平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
最近は此のネタばかりですが、もう少々お付き合いを・・ m(__)m

昨日の納品も無事に終わり、今朝目がさめたら疲れが溜まっている(最近は肉体労働が多い)。
体を休めよう。

と言って、ジッとしているピンキー君ではない。
色々と溜まった雑用をこなし、さて・・・・・・・・・・。



ベットの上(笑)。
此れを見てピンと来たら流石。

リバーブタンクの入出力特性の測定です。
要は、入力に加えた電圧に対して、出力側にはどの程度出るかの測定。

最初は軽くインピーダンス測定。
まあ、予想はしていましたけど本当にコイル。1kHz近辺で表示の8Ω。
それ以下はドンドン下がるし、高域へはドンドン上がる。
石のアンプで働かせるのは無理ですね。トランスを背負った真空管アンプでの駆動が最適です。

詳しい説明はカット。

で、問題の電圧です。
入力に70mVを加えて、出力は1,3mV。
狙いは見事に外れ(涙)。

こんなにロスが多いとは・・・・。
入力前か後で、シッカリと増幅しないといけません。

更に問題。こんな構造ですから、入出力電圧が比例関係に有るとは思えないんですね。
実際に周波数特性も滅茶苦茶です(笑)。
まあ、音を作ってしまう装置ですので、聴感上良ければ何でも有りです。

かなり楽しめそうですが、楽しんでいる時間を作らなくちゃ。



今回は入力電圧の上下が出来ない装置でしたので、次回はその辺も測定します。

拍手[4回]


エーー、此れから都内まで納品です。
出発前のチョイの時間に・・・・(笑)。

ギターアンプに関して、ネットで散々検索しました。
本当に基本だけで、僕の欲しいデーターは・・・・。

で、腕の悪い(もち、ギター。アンプの腕じゃないですよ、笑)ピンキー君はエフェクター(音を変える装置)も考えています。

市販品はギターの直後に噛ませますので(足元に置いて、足で操作)、電池駆動。つまり半導体ですね。

僕はエフェクターにこそ、真空管を使いたい。

真空管と半導体の決定的な違い。

歪のカーブが違う。

半導体はあるレベルまでは殆ど歪まず、あるレベルから極端に歪む。
真空管は、ダラダラと歪が増えてくる。
つまり、歪の量をコントロールし易いのです。
更に、歪んだ所から正常に戻るのも真空管のほうが早い。

更に、歪成分が真空管(3極管に限る)の場合、偶数の高調波(2次高調波が多く、それ以上は段々と減る)が多く、此の高調波は人間の耳には優しい(早い話が楽器が此れ)。

そんな訳で、真空管式のオーバードライブも考え中。
例のミックス回路で、歪ませた信号とノーマル信号の混合量調整も簡単ですし。


ノンビリと追記(笑)。
今回作りたいエフェクターはオーバードライブ。
要は入力オーバー状態で真空管を動作させ、意図的に歪ませます。
で、本文でも書きましたけど、此の動作点。真空管は超得意。
しかも微妙に歪量をコントロール出来る。
更に、その歪の殆どが偶数値の高調波。
つまり歪んではいるが美しい歪み方(人間の耳に心地よい)。

この場合の真空管のコントロールはバイアスの深さの調整。
簡単に言っちゃうと、カソード抵抗値を変えればOK。
で、此処へ可変抵抗器を使えば・・・・・・・。

あ、更に追記。
人間の耳は偶数の高調波は心地良く感じ、奇数の高調波は煩く感じると言われています。
つまり歪ませるのなら、偶数の高調波をタップリと。奇数の高調波は避けたい。

拍手[4回]


プレハブ内の室温も上がったと思うので・・・。
バッフルの柱の切削です。

今回はオイロダイン用ですので大型ですし、柱も複雑な構造です(オイロダインのフレームを下から支える)。
勿論、オイロダインとバッフルは直接接続されません。

新しいサイズに合わせてバイス(万力)の位置を合わせ、切削開始。
バイスを緩めるのにハンドルを回したら・・・・・(イタッ)。
純正ハンドルはチョイ長くて、操作ボックスに接触するのです。
其れを嫌がって、市販のメガネレンチで回しているんですが・・・・・。

此のレンチのメッキ、安物で剥がれて来た。剥がれたメッキって薄い刃物状態なんです。
こいつが僕の指先を切った。

やったなとは思ったんだけど、それ程ひどくは無いだろう。
作業再開。オイオイ、出血が止まらない。床にポタポタと落ちる。
こいつは拙い。

ハイ・・・・・・・。



取りあえず、出血は止まりましたが、無理をすると再出血しそうなので、本日急遽休業日。

でね・・・・・・・。
昨年暮れに入手したギター。
一日も欠かさずに、練習していたのです。
左手の薬指なので、練習出来ない。無念・・・・・・。





拍手[1回]


昨日、緊急事項で外されてしまったバッテリー。

プリアンプに使っていたバッテリーなので、新しいバッテリーが来る迄音楽が聴けない。
なんて思っていたら・・・・・・。

昨日午後に注文したのに、もう到着。本当にネット通販は便利です。

早速・・・・・・・。




お約束の初期充電。
バッテリーを長持ちさせるには、常時フル充電状態を維持する事。
充電する場合は、出来るだけ小電流でゆっくりとする事。

此の二つを守れば、長寿命が約束されます。

更に言えば、大電流の使用は極力避ける(一番の負担はセルモーター)。

オーディオでの使い方では、此の全てが大丈夫なので、かなりの期間の使用が考えられるのです(僕の軽のエブリー。6年半乗っていますが、まだバッテリーは換えていません)。

普段繋いで有る充電器の容量は5A。アンプを繋いだ侭での使用ですから、此れで大丈夫なのですが、新品をおろす時の初期充電には電流値が多いんですね。

そんな訳で、0,8A出力のオプチメイトを愛用しています。
新品バッテリー。フル充電の状態では販売していません。フル充電には程遠い状態です。
で、ユックリと初期充電をしてフル充電にしてからバッテリーの使用開始。

長期に渡ってバッテリーを使う決め手です。




現在、0,8Aで充電中。何時間でフル状態に成るか?楽しみです。

6時間半後の追記。
未だフル充電には成っていません。
で、面白いのは充電電流が略ゼロに成っていたり、其れ成りの電流が流れたり・・・。
つまり、理想的な段々と充電電流値が減って行く。と言うのには程遠いんですね。
今迄はオプチメイトに任せて、時間経過を見ていなかった。

今回は、何時も居る部屋での充電。時間経過が見られるのです。
充電電流が縮小ではなく変動する。
電極が落ち着いていないと理解しました。
今夜一晩、ジックリと落ち着かせます(昔の充電器では絶対に出来なかった)。

カー用品店で買ったバッテリーを、その場で車に積んで走り出す。
と言うのが、無茶苦茶な事って益々感じました(でも、その様な使い方でも動いてくれる国産バッテリー、凄いですね)。
あ、国産以外のバッテリーは信用していません。

拍手[4回]


フライス作業に、プレハブへ行ったら・・・・・。

寒い、兎に角寒い。石油ストーブへ点火して母屋へ戻りました。
1~2時間待ち・・・・・。

そんな訳で、早めのアップです。
要は、リバーブ回路を通った信号と、本来の信号をどう混ぜるか?
混ぜるのは簡単ですが、其々の信号が反対側にも行っちゃうんですね。
此れを防ぎたい。

エーーー、今回考えた回路。



簡単でしょう。双三極管を使い(単管を2本使ってもOK)、グリットだけを独立。プレートとカソードは繋ぎます。
こうすると、プレート電流は其々のグリット信号にコントロールされます。

最初は、グリッドが二組有れば簡単なのに、って思ったのがきっかけです。
まだ実験していませんが、巧く行く筈。

あ、問題点を感じましたら、ご教授をお願いします。




追記、図面では真空管の出力がCR回路に成っています。
実際にはトランス出力で作ります。

拍手[4回]


エーー、本日もフライス仕事です(ムチャ寒いのです)。

で、例のリバーブ回路。今夜発表します。
なんでもそうですよね。秘密にしているのは辛い(大汗)。

勿論、まだ実験はしていません。
でも、どう考えても問題点は感じられない。

巧く行くと思うんだけどねー・・・・。

拍手[4回]


今日は、次の仕事の図面チェック(バッフルの足です)。
此の類は、図面を見ながら作業工程を決めるのが、凄く大事なんですね。

工程しだいで、寸法精度はぐんと変わります。

で、図面を見ていたら玄関のチャイム。

出て見たら部落の若人。
如何したの?って聞いたら『バッテリーの充電は出来ますか?』

任して頂戴よ、充電器の数は・・・・・(大汗)。

話を聞いたら完全に上がっている様子。その場合は急速充電はNG。
24時間預けて欲しい。って言ったら直ぐに車を使いたい。

更に話を聞いたら、もう2~3回バッテリー上がりを起こしている。
そのバッテリー、もうだめ。

車は軽・・・・・。

バッテリー、売る程有るよね。
LRの違いを確認して、僕の装置からバッテリーを外す。
常時フル充電状態だから、カー用品店の長期在庫品よりも信頼出来る。

早速交換。セルは快調な音をたてて回りエンジン始動。

こんな時にも、バッテリー電源は役に立ちます(笑)。

今回外したバッテリー。プリアンプに使っていたので・・・・(涙)。

拍手[4回]


昼間はフライス盤で頑張っています(ラックとバッフルの製作)。

晩酌が終わり、頭の体操。
ネットでギターアンプの検索。

チョイ、酷い状態。
真空管アンプを謳っているのに安過ぎる。
で、出力管を見るとECC82だったりして・・・・・・・。
出力は1W(驚)。

自作記事を見ても、ナントも情け無い回路設計(初心者の僕が・・m(__)m )。
シャシにビールの空き缶を使って笑っている。
アンプをなめるなよ。

今回入手したリバーブユニットも、ケースは作り直しです(あの価格では仕方が無い)。
でもね、僕の入手した価格は数千円だけど、フェンダーの純正として買ったら1~2万円。

此の世界も油断をしたら危ないんですね。

ノイズで苦労をしている人が多い様に見えるけど、回路だけを騒いでいて、アースラインの話は皆無(アメリカが基準でしょうから・・、オーディオの世界も、アメリカはアースに関して無頓着です)。

こう成るとメラメラと燃えちゃうんですね。ノイズの少ないアンプを作ってやる。勿論音質的にも一流の物を・・・。

最終的にはエフェクターもオール真空管(エフェクターこそ真空管じゃなけりゃダメと思っているんですけどね)。

半導体に譲っても良いのは、出力段だけですね。


拍手[5回]