平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
今日もリハビリから帰ったら、CDバッファアンプの事で頭がいっぱい。
僕専用機を作るなら簡単。今回はお馴染さんからも作ってね。
こう成ると、無制限のコストは掛けられない(と言っても一般メーカーよりは可也自由に、笑)。
要は売る為の機械を作るのは大っ嫌い。自分で使いたい機械を作りたい。
この機械を一般の方と共用出来たら・・・・・。
そんな我が侭を許してくれているお客様に感謝。

そんな訳で、今回のアンプも手抜きしません。自分で使いたいんだもの(笑)。

先のブログでアップしましたDAC単体の出力電圧(デジタルはハッキリしていて簡単、アナログはこうは行かない)。

この電圧をプリフラット段へキッチリと伝えたい。
過剰増幅は勿論禁止。
世の中の機器。この辺に安全マージンを取り過ぎているから・・。

例えば今回俎上に乗せたソフトンのDAコンバーターのアナログ部。
僕に言わせりゃ増幅し過ぎ。

でもね、おばかなマニアはパワーアンプに直接繋ぐ(大笑)。
それを考えたらこの増幅率は仕方が無いかなと・・・・・。

基本に戻りましょう。プリのフラット段は必要です。それを飛ばした方が音が良かったとしたら、そのフラット段がダメなんですね。
キッチリと作られたフラット段でしたら、パワーへ直接入力よりも良い音が得られます。
理論的にキッチリと説明出来ますが長くなるのでカット。

極論です。オーディオ機器は必要悪ですから・・・。



好きな演奏家の生が何時でも聴けるならオーディオ機器は要りません。
ある意味タイムマシンと思っています。

拍手[5回]


可也メラメラと燃え上がっています(笑)。
今回入手したCDメカの所為です(A君有難う)。

で、何度もこのブログに書かれている三端子レギュレーター。
非常に簡単に(安価に)電源電圧の安定化の計れる素子です。

でもね、コイツを使った電源で良い音を聞いた試しがない。
要は机上の理論って思っています。
電圧は安定しますけど、その出力波形は・・・・・・。
半導体ですので・・・。

今回、使った事の無い素子との対決。DAC素子です。
動作中の電流変動が読めないんですね。

こんな場合、三端子レギュレーターは非常に便利。
電流変動が有っても一定の電圧を維持します。
で、一般の三端子レギュレーターの使い方を見てみた。
みな出口に大容量のコンデンサーを入れてチョン。

これって拙いんじゃないかな?

少なくとも、今迄の僕の電源の作り方では完全にNG。

三端子レギュレーターを使わないでも電圧を安定させる方法は有るんだけど、意図的に三端子レギュレーターを使って、コイツの音の悪さをなくする方法は・・・。

エーーー、実験して見ますね。
コイツを使わないで安定させる方が簡単なんだけど、チャレンジしたいって・・・・・(笑)。
ダメを承知で実験する。此れがピンキー流です。



何度も言っていますよね。
成功を狙ってはダメ。失敗を散々繰り返して此れしか残らなかった。
此れが正解なんですね。

失敗を恐れて最初から僕に聞いてくる。ハイ、そんな方には答えません。
散々失敗して迷路に迷い込んだ。そんな方にはヒントを与えられるかも知れません。その方が僕よりもスキルが上でしたら無理です。僕が教えを乞いたい。

拍手[4回]


ヤット火が点いたCDプレーヤー用のバッファアンプ。
DAC単体の出力も判りましたし、ジックリと設計開始です。

ソフトンの回路からフィリップスのDACとソフトンのDAC。出力には大差は無いと踏んでいます。
つまり今回設計を開始したバッファアンプ(増幅はしますけどね)。共通設計でOKです。

もう早々と注文が入りました。以前に問い合わせを頂いた方にもキチッと対応いたします。
今回のアンプ。贅沢にも程々にも作れるのが悩み。
コストに結構な差が有りますので・・。

勿論僕は贅を尽くした仕様で作ります。今更手抜きはしたくないですもんね。

で、困った・・・・。
最近プレーヤー関係の仕事ばかりしていたもんだから、トランスの型番が頭に浮かばない。

以前のデーターを紐解いて、あーそうか・・・・。

基本回路は、僕のプリアンプのフラット段。
扱う信号のレベルが違う(フラット段の方が難しい、VRで入力レベルが変わりますので)。
まあその程度の違いですので、設計は難しく有りません。

今回は僕が完全に作る。重要パーツだけ供給するKIT状態。此処へのアップで自作をしてもらう。
の3つのコース(笑)を考えています。

どのコースでもご自由にお選び下さい。
只、此処へアップ記事で自作される方からの質問はお断りいたします。
十分に判る様にアップするつもりです。
それで判らない方はスキルが足りないと自覚して下さい。


拍手[4回]


此処の所、外出と立ち仕事が多かった為チョイ疲れ気味。
定休日無しで動いていますからね。

で、今日は立ち仕事は止め様(休養日にしないのがなんとも・・・)。

実は調べたい実測数値が有るのです。

DAコンバーターの出力電圧と出力インピーダンス。
特に出力電圧の測定は必須。

此れが判らないとバッファアンプの動作点が決まらないんですね。

アンプ設計をする時に耐入力を大きくする方がいますね(フォノ入力が数ボルトとか・・)。

エー、能動素子のダイナミックレンジには限界が有ります。
必要以上に耐入力を稼ぐと、微小信号に対応出来なくなるんです。
つまり大味なアンプに成ってしまうのです。
耐入力を適正値にするには、相手の出力電圧が判らないと設計のし様が無いのです。

実際、僕のフォノアンプの設計にはカートリッジの実測出力を確認しています。
メーカーの発表値では無理なのです。

で・・・・・・。


数年前に購入したテストレコード(オットCD)。

こいつがヤット活躍します。
コイツの0dB出力を測定。その数値を元に真空管の動作点を決めて行きます。






テストCDとミリバルを持って試聴室。
DAコンバーターからの出力ケーブルにミリバルをセット。
CDの説明書を見ながら測定し易いトラックを選ぶ。

エーーー。0dBでの出力はピッタリ2V。
内部の真空管のμ(増幅率)が33なので、DACダイレクトの出力は略60mVと判りました。

と言う事で、バッファアンプの耐入力は100mvで設計をします。

DACと真空管の間にはローパスフィルターが入っていますが、ここもチョイと弄くるつもりです。
Cだけじゃ無くLも使おうかと(メーカーはコストアップに成るので使いたがりません)・・。

得意のトランスを豊富に(笑)使いますのでコストアップは避けられません。
コストを下げるにはトランス接続をCR接続に変えるだけですから簡単です。
一番の問題は電源トランスですね。

実は、今回作っているプリアンプのドライブ部分用のトランスがピッタリ。
こんな規格です。

    プライマリー  100V
    セカンダリー  5V 4A
           12,6V  1A
           150V―0-150V  40mA

要は整流管1本とECC99を2本動作させるトランスです。
チョークインプットで使います。

まあ、此処までやる気を起こさせたCDメカとDACだったのです。

勿論カットコアのワンオフ製品。
EIコアなら1/3の価格で出来ます。

拍手[4回]


調子を取り戻した10W。
甘えさせないよ・・・・・・。
と言う訳で今夜はCD三昧。

音楽を楽しみながら、機器のポテンシャルを探っている。

で、拙いな・・・。

昔から此処を読んでいる読者なら気付いているでしょうけど、ソフトンのDAコンバーターの記事がストップしている。
そう、購入してから使っていなかったんですね(一部改造しましたが)。
理由は簡単、フィリップス内臓のDAコンバーターの方が音が良かった(聴感ですから危ない)。

で、フィリップスメカの耐久性に疑問(此れが壊れちゃ話に成らない)。
とりあえず誤魔化しては使えるんだけど気分は良くない。
で、新しいメカ部を考えていたんです。

見舞いに来てくれたA君に相談。
『CECはどうですか?』

CDにベルトドライブって?とも思ったんだけど、長年作っているんだから其れ成りの完成度は有る筈(新製品は信用しません)。

退院後、ネットで検索してTL5を買ったんですね。
購入してから5年間使っていなかったソフトンのDAコンバーターに繋ぐ。
その後はアップした様子です。

で、今夜。大化けした。勿論良い意味で。
細かな欠点は有るんだけど、そんな事はどうでも良いと思わせるポテンシャル。
次々に聴きたいディスクが頭に浮かぶ。

要はソフトンのDAコンバーター。フィリップスのメカにはオーバークオリティーでメカの欠点をさらけ出した。
今回のメカにはビッタシカンカン。

イヤ、チョットやばいんですよ。今夜の音楽は・・・・・・・。



ハイ、若干感じている欠点を治すのは僕の得意の分野。
マジーナー・・・。
CECのTL5、良い機械です。組み合わせるコンバーターしだいですね。

海外の高級機。フィリップスのメカを使っているのが大半。
アブナイナー・・・・。

拍手[2回]


昨日のご機嫌伺いで調子に乗った10W。
そんな訳でCDを鳴らしています(聴きたい音楽を持っているので)。

結構笑える。ホントに10Wって・・・・・・。

で、今まで書かなかったんですけどね、酔った勢いで(この時間で飲んでます)。

タイトルのスピーカー。パワーアンプの駆動力で強引に動かす。
この考え、僕も理解します。
車重の重い車だってエンジンのパワーが有れば・・(要はパワーウェイト比)。

でね、動く時だけじゃないんですよ。止まる時・・・・。
アンプからの信号が止まった(要は演奏が止まった)・
軽い振動板は慣性が少ないので直ぐに止まる。

重い振動板は・・・(アンプにはブレーキが付いていない。あ、ダンピングファクターなんて持ち出さないで。ボイスコイルのDCRを計算値に入れていないインチキですので)

つまりですね、重い振動板にはブレーキが付いていないのです。

基本的に、能率が95dBを下回っているスピーカーは信用していません。


ついでに、キャッチフレーズを求めた構造のスピーカーも信用していませんけどね。

拍手[4回]


此処2~3日、CDだけを鳴らしています。
正直我慢しながら・・・・・(だって酷い音なんだもの)。

で、暫くぶりにレコードへ針を下ろした(此の後がピコンって来た方はオーディオを判っています)。

ハハ、酷い音。

スピーカーって生き物です(此れに気付いていない方とは話もしたくない)。

つまりCDの酷い音を入れたので10Wがへそを曲げたんですね。
これを予想していたので、今日は最初からレコード。

要は10Wのご機嫌伺いです。

ポテンシャルの高いスピーカー。
本当に生き物ですから。



逆を言えば、へそを曲げないスピーカーなんて真剣に付き合う値打ちが無いって言い過ぎですかね・・。

追記です。以前にも書いたと思いますが・・。
可也以前(30年位経っていると思う)、コアキシャルをある方に貸し出しました(関本純正の平面バッフル仕様)。
1週間ほど貸し出して引き上げて来たんですね(その方、アンプは僕製で鳴らしています)。
引き上げて直ぐに鳴らしました。
悲惨な音に成っていたんです。ある意味覚悟して貸し出したんですけどね。
僕はコアキシャルにゴメンよって謝りながら、レコードを鳴らし続けました。
2~3時間でコアキシャルは機嫌を直してくれましたけど、スピーカーを貸す怖さをイヤと言う程味わった瞬間です。

スピーカーは生き物です。この怖さを知らないオーディオファンは幸せですよね。

オーディオ装置を介して音楽を楽しむ。
信頼できるスピーカーとめぐり合えた人は幸せです(僕はめぐり合えました、笑)。

拍手[2回]


CD用に発注したバッテリーと充電器。
昨日届きました。



此れでバッテリーの数は9個(汗)。

で、プリアンプとパワーアンプが出来たら更に増える。

今の状態では座る場所がなくなっちゃう・・・・・・。

ついに掛かるようですね。バッテリー電源を全て納められるラックの製作。
都合の良い事に、メインラックの後ろは障子でその外は廊下。

廊下に電源ラックを設置して、障子の一部に穴を開ければ配線は引き出せる。
流石に今回は40角を使わないでも良いかな?



でも、最近のバッテリー。液の染み出しは全然無いですね。
此れが有ったら、此処迄は行かなかったです。

拍手[4回]