平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
トランスを多用した今回のバッファアンプ。

お客様のフィリップスメカには合わせたけど、自分のを忘れていた(大汗)。

そんな訳で夜中の日付の変わった時間。


DACが両面基板なので、プローブ(測定器の測定端子)を入れ辛い。
そんな訳で、トランスだけで疑似回路を作り例の二次側ターミネーター抵抗の調整です。

最初はオープン。オイオイ100kHzにピークが・・・・(トランスで100kHz、汗)。
抵抗値100kΩから始め、段々と小さな物に換えていく。

大切なのはピークが出ないのは勿論だけど、小さくし過ぎると信号レベルも下がります(オット、トランス二次側で測定)。

この信号レベルの下がる直前がベストマッチ。

二つのトランスがシリーズ接続ですので、二つのトランスの中間点と二個目の二次側で測定。

測って見てチョイビックリ。予定外の抵抗値に成りました。

聴感で此の調整をすると、蟻地獄が待ってます。



拍手[6回]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック