平成19年4月18日開店。店主の日々の日記です。
デジタルに対してはずぶの素人がCDプレーヤーを弄っています。

市販品に納得出来る(音質について)物が有ったら、買った方が絶対に安い。
試作に掛ける時間を、時間工賃で考えたら本当にバカらしい事なんです。

態々取り寄せる部品も有りますし、今回のバッファアンプの材料代と言ったら・・・・(大汗)。

でも、好きな音楽の入っているディスクが沢山有る。それを良い状態で楽しみたい。
そんな訳で・・・・・。

で、タイトルです(前振りが長い)。

今回のDAコンバーター。裏に書いて有る消費電力は12W。
アナログ回路が真空管ですから、此処の消費が殆ど。
其処を外しちゃったのですから、消費電力はガクンと落ちます。

悪戯で買った消費電力計。
早速使ってみました。

出た答えがタイトルです。
ハイ、たった2,4W。

このDAコンバーター。測定機能が豊富なので、其処の消費電力は半分以上有る筈。
確かにDACチップの大きさを見たら、こいつは電機を喰わないな。と言う大きさです。

今回の改造はいたって簡単。電源のケミコンを良質な物に交換しただけです(容量を少なくするのも同時に)。
あ、それと此れは要らないなと思ったパーツの取り外し。

音質は勿論良く成りましたし、ノイズの増加も有りません。

さあ、次はDACチップに流れている電流を測定して三端子レギュレーターの取り外しです。



消費電力が2,4Wではインバーターのファンは回らないと思います(インバーターの容量は250W、笑)。
此の侭で行けますね。

あ、新しいインバーター。無駄には成りません。
新しいプリとパワーが出来たら、此れでも足りないのですから。
本当に真剣にバッテリーの置く所を考える様です。

此処迄買いてからふと気が付いた。充電器の動作は・・?
愛用の充電器。バッテリーがフル充電に成ると自動的にフロート充電(自己放電を補充する程度の微弱電流充電)に変わります。

その動作はLEDで表示され、赤なら通常充電、緑ならフロート充電です。

で、今見て来ました。



24V仕様ですから、充電器は2台使います。
1台の出力は60Wも有って・・・・・(大笑)。

拍手[2回]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック