平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
LX38

BLOGネタとしては最適な修理依頼が入ってきました。
僕の仕事は一応メーカー。
結果、同じ物を作ります。
製造過程は一度しかネタに成らない。二度目の製作はアップしてもつまらない。
修理ネタは同じのが無いので面白いのです。

今回、まな板に乗るのは有名なLX38。
真空管アンプでプリメインと言う、かなりの少数派。
でも、歴史の有るアンプで、初代のSQ38から長年続いたアンプです。

後年リバイバルで発売された38はフォノイコライザーが半導体で、チョットなんだかなー?のアンプに成り下がって、時代の移り変わりを嫌と言うほど見せ付けてくれました。

かなり丁寧な使われ方をされていたみたいで、埃を除けばグットコンデション。
と言っても、20年以上経っているアンプです。しかも高温にさらされるプリメインアンプ。

ここ数年は全然使ってなく、最近使いたくなり、メンテを依頼されました。

この様に古くなったアンプを再使用する時には、動作のチェックは欠かせない作業です。

ひとつ間違えると、煙がポッ。その辺なら可愛いですが、ナンカスピーカーが焦げ臭い・・・・・・・。

半導体アンプと違い、DC漏れは無いとお思いですか?

もしそうなら甘ーーーーーい(笑)。
OPTのリークで、タンノイのウーハーを飛ばした方が現実にいます。
ダミー抵抗を付けての動作チェックは欠かせないのです。
古いアンプは何が起きてもおかしくない、の心積もりが大事です。


LX38

オプションのウッドケースを外します。
外すネジは底面の6本。四角い大きなワッシャーで止めて有りますので、すぐに判ります。
そのネジを外したら、アンプ本体をケース前方に引き出します。


LX38

LX38

外カバーを外しました。
カバーは上下の二枚に成っています。
まず、下側のカバーを止めているネジを全て外し、下カバーを外します。

下カバーを外すと、隠れていた上カバーの止めネジが顔を出します。
そのネジも全て外し、上カバーを外します。

内部の状態も大丈夫の様。

もし有るのでしたら、この状態でコンプレッサーの高圧エアーで埃を吹き飛ばします。

真空管アンプ内の電圧はかなりの高圧。
湿気を吸った埃は、リークの原因に成りかねません。
特に、ヘビースモーカーの方は要注意。

このアンプには煙草のヤニは皆無。
修理屋さんには有り難いアンプです。

で、すぐに通電するのは素人修理。
まず、肉眼で徹底的にパーツをジロジロ。
高温で変色したり変形しているパーツが無いかのチェックです。

拍手[9回]


【2008/04/10 (木) 16:15】 | アンプ一般
トラックバック(0) | コメント(5)

無題
ピンキー
アッ、もうチョイ早く書いてくれていれば・・・・・・。
LUXとの付き合いは、かなり深いものが有りまして・・・・。
回路図、持っていたんです。
今回の引越しで処分を・・・・・・・・。

たいていの部分は頭に入っていますので、此処でも、HPの質問箱へでも書き込んでください。

棄てなきゃ良かったなー・・(汗)。


無題
NONAME
ピンキーさん
済みません、最近アクセスさせて頂いてる新参者ですが『HPの質問箱』へのアクセスは?なのですが、
時間有ればお教え願います。2台のLX38はプリ部もメイン部も回路が違っておりしかもmaker出荷時点のようですが右と左の定数が違って出力アンバランスでして、かなり悪戦しておりまして、売る気は無いのですが趣味としては時間がかかっておりますです。


無題
ピンキー
質問箱は
http://hayashilab.syuriken.jp/audio.htm
このページのかなり下の方に有ります。

僕の知っている限りではLX38の回路は変わっていない筈です。
ひょっとして38uですか?

左右の定数が違うと言うのも・・・?
新品での購入でしょうか?

中古ですと、変なショップで修理したのかも知れません。

回路的にプリ部、メインの初段部分は基盤ですので、変更が有った話は聞いていないのですが・・・・。


LXのプリ部の真空管配列
永井
ピンキー 様

 始めまして、真空管なしのLX38を手に入れました。
プリ部分の真空管の配列をご存知でしたら、お教え願えませんか?
 ラックスのサービスセンターに連絡したら、LX38に関しては、回路図および情報を、お知らせできませんとのことでした。
 バイアス調整等は、SQ38Fでやっているので、ピンキーさんのブログを参照に、ゆっくり調整しようと思っています。

よろしくお願いいたします。

永井


無題
ピンキー
38のプリ部はイコライザー部がECC83、フラット部がEC82、其々2本ずつ使っています。
1本の真空管を左右に使っていますので(これは配線が楽)chセパレーションを稼ぐのが大変です。

この辺を上手く組み直すと38とは思えない抜けの良い音に成ります(基板は排除ですが、笑)。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
アッ、もうチョイ早く書いてくれていれば・・・・・・。
LUXとの付き合いは、かなり深いものが有りまして・・・・。
回路図、持っていたんです。
今回の引越しで処分を・・・・・・・・。

たいていの部分は頭に入っていますので、此処でも、HPの質問箱へでも書き込んでください。

棄てなきゃ良かったなー・・(汗)。
2012/10/17(水) 18:07 |   | ピンキー #29ef49c7fe[編集]
[管理者用 返信]

無題
ピンキーさん
済みません、最近アクセスさせて頂いてる新参者ですが『HPの質問箱』へのアクセスは?なのですが、
時間有ればお教え願います。2台のLX38はプリ部もメイン部も回路が違っておりしかもmaker出荷時点のようですが右と左の定数が違って出力アンバランスでして、かなり悪戦しておりまして、売る気は無いのですが趣味としては時間がかかっておりますです。
2012/10/22(月) 10:11 |   | NONAME #7dc5196480[編集]
[管理者用 返信]

無題
質問箱は
http://hayashilab.syuriken.jp/audio.htm
このページのかなり下の方に有ります。

僕の知っている限りではLX38の回路は変わっていない筈です。
ひょっとして38uですか?

左右の定数が違うと言うのも・・・?
新品での購入でしょうか?

中古ですと、変なショップで修理したのかも知れません。

回路的にプリ部、メインの初段部分は基盤ですので、変更が有った話は聞いていないのですが・・・・。
2012/10/22(月) 10:48 |   | ピンキー #29ef49c7fe[編集]
[管理者用 返信]

LXのプリ部の真空管配列
ピンキー 様

 始めまして、真空管なしのLX38を手に入れました。
プリ部分の真空管の配列をご存知でしたら、お教え願えませんか?
 ラックスのサービスセンターに連絡したら、LX38に関しては、回路図および情報を、お知らせできませんとのことでした。
 バイアス調整等は、SQ38Fでやっているので、ピンキーさんのブログを参照に、ゆっくり調整しようと思っています。

よろしくお願いいたします。

永井
2014/10/10(金) 23:16 |   | 永井 #2ab1dd1c35[編集]
[管理者用 返信]

無題
38のプリ部はイコライザー部がECC83、フラット部がEC82、其々2本ずつ使っています。
1本の真空管を左右に使っていますので(これは配線が楽)chセパレーションを稼ぐのが大変です。

この辺を上手く組み直すと38とは思えない抜けの良い音に成ります(基板は排除ですが、笑)。
2014/10/13(月) 07:56 |   | ピンキー #4fc20da38a[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック