平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
昨夜は暫くぶりに1時間程度の練習。
今出ている音色に惚れ惚れ。ですから単純練習ですけど退屈しません。
ちなみに昨夜はジャガー。
特にフロントピックアップの音にメロメロ。
まろやかなんだけどボケていない。
此の音できちんと演奏できたなら・・・・・・(夢)。

此処半年程度、ギターを弄って来ました。
で、感じるのはパーツの交換よりもキチットした調整。
其れと内部配線の変更。

此れだけで、可也満足出来る状態に成ります(それだけでジャガーは化けた)。
交換予定のピックアップも購入済みのアメプロストラト。

コイツも上記の改造で略満足(3弦と2弦の音量差だけが不満)。

最近出番の無いジャパンストラト。
内部配線のし直しをしていないので・・・・・・・・・(要は残りの3本に負けている)。

で、タイトル。
昨夜ベットの中で色々と考えた。
ギター内蔵のポット。
レコードプレーヤーにポットは付いていない(付けたら音質劣化は半端ではなく)。
で、前にも言いましたよね。ピックアップとMMカートリッジは電気的に非常に似ている。
プレーヤーの音質劣化を問題視するのなら、ギターだって・・・・・・。

真面目に考えて見ます。僕の使い方でギター側のポットは必要か?
今の所は必要なし。
だったら取っちゃおうかなー・・・・・。



アコギにはポットなんて付いていない・・(笑)。

拍手[3回]


エレキギターにはまず付いている音量コントロールと音質コントロール。
音質の方は、正しく言うと高域カットコントロール。
要は全開の位置がピックアップ本来の音です。

で、問題は音量コントロールの方のポット。

話は変わります。
僕の本職はオーディオ屋さん。色々と作っていますが一番得意なのはアンプ(笑)。
此処数年、略完成してしまって弄くる要素が見つからない。

オーディオアンプにも音量コントロールポット(VR)は必要。
僕のアンプのVR抵抗値は100kΩ。
此の部分の測定(VRへ信号を入力してフラット段出力の周波数特性)。
自慢じゃ有りませんが(自慢している)、10Hzから10MHzまで完全にフラット。
この時のVR位置は全開。
これ以上と此れ以下は発振器が出せない(笑)。
勿論信号レベルだけを見ているんじゃなく、波形もオシロで観察。

波形の乱れも有りません。

で、VRを適当に絞ります。
高域特性はがた落ち。
此れって、原因が有ったのです。

その当時のアンプは、VRからフラット段の真空管の間にシールド線を使っていました。
使うと言っても10cm程度。

VRの出力側は、VRの位置で出力インピーダンスが上がるので、ハムを引かない様にとの気遣いでした。

で、此処の配置を最短距離に設計をし直し、シールド線を排除。
すると、VRの位置が何処でも10Hzから10MHzまでフラット。

たった10cmのシールド線ですよ。

で、ギター(もう何を言いたいのか判りますよね)。
アンプまで長々とシールドを引いている。
更にポットの値は250kΩ以上。
ポットの値が大きい程シールドの影響を受けて高域特性が悪く成ります。

オーディオ屋さんとしては、この辺を少しでも改善したいじゃないですか。
そんな訳での改造です。

エフェクターガンガンでしたら必要ないと思いますが・・・・。



もうご存知でしょうが、僕はシールド線が大っ嫌い。兎に角音に悪さをします。
でも、配線を引き回す時には必要。
この場合、昔の人は偉かった。業務用で御馴染の600Ω。
低過ぎると出る悪さと、高過ぎると出る悪さ。
此処のバランスの取れたインピーダンスなんですね。
ギターの出力を600Ωで出したい場合は、ポットは使えずアッテネーター。
入れるスペースが有ったなら使っちゃいましょうか(笑)。
此れなら安心してギターの出力ケーブル、10m程度はヘッチャラですよ。
勿論、音量を弄っても音質は変わりません。

拍手[3回]


50kΩのポットは使いたい。今100kΩを入れても、直ぐ交換に成ると思う。
と言う訳で、ポットが来たらその取り付けだけで出来る様に準備。

表から見ても内部接点の判らないセレクターSW(テスターで測れば1発なんだけどメンドイ)。
そんな時はデジカメ撮影。



ポット回りも序でに・・。


とりあえず外せる部品は全て外す。


ハムのピックアップを交換したら、取り付けビスが細い(径、ピッチ共に違う)。
太けりゃ穴を広げるんだけど細い。
こんな場合は・・・。


かっこ悪いけどワッシャーを噛ませる。勿論裏側も。

逆に穴が小さかったのは・・。


ポットが入らない。
こんな時には・・・。


リーマ加工です。僅かの差なので一瞬でお終い。

で、今夜も1時間半後には自治会の用事で出かけるので、ポットが有ってもこれ以上の作業は無理。

ポットが入手出来る迄、此の侭ですね・・・。



こんな状況が続くと思うので、練習用のスペアギターは必須です(4本は要らないかも・・汗)。

拍手[4回]


仕事とは違うのでノンビリと進めています(頭をリフレッシュするのに最適)。
最初に必要なのがトランスの予備結線。

以前にアップしました図面で、此のトランスの概要はお判りと思います。
1:2。1:4。1:8。の3種類の昇圧(減圧)比が選べます。
更に其々の比率でも、インピーダンスの高い結線と低い結線が選べるのですね。

今回はギターピックアップに合わせますので、高いインピーダンスをチョイス。
アンプから取り外した侭だったトランス。



1:1って書いて有るのが見えますね。当時の僕(10数年前)は1:1に拘っていました。確かに1:1は良いトランスを作り易い。
正直、まだまだだったのです。インピーダンスの重要性を判っていませんでした(それ迄使っていたトランスは、インピーダンスの表示が有ったので、其れに合わせれば良い程度の知識だったのです)。

此の頃から使い出したトランス。インピーダンスの表示が有りません。
此処で初めて、インピーダンスの意味が体に染み付いたのです(それ迄の疑問も氷解)。

要は、使い方とトランスの選択ミスで、此のトランスをダメと判断したのです(大汗)。

アンプから外した侭で10年以上放置。
今回のトランス選びで、オイオイ・・・・・。

予備結線の終わったトランス。


結線には、極細錫メッキ線にテフロンチューブを被せて使います。半田熱に負けませんので助かります。

1:2と1:4。勿論昇圧ではなく減圧として使いますので、1が出力側。
4:1はハムバッカー用、2:1はシングルコイル用です。

此の値ですとポットは50kΩが使えるのですが手持ちが無い。
とりあえず、100kΩで進めます(50kΩも発注済みなんですが商社で在庫切れ)。
可能な限りポットの抵抗値は下げたいのです。音量を調整すると音質まで変わるのは何とも・・・・・。

2:1で使うとピックアップの出力インピーダンスは1/4。
4:1で使うと1/16(笑)。
ポットの値を下げられるのが判るでしょう。



商社のHPを覗いたら、50kΩポットが今日発送予定。ウーーーン微妙。

拍手[4回]


苦労の甲斐も有り(と言っても本人は楽しんでいたり、笑)無事に完成したドライブアンプ。
納品は明後日。
今日は何をしよう?
(オット、次の大きな仕事が待っているんですけど、チョイ休んで頭をリフレッシュしたい。)

実は、やりたい事だけが先行して部品も購入済みなんだけど、中々手を掛けられなかったギターの改造(勿論電気的に)。

この場合、一番今現状の音を判っているギターで実験するのが大切。
そう成ると、フジゲンだな・・・・・・。



思い切ってピックアップ交換。ポット交換。トランス内蔵の3個の改造を同時に・・・・。
前にも書きましたが、リアピックアップを交換してから、フロントピックアップ(ハムバッカー)の音に不満。
で、交換用としてリアと同じメーカー(セイモアダンカン)のハムを用意してある。

ハムとシングルでは出力が可也違う。インピーダンスもハムの方が高い。

其々のピックアップに入れるトランスの巻線比を変えれば、同じ程度の出力にも出来る(同時にインピーダンスも揃えられる)。

まあ、今の所、トランスを入れるデメリットは一切感じません。
バッファアンプと違い、電源も要りませんし・・・。

で、僕のこだわり。ピックアップの出力は真空管で受けたい。
出力が半導体であっても、入力は真空管(オーディオでも同じです)。


で、此処まで書いて、ジャガーのポットが500kΩだった訳が判りました。
4本のギターの中身を見て、シングルは250kΩ。ハムは500kΩ(インピーダンスから納得)。
ところがジャガーはシングルなのに500kΩ。シングルなのにインピーダンスが高いのかな?

アメプロジャガー。前にも書きましたが、セレクターの位置に二つのピックアップをシリーズ接続するポジションが有るのです。
そう成ると、インピーダンスは・・・・・・・。
その対策の500kΩだったのですね。僕はそのポジションを飛ばしたので・・・・。

拍手[3回]


今回買ったのは、ブラザーのMFC-J6995CDW。チョイ前の旧型です。
実はパソコンのOSが7なので、新しい機種は危ない(7に対応していない)。

チョイ前のフラッグシップ機と言う文句にキュッ(笑)。

以前使っていた機種と比べると重いのは当然。
構造媒体がシッカリしている(前は持ち上げるとグニャって感じるんで)。
更に良くなったのは、用紙のトレー。
前はぐにゃぐにゃだった(コストの所為で仕方が無いかなと)。
今回のは、比べ物に成らない位シッカリとしている。

残りは耐久性なんだけど、ネットでの評判はいい(他社は2~3年で壊れる記事が一杯)。

で、なんと言っても使い方が可也変わっていても同じ会社。
理解し易い(此れって僕にとっては重要)。

でも説明書を読んで、初めてのプリンターなんて人には理解出来ないだろーなー。
過去に色々とパソコンを弄っている。と言う人が前提の説明書(ナンセ接続方法も詳しくないんだから)。

確かに今のパソコン周辺機器。多機能過ぎて、細かく説明をしたら取り説の厚さはとんでもなくなると思う。
で、その機能を全て使う人はごく一部。

普通の使い方で、極普通の機能。耐久性はシッカリと有って初心者にも使い易い(判り易い)パソコン周辺機器。そんなの作っても売れないのかなー・・・・。


僕の友人。パソコンのプロ。
で、此の前聞いて驚いたのは、彼の使っているOS。ナントXP。
確かにあれは良かった、安定性抜群で機能的にも十分だった。
メーカーのバックアップが切れると言うので僕は7に切り替えたんだけど、使い辛い。
いらない機能がある分使い辛い。

で、来年早々に7のバックアップも切れるので、切り替えの心配をしたら彼曰く・・。
『ヤバイメールとヤバイネットの検索をしなければ大丈夫。』
確かに、ヤバイと思ったメール(まず100%判る)は即削除。危ないサイトも見ないし・・・。
そうか、7の侭で大丈夫か。
そう成ると、XPに戻したいなー。

拍手[3回]


デカイ、重い。の二重苦の複合機。

で、色々とお世話に成っている左官屋さんへ電話。
『アノー、今仕事で出ていますか?』
左『今仕事中だけど5時半頃には帰るよ。』

彼の帰る道は、僕の家の前を通る。
ハイ、その後はご想像通り。

で・・・・・・・。



無事にセットアップ。

で、此処からが面白い。
買い換えた理由を説明するのに、チョイピントの甘い印刷の写真を見せた(今回の祭りで僕の被写体として最高に気に入った女の子(3~4歳)。
左『オイ、俺の孫だよ。』

エーーーーーー。
少なくとも10枚以上(ヒョットすると20枚以上)は撮っている。
ピ『イヤ、此の写真の出来が悪くて印刷機を新調したんで・・・。』
此れで十分だよ。って左官屋さんは持って帰ったんだけど、僕としては沢山の写真、上げる相手が不明だったのでチョイ悩んでいた(此れで解決)。

今夜はシッカリと印刷します(持って行ったら驚くだろーなー。なんでこんなに一杯って・・笑)。




イヤ、本当に可愛い子だったのですよ。笑顔が抜群。チョットはにかんだ様な笑顔の素敵な子でした。
本心としてはアップしたいんだけど、此の御時勢です。がまん、がまん。


で・・・・・・。
写真でお判りでしょうが、複合機の位置が可也高い。
とりあえず、お酒のケースを踏み台に・・・・。
きちんとした踏み台が必要です(涙)。

拍手[4回]


一昨日注文した複合機。
本日昼前に無事に到着。

古い複合機を下ろし、周辺の掃除(こう言う時じゃないと出来ない)。
新しい複合機をダンボールから出すにも苦労。結構重い。
A3複合機とも成るとでっかいのです(初めて買った時にもダンボールのでかさに・・・汗)。

ネットで調べた限りでは、今迄のよりも若干小型の筈。
従来の位置に収めようとしたら・・・・・・・・。
入らない。ウッソー・・・・・。
改めて横幅を測ったら、従来の物よりも4cm大きい。
今迄、横の隙間は2cm程度。入らないじゃないか・・・。

置く場所は、オーディオラックの縦型なんです。
今迄は中間の棚に乗せていた。
其処には入らないのが判ったので、天板に乗せる事に決定。

で、ラックの高さ。1300有るのです。頑張って持ち上げようとしたんだけど無理。
何度チャレンジしても無理。

そうだ、向かいに住んでいるおじさん(バイク仲間)、重い物を運ぶ時には声を掛けて・・。って言ってたな。

電話・・・。長い呼出し後に出たんだけど・・・・。
『只今ツーリング中。』

仕方なく、近所を何件か回ったけど皆留守。

で・・・・・・・。



ラックの前の床にとりあえず置いて有ります。
接続は済ませ、動作チェックもOK。
ヤハリ写真の出来が丸ッ切り違う。
古い複合機も、1~2年前までは、此の程度に印刷出来たと思う。
ピントが全然違うんですよ。
ノズルがもうダメなんでしょうね。



クッソー、早く誰か帰って来------い。

ちなみに、でっかいだけでなく重量も可也アップしています。
でもこんな物が5万円少々で買えちゃうなんて・・・。

拍手[4回]