平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
傷口の痛みも治まって来ましたので早速フライス仕事です。


アームリフターのワイヤーホルダー。
大量生産なら金型で作るでしょうけど、ホンの少量生産。
まあ、ナント言うか削り出しのワンオフ(贅沢)。

過去にバイク弄りで細いドリルを何種類も買いました。
これが今回大活躍。
アウターチューブの外径に対してどの程度の穴を開けるか?
インナーワイヤーの直径に対してどの程度の穴を開けるか?

やって見ないと判らない世界です。
緩めに作れば簡単ですけど僕の気分が許さない。
スルッと入ってガタを感じない(拘っています)。

細めのドリルからスタートして、2~3種類のドリルで少しずつ穴を拡大。
ビッタシ、と言う物が出来ました。
此れで操作部は略完成。
リフター部に掛かります。



5/100mm違いで試しましたので(笑)。

拍手[3回]


色々と用事が有り中断していたアームリフター。
再スタートです。今日は操作部のシャフトの切削。



完全にオーバークオリティーなのが判るショット(笑)。

ウッド部への取り付けは寸法精度が出ないとの判断から、底板を大きくして其処に取り付けました。
シャフトに横揺れが全然無くて良い感じです。

で、シャフトは回転はするが、上下への動きは抑えないといけません。
そんな訳でシャフトに溝を切りEリングをはめ込みます。



書いちゃうと此れだけですけど判りますか・・・・・・・。
溝を切る。どうやって切ります?

そう、専用のバイトが必要です。

で、今回。Eリングの厚みはカタログから判った(デモね、どの程度の誤差が有るかは判らない)。
その厚みと同じ幅の溝を切れるバイトを購入。
此れでいいじゃない。って思ったら機械加工を理解していない(笑)。
バイトの刃にだって誤差が有るんですよ。
ピッタリの刃で良いのか、若干幅広の刃にすべきか・・・・・・・?
と言ってバイトの刃にドリルみたいに1/100台の幅は選べない。
(量産品には、この溝とリングの間に隙間がタップリ取って誤差から逃げている)
でもね、隙間が有るとシャフトが上下して操作感が悪く成る。

で、ギャンブル。ピッタリのを買いました。嵌めて見て狭くて入らないのなら、広めの刃を買い直す。

今回のギャンブルはセーフ。ビシッと入りました。勿論ガタはゼロ。

で、安心しちゃ未だ早い。
次回の注文のEリングの厚みが、今回買ったのと同じと言う保障は無い・・・・・。





シャフトは下に貫通していて底板の下に写真のプーリーが取り付けられます。
で、またもや問題。ワイヤー太鼓の径よりも5/100mm太いドリルで穴を開けたのですが太鼓の回転が渋い。
と言う事で更に5/100mm太いドリルを発注です(此処の隙間が多いと動きにもガタが出ますので・・・)。

バイクのスロットルなら、ガタガタの穴でOKなんですけどね。

拍手[5回]


細かな仕事の合間に少しずつ進んでいます。


どう見てもバイクのスロットルワイヤー。



中心の穴が大きかったら間違いなくバイクのスロットル。



こんな感じです。

中心の穴にシャフトが入り、そのシャフトを廻すとワイヤーを巻き取る。
なんでこんなに大袈裟に成ったかと言うと、単純に僕の性格。

只今2名の方にお待ち頂いています。

待った甲斐が有った。と言われたいんですね。
実は先日、待って頂いている方が見えました。
もう数ヶ月音楽を聴いていないと思います(プレーヤーを預かってしまいましたから)。

出来上がった数点の部品を見て凄く喜んでもらえました。組み上げちゃうと見えない部品です。
その精度に感激されていました。
この様な方がいらっしゃるので、頑張れるのです(感謝)。





拍手[4回]


今日もリフターの図面を引いています。
書く傍から新しいアイディアが浮かび、図面の書き直し。

先に作った試作品。失敗の原因はフリクションのコントロールが出来なかった。
ワイヤーにはテンションが必要です。
常に、ある力で張っておく必要が有るのですね。

この場合スプリングのお世話に成るのが一番。
で、この強さのコントロールが難しい。
レバーをどの位置でも自由に止めたい。つまりスプリングよりも強いフリクションが必要なのです。

ワイヤーのフリクションを当てにしたら・・・・・・・(見事に撃沈)。
ステンレスワイヤーをテフロンチューブで抑えます。
兎に角フリクションが少ない。
その為レバーから手を離すと、スプリングに負けて、リフターが勝手に動いてしまう。

スプリングの調整では無理、と理解するのに時間は掛かりませんでした。

要は外付けのフリクション装置。大げさな構造ではコストアップになってしまいます。
リフターに高額のプライスを付ける訳にも行きませんし・・・・・。

で・・・・・・・・。
図面を書いている途中にピコン。
ウン、此れなら巧く行くぞ。フリクションの強さを調整出来るし、一定のフリクションを生むから操作感触も良くなるし・・・・・。

気が付けば、なんと言う事のない構造なんですが、悩んでいる時って浮かばないんですよね。
で、今日は開き直ってダラダラと図面を引いていたら・・・・・・・。

一番の難関が解決しそうです。
勿論、其れに使う材料も発注。

でも、リフターにこんなに梃子摺るなんて・・・・・・・・。



あ、その構造ですか?出来上がる迄、企業秘密です(笑)。
本来、バイクに使う部品も注文しちゃいましたし・・。

拍手[3回]