。

つまり、瞬時切り替えテストではなく、数日前の音との聞き比べ。

此れが出来ないとオーディオは無理です。




でも、難しくは無いんですよ。
僕の所に遊びに来られる方々。
数ヶ月前の音と今の音の違いを見事に当てる。
極普通の方々です。
要は、音を聞き分けるのではなく音楽を聞き分ける。
オーディオ的な聞き比べ、僕には・・・・。

あ、懺悔・・・。
最近ある雑誌に僕の記事が載りました。
長らくお付き合いをしているある方。
この雑誌を買われたんですね(僕が載っていた為と思います)。
なんとなく読みながら奥様にも見せられた。
この雑誌、僕のプレーヤーの値段が書いて有る。
つまりプレーヤーの値段が奥様にバレタ・・・。
あ、大丈夫ですよ。この奥様頭の良い方ですので(助かった)。
僕の店、商品にプライスタグが付いていません(僕にとっては当たり前)。
そんな訳で奥様同伴で来店されていたんです。

もう雑誌に取り上げられるのはこりごりで・・・・・。
雑誌に取り上げられると売り上げが向上、なんてさもしい考えは有りませんので・・(笑)。

判る人に判ってもらえる。それだけで十分です。
そんな訳で(なんと言うか)雑誌の取材は完全にお断り。
もう雑誌には載りませんからねー。

拍手[1回]


今夜もレコードタイム。ところが今夜はレコードを聴けません、CDのみです。
なんと言うかギヤボックスをバラしてしまった。
僕の悪い癖。自分用(試聴用)は今一真剣に作らない。
パーツの製作は機械加工なのでシッカリと作ります。

問題は組み立て。此処のところ時間に追われている(言い訳です)、つい・・・。
先日出荷したギヤボックスと自分の使っているギヤボックスとの差に・・・(汗)。

そんな訳でレコードプレーヤーに使っていたインバーターが余った(此れからが本題です、笑)。
ついインバーター電源をCDプレーヤーに繋いだ。

ハイ、結果はもう書くまでも有りませんよね。

ハハ、充電器、バッテリー、インバーターの三点セット発注していて良かった。



今後、何台必要に成るんだろう?

拍手[5回]


僕の使っている充電器。規格は5A。
この電流値は僕の使っているバッテリーに対してはチョイ多い。
バッテリーを長持ちさせたいのなら時間を掛けて小電流での充電がお勧め。

本当は何アンペア流しているんだろう?

そんな訳で・・・・。



1個¥270也のアンメーター(オイオイ)。
4個買いました。
少々の誤差は見逃せるので此れで充電電流のチェックです。



拍手[1回]


完全にバッテリーインバーターに嵌まりました。
もう元に戻る事は不可能です(此処で聞いた方なら納得ですよね)。

充電器を4個も注文した。今の状態では1個で間に合う。

ハイ、バッテリー2個とインバーター1個を発注。
バッテリーはあえてカオスを止めました。音質的にメリットを感じなかったのと青いケース。電解液の量が判らないのです。電解液が減ったのを知りたいのですね。パナソニック、カオスに自信を持ち過ぎたかな?

カオスの略半値で買える日立バッテリーを発注。今回はプリアンプへ使うつもりなのでカオスはオーバースペック。

更にテスト。未来舎のインバーターがお気に入りなんですが250Wクラスに2機種有るんですね。
どう見ても僕の買ったのは旧型。260W表示の新型を試したい。

値段の差もたいした事が無いので新型を発注しました。

あーーー、この世界。終わるのは何時かなー・・・・・。




拍手[3回]


バッテリー電源を採用し始めて一ヶ月位かなー?
その間、数名のお客様が試聴に・・(僕が強引に誘った、笑)。

全員の方、『そんなー・・・。』
本当に経験しないと理解出来ない世界です。

此処で聞いて準備を始めてしまった方も・・(僕は余計な事をしましたよね)。

其処で充電器とインバーターに何を使うか?
ハイ、インバーターは今も迷っています。勿論今使っているインバーターで東電は完全に凌いでいるので満足なんですけどもっと良いのが有るのかなー・・・?

オシロの波形では合格点。聴感は個人差が有るのでなんとも・・。

で、充電器。こいつの場合は演奏中に充電をしても音質劣化の無い物。
更に使い易くバッテリーに優しい。
こんな条件なので割りと簡単に見つかりました。



写真で型番は判りますよね。未来舎の充電器です。
常時繋ぎっぱなしでOK。
僕の場合、パワーアンプを使用していてもバッテリーはフル充電(鉛蓄電池、フル充電に近い状態で使うのが一番長寿命。問題は過充電帯域に入ると極端に寿命が短くなる)。
結構ピンポイントの使用を要求されるんですね。
で、この充電器。今の所このピンポイントを見事に的中って思っています。

チョイ古く成ったバッテリーのチェックをしたいな。
そんな場合。



頭の良過ぎる充電器です。バッテリー単体を接続した場合は最良です。でも充電中にバッテリーの放電(アンプが使った)が有った場合電圧が下がりますのでバッテリーを不良って判断してしまいます。
つまりアンプ関係を使っている時の常時接続は無理。
でも、弱ったバッテリーの復活は得意ですので、未来舎の充電器をバッテリーの数だけ用意。
弱ったバッテリーの再生と寿命の判断にオプチメイトを1台。

こんな使用が今の所ベターと思っています。


未来舎の充電器、本日4台発注(アーーーーー)。

拍手[4回]


イヤ、判っているつもりだったんだけどプレーヤーの電源も東電はイヤだって・・・。
アンプと同じ変化をするんですからナント言うか・・・。

僕がターンテーブルを駆動するモーター、シンクロナスに拘っています(この場合内蔵電源で駆動するシンクロナスは除外)。
要は家庭に来ているACでダイレクトに回るシンクロナス(速度調整が付いていたら内蔵電源ですし50Hz、60Hzでの変更が無ければ内蔵電源です)。

このシンクロナスモーター。電源周波数にロックして回ります(要は負荷変動に強い)。
そんな実直な性格が好きなんですね(笑)。
でこのモーター。二組のコイルが有り片側はACで直接、もう一組はコンデンサーを通して位相を変えて給電。この結果回転素子が回転の力を受けます。

つまり、コンデンサーで給電されるコイルはコンデンサーの影響をもろに受けるんですね。
そうなんですよ、コンデンサーによって回転の質が変わり結果音質にも影響が・・・・。

つい最近までモーター純正のコンデンサーで出荷していました。
つい悪戯を・・・。

違うコンデンサーに変えた時の音質の変化と言ったら・・・。

そんな訳で、最近出荷のギヤボックス。進相コンデンサーを外付けにしました。
勿論純正コンデンサーはつけていませんよ。
でも、オーナーの方が好みのコンデンサーを選び易い様にとの配慮です。

取りあえず、しばらくは僕の付けたコンデンサーで聴いて下さい。
慣れてそろそろ飽きたなーって思ったら、色々と試して見て下さい。
このコンデンサーの変更に保障期間は変更しません。

ご自由に楽しんで下さい。



現在付けていますのはフォステクスのCPコンデンサー。
チョイ悪戯で同じフォステクスのCSコンデンサーに換えました。
音質は可也アップしたのですけど、耐圧不足で1ヶ月でダウン(高かったのにーーー)。
只今違うコンデンサーを発注済。さてさて・・・・・。

30年以上昔。ウエスタンのオイルコンを使ったりしました。若気のいたりです(笑)。

拍手[4回]


只今出荷間近の60Hz仕様のギヤボックスでレコードを楽しんでいます(そう、楽しんでいる・・)。
拙い、非常に拙い。
アンプの時と同じ結果に成っている。

昔、モーターの技術者と話をしました。
技『モーターには色々な種類が有るけど、どんな駆動方式でも変えられない基本が有るんだよね。
モーターの回転の質は回転数が高いモーター程上質。』

此れを聞いていたから4極シンクロナスに固着していた訳ですし、この話を聞いたのは30年位前なんだけど、其れを覆せる現実には一度も会えなかった(極数の多いシンクロナスも撃沈)。
考えてみりゃ判る、回転数が高い程イナーシャーが効いて回転の質は上がる(騒音、振動も増えるんだけどね)。

同じモーターを50Hzと60Hzで回すと(あ、交流モーターですよ)60Hzの方が2割回転数が上がるんですね。僕のギヤボックスなら1500rpmと1800rpm。

この違いを甘く見ていた。まあ現状で普通には60Hzを入手するのは難しい。
で、インバーター。簡単に60Hzを手に入れられた。

其の60Hzで今聴いているレコード。
アンプの時と完全に同じ違いが出ている。

ウーーン。自分用のギヤボックス。60Hz仕様に変更は直ぐかな。




拍手[3回]


先のアップで周波数変更機とバッテリーインバーター、結局は同じじゃないか?
確かに回路的に違いは略無いんですね。

直流電源を交流電源に換える。

でもね此処で一番の違い。
直流電源の質の違い。
つまりACを整流した直流とバッテリーの直流。

近々勝負をします。
周波数変更機vsバッテリーインバーター。

今回の周波数変更機。100Wの能力ですのでプリアンプでの勝負に成ると思います。
さあ、どちらが勝つんでしょうね(笑)。



笑ってはいられません。周波数変更機が勝ったらとんでもない出費が必要。
バッテリーインバーター頑張ってくれ(オ・ネ・ガ・イ)。

拍手[4回]