平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
本日は急遽休養日(暫くぶりに左手に腱鞘炎が・・・)。
手の使い過ぎ(日曜日の作業が原因)なのは判っているので、こんな時には休むのが一番なんです。
痛みを我慢して作業をすると、とんでもない長期に引っ張ります。

と言う訳で、此の時間もパジャマ姿(笑)。
二日間ほど休めば、完治しますので・・・・。

で、何もしないのは無茶退屈。

昨日、短時間だけどもギターアンプをチョイ弄った。
オーディオの世界では超危険な、聴感上のチェックだけ。

結論。何も判らない。

動作点をどう移動すると、波形がどうなるか?
此れを知らないと先へ進めません。

今迄(オーディオ用)のアンプは波形を如何に崩さないか。
今回は崩れても良いけど、聴感上美音に感じる崩れ方(クリーントーンは崩れさせません。オーバードライブだけ崩れさせます)。

要は、崩れ方と聴感の一致を確認したいんですね(どの様な崩れ方がどう聴こえるか?)。

そんな訳で、実は昨夜波形を調べようとしたんだけれど・・・・・。

発振器の信号を入れるのに、ピンとレモしか持ってない。
入力信号ケーブルにフォーンが必要に成ったのです。

フォーンプラグは持っているけど、発振器側のバナナ端子を持ってない。

本日取引のある商社へ、バナナプラグを発注。

此れで、オーバードライブ回路の歪み具合も判りますし、僕の感じているパワー不足も立証出来ます(リミッターの掛かっていない信号は、結構大きな出力を欲しがります)。

長年、データーで(データーと聴感の一致)アンプを作って来ましたので、ギターアンプも理論の裏打ちが無いと、今一納得出来ません。

拍手[5回]


取り合えず音の出たギターアンプ。
とことんテストしたい・・。

今迄のオーディオアンプ。理詰めで略終了。
入力ソース(特にダイナミックレンジ)が判っていますので、対応は簡単。

今回、へたくそな僕が入力ソース。
これって、アンプの技術者には不確定要素が多過ぎる。

いやもう、アンプ技術者にとっては、最低の演奏家が出現した。
巧い演奏家なら絶対に出さない音を平気で出す。

完全に困ったチャン。

で、もう一人の僕。どんな演奏でも平気で出せるアンプを作りたい(エフェクターで誤魔化さないクリーントーンで勝負)。

へたくそな僕が最高の実験台。もう笑うしか有りませんよね。

相反する事態なんですけど、当の本人は滅茶苦茶楽しんでいます。
今最高に楽しいギター。
其処へ長年のノウハウが役に立つ。

目茶楽しいって思いませんか?



今の僕、ギターに囲まれてハーレム状態です(笑)。

あの、まだ公表していないギターを含めて4本に囲まれています(つい酔った勢いで・・・汗)。

拍手[5回]


キチットした音が出たギターアンプ。
まあ僕の評価なら、60点かなー・・・(笑)。

イヤ、オーディオアンプの世界。音が無事に出たら完成。
僕に言わせたらオイオイ。此処が出発点だろうが・・。

音が出ないのは問題外。無事に音が出た所が出発点。
音が出た。評判のあの真空管を使った。
で、そのアンプの音を自己評価してネットに載せる。
完全に思い上がりです。その程度のスキルでは、使った真空管の音色を述べるなんて100年早い。
評価された真空管が滅茶苦茶困っているって・・・。

あの、僕も含めてですけど、取り合えず出た程度の音を評価するのは止めませんか。
自分がオッチョコチョイって言っているのと同じですし、他人にとっても迷惑です。

で、取り合えず無事に音が出ました。
一般市販のギターアンプ(僕の経験が浅いのでなんとも・・)と比べて、真っ正直なアンプです。
変に美化した音は一切出しません。

普通は嫌われるかなー・・・と。

その代わり、ギターの違い(演奏者の違い)はさらけ出してくれるアンプって感じています(まあ、其処を狙ったのですが)。

勿論、今日の音出しは第一歩。
演奏していて気持ちの良い(個人差が多いのでなんとも)アンプにしたいんですね。

で、僕が今迄扱っていた音楽信号。
リミッターで程々のダイナミックレンジに抑えられています。
生のギター。
オイオイのダイナミックレンジなんですね。

今回アンプを作って、此れをイヤと言う程理解させられました。
机上の理論なんて何処かへ行けーーーー。

イヤ正直、録音されたソースの再生って、子供だましですね。
生のダイナミックレンジを平気で通すアンプ。

今回作ったアンプ。パワー不足が見え見えです(エフェクターを通すと誤魔化せます。クリーントーンでは簡単に馬脚を表します)。



現在のアンプ。片ch(今回はこの状態)での出力は2W弱。
生の楽器の信号を出すには全然足りません。

あ、余計かも知れませんが、市販ギターアンプの最大出力表示は結構ヤバイかと(あの真空管では絶対に出ない・・なんて)・・・・・。

更に・・・。
真空管アンプの出力は半導体アンプの3倍。
なんて言う方を信用してはいけません。
10Wは半導体でも真空管でも10Wです。

拍手[4回]


初段管のバイアスを深めにし、電流値もチョイ上げました。

その状態で弾いて見る。
ウン、中々良いぞ。

初段が解決すると、その次が見えます。

ミックス回路のバイアスも深めた方が良いな(此の判断、経験者だけに出来ますので・・)。

その辺もチョイチョイと実行。

弄りだすとキリがないので、取り合えずこの辺でギターを換えてみる。

最初のテストはフジゲン。
2本目はアメプロのストラト。

笑ってしまうくらい音質が違う。
兎に角、ギターごとの音質の違いが良く判る。

で、困った・・・・・・・。

僕のピッキングの下手さも(涙)。

拍手[5回]


待っていたパーツは12:30に入荷。
直ぐに取り付け、液体パッキンを塗る(ギヤボックスの修理だったのです)。

此のパッキンが硬化する迄、次の作業には入れない。
ヘヘヘ・・・・・・・。

待ち時間を有効利用。
ギターアンプの調整は略出来上がっていたので、入力にギターをつなげます。

で、チョイと肩透かし。
ノイズ、無いよ・・・・・・・。

オイ、本当に音が出るのかよ。と思う位、ノイズは有りません。

で、弦を弾く。気持ち良いクリーントーン(あ、スピーカーは以前アップした30cmフルレンジ)。
オーバードライブも良い感じ(リバーブユニットはまだ付けていない)。

ハイ、簡単に一筋縄では行きません。
大人しく弾いてるには平気なんだけど、コードをバリバリやると・・・・・・。

クリーントーンもオーバードライブ(大汗)。

入力初段でサチッています。

ギターの出力を低めに見ていたんですね。
対処法は簡単。入力初段のバイアスを深くすれば良いだけです。

勿論、単に深くするとプレート電流は落ちてしまうので、プレート電圧を上げるのも同時進行。
この辺の調整、経験がものを言います。






エーー、追加報告。
例のミックス回路。バッチリと大成功。まあ、巧く行くとは思っていたんですけど、こうも簡単に成功しちゃうと・・(笑)。
あ、勿論ゲインは下がります。3ch共同じ信号を加えれば、標準のゲインに成ります。

この辺、操作性をもう一度見直します。
音量を変えずに、ミックス割合が調整出来るとか・・・・。

拍手[5回]


ギターアンプに分類しましたが、一般のアンプも同じです。
最初にする事は、ヒーター電圧のチェック。
AC点火でしたら、トランスの電圧が其の侭加わるので良いのですが、DC点火の場合は調整が必要です。

巻線の電圧が其の侭出ないのですから・・。
雑誌の作例を真似した場合でも、必ずチェック(過去に作ってもいないで製作記事を書いたトンでもない人が居ましたので・・)。
作者が作っていても、全てのパーツが同じで無いと、同じ電圧は出ません。

普通ヒーター回路の整流はコンデンサーインプット。
ブリッジダイオード直後のコンデンサーの値で、出力電圧は可也変わります。
大きいと電圧が上がり、小さくすると下がります。
と言って、大きくしても巻線の1,4倍(理論上)以上には上がりません。

リップルフィルターの抵抗値でも調整出来ます。
と言って、電圧を上げる為に、抵抗値を小さくし過ぎると、リップルが取れ切れません。
リップルフィルターとして真っ当に働き、電圧ロスを少なくするには、チョークコイルの使用が理想です。

今回も測定値は±7,2Vと可也高め。
今回使用した電源トランス(ヒーター専用)は電圧タップが色々と出ていましたので助かりました。
タップとコンデンサー容量の調整で6,3Vに・・・。

で、ヤハリ。+側と-側の電圧は同じに成りません。
ヒーターの抵抗値のばらつきを考えると、こんなものです。

その為の一点アースの採用なのです。


最重要事項。此の調整中には、整流管を抜いておくのを忘れないで下さい。

それともう一つ。DC点火の場合のトランス巻線は必要電圧よりも高目じゃないと、既定の電圧は取れません。
僕の場合、12,6Vを出すのに15V巻線を使っています。チョークで此の値ですので、リップルフィルターに抵抗を使う場合は、もう少し高めの電圧が必要です(オームの法則で計算して見て下さい)。

要は、300Bを直流点火(交流点火ではハムが出ます)する場合。トランス巻き線は7V欲しいですね。
5V巻線からではDC5Vを作るのは無理です。

拍手[4回]


宅急便が来るのは12:00~13:00。
まだチョイ時間が有る。

球の動作点程度のチェックは出来るな。

そんな訳で・・・・・・・。



全ての球が挿さったアンプ本体。
中々の美人(自己満足)。

ECC82は、全てアメ球を選びました。フェンダーですからねー・・・(笑)。

ECC99とEL84はJJ製です。

中のパーツは残り物を使いたくて、兎に角バラバラ(汗)。

さ、二時間で動作点の調整です。



拍手[5回]


ギターアンプ本体の配線が完了しました(と言っても間違い探しをしていないので・・・汗)。



ギターアンプを弄れるのは、今日が最後(本職のパーツが明日来る)。
初めてのアンプの配線は、どうしてもミスが出易いので、中断は避けたかったのです。

オーディオアンプの様に、信号ラインが1本で繋がっていればこんな光景には成りません。
途中で分かれて、またくっついて、最後にまた分かれる。
と言う・・・・・・・。

パーツ配置の見た目の綺麗さよりも、配線の引き回し(理論的に正しく)と理論的に正しいパーツ配置を優先しています。

昔のプリアンプもこんな感じでした。何台も作って経験が多く成ると、見た目の美しさと理想的なパーツ配置と配線引き回しを高い次元で納得させられます。

今回は自分の為ですし、時間的にも余裕は無かったので、まあこんな感じでしょう。
只、配線引き回しとパーツ配置は妥協していません。



今日は昨日の疲れが残っていて、左手の指の感覚が変(握力を使い過ぎた)。
そんな訳で、昨日今日の二日間。ギターの練習はなし(二日続けては初めてかも?)。

ギターアンプが完成したら、ギター本体の改造(配線引き回しの変更)です。

あ、勿論並行してスピーカーケーブルにも取り掛かります。

拍手[5回]