平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
CDプレーヤーのバッファアンプKITを出します。なんて打ち上げたきり進展が無い。

理由は簡単です。CDプレーヤーが壊れた。
1年少し前に故障(トランスポート部)。此処の修理は流石に出来ないのでメーカーへ送る。
トランスポートそっくり交換かと思ったら、一部の部品交換。
チョイがっかり。
その後、半年前辺りからまたもやトランスポート部が不調。
騙し騙し使っていたんだけれど、その内残留ノイズが片chだけ酷くなった。

調べれば残留ノイズ位なら治せるけど、トランスポートは・・・・。
ご存知と思いますがあのトランスポート、メーカー(フィリップス)での生産完了。

近々修理不能になるのもミエミエ。

そんな訳でトランスポート部だけ新調する事にしました(DAコンバーターはソフトンのを持っている)。

国産メーカーの方が安心だよね。
そんな訳でチョイスしたのがCECのTL5。

価格も程々だし此れで十分。

プリアンプが出来上がったら、CDのバッファアンプに掛かります。

でも、入院をしていたり自分のアンプに掛かっていたりで、此処の所の収入ゼロ。
大丈夫なんだろうか?




エーーーーー。Nゲージへの出費は当分出来ませんね(大汗)。

拍手[0回]


【2018/06/04 (月) 15:31】 | CDプレーヤー
トラックバック(0) | コメント(1)

感謝パート2
橘 麻帆
退院後いかがお過ごしですか 無理をなさらないでください   ブログで学んだとうりFXのコンデンサーを使いました DACの真空管バッファーのところ プリのトランスとの結合のところ それからすでに板の上に制作しているネットワークにも使いました 素晴らしい

さらに半信半疑であったスピーカコードをFケーブルにしました  オートグラフ(ティアック箱 モニターゴールド)が嘘のように素晴らしくなりだしました なんとジャズまでまともになるではありませんか これは愉快です 30年使ったウエスタンのコードとサヨナラです   
まことにありがとうございました
   やはり電源部もいじらなくては

            橘  麻帆


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
感謝パート2
退院後いかがお過ごしですか 無理をなさらないでください   ブログで学んだとうりFXのコンデンサーを使いました DACの真空管バッファーのところ プリのトランスとの結合のところ それからすでに板の上に制作しているネットワークにも使いました 素晴らしい

さらに半信半疑であったスピーカコードをFケーブルにしました  オートグラフ(ティアック箱 モニターゴールド)が嘘のように素晴らしくなりだしました なんとジャズまでまともになるではありませんか これは愉快です 30年使ったウエスタンのコードとサヨナラです   
まことにありがとうございました
   やはり電源部もいじらなくては

            橘  麻帆
2018/06/04(月) 16:38 |   | 橘 麻帆 #9a7fb65c80[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック