平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
アームの組み立てが略完了。
今回はリフターなどが付いているのでキャビの穴開けもチョイ複雑です。

現地で穴が合わない。なんて成ったらオーマイゴッド。

確認です。



下から覗いても何処とも干渉しないで巧く行っている。

なんとなくホッ。




今回のプレーヤー一式。4月初めから掛かりっ切りでした。
ゴールデンウィークもなく、殆ど休み無しの70日間。
納品が終わったら少々休憩します。

拍手[2回]


アーム関係が略終わり(カートリッジの取り付けは出荷直前にします)、ターンテーブル関係の仮組みです。



狙い通りに組みあがったターンテーブル。写真では見えませんが軸受けとシャフトのチェックがメインです。



ターンテーブルとボードのクリアランスは1mm。
昔は此処を2mmにしていました。精度を出す自信が無かったんですね。
自分でも気づかないうちに、いつの間にか1mmに設定してしまってアームとの高さが合わない、って悩んだりして・・・(笑)。
昔の図面を見て『あ、以前は2mmで設計していたんだ。』って気付いたり・・。

以前にもアップしましたがこの軸受け。親子3代で使っても平気です。
磨耗する所は交換が簡単(20年近く使っていますが今の所磨耗はゼロ)。しかもその部分は一般市販品(単なる鋼球)。
それ以外は定期的なオイル交換さえしてもらえれば磨耗しません。

昔からの機械屋さんの経験則。
『シャフトの直径の2,5倍以上のシャフト長(軸受け長)が有ればシャフトも軸受けも磨耗しない。』
だから薄型モーターの寿命って短いのです。

このターンテーブルのシャフト、16Φ。其れに対して長さ(軸受けと接している部分)は75mm。
壊せるものなら壊してみろ。と言う設計なのです。






軽く追記。
この軸受け、基本的にはアイドラー次代と共通です。
そのアイドラー次代に購入して頂いたお客様。今の仕様(ギヤボックス、糸ドライブ)に成ってもターンテーブルシャフトと軸受けは交換していません。
度重なる改造の為の何度ものドッグイン。

最近、お二人の改造依頼を受けてシャフトを引き抜きました。
もう此処迄馴染んだら宝物です。シャフトの表面の輝きは切削加工では出来ないもの。
長時間掛けて馴染ませた物にしかない輝きでした(けっしてピカピカではない味の有るひかり方です)。
シャフトを抜く時の感触もナントも言えないものです。

そんな事を知っている拙い常連さん達。
僕の使ったシャフトと軸受けを欲しがる。

そんな訳で僕の軸受けとシャフトがあの感触を得るのには・・・・・(涙)。

で、更に追記。
此処迄書いちゃったんだから・・・・・。
ターンテーブルの軸受けとシャフトに関しては僕が生きている限り保証します。

拍手[5回]


トーンアームの組み立て。本当に気を使います。チョットの手加減で動きが渋くなったりガタを感じたり・・。
組み立て手順も非常に大事です。手順を間違えるとどうしても組み辛くなり狙ったポイントが出ません。

まあ、重要な部分はキッチリと組み上げました。

今回の特別仕様。



アームリフターが欲しい。と言うご希望に応えて・・(笑)。

あ、今回は手持ちが有りましたので受けましたが、次回からはリフターの供給をしていただけた方だけの仕様に成ります。




緊急告知(笑)。只今受けている仕事(残り2件)が出来上がりましたら(8月中旬まで掛かりそう)一ヶ月以上の休業をいたします。
イヤ、自分のプリアンプを作っている時間が無い。この仕事が片付いたら・・。なんて考えていたら2年以上の月日が経ってしまいました。
ウーハーも付けたいですし。
例外的に僕の作った機器の修理は受け付けます。それ以外の仕事は暫くお待ち下さい。

拍手[1回]


朝一でアームの組み立てを始めました。
昨日は内部配線をエポキシで固めましたので其れの硬化待ちです。

一晩でシッカリと硬化(気温が高いと楽です。冬ですと一晩での硬化は無理)。
カートリッジへの配線と出力ケーブルをハンダ付け。

あ、写真でお判りかと思うのですが内部配線は0,85mmのエナメル単線。インピーダンスの低いMCカートリッジだから使える処方です。



シャフトの先端を支える鋼球。点接触で全重量を(アーム全重量-針圧、の重量)支えますので其れ成りの強度は必要です。

此処の回転はユックリとした往復運動ですので流石に得意のダブルボールは使いません(笑)。
鋼球は軸受けに固定され回転はしません。鋼球とシャフト先端での接触点で擦れ合います。

この様な構造ですから内部にはオイルが必要。



軸受け先端。アルミ製ですが内部には砲金スリーブを圧入。
ターンテーブル軸受けと同じ構造です。勿論スリーブは上下別体で中心部には入っていません。
オイル量を少しでも増やす為の拘りです(フリクションも減ります)。

で、砲金が下がっていますよね。

此処へは・・・・・。



オイル漏れ防止のOリングが入ります。潰し代は0,2mmですのでOリングの再使用は問題ありません。外すとOリングの断面が4角に成っている機械を見ますが潰し過ぎです。かえってオイル漏れを起こします。

この様な状態ですので軸受けの中は完全密封状態。
オイルを充填してシャフトを差し込みますと・・・・・・・・。

中の空気が出られません(オイルがシールしてエアースプリング状態に成ります)。

その対策が・・。



シャフトに切った螺旋溝。この溝から空気が出る構造です。

逆に言いますと、この溝が無いのにエアースプリング状態に成らない軸受け。
クリアランスが広いんでしょーねー(笑)。

拍手[3回]


バッテリー電源を導入してどれ位になるのかなー・・・。
頭のボケたピンキー君は思い出せないのです(汗)。

でも、此処へ来たお客様は皆餌食に・・(笑)。

全ての装置を東電に戻すのはメンドイ(と言っても数分で戻せます)。
一番簡単な(置いて有る場所が原因)パワーアンプだけ東電に戻します(数十秒で完了。プリアンプ、プレーヤーはバッテリー電源の侭)。

針を落としただけで判りますよね。
音の立ち上がりと静粛性が全然違う。

先日来た友人。東電にしたら懐かしい音って笑っていました。

僕も感じていましたが、録音が古く音質は今一と思っていたレコードが『オイオイこんな録音がされていたのかよ。』って成ります。
70年代のポップスなんて、ほんと驚きますから。

バッテリー液の補充は一切していません。液が減るどころか気温が上がって液が膨張してレベルが上がった(大笑)。

最近の充電器って本当に凄いです。バッテリーに優しくキッチリと充電。
繋ぎっぱなしで過充電の恐れ無し。

此処へ来てこの違いに気付いたのに実行しない人。ウーーーン僕には理解不能で・・。


拍手[3回]


此処の所アップが少ない。また遊んでいるな、って思っていませんか?
実は2ヶ月以上プレーヤーの製作に掛かりっ切り。

なにしろ一式での注文ですから掛かる時間は半端では有りません。切削加工してアルマイトに出す物。先に作って初期馴染みを済ませたい物。順番を間違えるととんでもない時間が掛かります。

略、部品は出来上がり組立作業(組んでからバラして納品なんですけどね、重くて組んだら持てない)。



新型アームのこの姿は本邦初公開(笑)。

上下に動く仕組みはこんなんです。





水平に動くシャフトの径は10mm。へたなターンテーブルよりも太い。

でもこの太さ絶対に必要。
散々実験をしています。動作感度を上げる為にシャフトを細くしたり軸受けとの接触面積を小さくしたり・・・・・・・。
軸受けの強度が落ちるとテキメンに音がボケます。
硬い材料を使って強度を上げるとキンキンした音に成るし・・。

どんな構造物も土台が大切。頭でっかちの構造物は問題です。

で、この写真。軸受け部の仮組みをして感度とガタのチェック。
実は貸し出し用に作った最初のアーム。この辺に問題を抱えていました。
普通に使ったんでは判らないでしょうけど作った人間には大問題。

此処の部分の切削精度と組み立て精度をぐんと上げました(1/100分台のドリルを何種類も買って実験、組み立て方も最良の方法を考えて治具を何個も製作)。

もう一度シャフトを外して内部配線を引き回します。
今、仮組みして動かした感触に僕はニヤッ。


拍手[4回]


今月の初め、中部電力の件をアップしました。その時に詳しくアップしなかったので続きです。
数日前に貸し出してあったプレーヤーを引き取って来ましたので其れ成りの結論が出ました。
今回4~50km離れた同じ電力地区も測定できましたし・・。

今回の貸し出したお客様。
正月にも一度貸し出したのです。
その時に原因不明の回転ムラ(ピアノで判る範囲です)。
兎に角原因が判りません。1週間後に引き取り此方で散々とチェック。
此方では機嫌良く回りましたし(バッテリー電源での60Hzです)・・。

チョット思い付く事が有りましたので先月末に再度貸し出しに成ったのです。
繋いだ瞬間、ヤハリ若干の回転ムラ。

実はその時にオシロスコープとバッテリー電源も持って行ったのです。
まずオシロで波形と周波数チェック(デジタル表示の周波数カウンターがついています)。
波形は見た瞬間オシロが壊れたかと・・・・。
サインウェーブの頭と谷の部分が見事にちょん切れてクリップしたアンプの波形にそっくり。
周波数の数字も落ち着きません。

其処でバッテリー電源に交換したのですね。ウソッと思うくらいの変化(東電よりも変化の度合いが大きい)。音に付帯音が無くなり回転ムラも解消。
何度も電力とバッテリーの繋ぎ換え(コンセントを差し替えるだけですけどね)。
何度やっても同じ結果。もう一度波形のチェック。
先よりは波形のちょん切れた部分が小さくなっているけど周波数は相変わらず落ち着かない。
そんな訳で、プレーヤーと一緒にバッテリー電源も置いて来る事に成ったのです。

数日前のプレーヤーの引き取り。その後数十キロ離れた同じ県下のお客様。
ここでもオシロでのチェックをさせて貰いました。
結果は綺麗な波形(頭が切れていません)。周波数も若干の振れは有りますが先のお客さまの所と比べると段違いに少ない。
更にこのお客様のターンテーブルが超重量級なので若干の回転ムラは吸収する筈。

世の中、サーボモーターばかりですし、その他の電気機器も50Hz、60Hz両用が殆どです。つまり周波数に左右されない機械が増えたのです(日本の電力事情を考えれば家電メーカーとして当たり前の対応です)。

シンクロナスモーターを使いたいなら電力は自分で工夫する。辛い世の中に成りました。



僕が薦めていますバッテリー電源。
此れに使う機器の販売は行っておりません。代理店でも無いのでアフターフォローが難しいのです。
此れに関しての質問はお受けしますし当方のノウハウも全てお教えします。
只、ご購入はご自身で行い、フォローは買ったお店へ直接お願いします。

使い出して数ヶ月に成りますが、いたって調子良く働いていますし、バッテリー液の補充も一切必要ない状態です。

拍手[3回]


修理を始めたパワーアンプ。
症状としては数日前まで正常に働いていた。突然ブーーーンというノイズが・・。

この場合プリアンプかパワーアンプかの判断が必要。
まずVRの位置によって変わるか?
電話での返事ではVRでは変わらない。
次の質問。パワーアンプだけ電源を入れプリは入れない状態。
此れでも出る。
左右出ているか?(片chだった場合はプリとパワーを繋いでいるピンケーブルの疑いも)。
両chとも同じ様に出ている。

ハハーーーン。パワーアンプの電源部だな。

そんな訳で引き取りに行ったのですね。

預かった時点から怪しい部品は気が付いていたのだけれど、先入観は間違った判断をし易い。
冷静に手順を踏む。
まず真空管の動作点のチェック。全て正常。
続いて出力端子にダミー抵抗を繋ぎその両端の電圧をオシロで確認。
見事に100Hzの波形(崩れていますけどね)。50Hzではなく100Hzって意味判りますよね?

2段増幅の単純な回路。前段とのカップリングコンデンサーを外して波形を見る。
全然変わらない。フーーン、パワー段で出している。

整流管からOPT迄の間のケミコンを全て測定。

で・・・・・・・・(笑)。


2個コンデンサーの入っているブロックケミコン。片側は正常でしたけどもう一方の容量、2pF。
完全な容量抜けです。25年間頑張ってきたのですから仕方が無い。

あ、ケミコンってアンプ内のパーツでは寿命の短い代表選手です。昔、永久保証なんて謳っていたアンプが有りましたけどケミコン使っていたよなー・・(笑)。

サッサと交換。勿論同一品種はもう有りません。互換性の有る物に交換です。

序でに・・・。
此処のケミコンの容量が大きい事をうたい文句にしているアンプが多いですけど、大容量を使うと音の輪郭がボケます。
リップルの取れる最低容量を使うのが基本です。
大容量を使わないとリップルが取れないのでしたら、配線の仕方を勉強し直しです。




今回使ったオシロ。デジタル方式じゃ無く最近手に入れたアナログ方式。
波形の確認はアナログオシロに敵いません。
もう一台のアナログオシロ、故障の箇所は判っているので直してサブにしようかなー・・。

拍手[1回]